誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    漢方

漢方

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「漢方」のブログを一覧表示!「漢方」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「漢方」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「漢方」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

かりんとうの思い出 2月14日いただいたチョコやブラウニーは早々に家人の胃の腑へ収まり・・・(笑)せいかいどうが楽しんだ菓子は写真の黒糖と蜂 ... » more
テーマ 漢方 漢方的生き方 食養生・薬膳

朴庵塾セミナー初級の講義をしました。 2月12日、麹町の剛堂会館で朴庵塾セミナー初級クラスの講義をしました。前回の残りの「瘡癰腸癰浸淫病を解説してから婦人妊娠病から婦人産後病まで処方解説を中心に解説しました。大黄牡丹湯の治験例で一昨年に盲腸を即効で治した例はCRPなどの ... » more
テーマ 健康 漢方 生活

その胃の不調の原因は「肝」かも 日々の漢方相談で多いのが胃の不調に関するもの御相談者の多くは市販の胃薬に頼ったりしたものの症状が一向に改善せず病院の門をくぐり胃カメラ等の検 ... » more
テーマ 漢方 漢方講座 よくある相談  トラックバック(1)

初午いなり 古くは新しい年の始まりと考えられた「立春」その「立春」後の最初の午(うま)の日が「初午」「初午」の日は五穀をつかさどる農業神の宇迦之御魂を祀る京都伏見稲荷神社で大祭が行われ稲荷 ... » more
テーマ 日記 漢方 食養生・薬膳

苺大福でひと足早く春を 立春の末侯 今日13日は二十四節気 「立春」の末侯七十二候では日本、中国共に「立春」の末侯を”魚氷(うおこおり)を上(いず)る” ... » more
テーマ 日記 漢方 食養生・薬膳

おっかけモレと漢方 最近よく聞いたり見るのが”おっかけモレ”という言葉おっかけもれや追っかけ漏れとも書かれていたりもしますが尿漏れパットを販売するメーカーさんのCM等で目にした ... » more
テーマ 漢方 漢方講座 よくある相談

方術の玉手箱其の三十五解説其の二 春は享楽の時と予防の時易経では雷は春に地上に出て夏に天に上り秋になれば地下へ潜ひそみます。冬至の一陽来復は六爻全て陰の☷☷坤為地こんいちの地中に一陽が還ってきた☷☳地雷復ちらいふくで雷が地 ... » more
テーマ 健康 漢方 生活

11日(祝)は休業 今日は立春の次候 まずはお知らせから今週末の土曜日2月11日(祝)は定休日の為、休業いたします(メールまたは御電話での御問合せ・御相談)・御電話でのお問い合わせ、御相 ... » more
テーマ 漢方 聖快堂からのお知らせ 漢方的生き方

方術の玉手箱其の三十五が出来ました。 方術の玉手箱其の三十五が出来ました。今月号は、春分を黄経〇度とすれば冬至が270度で立春はその中間の黄経315度になります。立春を過ぎて寅月になりました。寅月は「建寅月」とも呼ばれて、「建=おざす」と訓み「おざす」とは「尾指す」の意 ... » more
テーマ 健康 漢方 生活

せいかいどう 人生初”魔女の一撃”をくらう それは先週末休日の午後の出来事愛犬達を両腕に腕枕しての昼寝昼寝を終えソファに腰かけた時に不意に大きなくしゃみを一発 ... » more
テーマ 漢方 漢方講座 よくある相談

節分と立春 2月3日は節分です。この日の夜に、鬼は外、福は内と豆を蒔きますが、これは迎春行事の呪術です。鬼=隠=陰=冬で、冬を追放して春を迎え入れます。春は東で五行の木になります。春の気は未だ微弱で木を切り倒してしまう五行の金が苦手です。これを金剋 ... » more
テーマ 健康 漢方 生活

節分と立春 今日2月3日は「節分」二十四節気最後の「大寒」から数えて15日目「節分」とは春夏秋冬とそれぞれにある土用が終わり二十四節気の「立春」「立夏」 ... » more
テーマ 漢方 漢方的生き方 食養生・薬膳

今日2日はGroundhog Day 今日2日はアメリカでは”Groundhog Dayグラウンドホッグ・デイ”と呼ばれる日地中で冬を過ごしたモグラが穴から地上に出て来て ... » more
テーマ 漢方 季節に多い病気 よくある相談

理気のポンカンを楽しむ 元気の気気力の気気合の気気分の気活気の気陽気の気普段、私達は日常「気」の付く言葉をよく使いますが ... » more
テーマ 漢方神経科 漢方 食養生・薬膳

熱燗の中に・・・ 大寒の末候 今日30日は七十二候の最後となる「大寒」の末侯今週末は七十二候の最初「立春」の初候暦の上とはいえ、いよいよ「春」近しですね〜 ... » more
テーマ 日記 漢方 食養生・薬膳

