誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ぜんそく

ぜんそく

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ぜんそく」のブログを一覧表示!「ぜんそく」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ぜんそく」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ぜんそく」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

発作の予防薬薬を服用すれば、ほとんどの喘息患者は普通の生活を送ることができます。喘息の治療に使われる薬の大半は、服用量を減らすなどして、発作の予防にも使われます。短時間作用型ベータ刺激薬: この薬は喘息発作を最もよく ... » more
テーマ 生活習慣病 ぜんそく カバノアナタケ

喘息発作の原因となる物質 最も一般的な室内のアレルゲンには、室内のチリダニ、羽毛、ゴキブリ、動物の皮膚からはがれた鱗屑(りんせつ)などがあります。こうしたアレルゲンをできるだけ吸いこまないようにすることで、喘 ... » more
テーマ 生活習慣病 ぜんそく カバノアナタケ

定量噴霧式吸入器(MDI)キャップを外してから、吸入器をよく振ります。1〜2秒間息を吐きます。吸入器を口にくわえるか、約3?6センチメートル口から離して、熱いスープを飲むようにゆっくり ... » more
テーマ 生活習慣病 ぜんそく カバノアナタケ

喘息重積発作への対応法 喘息発作の中で、症状が最も重いタイプを喘息重積発作と呼びます。この状態になると、肺は体に十分な酸素を補給できなくなり、また二酸化炭素を十分には排出できなくなります。酸素が不足すると、多 ... » more
テーマ 生活習慣病 ぜんそく カバノアナタケ

症状と合併症喘息発作の頻度や重症度はさまざまです。喘息の患者の中には、ほとんどいつも症状がなく、ごくたまに短時間の軽い息切れがみられるだけの人がいます。また、常にせきや喘鳴(ぜんめい)があり、ウイルスへの感染 ... » more
テーマ 生活習慣病 ぜんそく カバノアナタケ

喘息(ぜんそく)とは? 喘息の最大の特徴は気道の閉塞です。肺の気道は、筋肉でできた壁をもつチューブ状の組織です。気管支の表面を覆う細胞は、受容体というきわめて小さな構造物を備えています。主な受容体 ... » more
テーマ 生活習慣病 ぜんそく カバノアナタケ

今日、本ブログへのアクセス状況を見て気付いたことがあります。本ブログへのアクセス数は、昨年2010年11月が約3430件、同12月が約3020件と月間3000件くらいでした。ところが昨年12月25日に久我山病院アレルギー科廃止・外部 ... » more

朗報です。久我山病院はHP上で、アレルギー科の外部転出を発表しました。http://www.kugayama-hp.org/news/000950/htmlこの中には次のように書かれています。「今後予想される外来診療 ... » more

本ブログでは、今月4日に久我山病院アレルギー科廃止問題についての記事を書きました。それから約3週間が経過したわけですが、その間に何かの進展や変化があったのでしょうか。私genshiを含め、多くの患者の認識できる範囲内では、何 ... » more

久我山アレルギー科廃止問題について 新年明けましておめでとうございます。今年も本ブログを宜しくお願い申し上げます。さて年が明けたからといって喜んでばかりはいられません。昨年最後の記事にも書きましたが、久我山病院がアレルギー科廃止を公表したからです。 ... » more

私genshiは、今週の月曜日、12月20日(月)午後にアレルギー免疫療法(減感作療法)を受けるため、久我山病院に通院しました。そこで(正確には、京王井ノ頭線久我山駅近くで、診療を終えて帰宅途中の知り合いの患者さんから)、驚くべきことを聞き ... » more

今日11月27日(土)は、東京・有楽町の東京国際フォーラムで開催中の第60回日本アレルギー学会秋季学術大会の最終日でした。今日の午後2時から4時まで、「市民公開講座」という時間があり、その中に長屋宏先生(久我山病院)による「小児ぜんそく ... » more

前回まで4回にわたる記事で、ぜん息の唯一の原因療法であるアレルギー免疫療法(減感作療法)の必要性を訴えてきました。ところで現在の日本では、免疫療法を施行している病院・医院等は多いとはいえない状況ですが、私genshiが初めて免疫療法 ... » more

本ブログでは、これまで3回にわたり「ぜん息の原因療法の必要性」と題する記事を連載してきました。その途中、いろいろと脱線があって論旨が分かりにくくなったのではないかと思うので、3回の記事の要点をまとめます。1.現在のぜん息治療の中 ... » more

前回の記事で、私genshiが築年数40年近いホコリだらけの実家に帰省しても、ぜん息の発作が起きなくなった話をしました。私は、実家だけでなく、久我山病院で長屋宏医師によるアレルギー免疫療法(減感作療法)を受けて以来、ホコリだらけの家屋・倉庫 ... » more

