誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    重松清

重松清

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「重松清」のブログを一覧表示!「重松清」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「重松清」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「重松清」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

「たんぽぽ団地」 重松清著(新潮社 1,728円税込) 「たんぽぽ団地」 重松清著(新潮社1,728円税込)【内容情報】(出版社より)昭和の子どもたちの人生は、やり直せる。新たなるメッセージが溢れる最新長編。元子役の映画監督・小松亘氏は週刊誌のインタビューで、かつて主人公 ... » more
テーマ 重松清 たんぽぽ団地 新潮社

【BOOKレビュー】  「たんぽぽ団地」重松清著(新潮社 1600円+税) BOOKレビュー「たんぽぽ団地」重松清著(新潮社 1600円+税)日刊ゲンダイ2016年3月8日http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/176770 消 ... » more
テーマ 重松清 たんぽぽ団地 新潮社

見聴録 読書
なんとなく読書に逃げる。久しぶりの重松さん。読みたい本がたくさんあるのに、結局ここにたどり着くね。希望の地図 3・11から始まる物語 (幻冬舎文庫)幻冬舎 2015-02-10 重松 清 Amazonアソシエイト by ... » more
テーマ 重松清  コメント(1)

『なきむし姫』重松清 重松清の『なきむし姫』(2015年7月刊)を読みました。BOOKメーターによると、<夫の単身赴任、厄介なママ友、学級崩壊……二児の母、アヤの奮闘を描くさわやかな長編。 霜田アヤは、二児の母なのに大のなきむし。夫の ... » more
テーマ 重松清

『娘に語るお父さんの歴史』重松清 重松清の『娘に語るお父さんの歴史』(2006年2月刊)を読みました。BOOKレビューによると、<1963年生まれ、“普通のおじさん”であるカズアキが、自分が生きてきた昭和の時代を娘に語る。戦争を体験した前の世代のよう ... » more
テーマ 重松清  コメント(1)

映画 アゲイン 1月30日(金)にトーホーシネマにおいて「アゲイン」という映画を観てきました。重松清さんの原作ということで、ぜひ観たいと思いました。映画を観ていてこのストーリーは以前重松さんの小説を読んだ内容だと思いました。ただ、アゲインという題がどう ... » more
テーマ 重松清 アゲイン 映画

『一人っ子同盟』重松清 重松清の『一人っ子同盟』(2014年9月刊)を読みました。内容紹介によると、<両親がいて、子どもは二人。それが家族の「ふつう」だったあの頃。一人っ子で鍵っ子だったぼくとハム子は、困ったときには助け合い、確かに、一緒に ... » more
テーマ 重松清

『赤ヘル1975』重松清 重松清の『赤ヘル1975』(2013年11月刊)を読みました。BOOKデータによると、<1975年、広島カープ初優勝の年。三年連続最下位だったカープは、開幕十試合を終えて四勝六敗。まだ誰も奇跡のはじまりに気づいていな ... » more
テーマ 重松清

『ゼツメツ少年』重松清 重松清の『ゼツメツ少年』(2013年9月刊)を読みました。BOOKデータによると、<小説家のもとに、少年から謎の手紙が届く。「僕たちはゼツメツしてしまいます」少年2人、少女1人、生き延びるための旅が始まる―僕たちをセ ... » more
テーマ 重松清

『みんなのうた』重松清 重松清の『みんなのうた』(2013年8月刊)を読みました。BOOKデータによると、<東大を目指して上京するも、3浪の末、夢破れて帰郷したレイコさん。傷心の彼女を迎えるのは、個性豊かな森原家の面々と、弟のタカツグが店長 ... » more
テーマ 重松清

『ファミレス』重松清 重松清の『ファミレス』(2013年7月刊)を読みました。BOOKメータによると、<妻と別居中の雑誌編集長・一博と、息子がいる妻と再婚した惣菜屋の康文は幼なじみ。料理を通して友人となった中学教師の陽平は子ども2人が家を ... » more
テーマ 重松清  コメント(2)

見聴録 聞いてみよう
そんなあなた。そんな僕。そんな時は重松先生に聞いてみよう!!このシリーズ好きです。みんなのなやみ2 (よりみちパン!セ)イースト・プレス 重松清 Amazonアソシエイト by ... » more
テーマ 重松清

学校は幸せな人生を教える場 【神奈川新聞投稿文】本紙の連載小説『めだか、太平洋を往け』を毎回楽しみに読んでいる。その中で[「正しさ」はとても大切なことでも、「幸せ」の方がもっと大切で、もっと尊い。学校とは、子どもたちに「正しい人生」を歩ませるために設けられた教 ... » more
テーマ 重松清 神奈川新聞投稿文 めだか、太平洋を往け  コメント(1)

『きみの町で』重松清 重松清の『きみの町で』(2013年5月刊)を読みました。内容紹介によると、<あの町と、この町、あの時と、いまは、つながっている。 初めて人生の「なぜ?」と出会ったとき――きみなら、どうする?一緒に立ち止まって ... » more
テーマ 重松清

