誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    佐伯泰英

佐伯泰英

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「佐伯泰英」のブログを一覧表示!「佐伯泰英」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「佐伯泰英」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「佐伯泰英」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

主人公の名を誤った幻冬舎時代小説文庫 「メディアウオッチ100」●567号【かるちゃーひろば】2015年1月23日※「メディアウオッチ100」はメール配信の有料電子雑誌≠ナす。このブログには私が投稿して、掲載された記事を収録しますが、体裁(表題・見出し・本文)は変 ... » more
テーマ 「メディアウオッチ100」より 佐伯泰英 かるちゃーひろば

捕虫網 8 幻冬舎時代小説文庫『酔いどれ小籐次留書』 第16巻『新春歌会』2011年2月10日初版『勝海舟』から『酔いどれ小籐次』にもどってきた。不思議なことに間違いは皆無に近かった。ところが好事魔多しというべきか、とんでもない大きな穴があったのだ。主人公の名に間違いがあった。 ... » more
テーマ 佐伯泰英 捕虫網(誤字・誤植)

捕虫網 7 講談社・子母澤寛全集七『勝海舟 中』/八『勝海舟 下』 中巻・下巻を12月22日から1月2日で読み終えた。合わせて1158頁。1日平均100頁を切った。中巻第1刷は昭和48年(1973)4月24日、第6刷が11月24日。下巻は第1刷昭和48年5月24日、第5刷が11月10日。毎月1巻の配 ... » more
テーマ 佐伯泰英 捕虫網(誤字・誤植)

捕虫網 5 幻冬舎時代小説文庫『酔いどれ小籐次留書』 第14巻『冬日淡々』』2010年8月5日初版(14)191稲荷社(いなりやしろ)「いなりしゃ」(14)209染左衛門は…体を崩れ落ちさせた自分の体なのだから使役は何となく不自然だ。「聞きながら、…染左衛門の、一回り小さくなっ ... » more
テーマ 佐伯泰英 捕虫網(誤字・誤植)

捕虫網 6 講談社・子母澤寛全集六『勝海舟 上』 『酔いどれ小籐次留書』を休んで12月17日から21日までかかって子母澤寛の『勝海舟』上巻(全3巻)を読んだ。編集委員は司馬遼太郎と尾崎秀樹。全573頁。1日平均115頁のペースだ。第1刷は昭和48年(1973)3月24日。私が持って ... » more
テーマ 佐伯泰英 捕虫網(誤字・誤植)

捕虫網 4 幻冬舎文庫『酔いどれ小籐次留書』 遅ればせながら、赤目小籐次は佐伯泰英の他の小説の主人公と際立って違うことに気付いた。剣の修行を行わないことだ。まずそういう場面に出会うことがない(覚えているのは一箇所程度)。そのかわり「酔いどれ」の名に恥じず、大杯で鯨飲する場面はふんだんに ... » more
テーマ 佐伯泰英 捕虫網(誤字・誤植)

捕虫網 3 幻冬舎文庫『酔いどれ小籐次留書』 「酔いどれ小籐次留書」シリーズの主人公・赤目小籐次は「五尺一寸(一五三センチ)の矮軀(わいく)」(第1巻11ページ)、年齢は「四十九歳」(同14ページ)だ。剣の達人で、長屋住まいの浪人である点は、「居眠り磐音」「密命」「狩り」 ... » more
テーマ 佐伯泰英 捕虫網(誤字・誤植)

捕虫網 2 講談社文庫『交代寄合伊那衆異聞』 季節は冬。もはや捕虫網の時期ではないのかもしれない。私の出番はなくなった。第21巻『暗殺』には驚いた。講談社文庫が生まれ変わったみたいだ。虫(バグ、編集上の不都合)が見当たらなかったのだ。第20巻から明らかにそれまでの講談社文庫(と ... » more
テーマ 佐伯泰英 捕虫網(誤字・誤植)

捕虫網 1 講談社文庫『交代寄合伊那衆異聞』 「講談社文庫、おまえもか捕虫網、再びB完」の続きだ。第11巻から第20巻の分をここに入れた。分量が多いため、以降はメディアウオッチを通さない。私が読んだ佐伯泰英の文庫はこれでトータル125冊。第20巻『開港』が最も問題点が少なかった ... » more
テーマ 佐伯泰英 捕虫網(誤字・誤植)

