誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    重松清

重松清

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「重松清」のブログを一覧表示!「重松清」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「重松清」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「重松清」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

この人も中学受験の定番 子供の心の動き 重松清 卒業 こうなりゃマイブーム?もう少し受験に出る本を読んでみよう。中学受験によく出る重松さん。この「卒業」でも「まゆみのマーチ」なんてのは昨年どこぞの中学の国語に出てたようです。この本に取り上げられている4編のテーマは家族と別れ。 ... » more
テーマ 重松清 読書 卒業

読みました。【あらすじ】肺の腫瘍は、やはり悪性だった――。40歳を目前にして人生の「終わり」を突きつけられたその日、俊介はテレビ画面に、いまは遊園地になったふるさとの丘を見つける。封印していた記憶が突然甦る。僕は何かに導かれ ... » more

読みました。あらすじ≪あいつの人生が終わり、僕たちの長い旅が始まった。中学二年でいじめを苦に自殺したあいつ。遺書には四人の同級生の名前が書かれていた。遺書でと名指しをされた僕と、と謝られた彼女。進学して世界が広がり、新しい思い出 ... » more

この人の作品は,「きみの友だち」以来です.「くちぶえ番長」は,小学生の学習雑誌の連載に加筆したものですが,大人が読んでも素敵な作品です.実際,うちの二人の子供は,重松作品が大好きです.読後,親子で盛り上がれるのがうれしいです. ... » more
テーマ 子供 重松清 くちぶえ番長

「小さき者へ」(重松清)を読み終えて 「小さき者へ」(重松清)を読み終えてはじめて、この作家の作品を読みました。本の裏表紙にあらすじがあって、そこに「ビートルズ」というキーワードを見つけたので、興味がわき購入しました。つい先日観た ... » more
テーマ 重松清 読書 小説

新潮文庫あらすじより意地っ張りだけどマジメなシュウ、お調子者で優しいヤスオ、クールで苦労人のコウジは、中学からの友だち同士。コウジの母親が家出したときも、シュウがカノジョに振られたときも、互いの道を歩き始めた卒業の日 ... » more
テーマ 重松清

Happy〜つぶやき日記!重松清「疾走」
重松清「疾走」 悲しすぎる。。人生は問題集であると言われてますがここまでの問題集を中学生が解けるのか。。純粋な中学生だからこそ解こうともがいたのか。。そして解けないから、 ... » more
テーマ 重松清 読書 音楽

書籍の紹介:みんなのなやみ (新潮文庫) (文庫) 重松 清 (著) みんなのなやみ (新潮文庫)新潮社 重松 清 Amazonアソシエイト by 重松清の文庫の新刊だ!重松清ファンは速攻購入するべし、今日本屋で買った。みんなのなやみ (新潮文庫) (文庫) 重松 清 (著) ... » more
テーマ 書籍の紹介 重松清 ブログ

重松清「幼な子われらに生まれ」 38歳、中年サラリーマン。バツイチ同士の結婚。家族の話。幸せとは、1番近くにいる人を1番好きでいられることで、遠く離れてしまった人に「お帰り」と言えることで ... » more

Happy〜つぶやき日記!重松清「エイジ」
重松清「エイジ」 そういえば、中学時代に野球部のメンバーを集団で無視していたことを思い出した。。彼は自分の小学校の時の同級生。何がきっかけで集団無視が始まったのかはわからな ... » more

泣きたい症候群。とんび (重松 清)
とんび (重松 清) 昔から、本はよく読んでる。ジャンルは問わず、表紙の雰囲気とか、書評とか見て、インスピレーションで選ぶタイプ。最近は、泣ける系の本に手を伸ばしたがる傾向にあるみたい(笑)切ない話とか、感動する話とか、悲しい話とか。 ... » more
テーマ 重松清

過去は変えられないからこそ・・・・ 過去に戻って、その過去を消してしまいたい、その過去を変えてしまいたいと思うことってあると思います。人生には何度か分かれ道がある。しかし正しくても正しくなくても、自ら選択をし進んでいく。 ... » more
テーマ 重松清 読書 音楽

おっちゃんの備忘録青い鳥
青い鳥 中学生の話が殆どですが、最近中学に入ってちょっとした壁にぶつかっている友人の話を聞きましたが、こんな大人(先生)が近くにいて、間に合ってくれればいいなと思います。ちょっと神出鬼没が過ぎる気がするけど。ちなみにおっちゃんは残念 ... » more

鍼の帰り道。。唯一の趣味、読書の欲求を満たすため、書店へ。以前から読みたかった重松清さんの文庫を2冊ゲット。あと来年の手帳もゲット。毎年買ってる和田 ... » more
テーマ 重松清 読書 音楽

おっちゃんの備忘録気をつけ、礼。
気をつけ、礼。 教師と生徒に関する短編です。こういう作風に昔はまって一回飽きて、とんびを読んでまたはまりつつあります。気をつけ、礼。新潮社 重松 清 ユーザレビュー:惨めさや悔しさを見つ ...「先生」を軸にした8 ...ロックはロール?教 ... » more

