誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ぜんそく

ぜんそく

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ぜんそく」のブログを一覧表示!「ぜんそく」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ぜんそく」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ぜんそく」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

診断を確定するために、たん、血液、尿のサンプルが検査されます。レジオネラ‐ニューモフィラに感染するとこれに対する抗体がつくられるため、血液検査でこれらの抗体の増加がわかります。しかし、肺炎がある程度進行するまで抗体検 ... » more
テーマ 生活習慣病 ぜんそく カバノアナタケ

肺炎球菌性肺炎は、ペニシリンやセファロスポリンなど、数種類の抗生物質で治療しますが、最近10年間でこれらの抗生物質が徐々に効きにくい(薬剤耐性)タイプの肺炎球菌が出てきています。薬剤耐性の肺炎球菌に感染した場合、また ... » more
テーマ 生活習慣病 ぜんそく カバノアナタケ

感染肺炎を起こす最も一般的な細菌が肺炎球菌です。そのほか、インフルエンザ菌、レジオネラ菌、マイコプラズマ、クラミジア、ウイルスなども市中感染肺炎を起こします。ブドウ球菌が市中感染肺炎を起こすことはまずあり ... » more
テーマ 生活習慣病 ぜんそく カバノアナタケ

肺炎の予防と治療は、肺炎は、種類によりワクチンで予防できます。ワクチンで予防できる肺炎は、肺炎球菌による肺炎とインフルエンザ菌による肺炎、インフルエンザウイルスが原因の肺炎です。インフルエンザウイルスによる肺炎は、二次的 ... » more
テーマ 生活習慣病 ぜんそく カバノアナタケ

原因、肺炎は1つの病気というより、それぞれ異なる微生物によって引き起こされる多くの病気の集まりといえます。この微生物は、細菌、ウイルス、真菌(カビ)などです。肺炎は普通、微生物が肺の内部まで吸いこまれて発 ... » more
テーマ 生活習慣病 ぜんそく カバノアナタケ

肺炎は、肺にある小さな空気の袋(肺胞)とその周辺組織に起こる感染症です。 他の重い慢性的な病気のある患者にとって、肺炎は死に至る病気です。肺炎は、死亡原因全体の中では第6位を占め、病院内でかかる感染症の中 ... » more
テーマ 生活習慣病 ぜんそく カバノアナタケ

医師は、病歴や診察に基づいて、肺や気道の病気であるかどうかを判断します。診断を確定し、病気の程度や重症度を調べ、治療の計画を立てるために、さまざまな検査を行います。問診と診察、医師は診察時にまず症状を尋ねます。 ... » more
テーマ 生活習慣病 ぜんそく カバノアナタケ

治療、軽い喀血の場合、治療の必要はないか、感染症の治療のために抗生物質だけが投与されます。出血を起こすと気道をふさぐ血のかたまりができ、呼吸障害を悪化させます。せきは気道をきれいに保つために重要なので、せき止め薬でせきを抑え ... » more
テーマ 生活習慣病 ぜんそく カバノアナタケ

喘鳴とは、気道が部分的に狭くなっているため、呼吸の際に聞こえるゼイゼイ、ヒューヒューという笛のような音です。 喘鳴は、気道内部のどこかが狭くなっているために起こります。それは、喘息や慢性閉塞性肺疾患などで全体が狭くなっていた ... » more
テーマ 生活習慣病 ぜんそく カバノアナタケ

呼吸困難の種類肺に病気のある患者の多くは、体を激しく動かしたときに呼吸困難を経験します。運動中、体はより多くの二酸化炭素を出し、酸素をよりたくさん使います。脳の呼吸中枢は、血液中の酸素濃度が低下したり、二酸化 ... » more

治療、せきにはたんを吐き出し、気道をきれいにする重要な役割があるので、大量のたんを伴うせきを安易に抑えるべきではありません。それよりも、感染症、肺への液体貯留、喘息など、せきの根本的な原因を治療することが重要です。た ... » more
テーマ 生活習慣病 ぜんそく カバノアナタケ

せき、息切れ(呼吸困難)、呼吸時のゼイゼイ、ヒューヒューという音(喘鳴[ぜんめい]、喘音)などが、肺の病気でよくみられる症状です。また、せきとともに血を吐いたり(喀血[かっけつ])、血液中の酸素が足りないために皮膚の色が青っぽく ... » more
テーマ 生活習慣病 ぜんそく カバノアナタケ

豊な自然 大地の恵呼吸の調節
呼吸は自発的に行われていますが、脳幹部にある呼吸中枢によって潜在意識下でコントロールされています。呼吸は、眠っている間も、たとえ意識不明になったとしても、止まることはありません。脳や大動脈、頸動脈の内部に ... » more
テーマ 生活習慣病 ぜんそく カバノアナタケ

呼吸器系の最も重要な役割は、酸素と二酸化炭素を交換することです。吸いこまれた酸素は肺へ入っていき、肺胞に達します。肺胞表面の細胞とそれを取り巻く毛細血管は、ともにそれぞれ細胞1個分の厚みしかなく、互いに密 ... » more
テーマ 生活習慣病 ぜんそく カバノアナタケ

