誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ドビュッシー

ドビュッシー

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ドビュッシー」のブログを一覧表示!「ドビュッシー」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ドビュッシー」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ドビュッシー」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

ドビュッシー『子供の領分』の演奏比較 35.子供の領分ドビュッシーのピアノ曲でどれが一番有名だろうか。“月の光”“水の反映”“亜麻色の髪の少女”“アラベスク”?単独曲では有名なものがいろいろあるけれど、曲集のすべてがよく知られているということになると、“映像”“前奏 ... » more
テーマ ドビュッシー クラシック音楽 ミケランジェリ

ドビュッシー『弦楽四重奏曲』の演奏比較 34.弦楽四重奏曲古典的な枠組みにまったく新たな息吹を吹き込んだ名曲。ソナタ形式の堅固なイメージはなく、ひたすら魅惑的、遊戯的で楽しい曲だ。31歳。ローマ大賞受賞者の義務を果たさず、音楽院やアカデミーを敵に回してしまった若造がチ ... » more
テーマ ドビュッシー クラシック音楽 ターリッヒQ

ドビュッシー『牧神の午後への前奏曲』の演奏比較 33.牧神の午後への前奏曲牧神はパンフルートが得意。アポロンと競って、その神聖な美しさの前に負けてしまったバッカスと同様、野性的な官能性を代表する半神の一人だ。ドビュッシーにとってもフルートは官能性を表現する重要な楽器で、“シリ ... » more
テーマ ドビュッシー クラシック音楽 モントゥー

幻話§冨田勲『月の光』ドビュッシー 冨田勲がムーグシンセサイザーをオペレートして“創った”最初のアルバムは、ドビュッシーのピアノ曲のシンセサイザー化だった。LP時代に買い、プレイヤーの針を下ろしたとたんにひっくり返った記憶が甦る。冨田勲本人がライナーノ ... » more

ドビュッシー/『海』の演奏比較 ドビュッシー印象派。良くも悪くもこの一言でドビュッシーは語られてしまっているのではないだろうか。全半音による6音音階という楽理分析で語るにせよ、捕らえどころのないメロディー、ぼんやりとした響きであるにせよ印象派という言葉は便利で ... » more
テーマ ドビュッシー クラシック音楽 ミュンシュ

今回はうぐいすには珍しい曲を。ドビュッシーの「ベルガマスク」と「子供の領分」を聴いてみました。聴いた演奏はギーゼキングです。ギーゼキングといえば第二次大戦前後に活躍したドイツのピアニストですが、モーツァルトやドビュッシーなど ... » more

アバドのドビュッシー「牧神の午後への前奏曲」 今日の「昭和の日」もたいへん良い気候でした。ぼくは遠くへ行かず、妻と食材を買いがてら近所を散歩したに止まりましたが、行楽地はどこも人で賑ったのではないでしょうか。東京は(たぶん大阪や名古屋も)4月下旬から6月上旬の梅雨入り前までが、1年でい ... » more

チャイコフスキー:交響曲第1番ト短調作品13「冬の日の幻想」ドビュッシー:管弦楽のための「映像」マイケル・ティルソン=トーマス指揮ボストン交響楽団(1970年1971年録音)DG463615-2 ... » more

摺話§葛飾北斎とドビュッシー 指揮とオーケストラは忘れたが、CBSソニーのLPでドビュッシーの管弦楽曲集のジャケットに、葛飾北斎の『神奈川沖浪裏』を使われていて印象的だった。あの時代にフランスが持っていた日本への憧憬(ジャポニズム)が、実際に ... » more

2年ほどだったかフルートのレッスンを受けてはいたが、ほとんどは自己流で吹きたい曲を吹き散らかしていたに過ぎない。一番最初に、強烈にこれが吹きたいと思ったのがドビュッシーの『シリンクス』だった。田舎住まいの高校生にとっては、楽 ... » more

とうとう、本ブログも開始から1年となりました。昨年思い立って始めてから、途中で空白の期間が何度かありましたが(笑)、なんとか続けてこれました。本年も気負わず、淡々と進めてまいります(笑)。さて、今回からはいつもの感想です。 ... » more

以前,ドビュッシーの初期歌曲をフルート用に編曲した楽譜(Mimi Stillman編曲)を買いました.もともと,高木綾子のCDに入っていた,「美しい夕暮れ」(beau soir)の楽譜がよかったので,それなら,いろいろ入っている楽譜 ... » more

東京では今日、急に涼しくなり秋めいてきました。今日聴いたのは、ドビュッシーの「フルート、ヴィオラとハープのためのソナタ」です。演奏はランパル(fl)、パスキエ(va)、ラスキーヌ(hp)のERATOへの録音です。録音年は1962年です。 ... » more

最近,音楽を聴くときは,PCのiTunes + Onkyo のコードレス・ヘッドホンという組み合わせで聴いています.ノイズがなく,音楽に集中できます.で,iTunesですが,片っ端からHDに入れているので,すぐHDが一杯になりそ ... » more

