誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    大腸がん

大腸がん

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「大腸がん」のブログを一覧表示!「大腸がん」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「大腸がん」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「大腸がん」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

がん患者さんがこれだけ増えています。NPO札幌高齢者住まいのサポートセンターでは、がん患者さん対応の高齢者住宅や有料老人ホームも紹介しております。先日はがんの看取りを行った高齢者住宅もありました。余生をどういう体制の ... » more

がんコラム第5回 大腸がん編
大腸がんの特徴大腸の中でも、日本人はS状結腸と直腸が大腸がんのできやすい部位といわれています。罹患(りかん)率は、50歳代付近から増加し、高齢になるほど高くなります。男女とも罹患数は死亡数の約2倍であり、生存率は比較的高い と言えます。 ... » more
テーマ 大腸がん

わかっていることですが、高齢者になってもやはり肉の好きな人多いですね。肉の多量摂取で大腸がんリスク上昇- 国立がん研究センター 国立がん研究センターは28日、「肉類を多く食べると、大腸がんのリスクが高まる」との研究結果をまと ... » more
テーマ 大腸がん 国立がん研究センター 肉の多量摂取

毎年1回のがん検診は励行したいです。以下ご参照ください。がんの発見経路は「偶然」が1位検診や人間ドックの約3倍NEWS ポストセブン 8月6日(土)16時5分配信 がん治療の第一歩は「早期発見」に尽きる。部位 ... » more

乳を醗酵させたものがヨ−グルト。各国でそれぞれの地方に独特のものがある。腸内に留まることはできないが、腸内環境を整えることが出来る。便の臭いがくさいというのは腸内に悪い菌がいる証拠。最近は胃酸によっても溶か ... » more

KNさんは、がんが進行しても、自分が生きるために、大好きなゴルフを続けた。KNさんはすでに70歳を過ぎていたが、ゴルフの仲間内では一番若かったので、ずっとゴルフコンペの幹事役を引き受けてきた。最近、背中に痛みを感じることが増えたが、 ... » more

そのころ、KNさんの母親が転倒して腰椎の圧迫骨折を起こし入院した。その入院後、認知症の症状が重くなり、そのまま施設に入所することになった。KNさんの母親は、そのまま入所中だが、今でもKNさんが元気でいると思っている。点滴治療をやめて ... » more

しかし、その治療を続けた1年後、取りきれなかったリンパ節の大きさには変わりがなかったが、腫瘍マーカーが急に上がり始め、肝臓の転移が明らかになった。さらには、とうとう肺にも転移が出てきてしまったのである。しかし、KNさんには、それでも ... » more

副作用が出ることは、治療をする以上、仕方がないとKNさんは考える。がん患者の会で、ほかのがん患者を前にKNさんは言った。「副作用が出れば、それなりにからだの調子が悪くなるのは当然。ただ、それは治療をする以上、仕方のないことだ ... » more

KNさんは、このとき初めて本気で抗がん剤の治療を続けるしかないと思った。残念ながら自分のがんは手術で取り切れなかった。それならば、手術のつぎにがん細胞を殺す可能性の高い治療である放射線治療を受けるしかない。それに抗がん剤治療を加えれ ... » more

KNさんは重ねて言った。「でも、取れる可能性が少しでもあるんだったら、手術してください」「そうですか。じゃあ、やってみましょう。前の肝臓の手術のときのように、今度の手術のあと、腫瘍マーカーが下がってくれればいいですがね。」 ... » more

その薬を飲み続け、さらに3年が過ぎたところで、主治医が血液検査の結果を見ながらKNさんに言った。「腫瘍マーカーが、また上がり出したんです。どこかに転移が起こっている可能性が高いと思います。可能性の高いのは、肝臓とおなかのリンパ節、そ ... » more

KNさんが、自分ががんであることを家族以外のだれにも話していないことは、前に書いた。それは、そのまま続けている。だから、職場のだれもKNさんががんであることを知らない。したがって、がんであることを隠し通すために、仕事を休むことができなかった ... » more

KNさんは転移のある肝臓の一部を切り取る手術を受けた。手術前の検査では転移は1個と思われたが、実際におなかを開けて見ると、それ以外に小さな転移が3個みつかった。がんは固いので、手術中にやわらかい肝臓を手で触れることによって、小さな転 ... » more

ただ、手術はからだへの負担が大きい。とくに同じ部位の再手術の場合は、手術自体が難しくなるので、その分負担が増える。現在では、手術と同様の効果の期待できる、からだへの負担の少ない治療法があるので、転移巣の治療を考える場合、最初は負担の ... » more

