誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    藤原正彦

藤原正彦

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「藤原正彦」のブログを一覧表示!「藤原正彦」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「藤原正彦」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「藤原正彦」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

本BLOG開設の目的は主に藤原正彦先生の研究している数学を話題とするためでしたが,先生の研究対象の数学はあまりに専門的過ぎて難しく,一般社会人で理解できる人が集まらなかったため本BLOGは閉鎖します.新たに「藤原正彦先生非ファンのW ... » more
テーマ 藤原正彦 数学

最近刊行された『もし湯川秀樹博士が「未来産業学部長」だったら何と答えるか』に,大分以前に出版された「黄金の法」,「釈迦の本心」に書いてある「霊子」のことが書いてありました(P.110).それによりますと,2013年にヒッグス粒子の存在 ... » more
テーマ 藤原正彦 霊子

第二次大戦中に米軍の暗号を解読したのは諏訪に疎開中の東京大学数学科の学生達だった 藤原正彦・美子著「藤原正彦・美子のぶらり歴史散歩」(文芸春秋)を浦安市図書館で借り読みました。この本では藤原正彦・美子夫妻が多磨霊園、番町、本郷、皇居、護国寺、鎌倉、諏訪を歩きながら、近代日本の出来事や人物を軽妙に語り合っています。 ... » more
テーマ 藤原正彦・美子のぶらり歴史散歩 藤原正彦 藤原美子

新たに「佐藤藤幹夫先生、久保田富雄先生、藤原正彦先生に学ぶBLOG」を新たに開設しました。10/21の数理物理セミナーの予定を掲載してあります。専門的な話題は新BLOGに掲載します。 ... » more
テーマ 藤原正彦 佐藤幹夫 久保田富雄

日本人の誇り ぜひ読んでもらいたい一冊としてお薦めです。藤原正彦お茶の水女子大の名誉教授です。日本人としてどうあるべきか?を書いてあるよ。いろんな過去の戦争。戦争にいいも悪いもないけれど、その作られた嘘。 ... » more

戦後、日本の過去を否定する教育があった。藤原氏はそこを指摘している。これは同感。江戸時代、さらに明治以降の日本に対し否定的なイメージを植えつけられていた。そういう教育を小学校時代に受けたのは間違いない。中学以降はあまりそのあ ... » more
テーマ 日本人の誇り 藤原正彦 読書  コメント(2)

最近、宗教法人幸福の科学総裁大川隆法氏と長女咲也加氏の対談「未来をひらく教育論」が出版されました。それによると咲也加氏は御茶ノ水女子大の学生とのことです。ならば是非、お茶の水女子大名誉教授藤原正彦先生との対談を待望します。大反響間違 ... » more

週刊新潮4月14日号に、この春の花見を進める文章が3本載っている。まず、グラビアページ、数学者・作家・藤原雅正彦「管見妄想語〜花見に出よう」〜皆が家でじっとうつむいているようでは復興のために必要な税収さえ途絶えてしまうからだ〜。次に作家・川 ... » more

文庫本を読むことが多いせいかたまに奮発して大きなサイズの本を読むとその読みやすさに驚くことがあります。というか殆ど感激に近い・・メガネがなくても読める。そういえば『言葉の箱』は文庫版なのに文字が大きくて読みやすかった ... » more
テーマ 小平邦彦 藤原正彦 読書

日中の温度は今日も35度でした。仕事から帰ってきてからずっとクーラーをつけっぱなし・・夜になっていくらか涼しくなったので近くの書店へ21時閉店のお店なので慌しい立ち読みタイムになってしまいました。最近はオンラインで本を買うように ... » more
テーマ 藤原正彦 数学者 エッセイ

数学者である夫・藤原正彦と家族を書いた軽妙なエッセイ・藤原美子著「夫の悪夢」 エッセイ集「夫の悪夢」を書いた著者・藤原美子の夫は「国家の品格」などの著書で知られる数学者・藤原正彦でご存知の如くその夫の両親は新田次郎・藤原てい夫妻です。この本について月間雑誌・文義春秋の広告に「面白い!とてもよく書けている!けしからん部 ... » more
テーマ エッセイ集 藤原正彦 藤原美子  コメント(5)

二重三重に楽しめる 「名著講義」 藤原正彦 文藝春秋 お茶の水女子大での読書ゼミ(二十名)、毎週一冊新渡戸稲造『武士道』(明治三十二年)内村鑑三『余は如何にして基督信徒となりし乎』(明治二十八年)福沢諭吉『学問のすゝめ』(明治五年)日本戦没学生記念会編『新版 きけわだつみの ... » more
テーマ 藤原正彦 読書 名著講義

本論文の紹介を書くにあたって最初にその「目次」をかいておきます。1はじめに2本論文の難易度3本論文ができるまでの先生のご研究の足跡4本論文解読のための参考文献1はじめにタイトル欄に入りきらなかったので無理 ... » more
テーマ 数論 藤原正彦 数学

今回は例外的に先生のエッセイについてのコメントです。文庫本の「祖国とは国語」の「国語教育絶対論」P.32のパトリオティズムの説明の箇所です。藤原先生の解説を要約すると、英語で「パトリオティズム」は偏狭なナショナリズムと違った意味での ... » more
テーマ 藤原正彦 愛国主義 国語教育

本記事は7/10の新井さんコメントに対する意見を兼ねます。大学の先生の仕事、つまり給料の対価は一般的には「研究」と「教育」と言ってよいでしょう。7/10の新井さんのコメントによれば藤原先生は研究も教育も×とあります、今回は藤原 ... » more

