誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    映画・TV

映画・TV

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「映画・TV」のブログを一覧表示!「映画・TV」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「映画・TV」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「映画・TV」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

主人公の三郎が、おふくろさんから来た年賀状にショックを受けているところに、親戚の海が来て、無神経な一言を発っしてしまう。これに三郎が怒ってしまうというシーン。ショーケンの演技力も流石であり、見ごたえ十分である。テレビドラマの中でも私 ... » more
テーマ 映画・TV

「ボストン・リーガル」と「ザ・プラクティス」は、ともに弁護士を主人公とする法廷ドラマであるが、持ち味は全く異なる。その最大の違いは何か。私はユーモアの有無だと思う。「ボストン・リーガル」には、溢ればかりのユーモアがある。そのことが、 ... » more
テーマ 映画・TV

久しぶりの灰色の脳細胞 また1ヶ月放置でした・・・。え・・・っと、ブログ書いてることは一応覚えてますよ(笑)なぜかって、昔書いたiPhone電源トラブルの話が結構なビュー数になってましてね。未だにコメント付けていただいたりとかね。いやはや、 ... » more

NHKのドラマだが、見ごたえがあった。DVD6枚を一気に見てしまった。すばらしい骨のあるドラマで、多くの人に見て欲しいと感じた。公認会計士のつらさや苦しみといったことが、そしてその背理としての企業の厳しさが読み取られて、私は久しぶりに感動し ... » more
テーマ 映画・TV

つい最近、「パラノーマル・アクティビティ」と「フォース・カインド」を観た。前者は評判が高かったので、ある意味期待していたのだが、完全な期待外れ。怖くもなければ、面白くもない。金を出してまで観に行く人の気が知れん。そこへ行くと、後者の ... » more
テーマ 映画・TV

製作・脚本リュック・ベッソン、主演ジェイソン・ステイサム、まさに「外れなし」の映画。最近観た中では、ベスト。いや、実に面白い。時間を忘れて、食い入るように観てしまった。場面展開、テンポが良くて、実に飽きさせない映画。ディテールはかな ... » more
テーマ 映画・TV

松本人志の映画「しんぼる」の評判がすこぶる悪い。それに関してのコメントは控えるが、松ちゃんのラジオでの発言がすごく気になった。「製作がどんだけ大変か、そんなことはまったく無視して、観たやつらは『つまらん』の一言で片付けてしまうやろ。それが俺 ... » more

デンスケの気まぐれ日記今や昔
1957年に製作された米映画「白い砂」をご存知だろうか。名匠ジョン・ヒューストン監督で、ロバート・ミッチャムとデボラ・カーが主演した戦争映画がである。この中で、私には忘れられない台詞が語られた。舞台は日本軍の占領する南太平洋の孤島。 ... » more
テーマ 映画・TV

ウォシャウスキー兄弟監督作品。日本のアニメ「マッハGoGoGo」が、米国では「Speed Racer」として放映され、それをモチーフとして製作されたもの。映像は実にきれいで鮮やかであった。基本ファンタジー作品の如くである。ウォシャウ ... » more
テーマ 映画・TV

デンスケの気まぐれ日記MI−5
英国のテレビドラマ。イギリス国内でのテロリストや反政府活動に対して諜報活動を遂行する彼らファイブのメンバーは、「スプークス(ゴーストたち)」と呼ばれている。英国のドラマらしい重厚な作り方をしており、私には大変面白かった。スピード感が ... » more
テーマ 映画・TV

誰でもブルーになる時がある。それから開放されるには、カタルシスに頼るのが一般的だ。ただ、人によってやり方が異なる。ある者は笑いに、ある者はもっとブルーになることに、またある者は大食に走る場合もある。私の場合は、面白DVDを鑑賞することである ... » more
テーマ 映画・TV

デンスケの気まぐれ日記CSI:NY
CSIシリーズの中では、最も冷徹な感じのシリーズ。チーフのマック・テイラーの影が薄い印象があるが、どうやらそれとても、演出の一部であるようだ。マイアミのホレイショがホットであるのに対し、テイラーはあくまでもクールである。全体的な印象が地味で ... » more
テーマ 映画・TV

監督マイケル・ディビィス、主演クライブ・オーエンのガンアクション・ムービー。アホらしくも馬鹿らしい、徹底したエンターテイメント作品である。観て楽しければ良いではないか。そのような映画の本質を、理屈なしで教えてくれるような作品である。私には大 ... » more
テーマ 映画・TV

最近観た映画の中では最高の作品。実にすばらしい。オリジナリティを感じさせるスタイリッシュ・アクションの連続で、時を忘れて見入ってしまった。もともとは人気ゲームから出発したが、映画としてもシリーズ化されそうな勢いである。エンターティメントとし ... » more
テーマ 映画・TV

ポール・ニューマン主演の映画だと、その出会いは「ハスラー」「栄光への脱出」だったような気がする。ビデオで視た記憶がある。私は、スティーブ・マックインと常に対比して視てきたような気がする。共に好きな俳優で、動と静、ホットとクールと対照的。 ... » more
テーマ 映画・TV