『また次の春へ』重松清 重松清の『また次の春へ』(2013年3月刊)を読みました。内容紹介によると、<小学3年生、母を亡くした夜に父がつくってくれた“わが家"のトン汁を、避難所の炊き出しでつくった僕。 東京でもどかしい思いを抱え、二カ月 ... » more
テーマ 重松清  コメント(1)

偏り読書レビュー重松清 十字架
重松清十字架講談社文庫あらすじいじめを苦に自殺したあいつの遺書には、僕の名前が書かれていた。あいつは僕のことを「親友」と呼んでくれた。でも僕は、クラスのいじめをただ黙って見ていただけだったのだ。あいつはどんな思いで命 ... » more
テーマ 重松清

『トワイライト』重松清 重松清の『トワイライト』(2002年12月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<26年ぶりに再会した同級生達。校庭に埋めたタイムカプセルとともに、それぞれの胸の思いも封印を解かれる-。あの頃の未来に追いついた ... » more

『空より高く』重松清 重松清の『空より高く』(2012年9月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<僕らは廃校が決まった東玉川高校最後の生徒。平凡な高校生として、それなりに楽しくやっていたのに、赴任してきた熱血中年非常勤講師・ジン先 ... » more

レッツ・ビギン! 始めなきゃ終われない。統廃合により廃校となることが決まった高校を舞台にした青春小説。高校3年生の2学期が始まるまで、その高校は「終わって」いた。死を宣告された人間が、何もかもあきらめて無気力になってしま ... » more

『ポニーテール』重松清 重松清の『ポニーテール』(2011年7月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<フミとマキの父母が再婚し、ふたりはできたてホヤホヤの「新米きょうだい」に。ケンカをしたり、仲直りをしたり。ふたりの心は次第に変化し ... » more

『まゆみのマーチ』重松清 重松清の『まゆみのマーチ』(2011年9月刊)を読みました。裏表紙には、<まゆみは、歌が大好きな女の子だった。小学校の授業中も歌を口ずさむ娘を、母は決して叱らなかった。だが、担任教師の指導がきっかけで、まゆみは学校に ... » more

『ロング・ロング・アゴー』重松清 重松清の『ロング・ロング・アゴー』(1012年7月刊)を読みました。裏表紙によると、<最後まで誇り高かったクラスの女王さま。親戚中の嫌われ者のおじさん。不運続きでも笑顔だった幼なじみ。大人になって思い出す初恋の相手。 ... » more

『卒業ホームラン』重松清 重松清の『卒業ホームラン』(2011年9月刊)を読みました。裏表紙に、<少年野球チームに所属する智は、こつこつ努力しているのにいつも補欠の六年生。がんばれば必ず報われる、そう教えてきた智の父親で、チームの監督である徹 ... » more

見聴録 JUST
せんせい。 (新潮文庫)新潮社 2011-06-26 重松清 Amazonアソシエイト by この本の「ドロップスは神様の涙」を読むといいと思う。 ... » more
テーマ 重松清  コメント(2)

『希望の地図 3.11から始まる物語』重松清 重松清の『希望の地図3.11から始まる物語』(2012年3月11日刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<いわき、石巻、気仙沼、南三陸、釜石、大船渡、福島、飯舘…。東日本大震災の被災地で出会った人、流した涙、そ ... » more

重松清 講演会「ことばの力」 一週間前の土曜日は、風邪気味のためNHKの連ドラ「梅ちゃん先生」の舞台になっている蒲田の街を歩くという企画に参加できなくて、家で一日ごろごろと寝ていました。月・火と仕事をお休みして水曜日から仕事に復帰しました。今日の「よこはまチャイ ... » more
テーマ 重松清 よこはまチャイルドライン 講演会  コメント(3)

ふせんしブランケット・キャッツ
映画「レンタネコ」が公開されるという記事を読んで思い出したのがこの作品。どちらも「猫がレンタルされる」というお話ですから。この作品は七編の物語からなります。レンタルされる猫も、レンタル先も様々。その行く先々で、猫ちゃん大 ... » more
テーマ 重松清

本を読む。「きみの友だち」重松清
h17新潮社短編集の中でも、「あいあい傘」が印象に残った。激しくて毒のある否定の言葉に胸が痛んだ。自分に無縁な話題でもないので余計入り込んでしまったが、自分には恵美のような勇気は無い。 ... » more
テーマ 重松清

本を読む。「流星ワゴン」重松清
2005年講談社題材がよくある「家族の更生」だったので、あまり感動しないかなと思っていたのだが泣いてしまった。橋本さん達(特に健太くん)がいじらしくて、胸を打たれた。広樹くんの辛さも痛いほど伝わってきて、僕と同じ ... » more
テーマ 重松清

『かっぽん屋』重松清 重松清の『かっぽん屋』を読みました。「かっぽん」って、「性交」ことなんですね、驚きました。知ってたら借りなかったでしょう。もし、最初に重松清とこの作品で出会ったら、のめり込まなかったでしょう。 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/10 14:29

楽天市場のおすすめ商品

「重松清」のブログ関連商品

» 「重松清」のブログレビュー をもっと探す

「重松清」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る