誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ドヴォルザーク

ドヴォルザーク

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ドヴォルザーク」のブログを一覧表示!「ドヴォルザーク」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ドヴォルザーク」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ドヴォルザーク」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

ミルシテインのドヴォルザーク「ヴァイオリン協奏曲」 今日の東京は午後から雨が降り、気温も昨日から急に下がりました。今年は暦上の秋になっても暑い日が続き、秋の到来が遅いように思っていたのですが、今日から本格的な秋の到来となるのでしょう。今日はドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲イ短調を聴 ... » more

最長の『スタバト』の最長の演奏。 ドヴォルザーク スターバト・マーテル / スメターチェク 悲しさと慟哭、そして祈りと歌に満ちた音楽の、真摯でひたむきな演奏。ステファニア・ヴォイトヴィチ(S)ヴィエラ・ソウクポヴァー(A)イヴォ・ジーデク(T)キム・ボルイ(Bs)プラハ・フィルハーモニー合唱団チ ... » more
テーマ ドヴォルザーク クラシック音楽 スメターチェク

今週は短めの感想を回数重ねてます。この書き方、個人的には結構思うままにかけていいなあと思ってしまいました。平日はこんな感じで、週末あたりにいつもの比較的長文なものを書くようにしようかな。もっとも、平日に短めの感想が書けるレパート ... » more

ティンパニの轟きを聴け! ドヴォルザーク 交響曲第3番 / スメターチェク プラハ響 ドヴォルザークのマイナーな作品を一挙に“大名曲”に変身させてしまった凄(すご)名演。私の最近の座右の書、林田直樹著『クラシック新定番100人100曲』(アスキー新書)↓http://garjyu.at.webry.inf ... » more
テーマ ドヴォルザーク クラシック音楽 スメターチェク

4月15日発売 ゴーティエ・カピュソン 『ドヴォルザーク:チェロ協奏曲』 /vc)ゴーティエ・カピュソン、 指揮)パーヴォ・ヤルヴィ、フランクフルト放送交響楽団 2009年4月15日発売価格: 2800円(税込) EMI CLASSICS(TOCE-56178) ... » more
テーマ ゴーティエ・カピュソン ドヴォルザーク CLASSIC

ドヴォルザークの弦楽四重奏曲第12番「アメリカ」を聞きました。CDは、アマデウス弦楽四重奏団盤です。「アメリカ」については、以前にも書きましたが、第1楽章のなつかしいような、親しみやすい旋律がいいところだと思います。室内楽曲をあまり聞か ... » more

この間、実に久しぶりにダンディの曲を聴いたわけですが、さらにカセットテープの山を探索していると、また懐かしい曲が出てきました。今回エントリーも昔よく聴いた曲をひとつ。ドヴォルザークのピアノ・トリオ「ドゥムキー」です。この曲、ドヴ ... » more

ドヴォルザーク の交響曲第9番「新世界より」を聞きました。CDは、ノイマン(1981年録音)盤です。この曲は、親しみやすい旋律にあふれ(第2楽章の旋律は、キャンプファイヤーなどでよく歌われる「遠き山に日は落ちて」または「家路」として有名 ... » more

まず昨日の夜、ジャーナリストの筑紫哲也さんの訃報に接しました。謹んで御冥福をお祈り申し上げます。今日の東京は午前中雨が降り、午後になっても曇り空の寒い1日でした。冬の到来が近いことを実感させられる1日でした。昨日に続いてカレル・ ... » more

ドヴォルザーク:交響曲第7番ニ短調ニコラウス・アーノンクール指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団(1998年録音)ここ2,3日で急に涼しくなりました。やっと秋の気配です。そろそろゆったりと音楽を ... » more

ドヴォルザークのスラヴ舞曲集を聞きました。CDは、クーベリック盤です。スラヴ舞曲集は、作品46の第1集と作品72の第2集のそれぞれ8曲ずつがあり、もとはピアノ連弾用の曲です。第1集は、ブラームスのすすめで作曲され、楽譜が出版されるとたく ... » more

パイネマンを知っていますか? ドヴォルザーク ヴァイオリン協奏曲 / パイネマン マーク  上品で、清楚で、だからといってお高くとまっているわけでなく・・。まあ、偉そうに書くほど、私も彼女のことを知っているわけではありません。2年ほど前でしょうか。さる遠方の友人が『パイネマン良いよ。』と言って、ブラームスと ... » more

ドヴォルザーク/弦楽四重奏曲アメリカ 22.『弦楽四重奏曲第12番 アメリカ』なんとも人なつっこい曲。中高生の頃からの大のお気に入りの曲だった。九州出身の母親に望郷の曲だと教えると、この曲をかけるごとに“帰ろごた”の曲だ、と喜んでいた。それほどに覚えやすいし、人を近 ... » more
テーマ ドヴォルザーク クラシック音楽 ヤナーチェクQ

ドヴォルザーク/チェロ協奏曲の演奏比較 21.『チェロ協奏曲』チェリストが来日してオーケストラと共演すると、ほとんどドヴォルザークをやる。ハイドン、シューマン、エルガーなども聴きたいと思うけれど出番が極端に少ない。メロディーが豊富で分かりやすいという長所が頭抜けている ... » more

