誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    池波正太郎

池波正太郎

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「池波正太郎」のブログを一覧表示!「池波正太郎」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「池波正太郎」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「池波正太郎」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

ブログを始める前に読んだものなので、データ整理のためタイトルのみの紹介とさせていただきます ... » more
テーマ 池波正太郎

ブログを始める前に読んだものなので、データ整理のためタイトルのみの紹介とさせていただきます ... » more
テーマ 池波正太郎

ブログを始める前に読んだものなので、データ整理のためタイトルのみの紹介とさせていただきます ... » more
テーマ 池波正太郎

ブログを始める前に読んだものなので、データ整理のためタイトルのみの紹介とさせていただきます ... » more
テーマ 池波正太郎

ブログを始める前に読んだものなので、データ整理のためタイトルのみの紹介とさせていただきます ... » more
テーマ 池波正太郎

池波正太郎劇場鬼平犯科帳、剣客商売、仕掛人藤枝梅安、真田太平記…。作品を挙げたら切りがない名作の数々。私がもっとも好きな作家 池波正太郎先生である。この本は、様々なエッセイから池波先生の自伝から始まり、作品登場人物の ... » more
テーマ 池波正太郎

「「味と映画の歳時記」池波正太郎(新潮文庫)」読みました! 「味と映画の歳時記」池波正太郎著(新潮文庫)を読みました。池波正太郎さんは、1923年(大正12年)東京・浅草生まれの直木賞作家。(1923年(大正12年)1月25日 - 1990年(平成2年)5月3日)1982年(昭和57 ... » more

「「映画を見ると得をする」池波正太郎(新潮文庫)」読みました! 「映画を見ると得をする」池波正太郎著(新潮文庫)を読みました。池波正太郎さんは、1923年(大正12年)東京・浅草生まれの直木賞作家。(1923年(大正12年)1月25日 - 1990年(平成2年)5月3日)1980年(昭和 ... » more

「「男の作法」池波正太郎(新潮文庫)」読みました! 「男の作法」池波正太郎著(新潮文庫)を読みました。池波正太郎さんは、1923年(大正12年)東京・浅草生まれの直木賞作家。(1923年(大正12年)1月25日 - 1990年(平成2年)5月3日)1981年(昭和56年)4月 ... » more

★★★★★全12巻、途中他の本に浮気しつつ、なんとか読了。文句なしの名作、だと思います。歴史小説好きのは色々な派閥があるようで、司馬派とか、海音寺派とか、藤沢派とか、山本派とか・・・私はただの歴史好き。そんで ... » more
テーマ 池波正太郎

「「さむらい劇場」池波正太郎(新潮文庫)」読みました! 新潮文庫のコーナーで沢木耕太郎さんの「杯(カップ)緑の海へ」を買ったついでに、久しぶりに池波正太郎先生の作品を読みました。10年くらい前は、ストレス解消に池波正太郎先生の本をよく読んでいました。池波作品には、剣客商売の1〜16巻、番外編 ... » more

やっぱり 再び・・池波正太郎 釣り師の格言に「へラで始まりヘラで終わる」といのが有るけど・・この世界も同じかな・・近頃なかなか読みたい文庫が見つかりませんちょっと遊び心で買ってみました池波正太郎文庫化されているものは全て読んだのですが・・もう一度 ... » more

風のない場所幕末新選組
いたずら好きの腕白小僧が、剣術の稽古に没頭して十年……永倉新八の青春はひたすら剣の道に燃焼した。折しも幕末の動乱期だ。新八は新選組隊士となった。女にはからきし意気地がないが、剣を取っては隊長・近藤勇以上と評された永倉新八のさ ... » more

藤沢周平と池波正太郎の「江戸時代もの」小説 (写真はサクラタデ)「江戸時代もの」小説この夏の、暑さしのぎに藤沢周平の小説を読んだ。面白かった。「快楽としての」読書だ。この読書癖は子どもの頃からのもので、見方によっては「逃避行為としての」読書とも言える。時代小説 ... » more

直木賞選考委員を務める海音寺潮五郎さんが、池波正太郎氏が直木賞候補だった当時、その作品に対して相当に手厳しい批評を下したことを、以前このブログで紹介しました。これは一部、Wikipediaにも書きましたので、新たにこの事実を知った方も多いと ... » more