いよいよ200冊目! 佐伯泰英の時代小説(下) 補遺 「メディアウオッチ100」●549号【かるちゃーひろば】2014年11月26日※「メディアウオッチ100」はメール配信の有料電子雑誌≠ナす。このブログには私が投稿して、掲載された記事を収録しますが、体裁(表題・見出し・本文)は ... » more
テーマ 「メディアウオッチ100」より 佐伯泰英 捕虫網(誤字・誤植)

講談社文庫、おまえもか 捕虫網、再びB 完 「メディアウオッチ100」●548号【かるちゃーひろば】2014年11月21日※「メディアウオッチ100」はメール配信の有料電子雑誌≠ナす。このブログには私が投稿して、掲載された記事を収録しますが、体裁(表題・見出し・本文)は ... » more
テーマ 「メディアウオッチ100」より 佐伯泰英 捕虫網(誤字・誤植)

講談社文庫、おまえもか 捕虫網、再びA 「メディアウオッチ100」●547号【かるちゃーひろば】2014年11月19日※「メディアウオッチ100」はメール配信の有料電子雑誌≠ナす。このブログには私が投稿して、掲載された記事を収録しますが、体裁(表題・見出し・本文)は ... » more
テーマ 「メディアウオッチ100」より 佐伯泰英 捕虫網(誤字・誤植)

講談社文庫、おまえもか  捕虫網、再び@ 「メディアウオッチ100」●546号【かるちゃーひろば】2014年11月17日※「メディアウオッチ100」はメール配信の有料電子雑誌≠ナす。このブログには私が投稿して、掲載された記事を収録しますが、体裁(表題・見出し・本文)は ... » more
テーマ 「メディアウオッチ100」より 佐伯泰英 捕虫網(誤字・誤植)

(巻頭言)吉田保年と居眠り磐音 『福岡地方史研究』52号(福岡地方史研究会)2014/09/10(巻頭言)吉田保年と居眠り磐音 居眠り磐音【いわね】≠フ本名は坂崎磐音。豊後関前藩士だ。故あって江戸で長屋住まいをしている。剣の達人で、その剣風はひなたぼっこ ... » more
テーマ 福岡地方史研究会 佐伯泰英

佐伯泰英100冊読破の副産物 新潮文庫の虫を捕るB 完 「メディアウオッチ100」●544号【かるちゃーひろば】2014年11月12日※「メディアウオッチ100」はメール配信の有料電子雑誌≠ナす。このブログには私が投稿して、掲載された記事を収録しますが、体裁(表題・見出し・本文)は ... » more
テーマ 「メディアウオッチ100」より 佐伯泰英 捕虫網(誤字・誤植)

佐伯泰英100冊読破の副産物 新潮文庫の虫を捕るA 「メディアウオッチ100」●542号【かるちゃーひろば】2014年11月7日※「メディアウオッチ100」はメール配信の有料電子雑誌≠ナす。このブログには私が投稿して、掲載された記事を収録しますが、体裁(表題・見出し・本文)は変 ... » more
テーマ 「メディアウオッチ100」より 佐伯泰英 捕虫網(誤字・誤植)

無冠の作家、佐伯泰英と「居眠り磐音」 「メディアウオッチ100」●504号【かるちゃーひろば】2014年7月21日※「メディアウオッチ100」はメール配信の有料電子雑誌≠ナす。このブログには私が投稿して、掲載された記事を収録しますが、体裁(表題・見出し・本文)は変 ... » more
テーマ 「メディアウオッチ100」より 佐伯泰英 かるちゃーひろば

いよいよ200冊目! 佐伯泰英の時代小説 (上) 「メディアウオッチ100」●528号【かるちゃーひろば】2014年10月1日※「メディアウオッチ100」はメール配信の有料電子雑誌≠ナす。このブログには私が投稿して、掲載された記事を収録しますが、体裁(表題・見出し・本文)は変 ... » more
テーマ 「メディアウオッチ100」より 佐伯泰英 捕虫網(誤字・誤植)

いよいよ200冊目! 佐伯泰英の時代小説 (下) 「メディアウオッチ100」●529号【かるちゃーひろば】2014年10月3日※「メディアウオッチ100」はメール配信の有料電子雑誌≠ナす。このブログには私が投稿して、掲載された記事を収録しますが、体裁(表題・見出し・本文)は変 ... » more
テーマ 「メディアウオッチ100」より 佐伯泰英 捕虫網(誤字・誤植)