元々「θ-congruent number」は「congruent number」一般化を考えることから発生しており、その歴史についてはL.E.Dickson の History of Number UのW章(P.165)にあることを5 ... » more
テーマ 数論 藤原正彦 数学  コメント(6)

5/5の《「若き数学者のアメリカ」時代のご研究その1》では、下記の論文の冒頭部分とその「構成」を紹介しました。【SOME APPLICATION OF A THEOREM OF W.M.SCHMIDT 】 (Michiga ... » more
テーマ 数論 藤原正彦

藤原正彦先生ご研究紹介 θ-congruent number 今回は「θ-congruent number」について紹介します。これは、下記、1996年2月ハンガリーにて開かれた研究紹介で発表されたものです。NUMBER THORY Diopantine,Computatinal ... » more
テーマ 数論 藤原正彦 数学

「数学者の休憩時間」の中の「嫉妬と学問」によれば、イギリスの若き数学者ヒースブラウンが、三次形式に関するアルティン予想を解決した、と昭和58年7月初めに人づてに聞かされた。。。。とあります。先生は20代の頃この問題に ... » more
テーマ 数論 藤原正彦 数学

私も今論文を「勉強中」でまだ本質を理解できておらず、理解できるまで前提となる知識など書いて時間稼ぎをしたところですがファンの方も期待されていると思いますので、早速本題に入ります。まずは、先生がアメリカ留学時代のご研究から紹介させて頂 ... » more
テーマ 数論 藤原正彦 数学

前回(4/26)、「Θ-congruent number」から紹介すると書きましたがその前に、下記の話しからはじめましょう。・先生のエッセイから読み取れる研究(論文)について・今後紹介予定の論文1.先生のエッセイから ... » more
テーマ 数論 藤原正彦 数学

突然ではありますが、先生の論文の紹介をするためBLOGを再開いたします。インターネットで調べて見たところ、藤原ファンを自認する人でも、エッセーに関する紹介や評論はありますが、「論文」について言及しているものは見たことがありません ... » more
テーマ 数論 藤原正彦 数学

「「人生に関する72章」藤原正彦(新潮文庫)」読みました! 「人生に関する72章」藤原正彦著(新潮文庫)を読みました。藤原正彦さんは、1943年旧満州新京生まれの数学者。お茶の水女子大学理学部教授。2006年(平成18年)11月に中央公論新社から出た単行本から、2009年(平成21年)2 ... » more
テーマ 藤原正彦 人生

「「祖国とは国語」藤原正彦(新潮文庫)」読みました! 「祖国とは国語」藤原正彦著(新潮文庫)を読みました。藤原正彦さんは、1943年旧満州新京生まれの数学者、エッセイスト。国語教育を、人間教育の基本として、すべての知的活動の基礎として絶対視される藤原先生の理念をしつこく説明された本とい ... » more

夢幻U国家の品格/藤原正彦
力いっぱい頷いて、一冊読み終えました。私は自分でこんな風に筋道立てて語ることができないけれど、ひとつひとつ、その通り!と思いながら読みました。この本が話題になったとき、藤原正彦という著者名に、あれ?この人数学の人じゃなかっただろうか ... » more

「「天才の栄光と挫折」藤原正彦(新潮社)」読みました! 「天才の栄光と挫折」藤原正彦著(新潮社)を読みました。著者の藤原正彦氏は、1943年、旧満州生まれの数学者。お茶の水女子大学教授。本書は、NHK教育テレビで2001年(平成13年)8月から8回放送された人間講座のテキストに加筆修正さ ... » more

「「世にも美しい数学入門」藤原正彦/小川洋子(筑摩書房)」読みました! 「世にも美しい数学入門」藤原正彦/小川洋子著(筑摩書房)を読みました。藤原正彦さんは、1943年旧満州新京生まれの数学者、エッセイストだ。小川洋子さんは、1962年岡山市生まれの芥川賞作家だ。小川さんが、数学者を主人公にした小説 ... » more

「「世にも美しい日本語入門」安野光雅/藤原正彦(ちくまプリマー新書)」読みました! 「世にも美しい日本語入門」安野光雅(あんのみつまさ)/藤原正彦(ふじわらまさひこ)著(ちくまプリマー新書)を読みました。安野先生は、1926年島根県津和野町生まれの画家、絵本作家。藤原先生が武蔵野市立第四小学校時代の図画工作の先生だった ... » more

「「遙かなるケンブリッジ」藤原正彦(新潮文庫)」読みました! 「遙かなるケンブリッジ一数学者のイギリス」藤原正彦著(新潮文庫)を読みました。著者の藤原正彦先生は、1943年、旧満州新京生まれ。1978年(昭和53年)に出版されたアメリカ留学記「若き数学者のアメリカ」に続いて、1991年(平 ... » more

多数に埋もれる日記国家の品格
夜通しで読破しました。国家の品格藤原 正彦¥714日本は世界で唯一の「情緒と形の文明」である。国際化という名のアメリカ化に踊らされてきた日本人は、この誇るべき「国柄」を長らく忘れてきた。「論理」と「合理性」頼みの「改革」では、社会の ... » more

 

最終更新日: 2016/11/10 11:17

「藤原正彦」のブログ関連商品

» 「藤原正彦」のブログレビュー をもっと探す

「藤原正彦」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る