前回10月25日の記事で、ぜん息治療においては、吸入ステロイド等の薬物による予防的治療法だけでなく、アレルギー免疫療法(減感作療法)による原因療法も必要だという話を述べました。読者の方には、当然のことのように感じられた方がおられるか ... » more

私は本ブログで、一昨年2008年12月7日に「吸入ステロイド療法の問題点」と題する記事を書いたことがあります。http://allergy-meneki.at.webry.info/200812/article_5.html ... » more

お久しぶりですっタイトル通り,せきの果てに入院してしまいました。12日間。総合病院にかかったのですが,薬(ぜんそくの吸入薬)を使ってもよくならずついには夜のせきがひどくなり,体を横にすることもできず布 ... » more

本年11月25日(木)、26日(金)、27日(土)の3日間、東京・有楽町の「東京国際フォーラム」で「第60回日本アレルギー学会秋季学術大会」が開かれます。日本アレルギー学会は毎年、春(春季臨床大会)と秋(秋季学術大会)の2回、全国規 ... » more

前回の本ブログの記事に対して、「子供の肺は成長するの、発作さえ起きなければ確実によくなる」というコメントを頂きました。たいへん重要な御指摘だと思います。今回はこれを機に、小児喘息の患者に対し、特にアレルギー免疫療法(減感作療法)を施 ... » more
テーマ ぜんそく 小児ぜんそく アレルギー  トラックバック(3)

今日は蒸し暑い1日でした。今年の梅雨は例年に比べて特に、暑く、湿度が高いように思います。梅雨のシーズンは湿度が高いため、ダニや各種のカビが多く繁殖します。ぜん息患者泣かせのシーズンです。私genshiも約15年前まで、ぜん息を患 ... » more
テーマ ぜんそく 小児ぜんそく アレルギー  コメント(2)

ぜん息患者にとっての良い季節・悪い季節 今年は梅雨入りが例年より遅れているようで、東京では梅雨入りはまだのようです。しかし九州全県や山口県では昨日梅雨入りが報じられたようで、関西地方や首都圏でも今週には梅雨入りするのでしょう。この梅雨から9月の台風シーズンにかけては、 ... » more

jellyfishの新型!
新型! インフルエンザの予防接種<新型インフルエンザ予防接種済証>予防接種待っている皆様方優先なのだそうで…お先に!こんな注射器でこんなところに最初に同意書なる書類にサイン ... » more

昨日10月11日付日本経済新聞の1面に次のような見出しの記事が出ていました。「診療報酬上げへ3000億円厚労相来年度予算で概括要求」以下、同紙の記事をそのまま引用します。「長妻昭厚生労働相ら政務三役は10日、20 ... » more

台風とぜん息 今日午前、大型台風が日本列島を直撃しています。私genshiは、今日の早朝、胸苦しさを覚え、サルタノール(吸入型の気管支拡張剤)を吸入しました。すると、すっかり楽になりました。考えてみると、私が気管支拡張剤を服用するのは ... » more

毎年良い数値に… 今年の健診おかげ様で自覚している体調はとてもイイ。でもホントはどうなの?昨日は先月受けた健診の結果説明を受けた。医師から「異常ナシ」って言われると やっぱりうれしい!もちろん全然メタボでも ... » more
テーマ 健康 ぜんそく

昨日のことですが、本ブログの8月16日の記事に、現役の医師であるDr.hsさんからコメントを頂きました。これまで各種のアレルギー病に苦しめられてきた我々患者にとっては、誠に有り難いメッセージです。御本人の快諾を得て、原文のまま記事にします( ... » more

(前回の続きです。)帰国後、会社の専門医の診断の結果も気管支ぜんそくであった。この医師は、発作はいつでるかわからない。会社にいるときは手当てはできる。自宅にいるとき発作がでた場合のことを考えておく必要がある。いざという場合に備えて、自宅 ... » more

昨日に続き、久我山病院(東京都世田谷区)アレルギー科の長屋宏医師のアレルギー免疫療法(減感作療法)によりぜん息を克服された患者の体験記を掲載します。この方は男性ですが、50歳を過ぎてからぜん息を発病し、かなりの重症でしたが、免疫療法を受 ... » more

50代女性のアレルギー克服記 久しぶりの更新です。久我山病院アレルギー科の長屋宏医師の下で、ぜん息、アレルギー性鼻炎を克服された女性患者の体験談を掲載します。なお本体験談は、長屋宏『減感作療法でぜんそくは治る』(講談社、但し現在は品切れ)からそのまま引用した ... » more

 

最終更新日: 2018/02/18 03:38

「ぜんそく」のブログ関連商品

» 「ぜんそく」のブログレビュー をもっと探す

「ぜんそく」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る