誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    佐々木譲

佐々木譲

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「佐々木譲」のブログを一覧表示!「佐々木譲」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「佐々木譲」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「佐々木譲」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

『ユニット』佐々木譲 佐々木譲の『ユニット』(2003年10月刊)を読みました。BOOKメーターによると、<十七歳の少年に妻を凌辱され、幼女とともに殺された男。警察官である夫の家庭内暴力に苦しみ、家を飛び出した女。仕事を探していた二人は、 ... » more
テーマ 佐々木譲

『地層捜査』佐々木譲 佐々木譲の『地層捜査』(2014年7月刊)を読みました。BOOKデーターによると、<無能なキャリアに歯向かって謹慎となった若き刑事・水戸部は迷宮入り事件を担当する「特命捜査対策室」に配属された。15年前の四谷荒木町の ... » more
テーマ 佐々木譲

『女王陛下のアルバイト探偵』佐々木譲 佐々木譲の『女王陛下のアルバイト探偵』(1996年7月刊)を読みました。BOOKデータによると、<内閣調査室副室長からオチコボレ親子探偵、冴木涼介・隆の事務所へ来日した東南アジアの島国ライールの王女ミオの護衛依頼がき ... » more
テーマ 佐々木譲

『婢伝五稜郭』佐々木譲 佐々木譲の『婢伝五稜郭』(2011年1月刊)を読みました。BOOKデータによると、<明治2年、箱館戦争の最終局面。若き看護婦の朝倉志乃はこころを寄せる青年医師・井上青雲を眼前で官軍によって惨殺された。「わたしの戦」は ... » more

ふくろうの読書記録『人質』佐々木譲
『人質』佐々木譲 佐々木譲の『人質』を読みました。BOOKデータによると、<「謝ってほしいんです。あのときの県警本部長に。ぼくが要求するのはそれだけです」5月下旬のある日。生活安全課所属の小島百合巡査部長は、以前ストーカー犯罪から守っ ... » more
テーマ 佐々木譲

「回廊封鎖」(佐々木譲著)を読んで 「回廊封鎖」(佐々木譲著)を読んで<内容>(アマゾンより転記)巨大ビルの中で、悲劇の幕があがる!3つの殺人事件には共通点があった。被害者はみな大手消費者金融の元社員であること、処刑のような殺害方法・・・。久保田刑事は捜査する ... » more
テーマ 佐々木譲 読書 回廊封鎖

『密売人』佐々木譲 佐々木譲の『密売人』(2011年8月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<10月の北海道で、ほぼ同時期に3つの死体が発見された。また、女子児童が連れ去られる事件も起きる。次に自分の協力者が狙われると直感した佐 ... » more

さみしがりやのひとりごと佐々木譲
佐々木譲 警察庁から来た男佐々木譲キャリアのプライドかノンキャリアの意地か?初めて読みました。佐々木譲さんの作品。警察小説と言えば、、、っていうくらいの人のようです。なんだかな?って ... » more

『警官の紋章』佐々木譲 佐々木譲の『警官の紋章』(2008年12月刊)を読みました。BOOKデータによると、<北海道警察は、洞爺湖サミットのための特別警備結団式を一週間後に控えていた。そのさなか、勤務中の警官が拳銃を所持したまま失踪。津久井 ... » more

『牙のある時間』佐々木譲 佐々木譲の『牙のある時間』を読みました。BOOKデータによると、<北海道の小さな町に移住したイラストレーター夫妻が、隠遁した謎の農場主に出会った時、何かが動き始めた。退廃と官能の嵐のなかで暴力と死が姿を現わす。森のむ ... » more

『暴雪圏』佐々木譲 佐々木譲の『暴雪圏』(2009年2月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<咆哮する雪嵐、次々と麻痺する交通網。氷点下の密室と化したペンションに、それぞれの事情を隠した逃亡者たちが吹き寄せられた。町にいたたった ... » more

『制服捜査』佐々木譲 佐々木譲の『制服捜査』(2006年3月刊)を読みました。BOOKデータによると、<警察官人生二十五年。不祥事をめぐる玉突き人事のあおりで、強行犯係の捜査員から一転、単身赴任の駐在勤務となった巡査部長の川久保。「犯罪発 ... » more

『飛ぶ想い』佐々木譲 佐々木譲の『飛ぶ想い』(1995年11月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<1年前に自分の前から去った靖夫が、リノで詐欺罪の疑いで拘置され、弁護士が8千ドルの供託金の立て替えを打診して来た。弘美はニューヨー ... » more

『警官の血 下巻』佐々木譲 佐々木譲の『警官の血下巻』(2007年9月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<過激派潜入の任務を果たした民雄。だが、父の死の真相を掴みかけた民雄に銃口が向けられる。そして息子の和也も警官となり、特命を受ける ... » more

『警官の血 上巻』佐々木譲 佐々木譲の『警官の血上巻』を読みました。BOOKデータによると、<帝銀事件が世を騒がせた昭和23年。希望に満ちた安城清二の警察官人生が始まった。配属は上野警察署。戦災孤児、愚連隊、浮浪者、ヒロポン中毒。不可解な「男娼 ... » more

星の本棚鷲と虎 / 佐々木譲
鷲と虎  /  佐々木譲 中国の大空を翔た男達の雄姿を見事に謳いあげた傑作航空冒険小説。上海、南京、寒口、重慶。長江上空に展開する戦闘機乗り達の熱き戦い。中国の大空を翔た男達の雄姿を見事に謳いあげた航空冒険小説。1937年7月、北京郊外で軍事衝突が発 ... » more