海音寺潮五郎さんの『列藩騒動録』がめでたく再販されることになりました。今朝、通勤電車の中でそれを宣伝する講談社の中吊り広告を見たのですが、何と評するべきか、、、「海音寺潮五郎」という文字が小さい!!!!!あれでは遠目からでは判読不可能です。 ... » more

人間には相性というものがあり、不思議なほど気の合う相手がいれば、逆にどうにもそりの合わない相手というのもいるもので、けっして長くない私の人生でもそういう両面の出会いが多々ありましたし、みなさんも同様だと思います。そして、海音寺潮五郎さんが見 ... » more

with coffee*** 2月の藤枝梅安 ***
***2月の藤枝梅安***前のお喋りで東京の江戸っぽいところが好き、と書きながら、あぁ〜これって藤枝梅安!!とひとりクスクス笑っっちゃてた。池波正太郎さん、お好きな方にはすぐわかっちゃうよね、 ... » more
テーマ 池波正太郎 藤枝梅安 渡辺謙

A Day in the Life食卓の情景 (池波正太郎)
早くも2007年である.本当に早いもので,このブログも開始から1年半以上が経過した.だが,記事数はまだ100件にもならない.感銘を受けた本の書評についてもほとんど書けていない.それでも,ブログを書くのは楽しい作業である.マイペースで細く長く ... » more

愛のゴンズイ玉 晩夏のメリメリ
聴欲を満たすためiPODを常に携帯している筆者、バッテリーの減り具合に一喜一憂していると、この四角い物体が自分の生命維持装置のように思えてきます。そうそう、充電だけではなく、コンテンツ更新も必要なのですね。その鍵を握るのがi-Tunesです ... » more

麗美憂-review-鬼平犯科帳〜乳房〜[小説]
鬼平犯科帳〜乳房〜[小説] 最近の半身浴のお伴「鬼平犯科帳」です。ほとんどが短編でキリのいいところで止められるのでお風呂で読むのにちょうどいいのです。言わずと知れた池波正太郎さんの代表作、昔から何度もテレビ化、映画化されていますので、読んでいるだけで絵が浮かぶのも頭が ... » more

「鬼平犯科帳」で有名な池波正太郎氏の短編集。何作か…「同性愛」関連の短編が含まれております。もちろん「武士道」における「男色」の方です。まずは「火消しの殿」…ここではあの浅野内匠頭長矩が、ちょっと奇妙な癖のある人物として描かれていま ... » more
テーマ 池波正太郎 読書 *注意

ご存知池波正太郎の「剣客商売」シリーズの番外編、秋山小兵衛や小川宗哲らが登場しますが、主人公はお福という、うら若き女性です。なので、女性の生き方を描いたシリーズなのかな、と思っています。秋山小兵衛の言葉による、「世の大人たちは、女が嫁に行け ... » more

敵の目を逃れるために、ひっそりと過ごしていた片桐宗春が、もちろん目立たぬように心がけながらも、人との交わりを拒まぬようになって行く心境の変化が描かれています。 医師である父の弟子であった滑川勝庵、宗春が治療をすることになった吉野屋清 ... » more

気ままな読書日記『乳房』 池波正太郎
これも、池波正太郎の女性シリーズの一つと言えるでしょう(おっと、『雲ながれゆく』のちょうど一年後に出版されているぞ)。主人公のお松は、左頬に刀傷があり、同棲相手だった勘蔵に、「不作の生大根をかじっているみたいな」つまらない女、と罵倒され ... » more

池波正太郎の、いわば「働く女性」シリーズの一つです。菓子屋の笹屋の先代の妻、お歌というのが主人公です。 お歌は、冒頭からなかなかショッキングな登場をします。馬杉源吾という正体不明の侍に、手ごめにされるシーンで小説は始まります(汗) ... » more

池波正太郎といえば、「男の世界」を書く作家というイメージがあるかも知れませんが、いくつか女を主人公にした小説も書いてます。『夜明けの星』もその一つです。 この『夜明けの星』は、父を殺された少女のお道が、いくつかの仕事を経た後に、若松 ... » more

「散歩のとき何か食べたくなって」池波正太郎著 アウトロー文庫が続く予定だったのだが・・・・・・。都度読み終えた文庫本も紹介しようとしていて、この本を「読んでしまった・・・」のである。このような本を書くためには、食べることに手数と情熱を惜しまないことは勿論である ... » more

 

最終更新日: 2016/11/10 13:55

「池波正太郎」のブログ関連商品

» 「池波正太郎」のブログレビュー をもっと探す

「池波正太郎」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る