誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ぜんそく

ぜんそく

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ぜんそく」のブログを一覧表示!「ぜんそく」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ぜんそく」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ぜんそく」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

久しぶり、約半年ぶりの更新です。前回までで、アレルギー治療に携わっている医師の意識の問題を取り上げました。要約すると、第1に、治療現場で中心的に行われている吸入ステロイド療法だけでは、患者はいつまでも、極論すれば死ぬまで、吸 ... » more

前回の記事で、現在の日本のアレルギー治療の問題点について、治療に携わる個々の医師の意識の問題点を取り上げました。そして治療現場で中心的に行われている吸入ステロイド療法には、次の2つの問題点があることを指摘しました。すなわち、第1 ... » more

気管支ぜん息、花粉症、アレルギー性鼻炎、アレルギー性皮膚炎、等、アレルギー病に対する治療は、徐々に前進してきた旨の新聞・雑誌等の記事を読むことがあります。実際、日本での気管支ぜん息による死者は、1990年代半ばがピークで当時は年間700 ... » more

前回の記事で、私が都内Y診療所で受けているダニ・エキスを用いたアレルゲン免疫療法(減感作療法)が、100,000JAUの0.2mlの維持量まで進行したこと、また、免疫療法の進行に伴い、それまで時折感じていた胸が苦しいようなぜん息発作とまでは ... » more

久しぶりの更新です。昨年9月5日の「ダニ・エキスによる治療を受けてみて」という記事で、私genshiが東京都23区内のY診療所でダニ・エキスの皮下注射によるアレルゲン免疫療法を受けている話を致しました。http://allergy- ... » more

魔女の日記在宅医療の訪問の日
今までにない咳で、のどの奥や、気管切開をしているところを、咳の為にこすれて痛く、体全体が寒くなったり、微熱らしきものもでて、手は少し、熱かった。昨日からやっと夜寝られるように、なったかな。先生は呼吸が専門なのですが、 ... » more
テーマ ぜんそく 風邪

前回のブログ記事では、「週刊ポスト」9月18日号のダニアレルゲン免疫療法の記事の中で最も重要と思われる最後から2番目の段落について解説を加えました。同段落を再掲します。「ダニアレルゲンは治療薬は、気管支喘息だけでなく、ダニが原因 ... » more
テーマ ぜんそく 小児ぜんそく アレルギー

前々回の本ブログ記事でダニアレルゲン免疫治療に関する週刊ポスト9月18日号の記事を御紹介し、前回の本ブログ記事で週刊ポストの記事についての私genshiの考察を加えました。今日は、週刊ポストの記事の考察の2回目です。私の考え ... » more

前回の記事で、週刊ポスト9月18日号のダニアレルゲン免疫療法に関する記事をそのまま引用しました。さて私genshiの考えですが、まず申し上げたいのは、今回のダニアレルゲンの保険承認は、日本全国で数千万人にのぼるアレルギー患者にとって ... » more

私は最近まで知らずにいたのですが、「週刊ポスト」本年9月18日号にダニアレルゲンを用いた免疫療法についての記事が掲載されたようです。「ポストセブン」というサイトで見てみたところ、有益な記事だと思われますので、同サイトからそのまま引用し、 ... » more

今年4月鳥居薬品株式会社から、ダニの免疫療法(減感作療法)用の治療用エキス(商品名は「トリイ」)が発売されたのを受けて、私genshiは、これまでハウスダストの免疫療法を受けていた都内Y診療所で、ダニの免疫療法も始めました。10JAUの ... » more

本ブログを開設して以来、意識的に避けていた問題があります。それは、アレルゲン免疫療法(減感作療法)はなぜ効くのかという問題です。アレルゲン免疫療法は、1997年にWHO(世界保健機関、World Health Organizat ... » more

ぜん息、花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎、アレルギー性皮膚炎のようなアレルギー病の治療に際しては、各患者がどのような物質にアレルゲンを有しているかをテストする必要があります。ところが日本では、アレルギーテストにおいて、第1に ... » more

前々回及び前回の記事で、この4月鳥居薬品から発売されたダニの治療用エキスの可能性と注意点について考えました。さて、この4月発売されたダニの治療用エキスは皮下注射用のものですが、早ければ今年中にダニの舌下免疫用の薬が発売されるようです ... » more

前回の記事で、今回のダニの治療用エキス発売は、少なくともぜん息に対する吸入ステロイド一辺倒、対症療法一辺倒だったこれまでの治療を覆す可能性を秘めていること、及びこれまで行われてきたハウスダストによる皮下注射によりダニもカバーできるのではない ... » more
テーマ ぜんそく 小児ぜんそく アレルギー

