誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ボブ・ディラン

ボブ・ディラン

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ボブ・ディラン」のブログを一覧表示!「ボブ・ディラン」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ボブ・ディラン」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ボブ・ディラン」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

好きなCDVO22○ボブ・ディラン 「Highway 61 Revisited 」ディランのアルバムは全部好きなのだが、一番はと言われると中でも マイク・ブルームフィールドやアル・クーパーも参加している「Hi ... » more

好きなDVDVO1 No Direction Home: Bob Dylan 2005年12月 ボブ・ディラン・ ノー・ディレクション・ホーム ◎監督:マーティン・スコセッシ 210分 ◎キャス ... » more

ディラン・ザ・ベスト ボブ・ディラン はい、ボブディラン特集です。4枚目は早くもベスト盤の登場です。この4枚を聴いとけば、ロック教養としての基礎はおさえたことになります。ディランのベスト盤はかなりいっぱい出ていて、どれを選ぶか難しいのですが、とりあえずよくレコード屋に置いてある ... » more

ボブ・ディランを聴いて!!高校の時から「風に吹かれて」は知っていたがブルース・バンドを組んだ20歳くらいからブルースとディランを平行して聴きまくった。ここにディラン関係(ほとんどのCD・DVD・本)のものが沢山あ ... » more

血の轍 ボブ・ディラン はい、みなさん、ディラン月間3枚目はこれも代表作の「血の轍」です。まあ「追憶のハイウェイ61」と「ブロンドオンブロンド」とこのアルバムをおさえておけば、ロックファンとしては事足りると思います。あとはもちろんベスト盤も聴いといたほうが良いでし ... » more
テーマ ボブ・ディラン ローリングストーン名盤500

きょうも涙の日が落ちる 渥美清のフーテン人生論 渥美清著、株式会社展望社刊、2003年。寅さん本の3冊目。これもまたぜひ立ち寄らなければならない訳で。渥美清という人はもともとヤクザものの気質があったらしく寅さんがいつも口にする香具師(やし)の口上も彼が個人的に好きで憶えたもの ... » more

追憶のハイウェイ61  ボブ・ディラン はい、ディラン月間の第2作目の紹介は、「追憶のハイウェイ61」です。このアルバムはローリングストーン名盤500の 第4位です。この順位は当然だと思います。何しろこのアルバムには「ライクアローリングストーン」が入っていますから。ローリングスト ... » more
テーマ ボブ・ディラン ローリングストーン名盤500

ブロンド・オン・ブロンド ボブ・ディラン はい、「ローリングストーン名盤500」は、今までビートルズとストーンズしか書いてきませんでしたが、3月はボブディラン月間で、ディランのアルバムについて書いていきたいと思います。ディランはこの500枚の中に10枚のアルバムをエントリーしていま ... » more
テーマ ボブ・ディラン ローリングストーン名盤500

とつぜんですがボブ・ディラン【インフィデルズ】 常にいい意味でファンの期待を裏切り続ける・・・それがディランだと思う。83年リリースの【インフィデルズ】プロデュースはディラン本人とマーク・ノップラー。レコーディングにはマーク・ノップラー、ミック・テイラー(ギター)、ロビー・シェイクス ... » more

本書を出してから、もう少し書くべきだったかなと思い返しているのが「商業主義」についてです。あの頃のアメリカのフォークソング関係者がしきりに口にしたのが「フォークはティン・パン・アレイ式の音楽ではない」です。ティン・パン・アレイという ... » more

本書出版以降、”White Bicycle --making music in the 1960s” (2009)という本を知りました。著者のジョー・ボイドは音楽プロデューサーですが、1965年のニューポート・フォークフェスティバルでは音響 ... » more

『ボブディランの転向は、なぜ事件だったのか』あとがき 2011年の5月に出版した『ボブディランの転向は、なぜ事件だったのか』(論創社)は、もともとこのブログで書き溜めた文章をつなぎ合わせて、大幅に改稿したものである。出版に伴ってそれらの文章は消去したのだが、本書で書かなかった「あとがき ... » more

突然ですがボブ・ディラン【スロートレイン・カミング】 突然ですがボブ・ディラン。突然始まるのがこのコーナー。とにかく思いついたときに思いついたアルバムなり、曲を取り上げる。今日はディランの70年代を締めくくる【スロートレイン・カミング】。このアルバムから『セイブド』『ショット・オブ・ラブ』 ... » more