豊な自然 大地の恵胸腔
肺は胸腔内に位置しており、左右の肺の間には縦隔というスペースがあります。縦隔には心臓、胸腺、リンパ節が含まれます。また同時に、大動脈、大静脈、気管、食道、さまざまな神経系の一部も含まれています。縦隔は、前 ... » more
テーマ 生活習慣病 ぜんそく カバノアナタケ

豊な自然 大地の恵呼吸器系
呼吸器系は鼻と口から始まり、気道を通って肺へと続きます。空気は鼻と口から呼吸器系へと入り、のど、のどぼとけを通り、声帯のある喉頭を通過します。喉頭の入り口は小さなふたで覆われており、ものを ... » more
テーマ 生活習慣病 ぜんそく カバノアナタケ

呼吸不全 呼吸不全とは、血液中の酸素濃度が危険なほど低下したり、または二酸化炭素濃度が危険なほど上昇している状態をいいます。 呼吸不全は、慢性肺疾患の末期に起こることが多く、緊急の治療が必要で ... » more
テーマ 生活習慣病 ぜんそく カバノアナタケ

定量噴霧式吸入器の使い方 ベータ刺激薬は、肺に直接届くような電動式のネブライザーを使って吸入されることもあります。ネブライザーは霧状にした薬を連続的に発生させるので、呼吸に合わせて使う必要がありません ... » more
テーマ 生活習慣病 ぜんそく カバノアナタケ

発作の予防薬薬を服用すれば、ほとんどの喘息患者は普通の生活を送ることができます。喘息の治療に使われる薬の大半は、服用量を減らすなどして、発作の予防にも使われます。短時間作用型ベータ刺激薬: この薬は喘息発作を最もよく ... » more
テーマ 生活習慣病 ぜんそく カバノアナタケ

喘息発作の原因となる物質 最も一般的な室内のアレルゲンには、室内のチリダニ、羽毛、ゴキブリ、動物の皮膚からはがれた鱗屑(りんせつ)などがあります。こうしたアレルゲンをできるだけ吸いこまないようにすることで、喘 ... » more
テーマ 生活習慣病 ぜんそく カバノアナタケ

定量噴霧式吸入器(MDI)キャップを外してから、吸入器をよく振ります。1〜2秒間息を吐きます。吸入器を口にくわえるか、約3?6センチメートル口から離して、熱いスープを飲むようにゆっくり ... » more
テーマ 生活習慣病 ぜんそく カバノアナタケ

喘息重積発作への対応法 喘息発作の中で、症状が最も重いタイプを喘息重積発作と呼びます。この状態になると、肺は体に十分な酸素を補給できなくなり、また二酸化炭素を十分には排出できなくなります。酸素が不足すると、多 ... » more
テーマ 生活習慣病 ぜんそく カバノアナタケ

症状と合併症喘息発作の頻度や重症度はさまざまです。喘息の患者の中には、ほとんどいつも症状がなく、ごくたまに短時間の軽い息切れがみられるだけの人がいます。また、常にせきや喘鳴(ぜんめい)があり、ウイルスへの感染 ... » more
テーマ 生活習慣病 ぜんそく カバノアナタケ

喘息(ぜんそく)とは? 喘息の最大の特徴は気道の閉塞です。肺の気道は、筋肉でできた壁をもつチューブ状の組織です。気管支の表面を覆う細胞は、受容体というきわめて小さな構造物を備えています。主な受容体 ... » more
テーマ 生活習慣病 ぜんそく カバノアナタケ

今日、本ブログへのアクセス状況を見て気付いたことがあります。本ブログへのアクセス数は、昨年2010年11月が約3430件、同12月が約3020件と月間3000件くらいでした。ところが昨年12月25日に久我山病院アレルギー科廃止・外部 ... » more

朗報です。久我山病院はHP上で、アレルギー科の外部転出を発表しました。http://www.kugayama-hp.org/news/000950/htmlこの中には次のように書かれています。「今後予想される外来診療 ... » more

本ブログでは、今月4日に久我山病院アレルギー科廃止問題についての記事を書きました。それから約3週間が経過したわけですが、その間に何かの進展や変化があったのでしょうか。私genshiを含め、多くの患者の認識できる範囲内では、何 ... » more

久我山アレルギー科廃止問題について 新年明けましておめでとうございます。今年も本ブログを宜しくお願い申し上げます。さて年が明けたからといって喜んでばかりはいられません。昨年最後の記事にも書きましたが、久我山病院がアレルギー科廃止を公表したからです。 ... » more

私genshiは、今週の月曜日、12月20日(月)午後にアレルギー免疫療法(減感作療法)を受けるため、久我山病院に通院しました。そこで(正確には、京王井ノ頭線久我山駅近くで、診療を終えて帰宅途中の知り合いの患者さんから)、驚くべきことを聞き ... » more

今日11月27日(土)は、東京・有楽町の東京国際フォーラムで開催中の第60回日本アレルギー学会秋季学術大会の最終日でした。今日の午後2時から4時まで、「市民公開講座」という時間があり、その中に長屋宏先生(久我山病院)による「小児ぜんそく ... » more

 

最終更新日: 2016/11/10 12:49

「ぜんそく」のブログ関連商品

» 「ぜんそく」のブログレビュー をもっと探す

「ぜんそく」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る