手足が氷のように冷たい あと1週間もすれば暦の上では「春」とはいえ、まだまだ寒い日が続くと言うのが現実日々の漢方相談においても手や足が氷のように冷たいという訴え ... » more
テーマ 漢方 漢方講座 よくある相談

空間が動くと時間が生れる。 空間が動くと時間が生れる。方術の玉手箱其の三十四は宇宙と空間と時間の関係です。目に見えないいものを総称して「気」と呼びます。空気・電気・磁気などの外に電波・音波などの波動があります。又見る事が出来ないものとして「空間」と「時間」 ... » more
テーマ 健康 漢方 生活

早寝早起きで低体温を治す 大寒の次候 今日25日は二十四節気 「大寒」の次候本朝七十二候では「大寒」の次候を”水沢腹堅(さわみずこおりつめる)”厳しい寒さで沢 ... » more
テーマ 漢方 季節に多い病気 よくある相談

大寒前夜 晩酌の肴は九条ネギと蛸 1年で最も寒いとされる二十四節気の「大寒」その寒さに朝も起きづらく日中は起きていても元気がなく体は冬眠状態と言う人も多いはず ... » more
テーマ 日記 漢方 食養生・薬膳

明日は大寒 明日20日は1年で最も寒い時期とされる二十四節気「大寒」本朝七十二候では「大寒」の初候を”欵冬(ふきのはな ... » more
テーマ ペットと漢方 日記 漢方

冬野菜をせいろ蒸しで楽しむ クリスマスやお正月が終わってすぐの1月初旬に夫婦の誕生日が続いてあるとプチ贅沢も憚られ年末年始に普段 ... » more
テーマ 漢方 季節に多い病気 食養生・薬膳

講演をしました。 1月9日は午後から、上野精養軒で方術信和会の新年会が開催され、平成二十九年の運気の講演をしました。平成二十九年は干支が「丁酉ひのととり」で納音は「山下火」で九星は「一白水星」で運気は「木運不及」になります。ひのと、は地上で燃える火で ... » more
テーマ 健康 漢方 生活

年末年始から続く咳 小寒の末候 小正月ともいわれる明後日1月15日元旦の正月に対して正月15日を小正月、女正月とも呼び多くの行事の行われる日せいかいどうが子供の頃は正月15日頃 ... » more
テーマ 漢方 季節に多い病気 よくある相談

天地・父母の一環としてのこの身 お金も美味しい食べ物も素敵な洋服も楽しい旅行も健康あってこそなんですね・・・漢方相談で辛い病が寛解された患者さんの口から共通して聞く言葉 ... » more
テーマ 漢方 漢方的生き方 食養生・薬膳

朴庵塾セミナーで講義をしました。 朴庵塾セミナーで講義をしました。1月8日、麹町にある剛堂会館で朴庵塾セミナー初級クラスの講義をしました。当日は祭日の為、麹町交差点には少年の銅像の手には国旗を持っておりました。講義は水気病・黄疸病・驚悸吐衄下血病を講義しました。 ... » more
テーマ 健康 漢方 生活

葛餅を楽しむ 小寒の次候 1年で一番寒い頃とされる「寒の内」の休日でも朝六時には起きて愛犬達との散歩へと出掛けるせいかいどう何せ、休日はだいたい19時にはほろ酔い加減で愛犬達と布団の中へ ... » more
テーマ 漢方 生薬の話 食養生・薬膳

8日、9日は連休します お知らせです年末年始のお休みをいただいたばかりで恐縮ですが・・・1月8日(日)、9日(祝)は定休日の為、漢方相談を休ませていただきます。※明日7 ... » more
テーマ ペットと漢方 漢方 漢方的生き方

今日は小寒 せいかいどうの仕事始め今日5日は二十四節気の「小寒」今日「小寒」から来月4日「立春」前日の節分までを「寒の内」と呼び ... » more
テーマ 日記 漢方 漢方的生き方

謹賀新年 2017 謹賀新年2017新年 明けましておめでとうございます。旧年中は癒しの漢方 聖快堂薬房及び読む薬 聖快堂カルテを御愛顧いただき誠にありがとうございました。今年も聖 ... » more
テーマ ペットと漢方 漢方 聖快堂からのお知らせ

行く年くる年 行く年くる年大晦日も残すところ数時間となりました。「申が去って酉が来る」来年は丁酉(ひのと・とり)の干支となります。今年の干支の丙申(ひのえさる)は火の兄の陽で天上の火(太陽)になります。申は陰の始まりで日陰ですので。暗闇に太陽 ... » more
テーマ 健康 漢方 生活

 

最終更新日: 2017/04/28 10:06

「漢方」のブログ関連商品

» 「漢方」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る