龍涙再会 (単行本) :書籍の紹介
再会 (単行本) :書籍の紹介 重松節炸裂、やっぱり良いです、哀愁感じます。短編が6編の作品ですが、緩く重なった話です。80年代の地方都市に、大型スパーが乗り込んできて、その陣頭指揮に当たる、父親の娘と、潰される、地方デパートの娘とのやり取り。本の帯通 ... » more
テーマ 書籍の紹介 重松清 ブログ

おっちゃんの備忘録とんび
とんび 移動中に読んでしまった。3回くらい泣いた。移動中(機内)に読むにはふさわしくなかったな。ヤスさんにはしびれました。とんび角川グループパブリッシング 重松 清 ユーザレビュー:泣かせます。ヤスさん ...あかん・・・泣 ... » more

先日,映画「きみの友だち」を見たわけですが,わりといい映画だなという感覚がありました.そうなると原作が読みたくなります.で,原作である重松清「きみの友だち」を買ってきました.この小説は,成人した恵美がボランティアとして働くフリースク ... » more
テーマ きみの友だち 重松清 映画

偏り読書レビュー重松 清 卒業
小説裏のあらすじより「私の父親ってどんなひとだったんですか」ある日突然、十四年前に自ら命を絶った親友の娘が僕を訪ねてきた。中学生の彼女もまた生と死と巡る深刻な悩みを抱えていた。僕は彼女を死から引き離そうと亡き親友との青春 ... » more
テーマ 重松清

偏り読書レビュー重松 清 舞姫通信
ここまで「死」「自殺」について考えさせられる小説は無い!!というくらい重松清節が炸裂の小説です。小説裏のあらすじよりラストシーンは、もう始まっているのかもしれない。人は、誰でも、気づかないうちに人生のラス ... » more
テーマ 重松清

「死ぬということ」「命について」そんなことを考えさせられる物語でした。小説裏のあらすじより「僕たちは「その日」に向かって生きてきた─。昨日までの、そして、明日からも続くはずの毎日を不意に断ち切る家族の死。消え行く ... » more
テーマ 重松清

偏り読書レビュー重松清 疾走
小説裏のあらすじを簡潔に転載致します。「どうして人間は死ぬの?誰か一緒に生きてください。想像を絶する孤独の中、「人との繋がり」を求め続けた少年が駆け抜けた壮絶な軌跡・・・・・・。」ものすごく衝撃を受けた小説で ... » more
テーマ 重松清

偏り読書レビュー重松清 エイジ
この小説は飛行機の中で読んでいたため大変思い出深いです。「堕ちるかな」「死ぬかもな」なんて不安になりながら読みふけっていました^^;重松さんの小説はいろんな少年が主人公になっているのですがこの物語の主人公も少年です。 ... » more
テーマ 重松清

偏り読書レビュー重松清 愛妻日記
むふふな内容です。15歳未満の方は読まない方がいいかな(買いにくいよ)と思いました。重松清さんが描くいろんな愛の形。官能的で、だけど重松さんらしい表現もあってわたくしとしてはとても好きな一冊です。ファンだから ... » more
テーマ 重松清

この小説を店頭で見つけたときは、読み終わったらどうなるのかどんな気持ちになるのか全く予測もしていなかったのですが、読み終わった時は結構涙ぐんでいました。「ほんとうの友だちってなんだろう?」これがこの小説のテーマだと思 ... » more
テーマ 重松清

偏り読書レビュー重松清 きよしこ
吃音をもっている主人公の「きよし」は言葉で、相手にうまく気持ちを伝えられない。言葉にすると、どもってしまいじょうずに話せないから。そんな少年の成長を描く一冊である。(おおまかなあらすじで申し訳ない)この小説の主人公である少年 ... » more
テーマ 重松清

「エイジ/重松清」について少年犯罪は他人事でなく、紙一重で現実に起きることだということがわかる。自分の子供のころを良く思い出せばわかることだが、こうやって本になっているものを読むと良くわかる。重松清ファンならオススメ重松清楽天ブック ... » more

「やっぱり青春っていいなあ(^^;)!」 重松清/くちぶえ番長 やられた。涙、流しすぎました(苦笑)。泣くと鼻水も出るから、鼻のかみすぎで鼻の下がひりひりしてるし…(笑)。読むのが遅くて、いつもなら1冊読み終わるまでに何日もかかってしまう私が、一度も休憩をせずに一気に読んでしまいました。これ ... » more

読書こそ最高のエンターテイメント!?〜ビタミンF〜 〜新潮文庫版より転載〜38歳、いつの間にか「昔」や「若い頃」といった言葉に抵抗感がなくなった。40歳、中学一年生の息子としっくりいかない。妻の入院中、どう過ごせばいいのやら。36歳、「離婚してもいいけど」、妻が最近そう呟いた ... » more
テーマ 日記 重松清

読書こそ最高のエンターテイメント!?〜小さき者へ〜 〜新潮文庫版より転載〜お父さんが初めてビートルズを聴いたのは、今のおまえと同じ歳―十四歳、中学二年生の時だった。いつも爪を噛み、顔はにきびだらけで、わかったふりをするおとなが許せなかった。どうしてそれを忘れていたのだろう。 ... » more
テーマ 日記 重松清

 

最終更新日: 2016/11/10 14:29

楽天市場のおすすめ商品

「重松清」のブログ関連商品

» 「重松清」のブログレビュー をもっと探す

「重松清」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る