2005年9月から始まった米テレビシリーズで、既にシーズン3まで終了している。FBIの行動分析課の活躍を示したもの。プロファイリングを駆使して、犯人逮捕に導くといったストーリーである。全般的に緊迫感があり、シナリオ的にもこなれていて、私には ... » more
テーマ 映画・TV

2004年に、ティムール・ベクマンベトフ監督により映画化された「ナイト・ウォッチ」の続編。面白いのか、詰まらないのか、判断の難しい映画。私はこの種の映画に、あまり興味はない。一部には評価する向きがあるようだが、所詮B級映画である。こ ... » more
テーマ 映画・TV

原作は海堂尊(かいどう たける)のベストセラー小説。良い映画である。思わず見入ってしまった。医療ミステリー・エンターティメントと呼べば良いのだろうか。今までになかったジャンルであり、それだけに一層新鮮に感じられた。心臓外科の権威、桐 ... » more
テーマ 映画・TV

デンスケの気まぐれ日記ミディアムU
霊能者アリソン・デュボアのシリーズUである。シリーズTに比べると、夢がより複雑化、あるいは断片化して、簡単には内容がわからなくなっている。ストーリーの進行とともに、その夢の意味が判って来るという展開になっている。ストーリーの複雑化は ... » more
テーマ 映画・TV

すごいアニメである。重厚なプロットを軸に、鮮やかなビジュアル、予測不可能な展開。久しぶりに良い映画を観せてもらったという感じである。監督は曽利文彦。アニメとあなどってはいけない。きらめく様な才能を感じさせる作品である。2067年、ハ ... » more
テーマ 映画・TV

一言でいうと「世紀の凡作」。最近観た映画の中では、最悪のもの。まったく面白さを感じられず、「心に響くものが何一つ無かった映画」である。名画を名画たらしめるべく、その比較において存在理由はあるのかもしれないが、それだけのこと。私がとりわけ気に ... » more
テーマ 映画・TV

デンスケの気まぐれ日記ルネッサンス
2007年7月14日公開されたフランスの白黒アニメ。監督・デザイン原案は、クリスチャン・ヴォルクマン。アヌシー国際アニメーション映画祭2006年長編部門グランプリを受賞したフレンチ・アニメーション。2054年のパリが舞台となっている。 ... » more
テーマ 映画・TV

デンスケの気まぐれ日記熱海殺人事件
1986年に仲代達矢主演で映画化された。つかこうへい原作。私が観た映画の中で最も笑えた作品。監督は高橋和男、つかこうへいは脚本も担当している。ただ、私はビデオでしか見ていない。当時、「世紀の大駄作」と酷評された。ただ、私にはその理由 ... » more
テーマ 映画・TV

倉本聰脚本によるテレビドラマ。主演は萩原健一で、1975年10月〜1977年4月に放送された。私の評価としては、国内のテレビドラマ史上の最高傑作。ただ残念なことに、DVD化されておらず、ビデオのみである。私もビデオで観たのだが、このような名 ... » more
テーマ 映画・TV

米国のクライム・サスペンス・TVドラマ。殺人捜査班のチーフ、ブレンダ・ジョンソン役はキーラ・セジウィックが担当。彼女は大女優ではあるが、個人的には好きになれない。話しをする時に、上唇が鼻の方にぺリっとめくれるのが嫌だ。なんちゅう唇やねん。 ... » more
テーマ 映画・TV

フランスのTVドラマシリーズ、ブリュノ・クレメール主演。ジョルジュ・シムノン原作。メグレ警視は身長が約180センチで、体重が約110キロという巨漢であり、原作にできるだけ忠実にしようという意図が見受けられる。ただ、残念なことに、日本語の吹き ... » more
テーマ 映画・TV

デンスケの気まぐれ日記イノセンス
2004年に公開された押井守監督のアニメ映画。アニメ史上の最高傑作のひとつ。豊かなイマジネーションと優れた才能を感じさせる作品である。一度は観るべき作品だと思われる。ロクス・ソルス社製ガイノイドが暴走し、主人を殺害するという事件が8 ... » more
テーマ 映画・TV

デンスケの気まぐれ日記ROME(ローマ)
英米合作のテレビドラマ。総制作費200億円以上、制作期間は8年以上という超大作ドラマである。当然のことなのだが、史実に忠実なわけではない。それはそれドラマ。ただ、私には多くのアナのあるドラマと感じた。特に目に付いたのは、次のような点である。 ... » more
テーマ 映画・TV

デンスケの気まぐれ日記BONES
2005年9月から始まった米テレビシリーズ。人間の骨から、犯罪捜査を展開するというストーリー。CSIがあらゆる物的証拠から事実を探り出すのに対し、このボーンズは「人間の骨」にその証拠が限定されるという違いがある。それだけに、細部のディテール ... » more
テーマ 映画・TV

Re:Genesisは、2004年10月からカナダで放送された新感覚バイオサスペンスドラマ。行き過ぎたバイオテクノロジーを調査し、真実を明らかにする生化学調査班「NorBAC(ノーバック)」(北米バイオテクノロジー諮問委員会)を舞台に描いた ... » more
テーマ 映画・TV

 

最終更新日: 2016/11/10 12:24

「映画・TV」のブログ関連商品

» 「映画・TV」のブログレビュー をもっと探す

「映画・TV」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る