誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    生命保険

生命保険

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「生命保険」のブログを一覧表示!「生命保険」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「生命保険」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「生命保険」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

りそなが大手生保と資本提携次なる焦点は異業種取り込み りそなホールディングスが最大3兆円あった公的資金の完済後を見据え、新たな資本政策に動きだしたことが配信されました。配信された記事によるとりそなは第一生命保険や日本生命保険と資本関係を強化する方針であり、両生保は現在りそなが所有している株 ... » more
テーマ 生命保険 保険業界 生保業界

貯蓄性保険の保険料値上げ・販売中止の続出でどうする? 現在、日銀の金融緩和の影響により長期金利の金利が下がっていますが、それが2013年4月以来2年ぶりに改定となり、保険料に関係して生命保険の標準利率が現在1%だったものが2015年4月からは0.5%に下がることが配信されていました。この標 ... » more
テーマ 生命保険 保険業界 生保業界

生命保険を還元率からみると? 生命保険が払った金額に対していくら戻ってくるか還元から知ることは、その支払いが合理的かどうかを判断するうえでとても重要なのですが、生命保険の場合には生命保険には「いざというとき」に備える保障型もあれば貯蓄型の保険もあり、保障型の中にも保険料 ... » more
テーマ 生命保険 保険業界 生保業界

トップ陥落の日本生命、酷評される主力商品 銀行はリスク商品を売りつけ巨額利益? 「週刊ダイヤモンド」(ダイヤモンド社/1月17日号)では、『保険激変!』という特集が組まれているのですが、保険が大きく変化したのが2014年度上期の決算で“生命保険のガリバー”と自他共に認められていた日本生命保険が、売上高に相当する保険料等 ... » more
テーマ 生命保険 保険業界 生保業界

明治安田生命が成長分野の投融資枠を拡大 明治安田生命保険が、2016年度末までに設定している医療やエネルギーなど「成長分野」への投融資の枠を現行の1000億円から3500億円に拡大することを決めたとの配信がされたのですが、これは世界的な金利低下が続くなかでより高利回りが期待できる ... » more
テーマ 生命保険 保険業界 生保業界

長期金利低下で保険料引き上げ 住宅ローンは低下暮らしへの影響も 長期金利の低下が進む中で、その影響が住宅ローン金利のみならず保険商品にも及んできており、生命保険会社が主な運用先としてきた20から30年といった超長期の日本国債の利回りが低下しているためで、日本生命保険は2月から一部商品の保険料の引き上げに ... » more
テーマ 生命保険 終身保険 生保業界

保険を冷静に選ぶには口数少ない売り手に注意! 日本経済新聞に保険に関する記事を掲載している保険コンサルタントの後田亨氏が、保険コンサルタントとして独立するまでの十数年間に大手生命保険会社と代理店で保険を売る仕事をしてきた中で、保険という商品の価値や販売手法に疑問を感じることが多かったの ... » more
テーマ 生命保険 保険業界 生保業界

生命保険の標準利率 契約者に約束する利回り基準 生命保険会社が契約者に約束する運用利回り(予定利率)の基準は国債の利回りを基に決まるのですが、標準利率が下がると生保は将来の保険金支払いに備える責任準備金を積み増す必要が出てくるために、利益が減らないように契約者から受け取る保険料を上げる生 ... » more
テーマ 生命保険 保険業界 生保業界

明治安田や第一が低金利で運用難となり貯蓄保険の販売停止 生命保険業界では貯蓄型の生命保険の販売を止めたり保険料を上げたりする動きが広がってきたのですが、これは長期金利が低下し、運用利回りを得にくくなったためなのです。この様な中で明治安田生命保険や第一生命保険などが一部の販売を止めたのに続いて ... » more
テーマ 生命保険 貯蓄保険 生保業界

日本生命が追加緩和が運用難に拍車となり一時払い終身の利率引き下げ 日本生命保が一時払い終身保険の保険料を値上げすることを発表したとのが配信されたことをブログにて紹介をさせて頂いたのですが、日本生命保険より一時払い終身保険の予定利率を2月から引き下げると発表したことも配信されていました。今回の一時払い終 ... » more
テーマ 生命保険 終身保険 生保業界