星の本棚巡査の休日 / 佐々木譲
巡査の休日  /  佐々木譲 神奈川県で現金輸送車の強盗事件が発生し、犯人の一人に鎌田光也の名が挙がった。鎌田は一年前、ストーカー行為をしていた村瀬香里のアパートに不法侵入したところを小島百合巡査に発砲され、現行犯逮捕された。だが、入院中に脱走し指名手配されたまま一年が ... » more

星の本棚警察庁から来た男 / 佐々木譲
警察庁から来た男  /  佐々木譲 北海道警察本部に警察庁から特別監察が入った。やってきた監察官は警察庁のキャリアである藤川警視正。藤川は、半年前、道警の裏金問題の為に百条委員会でうたった(証言した)津久井刑事を彼のもとに呼び出し、監察の協力を要請した。藤川は道警の何に疑問を ... » more

星の本棚制服捜査 / 佐々木譲
制服捜査  /  佐々木譲 警察官人生二十五年。不祥事をめぐる玉突き人事のあおりで、強行犯係の捜査員から一転、単身赴任の駐在勤務となった巡査部長の川久保。「犯罪発生率、管内最低」の健全な町で、川久保が目撃した荒廃の兆し、些細な出来事。嗅ぎつけた“過去の腐臭”とは…。捜 ... » more

きみの素敵なサクセス  /  佐々木譲 大手弱電メーカーに勤める森本は、現在失業中の身だった。仲間とベンチャー・ビジネスを始め、挫折したためである。ある日、求人先の会社で彼を待っていたのは敬子だった。かつて彼女は森本の下で働いており、二人は愛しあう仲になったのだが…。男と ... » more

サンクスギビング・ママ  /  佐々木譲 ★★★☆☆旅に出よう。旅をしながら物語を書くんだ。書きつつ移動し、移動しつつ書いていったらその幸福はどれほどだろうか.......アメリカを西海岸から中西部へとドライブしながらダイナーの紙ナプキンやタブロイド新聞の端っこに書 ... » more

星の本棚夜を急ぐ者よ / 佐々木譲
夜を急ぐ者よ  /  佐々木譲 嵐の日、舞台は那覇。組織に追われて逃げてきた原口泰三。いまは小さなホテルの経営者として、時に流されている東恩納順子。かつて愛し合った男と女の15年ぶりの邂逅。そして空白の歳月をつなぐハーフダラー銀貨のペンダント........ ... » more

マンハッタンの美徳  /  佐々木譲 ★★★★☆ニューヨークに住む日本人カメラマンと雑誌レポーターとお愛の深層心理を描く表題作をはじめ、スキーのオリンピック選手を目指した男が、骨折で断念。もう一度、そのこーすを滑り降りることで、過去に訣別、新たな思いを抱くちおう「北 ... » more

「警官の条件」(佐々木譲著)を読み終えて今回読んだ「警官の条件」は「警官の血」の続編である。「警官の血」では親子孫にまで渡る「警官三代」のそれぞれの時代や任務における苦悩やその背景を描いていたが、この本は三代目の安城和也の活 ... » more
テーマ 佐々木譲 読書 警官の条件

星の本棚白い殺戮者 / 佐々木譲
白い殺戮者  /  佐々木譲 ★★★★☆ライターの大坪卓也は、北海道北士別町の通史執筆の依頼を受けた。酷寒だがいたって平和な町で、四十年前に起きた猟銃乱射事件だけが、「オンネベツの血の祝言」と呼ばれ、人々に語り継がれていた。気温が零下二十度をまわったある ... » more

「密売人」(佐々木譲著)を読み終えて 「密売人」(佐々木譲著)を読み終えてこの小説は「笑う警官」から始まった「道警シリーズ」の最新作である。そして、第一作の「笑う警官」同様に「ブラックバード」(退職警官が経営するジャズ喫茶)を仮捜査本部にしたところが、好感が持て ... » more
テーマ 佐々木譲 密売人 読書

星の本棚帰らざる荒野 / 佐々木譲
帰らざる荒野  /  佐々木譲 ★★★★☆友近克也は父・善次郎が築いた馬牧場を出た。兄嫁となる女性に想いを残して.....行くあても帰る場所もない、ただ生きるための流浪の旅だった。町々にはびこる悪徒に、容赦なくとどめを刺す克也。暴力と策謀が渦巻く荒野の果てに、 ... » more

夜にその名を呼べば  /  佐々木譲 ★★★★☆1986年10月、ベルリン。欧亜交易現地駐在員の神埼は何者かに襲撃された。親会社の共産圏への不正輸出が発覚、証拠隠滅を図る上層部の指令で命を狙われたのだ。殺人の濡れ衣まで着せられた神崎は、壁を越えて東側へと亡命。 ... » more

星の本棚笑う警官
笑う警官 ★★★☆☆現役警察官の拳銃不法所持、そして覚醒剤の売買。警察としての信用が失墜し、疲弊しきった北海道警で、また起きた婦人警官殺人事件。現場は警察のアジトとして使われていたマンションの一室だった…。事件の真相を闇に葬ろうとする ... » more

気になる・・・「警官の紋章」
佐々木譲さんの「警官の紋章」を読みました。道警シリーズの第3弾だそうです。「笑う警官」、「警察庁から来た男」と連作になるようです。ってWiKiに書いてあった(笑私は「笑う警官」を読んでいないので、 ... » more
テーマ 佐々木譲

 

最終更新日: 2016/11/10 11:38

「佐々木譲」のブログ関連商品

» 「佐々木譲」のブログレビュー をもっと探す

「佐々木譲」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る