誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    重松清

重松清

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「重松清」のブログを一覧表示!「重松清」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「重松清」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「重松清」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

ふくろうの読書記録『みぞれ』重松清
『みぞれ』重松清 重松清の『みぞれ』(2008年7月刊角川文庫)を読みました。裏表紙に、<あなたに似た人が、ここにいるーー。幼なじみの少女が自殺未遂、戸惑いながら「死」と向き合う高校一年生の少年。結婚7年目、セッカチな夫に最近うんざり ... » more

見聴録 THINK
ぼくはこう生きている 君はどうか潮出版社 鶴見 俊輔 Amazonアソシエイト by 答えや正解なんてないんだと改めて思った。もしかすると、考えること、議論すること、怒りを覚えること、は答えを出すこと以上に大切であり、一番僕たち ... » more
テーマ 重松清

『峠うどん物語 下』重松清 重松清の『峠うどん物語下』(2011年9月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<50年前の大水害の翌日、若いうどん職人が路上でふるまったうどんはまずくて、おいしくて、希望の味がした。焼け野原からがんばって復興 ... » more

『峠うどん物語 上』重松清 重松清の『峠うどん物語上』(2011年8月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<中学2年生のよっちゃんは、祖父母が営むうどん屋「峠うどん」の手伝いが好き。市営斎場前に建つ「峠うどん」の暖簾をくぐるのは、命の旅 ... » more

重松 清 かっぽん屋 ★★★★ 2012/1/7 昨年からはまり始めた、重松清読みました!今度は「かっぽん屋」ですこの本は表題のかっぽん屋を含む8作の短編小説で出来上がっています。さすがに重松清さんの本はどれを読んでも昔を思い出させてくれたり、心が有ったくなったりす ... » more
テーマ 重松清 読書 かっぽん屋  コメント(1)

良い感じだったスクワット お庭に出ると、今日も臭い付けをする、アル。まずは、餌箱にスリスリ。続いて、ごみ箱にもスリスリ。カメラを向けていたら、こっちを見た。この後、何と!カメラにまで臭い付けをしようとした。慌てて避けたが、レン ... » more

『そういうものだろ、仕事っていうのは』重松清他 重松清他の『そういうものだろ、仕事っていうのは』を読みました。図書館の内容紹介によると、<働くことは生きること。世界とつながること-。重松清、野中柊、石田衣良ら6人の人気作家が「働く」をテーマに競作した短編小説のアン ... » more

読書こそ最高のエンターテイメント!?〜きみの友だち〜 〜新潮文庫背表紙より転載〜わたしは「みんな」を信じない、だからあんたと一緒にいる―。足の不自由な恵美ちゃんと病気がちな由香ちゃんは、ある事件がきっかけでクラスのだれとも付き合わなくなった。学校の人気者、ブンちゃんは、デキる転 ... » more
テーマ 日記 重松清

ビタミンF 重松 清 ★★★★ 2011/9/9 読みました!ちょっと気持ちを和やかにしたいときの、今年に入って、マイブームの重松清「ビタミンF」直木賞受賞作らしく、重松清の代表作の一つみたいです。短編小説が、全部で7編載っていて、ビタミンFという表題の作品は無く、全部 ... » more
テーマ 重松清 読書 ビタミンF  コメント(14)

読書こそ最高のエンターテイメント!?〜青い鳥〜 〜新潮文庫背表紙より転載〜村内先生は、中学の非常勤講師。国語の先生なのに、言葉がつっかえてうまく話せない。でも先生には、授業よりももっと、大事な仕事があるんだ。いじめの加害者になってしまった生徒、父親の自殺に苦しむ生徒、 ... » more
テーマ 日記 重松清

読書こそ最高のエンターテイメント!?〜希望ヶ丘の人びと 上・下〜 〜小学館文庫背表紙より転載〜ニュータウン「希望ヶ丘」―今年、四十歳になった私は、春から中学三年生になる美嘉と小学五年生の亮太とともに、この街へとやってきた。ここは、二年前にガンで亡くなった妻・圭子のふるさとであり、今度の引っ ... » more
テーマ 日記 重松清

読書こそ最高のエンターテイメント!?〜せんせい〜 〜新潮文庫背表紙より転載〜先生、あのときは、すいませんでした―。授業そっちのけで夢を追いかけた先生。一人の生徒を好きになれなかった先生。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった先生。そして、そんな彼らに反発した生徒た ... » more
テーマ 日記 重松清

読書こそ最高のエンターテイメント!?〜流星ワゴン〜 〜講談社文庫背表紙より転載〜死んじゃってもいいかなあ、もう・・・・・。38歳・秋。その夜、僕は、5年前に交通事故死した父子の乗る不思議なワゴンに拾われた。そして―自分と同い歳の父親に出遭った。時空を超えてワゴンがめぐる。人生 ... » more
テーマ 日記 重松清

ナイフ 重松清 ★★★★ 2011/5/24 読みました!重松清!第2段!「ナイフ」先日の「エイジ」がとても面白かったので、読んでみたらこれまた面白かったです!ミステリーもんを主に読んでいた俺にとって、重松清は読み終わって、余韻にしたれたり、昔を思い出させてくれたり、自 ... » more