弦楽四重奏について感想を書きましたが、そのコメントにも書いたとおり、自分が誤解していた点(オルランド四重奏団)をあらためて認識してしまい、軽く気を失いそうになりました(笑)。しかし、気を取り直して引き続きドビュッシーです!(我ながら ... » more

ベートーヴェンの後期四重奏もひと段落つきましたので、ここらでまたちょっと方向性を変えて、今度はドビュッシーの弦楽四重奏です。ドビュッシーの曲はどれもそうなのですが、ラテン的な明るい音色や小粋なフレーズ表現などを基調としたフランス音楽 ... » more

日々是好日2つのアラベスク第1番
2つのアラベスク第1番 夜、娘のピアノの発表会に。娘の演奏はいつもエキサイティング&スリリング!いつ間違うかと、観ている者の手に汗握らせます(笑)今夜はドビュッシー。なんと、けっこう良い感じ。。。焦ることもなく、優雅にゆっくり弾き終えま ... » more

ドビュッシー “映像”より《イベリア》 / チェリビダッケ (DVD) (365枚棚卸214) 2006年8月1日にはこの曲、この演奏のDVDを紹介↓致しました。http://garjyu.at.webry.info/200608/article_1.htmlオーケストラの皆さんからみてどうなのか・・というのは良く ... » more

ドビュッシー 交響詩《海》 / ブーレーズ クリーブランド管弦楽団(365枚棚卸198) 2006年7月17日にはこの曲、この演奏のCDを紹介↓いたしました。http://garjyu.at.webry.info/200607/article_19.html最前衛の“現代音楽”を数学者のように組みあげてしまう ... » more
テーマ ドビュッシー クラシック音楽 ブーレーズ

セルジュ・チェリビダッケ指揮シュトゥットガルト放送交響楽団のドビュッシー「イベリア」を聴いてみた。1980年2月29日のライブで、DGから発売されたものである。ドビュッシーの「映像」というと普通ピアノのために作曲された「映像」第1集 ... » more

デュトワのドビュッシー「海」 今日はシャルル・デュトワ指揮モントリオール交響楽団の演奏するドビュッシー「海」を聴いてみました。録音は1989年5月です。ドビュッシーはいうまでもなく、フランス印象派の開祖にして第一人者で、多くのオーケストラ曲とピアノ曲を作曲してい ... » more

クラウディオ・アラウの演奏するドビュッシーの「映像」を聴いてみた。1979年3月のPhilipsへの録音である。ドビュッシー「映像」は第1集と第2集からなり、それぞれ3曲ずつで構成されている。第1集は「水に映る影」「ラモーを讃えて」 ... » more

ラヴェル、ドビュッシー、フォーレ ピアノ三重奏曲 / トリオ・フォントネ(365枚棚卸115) 2006年4月26日は掲題CDを紹介しました。http://garjyu.at.webry.info/200604/article_33.htmlラヴェルの煌くような曲、ドビュッシーのドビュッシーらしくないロマン派風な曲 ... » more

ドビュッシーとラヴェルというとフランス印象派として一括りにされがちですが、ラヴェルが「音の魔術師」という異名のとおり多彩で絢爛豪華な作風であるのに対し、ドビュッシーはもう少し透明で純粋なように思います。ぼくはどちらかといえばラヴェルよりもド ... » more

ドビュッシー ビリティスの歌 (365枚棚卸 32) 2006年の2月1日はこの曲の入っているCDを推薦しました。2006年2月1日の記事はこちら↓http://garjyu.at.webry.info/200602/article_1.htmlちょっと不思議な楽器 ... » more

もともとピアノ弾きでない(正式にならったことがない)ため、ピアノ曲には滅法弱い(詳しくない。聴いて楽しめないことが多い)んです。しかも、ドビュッシーについては、《前奏曲集》や《練習曲》、《版画》あたりから入ろうとして“失敗”(《亜麻色の髪の ... » more

ちょっとムード音楽的かもしれないけれども素敵な《小組曲》、《6つの古代碑銘》のオケ編曲版。神々しい3つの最後の器楽ソナタと《神聖な舞曲と世俗的な舞曲》のデフォルト的名演。ちょっと、詰め込みすぎかとも思いましたが、贅沢で、素敵なアルバ ... » more

チェリビダッケの魔法の一部(指揮姿)が見られるだけで、買いです。1.町にて2.夜の匂い3.祭りの日の朝以前も書いたことがあるのですが、同じフランス印象主義で括られることの多いラヴェルとドビュッシーですが、ドビュッシ ... » more

勝手に**の日miwaplanさんとの共同企画、『勝手に**の日』、8月1日は『勝手にドビュッシーの日』とさせていただきました。出来るだけ皆さんの記事などを集めたいと思っておりますので、エントリーは1日、2日早くても遅くても大歓迎です。 ... » more

作曲においても、演奏においても、クラシック音楽の一つの極北を目指していたしていたブーレーズですが、数年前から、そこにマイルドさが加わり、DGで絶品のアルバムを続出しているのは、私が改めていうまでもないですね。その中でも、このドビュッシーは、 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/10 14:21

「ドビュッシー」のブログ関連商品

» 「ドビュッシー」のブログレビュー をもっと探す

「ドビュッシー」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る