誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ハンガリー映画

ハンガリー映画

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ハンガリー映画」のブログを一覧表示!「ハンガリー映画」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ハンガリー映画」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ハンガリー映画」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

トランシルヴァニア国際映画祭2016 ラインナップ! 園子温レトロスペクティヴも! 第15回トランシルヴァニア国際映画祭(5月27日-6月5日)のラインナップです。【トランシルヴァニア国際映画祭】トランシルヴァニア国際映画祭は、2002年よりルーマニア・フィルム・プロモーションによって、ルーマニア第3の都市 ... » more
テーマ ルーマニア映画 ハンガリー映画 映画祭

ドイツ・ハンガリー合作「悪童日記」戦争になるとこんな訓練をすると長生きできる。 悪童日記A nagy füzetストーリー戦時下のあるハンガリーノブタペスト。父親は出征したあと、1944年8月14日、母親が双子の男の子供を連れ、国境近くの小さな村のはずれにある自分の実母の家を訪 ... » more
テーマ ヤーノシュ・サース ハンガリー映画 洋画

『ニーチェの馬』の見方ですが、2倍速でみると、又違って見えます。 タル・ベーラアニエス・フラニツキ監督は、ある人達には、評価が高いです。[倫敦(ロンドン)から来た男]の監督だと分かっていれば、絶対借りない。借りるとしたら、女性なら、編み物、掃除、食事の支度をしながら見る、男なら、たこ焼きのよう ... » more
テーマ ハンガリー映画 デルジ・ヤーノシュ タル・ベーラ

トランシルヴァニア国際映画祭2014 ラインナップ! 第13回トランシルヴァニア国際映画祭(5月30日-6月8日)のラインナップです。【トランシルヴァニア国際映画祭】トランシルヴァニア国際映画祭は、2002年よりルーマニア・フィルム・プロモーションによって、ルーマニア第3の都市 ... » more
テーマ ルーマニア映画 ハンガリー映画 映画祭

倫敦(ロンドン)から来た男] 間の取り方が純情じゃない.辛抱映画。でも残ります。 『倫敦から来た男』ロンドンから来た男(原題:A Londoni férfi)は、2007年のハンガリー・フランス・ドイツ合作映画。実はこの映画のようにケンカを目撃したんです。大声で怒鳴りあっているのを深夜勉 ... » more
テーマ ハンガリー映画 ィルダ・スウィントン タル・ベーラ

10-41「倫敦から来た男」(ハンガリー・ドイツ・フランス) 何か変わったこととは?港に隣接する鉄道の制御室で働く平凡な男、マロワン。単調な毎日を送っていた彼はある晩、倫敦から来た男、ブラウンが犯した殺人の現場を目撃してしまう。その後、マロワンは海中へと沈んだ男が持っていたトランクを海から引き ... » more

早くもアカデミー賞エントリー作品発表 クリスティナ・ゴダ『カメレオン』 気が早い感じもしますが、早くも米国アカデミー賞外国語映画賞ハンガリー代表作品が発表されました。その作品は、『君の涙 ドナウに流れハンガリー1956』(2006)と『反恋愛主義』(2005)のクリスティナ・ゴダ監督の長編第3作“Kam ... » more

イギリス・ハンガリー104分原題 Copying Beethoven監督 アニエスカ・ホランド脚本 クリストファー・ウィルキンソンスティーヴン・J・リヴェル撮影 アシュレー・ロウ出演 エド・ハリスダイアン・クルーガーマシ ... » more

その扉の向こうに…… 『ドア No.8』 マリア・ホルヴァット これも<ハンガリアン・フォークテイルズ> Aプログラムの中で上映された作品で、前回当ブログでご紹介した『貧者と利口な馬』と同じ監督マリア・ホルヴァット監督による『ドアNo.8』です。【物語】自分の部屋でロッキングチェアに ... » more
テーマ ハンガリー映画 tantano 短編映画を楽しむ マリア・ホルヴァット

3分間だけハエになれる映画 『ハエ』 フランツ・ロフュシュ 1981年の米国アカデミー賞短編アニメーション賞受賞作品。まずはご覧あれ!ハエの主観のみで描いた作品で、知る人ぞ知るというか、アニメーション愛好家の間ではよく知られた作品のようです。魚眼レンズを通して見たようにハエの主観 ... » more
テーマ フランツ・ロシェフ ハンガリー映画 tantano 短編映画を楽しむ

284「敬愛なるベートーヴェン」(イギリス・ハンガリー) 音楽とは神の息吹だ!1824年ウィーン。新しい交響楽第九≠フ初演を4日後に控えたベートーヴェンの元に作曲家を志す23歳の若き女性アンナ・ホルツがコピスト(写譜師)として訪れる。女性が訪れたことに激怒するベートーヴェンだが、徐々に彼女の ... » more

 

最終更新日: 2016/11/10 09:20

「ハンガリー映画」のブログ関連商品

» 「ハンガリー映画」のブログレビュー をもっと探す

「ハンガリー映画」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る