ドヴォルザーク/弦楽セレナーデの演奏比較 20.『弦楽セレナーデ』“アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク”に典をとる弦楽セレナーデは国民楽派に愛された。チャイコフスキー、グリーグ、エルガー…。名曲が多い。なぜ相性がいいのだろうか。弦が豊かなメロディーを表現するのに適してい ... » more
テーマ イッセルシュテット ドヴォルザーク クラシック音楽

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲ロ短調作品104ストラヴィンスキー:イタリア組曲*グレゴール・ピアティゴルスキー:チェロシャルル・ミュンシュ指揮ボストン交響楽団ルーカス・フォス:ピアノ*(1960年、 ... » more

ドヴォルザーク/交響曲第8番 19.『交響曲第8番』ドヴォルザークがイギリスに招かれた時期に発表されているので「イギリス」と呼ばれることもあるけれど、内容的には無縁。スラヴ舞曲的な要素が一番多く盛り込まれた曲ではないだろうか。とくに第3楽章のロマンスや終楽章 ... » more

ドヴォルザーク/新世界の演奏比較 ドヴォルザークチャイコフスキーと同様に、国民楽派と称されているけれど、西欧スタイルとの折衷で成功した人だ。有名な曲はすべて折衷タイプの曲で、聴きやすく分かりやすい。ただ、情感の出し方に調整を加えたようなところがあって、下手な演奏 ... » more
テーマ ドヴォルザーク クラシック音楽 ドホナーニ

ヤルヴィー(c)ロイヤル・スコティッシュ・オーケストラのシャンドス盤(CHAN-9008〜13)全曲入って六枚組2千円くらいだったかな?、数年前に新古品みたいなものとして入手。全曲のうち、9番「新世界」は超有名。私の好きなのは第 ... » more
テーマ クラシックCD ドヴォルザーク ヤルヴィ

すっかり秋ですね。私の場合は合唱の秋でもあり、食欲の秋でもあります。食欲がやたら出てきて抑えるのが大変。涼しくなると脳ミソの働きがよくなるような気がします。音楽も積極的に聴いています。今日はシェーンベルクのセレナードだとか、 ... » more

最近ちょっとマニアックな方向にいってるうぐいすのブログですが(前から?)、なんと、今回は名曲中の名曲で知られる新世界なのです(笑)。なぜかというと、再会を夢見て長年探していた録音を入手できたからです。それが題名のターリヒ/チェコフィ ... » more

アルバン・ベルクSQのドヴォルザーク「アメリカ」 最近ショッキングなニュースを目にしました。アルバン・ベルク四重奏団(以下、「ABQ」と省略します)が来年2008年度をもって解散し、世界各地で解散ツアーを行うというのです。日本には5月に来るようです。ABQは数年前、ヴィオラ奏者のトマス・カ ... » more

あのアンゲロフのドヴォルザーク交響曲全集が1,291円!(2007年8月3日現在) 以前に紹介した掲題全集(http://garjyu.at.webry.info/200704/article_7.html)が今HMVのマルチバイでものすごく安くなっています。煽るわけではありませんが、購入検討されていた方はチャ ... » more
テーマ ドヴォルザーク クラシック音楽 アンゲロフ

『 勝手にクーベリックの日 』ご企画ありがとうございます。拙い文章ですが、久し振りに参加させて戴きたいと思います。このご企画をなさいましたお1人でもあります garjyu さんが、クーベリック の ドヴォルザーク をお書きに ... » more

ドヴォルザーク 弦楽セレナーデ / クーベリック イギリス室内管弦楽団(新365枚) 『勝手にクーベリックの日』正直、今回は結構困りました。クーベリックのあまり良いコレクターと言えず、もともと絶対数が少ないところに持ってきて、大体クーベリックの得意な分野は、アンチェルなどとかぶってしまっていて、好きな曲はほと ... » more

今日7月1日は「勝手にドヴォルザークの日」です。これを機に、ドヴォルザークの『ピアノ・トリオ第4番「ドゥムキー」作品90』を聴いてみました。演奏は、レフ・オボーリン(p)、ダヴィッド・オイストラフ(vn)、スヴャストラフ・クヌシェヴィツキー ... » more

ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」クラウス・テンシュテット指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団「勝手にドヴォルザークの日」参加です。ドヴォルザークの音楽は最近ますます好きになっております。 ... » more

ドヴォルザーク チェロ協奏曲 / ロストロポーヴィチ  カラヤン  ベルリンフィル(新365枚 『勝手にドヴォルザークの日』「やっぱりこの曲を取り上げていないのはバランス悪いんではないの・・。」と“バランス派”の自分が言います。「そもそも、無人島へ持っていく“365枚”(1年毎日1枚づつ聴いてこまらないという趣旨、 ... » more
テーマ ドヴォルザーク クラシック音楽 ロストロポーヴィッチ  コメント(8)

 

最終更新日: 2016/11/10 13:50

「ドヴォルザーク」のブログ関連商品

» 「ドヴォルザーク」のブログレビュー をもっと探す

「ドヴォルザーク」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る