日本生命が2月から低金利により一時払い終身保険の保険料を値上げ 日本生命保が一時払い終身保険の保険料を値上げすることを発表したとのが配信されたのですが、これは日銀の大規模金融緩和などに伴う超低金利により運用利回りの確保が難しくなったためであり、値上げは2013年4月以来約2年ぶりで、低金利による運用難は ... » more
テーマ 生命保険 終身保険 生保業界

三大疾病保険の支払い条件を緩和する保険会社の保険料は? 釜口博氏が2009年末に執筆した書籍「生命保険で損をしないための方法」やいろいろなWEB上で批判してきた従来の「三大(特定)疾病保障保険(特約)」の支払条件ではがんは悪性新生物のみであり、脳卒中と急性心筋梗塞では医師の診断を受けた時から「言 ... » more
テーマ 生命保険 終身医療保険 生保業界

がん保険料ランキング あんしん生命が首位 ダイヤモンドQ編集部から、経済的な負担が大きく治療費以外の費用がかさむがんのために契約されているがん保険について、診断給付金100万円を基にした保険料ランキングを配信したのですが、一生のうちにがんになる確率は「2人に1人」ともいわれる日本人 ... » more
テーマ 生命保険 がん保険 生保業界

「損しない」を疑え 保険を考える金言 日本経済新聞にて保険コンサルタントとして保険についての記事を掲載している後田亨氏が保険会社やメディア、消費者と接してきた中で、「もっと早く知りたかった」「気付けばよかった」と思う事実や考え方に出合うことがあり、2014年のまとめとして特に印 ... » more
テーマ 生命保険 保険業界 生保業界

万一に備えて加入した生命保険がムダに…誰もが陥る夫婦&家族のお金管理の罠とは? 今発売中のダイヤモンド・ザイ2月号から「しないと数百万円の損も!夫婦&親子のお金の片付け」の記事が掲載されているのですが、記事内で紹介されているのが20のケーススタディから夫婦や親子のお金管理の落とし穴とその対策について紹介していますが、今 ... » more
テーマ 生命保険 保険業界 生保業界

2014年の生命保険業界を振り返って 2015年を迎えるにあたり、2014年の生命保険業界に起きた大きな出来事を振り返って見る記事を目にするようになりましたが、2014年を振り返ると法律改正や日本生命の中間期決算での保険料収入でトップ陥落等の大きな出来事が挙げられます。エコ ... » more
テーマ 生命保険 保険業界 生保業界

日本郵政の株式上場について生保協が民間との公正な競争確保を提言 今月中旬に日本郵政が2015年秋にも日本郵政と傘下であるゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の金融2社とともに株式を上場することを発表したことについて生命保険協会の渡辺光一郎会長(第一生命保険社長)が、「かんぽ生命の株式完全処分について適切な期限を ... » more
テーマ 生命保険 保険業界 生保業界

生命保険の節税効果と注意点『一時払い』のデメリットに気づいていますか? 法人が節税と利益圧縮のために生命保険に加入する方法が知られていますが、この場合には会社の規模やオーナー企業の経営規模に応じた合法的な節税商品が存在しており、個人の節税対策として代表的なものは相続税の圧縮から生命保険料控除といったものまで、節 ... » more
テーマ 生命保険 保険業界 生保業界

生命保険の有期払いと終身払い 特徴を知って選択しよう 多くの人が生命保険に入る時には必要だからと思って契約する人は少なく、結婚を機に家族を守るために保険加入を周囲にすすめられて保険に入ることが正しいと何となく思ってる人も多いといわれています。そして、深く考えずに保険を契約してしまう人は死亡 ... » more
テーマ 生命保険 保険業界 生保業界

保険には自分に万が一のことがあった場合に家族の生活費となってくれる死亡保険(生命保険)や突然の病気やけがへの備えとなる医療保険、子供の教育費の助けとなってくれる学資保険、そして老後の生活費を補てんしてくれる年金保険など様々な種類があるのです ... » more
テーマ 生命保険 生保業界 医療保険