佐伯泰英100冊読破の副産物―新潮文庫の虫を捕る@ ★久しぶりのアップロードです。休んでいた間の分を順次アップしますが、時間が前後することになります。「メディアウオッチ100」●541号【かるちゃーひろば】2014年11月5日※「メディアウオッチ100」はメール配信の有料電 ... » more
テーマ 「メディアウオッチ100」より 佐伯泰英 捕虫網(誤字・誤植)

佐伯泰英 / 著作リスト 佐伯泰英の著作リストです。居眠り磐音江戸双紙シリーズのリストです。本の画像は、文庫があるものは文庫、無いものは単行本を表示。画像をクリックするとAmazonのページ、画像下の書名をクリックすると、ブログの感想ページが ... » more
テーマ 佐伯泰英 著作リスト

「居眠り磐音江戸双紙」第41巻〜100億円かせぐ文庫本 18日には「まだです」といわれたが19日には朝イチで積んであった。12月20日発売予定の「居眠り磐音江戸双紙」第41巻「散華の刻」である。珍しく「あとがき」が付いていた。第1巻が2002年4月発行だから10年以上続く ... » more

タコ部屋から秋山大治郎vs佐々木磐音
秋山大治郎vs佐々木磐音 最近、どっぷりはまってしまったものに「居眠り磐音江戸双紙」がある。NHKのドラマではときどき見ていたが、全部見たわけではない。原作も読んだことはなかった。それが「薄桜記」をきっかけに読み始めたら止まらなくなった。 ... » more

シーちゃんの花徒然深まり行く秋
深まり行く秋 昨日、本を借りに大阪府立中央図書館へ行きました。散歩ついでに徒歩で10数分です。近頃「佐伯泰英」の時代小説にはまっています。NHKのテレビ時代劇でおなじみの「居眠り磐音江戸双紙」シリーズ・「密命」シリーズ・「鎌倉河岸捕物控」シリ ... » more
テーマ 佐伯泰英 杠葉 写真

『独り祝言 鎌倉河岸捕物控』 佐伯泰英 NHK土曜時代劇「まっつぐ」の原作。シリーズ第十三弾。政次としほの祝言が目前に迫っている中、政次は宗五郎から六所明神に代参することを命じられ、しほや亮吉、彦四郎も同行する。江戸に帰ってまもなく、政次は御用で姿を隠すことに。「第一話六 ... » more

『冬の蜉蝣 鎌倉河岸捕物控』 佐伯泰英 NHK土曜時代劇「まっつぐ」の原作。シリーズ第十二弾。永塚小夜の息子・小太郎がかどわかされそうになる事件が起こる。背後に秋月藩や小太郎の実父・秋田数馬の影がちらつく。「第一話迷い猫」林道場を任されている小夜は、誰かに見張られてい ... » more

『代がわり 鎌倉河岸捕物控』 佐伯泰英 NHK土曜時代劇「まっつぐ」の原作。シリーズ第十一弾。亮吉は川越から来た芋に当たって寝込みます。政次としほの祝言を控え、また、事件も絡んで川越を訪ねることになる。「第一話巾着切り」十三・四才の餓鬼連中が年寄りを襲って金を奪う事件 ... » more

『道場破り 鎌倉河岸捕物控』 佐伯泰英 NHK土曜時代劇「まっつぐ」の原作。シリーズ第九弾。とはいえ、TV放映分をもう超えているような気もするが。赤子を連れた女武芸者が道場破りに…という巻。「第一話初午と臍の緒」政次、彦四郎、しほたちと烏森稲荷の初午に来た亮吉は、 ... » more

『銀のなえし 鎌倉河岸捕物控』 佐伯泰英 NHK土曜時代劇「まっつぐ」の原作。シリーズ第八弾。神谷道場に、渡辺堅三郎という道場破りが現われる。宗五郎の養子となった政次は、銀製のなえしを贈られ、宗五郎の「金流しの十手」とともに、名物となった。「第一話荷足のすり替え」師走に ... » more

『下駄貫の死 鎌倉河岸捕物控』 佐伯泰英 NHK土曜時代劇「まっつぐ」の原作。シリーズ第七弾。政次が宗五郎の跡継ぎになるのに反発する、古参の手下の下駄貫の話。ドラマではこの巻までかな。「第一話引き込みおよう」松坂屋の隠居・松六とおえいは、おみつやとせ、しほを連れて伊香保 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/10 11:29

楽天市場のおすすめ商品

「佐伯泰英」のブログ関連商品

» 「佐伯泰英」のブログレビュー をもっと探す

「佐伯泰英」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る