誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    バスフィッシング

バスフィッシング

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 釣り
類似テーマ: バスフィッシング バス釣り
テーマ「バスフィッシング」のブログを一覧表示!「バスフィッシング」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「バスフィッシング」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「バスフィッシング」で閲覧数の多い注目記事をピックアップしています。

「ガイドの距離」って、配置のことでしょうね。 リールを使うロッドには、糸を通すためのガイドリングという部品が付いてます。このガイドリングのサイズとか、ガイドとガイドの間の距離という物には、標準的な仕様があって、それは、ガイドリングを作っている富士工業さんとか、特注ロッドなどを作っている ... » more

仙台釣〜りんぐ日記今シーズン終焉
今シーズン終焉 前回のジョイクロで40UP2本を境に釣果が安定しません。ブログ仲間のアングラーさんに教えてもらった野池に来て見ましたが、生命感一切なしもうなんか分かるんですよね、ダメな日の感じって。言葉では上手く表せませんが、ボウズの日って初め ... » more
テーマ 野池 バス釣り

「ドラググリスDG01とDG04のグリスの違い」って、シマノの早見表みれば分かるのでは?(−−;) シマノのメンテ用のグリスでDG01というのとDG04というぐりすがありますけど、DG01はドラググリスとなっており、DG04の方は、ギア部のグリス、ギアグリスとなっているという違いがありますけど、表を見て、分かりませんかね?シマノのHPのア ... » more

スプリットリングプライヤーの使い方は・・。 前からスプリットリングプライヤーの使い方という検索があったのですが、「スプリットリングの割れ目に尖った先端を挟んでこじ開けて、回せばいいのだから・・説明これ以上必要かな?」と思ってましたので、文字のみのを書いただけにしてました^^;;持って ... » more

リールが釣具店のショーケースで数年展示されて、それから購入されたとしても、リールとして使えるようにギアの保護の意味も含めて、どちらかと言うとベタベタに塗りまくってあるのが昔のABUリールでした^^;なので、気持ちよく使うには、まずはその塗り ... » more

日本のメーカーさんのロッドで6ft以下のものを2014年の時点でランナップして居る所は多くはないけどありました。シマノ、ノリーズ、オフト、レスターファインなどです。村田さん、田辺さん、ヒロ内藤さんと関係があるところがしっかり今でもショートロ ... » more

「自動ハリス止め 糸が切れるわけ」って、隙間の問題でしょうね^^; 釣り糸を狭めた針金の隙間に挟み込むことで固定する小道具に、自動ハリス止めというのがありますけど、それって、細い針金の狭まった隙間に糸を挟み込むことで糸を動かなくするものですよね?そういう隙間に挟み込むことで動かなくするのは、隙間の幅が適切な ... » more

金属や鉱物の硬さを表す物差しとして、「ビッカース硬度」という単位があります。詳しくは、自分で調べてもらうとして、地球上で最も硬い鉱物は、ダイヤモンドです^^。この硬度を6000以上という表現ですると、SICは2400、ゴールドサーメットが1 ... » more
テーマ ナマズ釣り 独り言 バス釣り

エポキシ・コートという東邦産業株式会社のコーティング剤を今回使いましたけど、その台紙の裏にあった取扱説明書を写してみます。スレッドコーティングで使う2液性のエポキシ剤は、いろいろありますが、おおよその取り扱い上の注意点は、ほとんど同じような ... » more

潮来釣具店の店主、村田基さんに聞いてもらった方が早いのだけれど、シマノのフッシングショーでの製品紹介ビデオがYou Tubeにあるはずなので、そこでの解説動画を見てもらった方が分かり易いでしょうね^^;;バスロッドというのではなく、ルアー釣 ... » more

自分は使ってませんけど、PEラインを使って釣りをしたいのであれば、それはそのままPEラインを使ってみれば良いだけだと思いますね^^;バスプロをしていた友人から、トップガイドの削れて、溝が出来てしまったロッドをもらったことはありますけど、SI ... » more

ベイトリールのクラッチの構造は、クラッチレバーを押すと、このレバーと連動するクラッチプレートという金属の板状の部品が押し下げられ、ピニオンギアを中心として少し回転するような動きになり、これでピニオンギアを差支えているヨークと言う部品がピニオ ... » more