偏り読書レビュー重松清 青い鳥
新潮文庫あらすじ村内先生は、中学の非常勤務師。国語の先生なのに、言葉がつっかえてうまく話せない。でも先生には、授業よりももっと、大事な仕事があるんだ。いじめの加害者になってしまった生徒、父親の自殺に苦しむ生徒、気持ちを伝 ... » more
テーマ 重松清

重松清さんの「卒業」を読み終えた。男の子、父親の視点で描かれた世界は、当然ながら凄い共感を持って受け入れられ、時には胸が締め付けられる。 ... » more
テーマ 重松清 読書

読みました。あらすじ≪あなたに似た人が、ここにいる―。幼なじみの少女が自殺未遂、戸惑いながら「死」と向き合う高校1年生の少年。結婚7年目、セッカチな夫に最近うんざりしてきた妻。子供がいないとつい言えなくて、一芝居うつ羽目に陥 ... » more
テーマ 重松清 読書

エイジ 重松清 ★★★★★ 2010/04/26 読みました!重松清「エイジ」メチャメチャメチャ面白かったです!大満足!久しぶりに涙が出ました。今年の5本の指に入ることは間違えないでしょう!大絶賛です皆も読んでみてください!中学生の主人公の友人が通り魔で捕まり、いろいろなこ ... » more
テーマ エイジ 重松清 読書  コメント(3)

中年パワーリフター日記村内先生
村内先生 頚が完全に曲がったクー。撫でて欲しくてしょうがない。眼振がある時は、特に撫でて欲しいらしい。撫でると安心するみたいだ。撫でられて、まずは爛爛と目を見開く。そして、そのうちに、うっとり目を閉じる。 ... » more

My Favorite Books重松清 「疾走」
重松清の「疾走」読みました。文庫で上下巻の長編小説です。物語は語り口調のような感じで始まります。2003年の作品。大阪方面の海沿いの田舎町で元々からある「浜」と呼ばれる地区。そして干拓地に後から余所者が越 ... » more

見聴録 
ほとんどテレビを見なくなった。決まった時間の決まったニュースぐらい。もしくはビデオかな。その分読まずに積まれていた本をむさぼり読むようになった。夜中にひそひそと読んでいる状態。。青い鳥 (新潮文庫)新潮社 重松 清 Am ... » more
テーマ 重松清

見聴録 門出
この時期、これを思い出します。卒業 (新潮文庫)新潮社 重松 清 Amazonアソシエイト by ... » more
テーマ 重松清

夕芽の EX LIBRIS青い鳥
青い鳥 さて今日は、私にとっては読むのに相当覚悟のいる作家さんの本である。『青い鳥』重松清(新潮文庫)私は実は、感動物語がものすごく苦手だ。たぶん泣くのがいやなんだと思う。小さい頃から、泣くと怒られてきたからじゃないかなと思 ... » more
テーマ 重松清

学而重松清「きみ去りしのち」
2010.2刊。文藝春秋。¥1524+税。喪失と旅の再生の物語。 ... » more
テーマ 重松清 小説

講談社文庫あらすじ丘の上の遊園地は、俺たちの夢だった━。肺の悪性腫瘍を告知された三十九歳の秋、俊介は二度と帰らないと決めていたふるさとへ向かう。そこには、かつて傷つけてしまった友がいる。初恋の人がいる。「王」と呼ばれ ... » more
テーマ 重松清

見聴録 しまった。。。
この状況で今読むんじゃなかった。。。とんび角川グループパブリッシング 重松 清 Amazonアソシエイト by ... » more
テーマ 重松清  コメント(3)

見聴録 口ぶえ。
このところ色々な大学に行くことが多い。新幹線に長時間乗ったり、ギリの乗換えで構内を走る時間がすごくしんどいし、もったいない。。。乗り物にゆられながら、このところためていた本を持参して、一気に読んでいる。くちぶえ番長 ... » more
テーマ 重松清

今度は泣かなかったぞ 「小学五年生」 重松 清・著 文藝春秋 中学受験の必読書、小学五年生。重松さんは自分の体験をもとにこれらの作品を描いているのだろうか。自分も5年生の頃、こんなこと考えてたよなー、と思い起こさせる。独善的で、思い込みが激しくて、女子を意識する頃で、、。初恋はまさに小学五 ... » more
テーマ 小学五年生 重松清 読書

またしても重松清にやられた!中学受験ご用達 「くちぶえ番長」新潮文庫 重松清って人は一体、、、昨日の帰りの電車で読み始め、今朝の電車であっという間に読み終わってしまいました。いつもpodcastを聴きながら読んでいるのですが、何も耳に残りませんでした。見事に「くちぶえ番長」の世界に引き込まれました ... » more
テーマ 重松清 読書 くちぶえ番長

電車で読んではいけません 重松清著  その日のまえに 文春文庫 電車の中で涙をこぼすなんて、いつ以来だろう。本を読んで泣けるなんていつ以来だろう。不覚にも重松清に泣かされてしまった。「その日の前に」その日のまえに (文春文庫)文藝春秋 重松 清 Amazonアソシエイト by ... » more
テーマ 重松清 読書 その日の前に

 

最終更新日: 2016/11/10 14:29

楽天市場のおすすめ商品

「重松清」のブログ関連商品

» 「重松清」のブログレビュー をもっと探す

「重松清」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る