誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    佐々木譲

佐々木譲

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「佐々木譲」のブログを一覧表示!「佐々木譲」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「佐々木譲」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「佐々木譲」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

気になる・・・「警官の条件」
佐々木譲さんの「警官の条件」を読みました。「警官の血」からの続編になっています。警視庁内でも、暴力団やそれらの情報網に対して独自のネットワークを持つ、加賀谷警部が直属の部下であった主人公安城に「売られ」ます。 ... » more
テーマ 佐々木譲

気になる・・・「北帰行」
佐々木譲さんの「北帰行」を読みました。六本木の組事務所で起こった事件。ロシアンマフィアとの契約で、その組の息の掛かった店で働いていた女で、組長が手を出して殺してしまった。事実を隠そうとして、東京湾 ... » more
テーマ 佐々木譲

気になる・・・「カウントダウン」
佐々木譲さんの「カウントダウン」を読みました。北海道の旧炭鉱地の最年少議員の仕事場である事務所に、ある日、突然男が尋ねてくる。そして、市長選に出馬しろとまくしたてられる。彼は選挙コンサルタントだった。 ... » more
テーマ 佐々木譲

気になる・・・「密売人」
佐々木譲さんの「密売人」を読みました。北海道で同じ日に起こった事件と事故。そろぞれの事件、事故は、それぞれの刑事が見知りしている人物だった。すべて直接ではないが、間接的にでも聞き及んでいる人物ばかりだった。 ... » more
テーマ 佐々木譲

佐々木譲 『警官の条件』 名作『警官の血』を上回る異色の警察小説 悪徳警官の汚名のまま追放された最強の捜査官・加賀谷仁が戻ってきた。不条理世界で生きるこのニヒリストに警官の誇りはあったのか2011/10/17日経紙「春秋」にこんな記事があった。暴力団が用心棒代(みかじめ料)を要求すると公安 ... » more

笑う警官 佐々木譲 ★★★ 2011/7/5 読みました!佐々木譲「笑う警官」・・・この人の本は初めて読みました!何年か前に映画にもなった本だったので、面白いかなって感じで期待大で読み始めました。久しぶりに警察ネタのミステリー?でした。内容は北海道警察の女性警察 ... » more
テーマ 佐々木譲 読書 笑う警官  コメント(3)

「カウントダウン」(佐々木譲著)を読み終えて 「カウントダウン」(佐々木譲著)を読み終えて<あらすじ>(アマゾンより転記)北海道夕張市に隣接する幌岡市。五期目の市長、大田原昭夫は、大手炭坑閉山後、リゾート開発に過剰投資し市財を悪化させたが、巧みな借入金処理で市の債務を隠し続 ... » more

「北帰行」(佐々木譲著)を読み終えて 「北帰行」(佐々木譲著)を読み終えて<あらすじ>(アマゾンより転記)ロシア圏専門の旅行代理店を営む関口卓也は、美貌の女性タチアナ・クリヤカワ(ターニャ)をアテンドすることになる。だがターニャが日本に来た目的は、自分の妹を殺したヤ ... » more
テーマ 北帰行 佐々木譲 読書

道警シリーズの4作目です。巡査の休日角川春樹事務所 佐々木 譲 Amazonアソシエイト by 第一作目ほどのインパクトは無いものの、これはこれで好きかも?! ... » more

「巡査の休日」(佐々木譲)を読み終えて 「巡査の休日」(佐々木譲)を読み終えてアマゾンの紹介記事ではあらすじが載っていなかったので、「制服捜査」の川久保シリーズかと思って読み始めてのだが、「笑う警官」の道警の大通署の佐伯シリーズだった。ただ ... » more
テーマ 佐々木譲 読書 巡査の休日

佐々木譲 『エトロフ発緊急電』 この完成された戦時スパイ小説の傑作を再読する 佐々木譲といえばいまでこそ警察小説の第一人者として知られるが、その初期には第二次大戦を背景にした軍事・冒険・諜報を描いた名作があった。(『ベルリン飛行指令』『エトロフ発緊急電』『ストックホルムの密使』当時第二次大戦三部作と言われた)手嶋 ... » more

『笑う警官』『警察庁から来た男』に続く、北海道警察シリーズ第三弾!!警官の紋章 (ハルキ文庫)角川春樹事務所 佐々木 譲 ユーザレビュー:3本の糸が絡みあう様 ...道警シリーズの3作目 ...前作2作が良かっただ ...Ama ... » more

「警官の紋章」(佐々木譲)を読み終えて 「警官の紋章」(佐々木譲)を読み終えて「警官の紋章」は北海道警察シリーズの第3弾で「笑う警官」、「警察庁から来た男」からなる大通署の佐伯警部補を中心に描いた作品である。世間を騒がせた「郡司事件」から2年の歳月 ... » more

気になる・・・「廃墟に乞う」
佐々木 譲さんの「廃墟に乞う」を読みました。ショート集です。主人公である、北海道警察のある事件が原因で休職中の刑事、仙道が、過去の事件や捜査で知った同僚などから、捜査の「お手伝い」の依頼や ... » more
テーマ 佐々木譲

気になる・・・「警官の血」(下巻)
佐々木譲さんの「警官の血」(下巻)を読みました。上巻では、父が警察官になり、亡くなった後、子供も警察官になり、警視庁で働く内容(具体的には書きませんが・・・)が描かれ、下巻では、その子供と、孫が登場し ... » more
テーマ 佐々木譲

気になる・・・「警官の血」(上巻)
佐々木譲さんの「警官の血」(上巻)を読みました。戦後間もない上野を舞台に、現代警察の流れを一人の警官と共に追っていきます。戦後間もない荒涼とした時代から、高度成長期に向かう日本と、それに伴って ... » more
テーマ 佐々木譲