今回は、過去半年間のアレルギー治療の現場で起きた動きの2番目として、先月4月21日、鳥居薬品株式会社よりダニの治療用エキスが発売されたという問題を取り上げます。従来、特に2000年頃以降のアレルギー治療の現場では、症状の予防に重点を ... » more

久しぶりの更新です。前回の更新が2013年1月3日だったので、実に2年半近くぶりの更新だということになります。止めたに等しかった本ブログをこの度更新しようと考えたのは、過去半年あまりの間に、アレルギー治療の現場で大きな変化があっ ... » more

これでは中国に行く気も失せます。中国、一部企業の操業停止大気汚染、メディアも批判2013.1.16 07:03 [中国] 中国各地で大気汚染が深刻化している問題で、北京市は一部企業の操業を停止させるなど異例の対策を取 ... » more
テーマ ぜんそく 中国大気汚染 気管支炎

これまで2回の記事で、「週刊ダイヤモンド」2013年1月12日号の記事を引用しました。本記事では、その内容について、私見を述べてみたいと思います。第1に、これは朗報だということです。記事にあったように、これまでの注射による免疫療法は ... » more

【福岡】《連載・医再発見》ぜんそく 信州大学医学部卒。日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会理事長も務める。県医師会員。 【国立病院機構福岡病院副院長小田嶋博さん(62)】 国内のぜんそく患者は約400万人もいると ... » more
テーマ 呼吸困難で死亡 ぜんそく ステロイド吸入薬

昨日は週1の診察日。一番最後なのでお気楽に診察待ちをしていました。。。 私はDrからちょっとずつ色々なお仕事をいただいているので診察時間も結局長くなるから一番最後。。。 今日は診察待ちの間に変わった方と仲良くなれました。 なんと ... » more

私genshiは、昨日4月30日(土)、長屋宏先生のアレルゲン免疫療法(減感作療法)を受けるため、久我山病院アレルギー科に通院しました。久我山病院アレルギー科の昨日4月30日をもって閉鎖され、長屋先生の治療は今後「久我山アレルギークリニ ... » more

「ゾレア」とは?U 前回の記事では、ぜん息の薪治療薬「オマリズマブ」(商品名:ゾレア)について、日経メディカル・オンラインの記事をそのまま引用しました。そこでのポイントは次の5点に集約することができると思います。1.ゾレアとは、米国やEUな ... » more

「ゾレア」とは?T 一昨日3月11日(金)午後、三陸海岸沖を震源地とした、マグニチュード9.0という国内観測史上最大の巨大地震が発生しました。被災された方々に対して、心よりお見舞い申し上げます。またお亡くなりになった方々の御冥福をお祈り申し上げます。 ... » more

発作!!(ぜんそく.......泣) 時期的に…かぜんそくの発作が続いているゆめうちで吸入しても追い付かず病院で吸入してもらいました{%うーん ... » more

ゆめダウン......(;_;) 昨晩もう10時を回り「痛い痛い」と起きてきたゆめ ... » more

ブドウ球菌は、典型的な肺炎の症状を引き起こします。肺炎球菌性肺炎と比べ、ブドウ球菌性肺炎では、悪寒や発熱が長びきます。ときに、症状が急激に悪化し、重大で致死的な肺機能の悪化に至ることもあります。 ... » more
テーマ 生活習慣病 ぜんそく カバノアナタケ

病院内または老人ホームの施設内などで感染した肺炎は、市中感染肺炎よりも重症化する傾向があります。こうした病院内や施設内の微生物はより病原性が強く、治療が難しいことがよくあります。また、入院患者 ... » more
テーマ 生活習慣病 ぜんそく カバノアナタケ

菌感染症(淋疾、淋病)は淋菌という細菌による性感染症で、尿道、子宮頸部、直腸、のどなどの内膜や、眼の結膜を侵します。 普通、淋菌感染症は感染部位だけに症状が現れますが、血流に入ると体中、特に皮膚や関節に広がるおそれがあります。 ... » more

オウム病は、オウム病クラミジアによって起こる珍しい肺炎です。この細菌は主にオウム、インコ、ボタンインコなどの鳥で見つかります。ハト、スズメ、ニワトリ、シチメンチョウなどからも見つかります。普通、感染している鳥の羽や糞 ... » more
テーマ 生活習慣病 ぜんそく カバノアナタケ

 

最終更新日: 2016/12/03 15:14

「ぜんそく」のブログ関連商品

» 「ぜんそく」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る