保険料を超低金利でどう殖やすか?生保の運用を知る収益確保へ外債の運用拡大 生命保険は契約者が支払った保険料を保険会社が運用し、死亡や病気の際に保険金や給付金として支払う仕組みとなっていますが、足元では歴史的な低金利が続いており生保各社はどう資産運用していて、保険会社の健全性や将来性をどのように見極めれば良いのかと ... » more
テーマ 生命保険 保険業界 生保業界

生命保険の節税効果と注意点『一時払い』のデメリットに気づいていますか? 節税といえば法人が利益圧縮のために生命保険に加入する方法が知られているのですが、これは会社の規模に応じたものやオーナー企業の経営規模に応じた合法的な節税商品が存在します。また、個人の節税としては代表的なものとして相続税の圧縮から生命保険 ... » more
テーマ 生命保険 保険業界 生保業界

第一生命が保険料等収入で日本生命を抜き首位に 国内大手生命保険の2014年9月中間決算が出そろい、第一生命保険の連結保険料等収入(売上高に相当)が日本生命保険を上回り、戦後初めて首位に立ったことが掲載をされていました。これは子会社による新商品の販売や積極的な海外展開が功を奏したため ... » more
テーマ 生命保険 決算 生保業界

生保9月中間の保険料収入で6社が増益となり第一が初の首位 国内主要生命保険9社の2014年9月中間決算が出そろったのですが、売上高に当たる保険料等収入は第一生命保険が前年同期比22.1%増の2兆5869億円となり、日本生命保険を抜いて初めて首位に立ったことが掲載されていました。今回の9月中間決 ... » more
テーマ 生命保険 決算 生保業界

老後の医療費への備え医療保険は不要?外来では役に立たず生涯保険料は100万円超 老後の医療費不安から医療保険に人気が集まっているのですが、民間の医療保険は生命保険会社をはじめ損害保険会社や共済でも取り扱っており、保険業界ではシェア争いの激しい商品だといわれています。医療保険は病気やケガでの入院・手術に対して給付金が ... » more

「生命保険の見直しで家計支出削減」のワナ?老後に生活困窮するケース多数 昨今、生命保険を見直すことが賢い家計管理であるかのごとく訴えかけるテレビCMなどを頻繁に目にするようになったのですが、確かに何ごともなければ保険が活躍する場面はなく、保険料の削減が家計の合理的な支出削減の筆頭として捉えられるのもわかるのです ... » more
テーマ 生命保険 保険の見直し 生保業界

生保協が高齢者保険契約の指針で身内の連絡先把握へ 生命保険協会が高齢者との保険契約に関する指針を取りまとめ、高齢の契約者の死亡時に保険金受け取りの権利がある身内が保険加入の事実を知らず、支払いが宙に浮く事例が相次いでいるために契約者と離れて暮らす家族の連絡先を把握したり、契約内容を説明した ... » more
テーマ 生命保険 保険業界 生保業界

共働き世帯の生命保険料控除でトクする人とソンする人 今の時期、会社勤めをされている皆さんのところには保険会社から生命保険料控除の書類が届いて年末調整の書類作成を記入される頃だと思いますが、皆さんは生命保険料控除で損をしていませんか?年末調整を始めてされる人は「よく分からないから捨てちゃっ ... » more
テーマ 生命保険 年末調整 生保業界

年末調整は夫婦分を合算した保険料控除で節税 年末が近づき個人所得税の年末調整が気になる季節ですが、生命保険に加入する個人も多いが生命保険料控除制度を活用すれば所得税や住民税の税負担が軽くなり、控除額は2012年以降の契約分では各枠の合計で所得税は最大12万円、住民税では7万円となるこ ... » more
テーマ 生命保険 年末調整 生保業界

年末調整・確定申告に備えるための「生命保険料控除」の5つの勘違い マネーの達人に掲載をされていた「保険会社から届く「生命保険料控除証明書と契約内容書類」の使い道」を紹介いたしましたが、サラリーマンにとって年末調整や確定申告の際に必要な書類である生命保険料控除証明書がハガキや封書で、各保険会社から自宅へ郵送 ... » more

 

最終更新日: 2017/11/22 16:26

「生命保険」のブログ関連商品

» 「生命保険」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る