突然ですがボブ・ディラン『フォーエバー・ヤング』ひとりの父親として・・・ ディランのザ・バンドとの共演アルバムはスタジオアルバムとしては例の【地下室・・・ベスメント・テープス】と【プラネット・ウェイブス】しかない。『フォーエバー・ヤング』はその【プラネット・ウェイブス】に納められている曲。「いやぁ、いつま ... » more

ボブ・ディラン、ついに中国初公演 ... » more

ボブ・ディランが中国初公演へ、デビュー50周年記念 ... » more

e-x-m-sグラミー賞のボブ・ディラン
グラミー賞のボブ・ディラン wowow 独占生中継!第53回グラミー賞授賞式2010.2.14. オンエア。誰が考えたか知らないがカッコいい演出だった。コラボしたバンドの面々が一列に並ぶ前面にディランがすっくと立って楽器を持たず唄だけ唄う。シンプルなフ ... » more

突然ですがボブ・ディラン【ハイウェイ61リヴィジッティッド】 『ライク・ア・ローリング・ストーン』。それが決めて!!『風に吹かれて』でも『ジャスト・ライク・ア・ウーマン』でもなくてやっぱ『ライク・ア・ローリング・ストーン』!!オリジナルは【ハイウェイ61リヴィジッティッド】65年にこのサウ ... » more
テーマ 60年代洋楽 ボブ・ディラン ロック  コメント(2)

ボブ・ディラン、アジアツアーへ 日本公演も ... » more

ミック・ジャガーにボブ・ディラン、大スターがグラミー賞を盛り上げる ... » more

e-x-m-sBILLY,LENNY AND THE BROTHER WE NEVER HAD
BILLY,LENNY AND THE BROTHER WE NEVER HAD DVD、LIVE AT BILL GRAHAM CIVIC AUDITORIUMSan Francisco,CA.Oct 16 20061. Lenny Bruce2. Rollin' And Tumblin'3. Se ... » more

ボブ・ディラン、6冊の新著執筆か 「Chronicles」続編も ... » more

プロポーズされていたのを知らなかった 加川良のアルバム『プロポーズ』がついにCD化されていた(3カ月も前に!)のを不覚にも知らなかった。知らなんだ!解説によるとオリジナルのLPの発売は81年の4月。ロック色の強 ... » more

e-x-m-s父のこと
父のこと 父が亡くなって一年が経つ。先日、一周忌の法要を前にして納骨に立ち会うため帰郷した。墓石が老朽化している上に没後年数の経って先祖代々の墓に入るものがあったりしてこれを機に全体をすっかり刷新した。八事霊園の段々畑みたいな斜面にある。地所 ... » more

ディランのモノBOXのお試し盤。 今夜のBGM・・・BOBDYLAN/THEBESTOFTHEORIGINALMONORECORDINGSディランが青い〜。アバターか!という軽い突っ込みは置いといて・・・。先日、夜中にもうろうとしていて、ディ ... » more

ボブ・ディラン直筆の歌詞「時代は変る」、3500万円で落札 ... » more

突然ですがボブ・ディラン【リアル・ライブ】 ミック・テイラーつながりで84年のライブ・アルバム【リアル・ライブ】。実はこれ、ディランのアルバムの中ではあまり聴くことがないもの。ディランのライブでは圧倒的に【偉大なる復活】を聴くことが多いからだ。このアルバムにはミックテイラーとイア ... » more

e-x-m-sボジョレーヌーボー
ボジョレーヌーボー ボジョレーヌーボーを買ってきた。とても久しぶりのことだ。あの爆発的にブームになったあの年以来のことだ。その年にはそれは何か事件のようにマスコミに報道された。僕は馬鹿だから簡単に踊らされ何軒か店をまわってやっと手に入れて帰ってきた。そ ... » more

ライク・ア・ローリング・ストーン グリール・マーカス著、白夜書房刊、2006年。アマゾンか何かの紹介文にはボブ・ディランのヒット曲ライク・ア・ローリング・ストーンのレコーディングに関するドキュメントとあったように記憶するが読んでみるとこれもいくつかの断片的な記録や証 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/24 10:48

「ボブ・ディラン」のブログ関連商品

» 「ボブ・ディラン」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る