肝臓の転移を手術で取りきれる可能性があるなら、KNさんにとってはそれをやってもらうのが一番である。KNさんは、そもそも抗がん剤ですべてのがんを殺すことはできないと思っている。だから、最初の手術の後に抗がん剤治療を勧められても、断った ... » more

KNさんは不確実なことにこだわるのが嫌いな性格である。とくに、不確実なマイナス面をくよくよ考え続けることなどは、KNさんにはありえない。論理的に考えて確実性が高いと思ったことを実行すればいい。今度の治療の選択でも、KNさんにとっては ... » more

骨のシンチグラム(骨シンチ)は、骨に蓄積しやすい物質に放射性物質を加えたものを静脈注射し、後日、放射性物質が異常に蓄積しているところがあるかどうか全身をくまなくチェックして、その結果を画像に映し出す検査である。転移があれば、そこが黒 ... » more

何事もなかったように職場に戻ってそのまま仕事を続け、あっという間に1年が過ぎた。そして、KNさんが1年後に訪れた外来の診察室で、腹部のCT写真を丹念にのぞきながら主治医が言った。「肝臓にしこりがあるようです。これは、今まで見えかった ... » more

KNさんは、母親に自分の病気は知らせないことにした。子どもが親よりも先に死ぬ可能性のあることを、親に知らせるわけにはいかないと思ったからだった。親に知られないようにするためには、親類縁者のだれにも知らせないようにする必要があると思っ ... » more

KNさんは、基本的に抗がん剤を信じていない。抗がん剤ではがんを治せないと思っている。「抗がん剤だけで治療をした場合、治療の有効率は30%くらいと言うが、これは治癒率とは違う。抗がん剤に一時的に反応した割合であり、その後どうなったかは ... » more

しばらくして、主治医から切り取ったがんの病理検査の結果がKNさんに話された。「私が最初に話した通り、やはり初期のがんではありませんでした。がんは大腸の粘膜深く入り込んでいました。ですから、大腸の右半分を切り取りました。その後は、小腸 ... » more

「CTで見るかぎり、リンパ節の転移も、肝臓や肺への転移もありません。すぐに手術の予定を立てましょう。それで治りますよ」 担当医は、手術で治せることを強調した。 KNさんは納得した。やはりがんだった。が、転移はなく、手術で治る ... » more

大腸がんの場合のCT検査では、大腸そのものの状態とともに、通常、おなかの中のリンパ節の腫れ具合、それに肝臓と肺の状態を見る。がんは、できた場所の近くのリンパ節に転移をすることが多い。だから、最初にCTでがんの病巣近くのリンパ節が腫れ ... » more

また、大腸内視鏡検査は、検査そのものもなかなかきつい。太い内視鏡カメラを、肛門から少しづつ奥に進めて行く必要がある。内視鏡を使って、内側から大腸をたぐりよせる感じで奥に進める。そして、大腸の始まりの部分である盲腸にたどり着いたら、そ ... » more

大腸がんの場合も、内視鏡検査が最終診断のために必須の検査である。大腸には食べた物の消化されなかった残がい(便のもと)が貯まっているので、大腸の内視鏡検査をするためには、それらをきれいに除く必要がある。つまり、強い下剤を飲んで大腸の中 ... » more

もちろん、これらの症状が出る前に、大腸がん検診を受けるのが望ましい。大腸がん検診は、初期症状であるごくわずかな出血を確認することのできる検便で行われる。これを便の潜血反応検査という。これは、肉眼では見えないわずかな出血を検出するもの ... » more

大腸がんの初期症状は、血便と便通異常である。大腸は長い。個人差はあるが、少なくとも1.5メートル、そのひとの身長くらいの長さがある。大腸は結腸と直腸に分かれる。結腸が大腸の大部分を占め、最後の部分が直腸で肛門につながる。大腸 ... » more

こんどは、水も入らないほどの状態になったのである。先の医師の言ったことを思い出し、職場近くのかかりつけの病院へ行くことにした。 そこでは、ちょうど以前にも治療を受けたことのある医師の診察を受けることができた。主治医は言った。 ... » more

「下痢をくりかえすうちに、今度は便秘気味になってきたんですね?」医師はKNさんが最初に言ったことをくりかえした。「ええ、そうです。便はあいかわらず軟便です。それがまったく出なくなることがあるんです。その時は苦しくてメシも食えませ ... » more

 

最終更新日: 2016/11/10 10:12

「大腸がん」のブログ関連商品

» 「大腸がん」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る