気になる・・・「警察庁から来た男」
佐々木 譲さんの「警察庁から来た男」を読みました。北海道薄野。全国でも有数のこの歓楽街で起きた、転落死と外国人の連れ去り事件。歓楽街の正常化運動を行ってきた道警と薄野を管轄する署は、こ ... » more
テーマ 佐々木譲

佐々木譲 『廃墟に乞う』 何かと話題を呼んだ直木賞受賞作だが……… このところ北海道警察の組織体質を相当手厳しく告発する警察小説を発表してきた佐々木譲の直木賞受賞作である。道警本部に勤務する警察捜査官が事件解決の主役なのだが、『廃墟に乞う』はこれまでの佐々木譲の作品からは一風変わった印象をうける連作短編 ... » more

「廃墟に乞う」(佐々木譲)を読み終えて 「廃墟に乞う」(佐々木譲)を読み終えてまずはじめに、この小説は、警察小説の範疇に入るのだろうか?作者が言っているように探偵小説(プライベート・アイ)である。主人公の仙道は、「PTSD」と言う病気で「休職中」。 ... » more
テーマ 佐々木譲 読書 廃墟に乞う

佐々木譲 『巡査の休日』 マンネリ気味の道警シリーズのこれは蛇足であろう 北海道警察シリーズ第4弾。『うたう警官(改題笑う警官)』『警官の紋章』は読んでいる。「警官」ではなく今回は「巡査」である。警察小説のタイトルに「巡査」は珍しいのではないだろうか。巡査とは法で定められた警察官組織の最下位の階級であり、それ ... » more

読みました。あらすじ≪最大瞬間風速32メートル。十勝平野が十年ぶりの超大型爆弾低気圧に覆われた日の午後、帯広近郊の小さな町・志茂別ではいくつかの悪意が蠢いていた。暴力団組長宅襲撃犯、不倫の清算を決意した人妻、冴えない人生の終着点 ... » more
テーマ 佐々木譲 読書

書道楽ブログ『暴雪圏』 佐々木譲
『暴雪圏』 佐々木譲 先に読んだ『制服捜査』が面白かったので、その続編にあたる『暴雪圏』も早速読んで見ました。暴雪圏新潮社 佐々木 譲 ユーザレビュー:暴雪の恐怖がよく現れ ...警察小説を超えた警察 ...彼岸荒れ北日本では毎 ...Amazo ... » more
テーマ 佐々木譲 読書

書道楽ブログ『制服捜査』 佐々木譲
『制服捜査』 佐々木譲 ツンドク本の中に埋もれようとしていた一冊!ですが、読んで良かった!凄く面白かったです。制服捜査 (新潮文庫)新潮社 2008-12-20 佐々木 譲 ユーザレビュー:警察小説の秀作これは ...身近な名前存在しない ...駐 ... » more

直木賞おめでとう!! 佐々木譲さん 直木賞おめでとう!!佐々木譲さん「警官の血」のドラマを見てからファンなって、小説を読んだら、どの小説も面白かった佐々木譲さんがついに直木賞を受賞されました。本当におめでとうございます。受賞作は ... » more

佐々木譲氏、直木賞受賞 「択捉発緊急電」などの傑作で知られる作家、佐々木譲氏が直木賞を受賞したそうです。2006年に、赤旗日刊紙に連載されたときの切り抜きです。NHKドラマ「エトロフはるかなり」のビデオ。 ... » more
テーマ 直木賞 佐々木譲 エトロフ

「警官の血」(佐々木譲)を読み終えて 「警官の血」(佐々木譲)を読み終えて「警官の血」(上下巻)を読みました。壮大なドラマでしたね。親から子へ子から孫へ3代に渡る警察官の人生と初代(安城清二)に纏わる2つの殺人事件。五重の ... » more
テーマ 佐々木譲 読書 警官の血

『警察庁から来た男』 佐々木譲 『笑う警官』に続く、道警シリーズの第2弾です。警察庁から来た男 (ハルキ文庫)角川春樹事務所 佐々木 譲 ユーザレビュー:第1弾「笑う警官」よ ...第2弾第一弾からの続 ...可もなく不可もなく・ ...Amazonアソシエイ ... » more

佐々木譲「愚か者の盟約」を読み終えて 昨日佐々木譲さんの「愚か者の盟約」という本を読み終えました。社会党には存在をしない架空の人物を国会議員とその秘書(社会党員)の理想と現実を描いた作品です。実名がかなり多く出てくるので実際にこの ... » more
テーマ 佐々木譲 読書 愚か者の盟約

書道楽ブログ『笑う警官』 佐々木譲
『笑う警官』 佐々木譲 佐々木譲さんの作品を読むのは初めてなんですが、一味違った警察小説で面白かったです〜。笑う警官 (ハルキ文庫)角川春樹事務所 佐々木 譲 ユーザレビュー:タイトルどう考えても ...言い出したらきりがな ... » more
テーマ 佐々木譲 読書

佐々木譲 『警官の紋章』 洞爺湖サミットへのテロ?圧倒される迫真の警察l小説 「警官の紋章」とは「警察の紋章」ではない。警察権力の象徴とか、あるいは組織の統制と団結力を象徴する代紋をさすのではない。市民生活の安全を守るために正義を貫こうとする警官ひとりひとりの志をさしているのだろう。警察官僚上層エリートの個人 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/10 11:38

「佐々木譲」のブログ関連商品

» 「佐々木譲」のブログレビュー をもっと探す

「佐々木譲」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る