SVS(シマノ・バリアブルブレーキ・システム)の調整の手順は、メカニカルブレーキを効く寸前のシャフトとの接触がギリギリ無い状態にして、SVSのブレーキブロックを6点式でも3点式でもSVS∞(エス・ブイ・エス、インフィニティー)でも、最初は全 ... » more

メンテ依頼がきたけれど、厄介なABU2500C IARです。 結果的にこの記事は大いなる勘違いによるものですが、その時は本当にそう思っていたので、勘違いの参考としてこのまま残します(笑)ドラグのトラブルに見えて実は原因は別な部品ということですが、そう思うだけの症状がありますので、「わかってないなぁ〜。 ... » more

釣り針が飲み込まれて釣り針を外すのに苦労するのは、よくあります。慣れてしまえば、そんなに難しい事ではないですが、刺さった釣り針は、刺さった方向へ押す事で抜くしかないです。指が届かなければ、細軸のラジオペンチとかプライヤーとかの道具を使うしか ... » more

ドッグウォーク、ウォーキング・ザ・ドッグとか言われるトップルアーの左右への首振りアクションは、ペンシル(棒状)タイプの水に浮くルアーでの動かし方です。トゥイッチというのは、ミノーでのチョンチョン引きで、ミノーをただ巻く時よりも不規則なダッシ ... » more

ベイトリールの場合でも、スピニングの場合でもドラグがスムーズに出るか否かは、ドラググリスの粘性とその塗る量の問題だと思います。ベイトリールでは、ドラグのパッド、部品的にはドラグワッシャーとか座金となっている金属でないカーボンなどの素材のもの ... » more

ベイトリールではキャストの時に回転しているスプールを親指で押える事で回転を止めて、バックラッシュの回避、糸ふけの回避をしますが、スピニングリールはスプールは回転してないので、コイル状に出て行っているラインを人差し指でスプールのエッジに触れる ... » more

’97スコーピオン1500(RH363)の取り扱い説明書の概要を書ける部分だけ書いておきます。細かい所の一部は省略します。まず、「このたびはシマノスコーピオンをお買い上げいただき、まことにありがとうございます。シマノスコーピオンは、 ... » more

基本的な話ですが、検索してくる方もおられるようなので簡単に書いておきます。スピニングリールの場合は現在ハンドルは出荷状態で右ハンドルになっていても左ハンドルに簡単に変更できるような構造のものがほとんどなので、番手の意味ぐらいしかないですが。 ... » more

ベイトリールのキャストは、スピニングリールのキャストと違い、ロッドを振る事で前に飛ばすという意識では、間違ったキャストになりやすいですね(−−;)もちろん、ロッドは振る事にはなるのだけれど、それは、ロッドティップ、穂先を曲げて、飛ばすための ... » more

冬こそ黙って集魚剤!(ガルプ汁の裏技) 冬って本当に釣れないですよね!(笑)ノーフィシュが耐えられ無い僕は、この時期からワンキャストのたびに集魚剤を振り掛ける事が多くなりますね。特にライトリグでワームを使った場合はワンキャストの時間が長いので、ワームに集魚剤を ... » more

KAWA  BLOG【訃報】静社長、永眠。
【訃報】大宮にてプロショップ吉見屋を経営され、広くルアー・フライ業界の発展に多大なる功績を残した「静幸夫」社長が9月27日に逝去されました。通夜:10月2日18時より葬儀・告別式:10月3日11時半より13時場所 ... » more

ボート、フローターなどで水の上から岸辺を狙えるなら、まだまだチャンスはありますけど、オカッパリでトップで釣るとなると、これからの季節はかなり厳しいですね、出るかもしれないけど^^;;トップで楽に釣れるのは、5月下旬から9月初旬ぐらいまでかも ... » more

リールシートの部分がロッドのブランクと一直線になっている最近のベイトロッドだとスピンキャストリールは取り付け難いという状況になると思うけれど、昔のピストルグリップ式のハンドルのロッドであれば、リールの脚の長さが丁度良くラインを伸ばせるの ... » more

「他のルアーのほうが釣り易いけれど、サイズが選べない」「小さいのは釣る気がしない、大きいのか元気の良いバスを選びたい」という時にスピナベを使うのであって、単純に釣りたいだけなら、他のルアーに換えて釣って下さい^^;;スピナベは、釣れないとか ... » more

 

最終更新日: 2016/11/10 11:41

「バスフィッシング」のブログ関連商品

» 「バスフィッシング」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る