誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ドゥービー・ブラザーズ

ドゥービー・ブラザーズ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ドゥービー・ブラザーズ」のブログを一覧表示!「ドゥービー・ブラザーズ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ドゥービー・ブラザーズ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ドゥービー・ブラザーズ」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

シングル・アドベンチャー[洋楽編M]愛のゲッタウェイ・・・ドゥービー・ブラザーズ ドゥービーのシングルなんてまず買うことがなかった。※アルバムではすべて揃えた。で、これは81年のコカコーラのキャンペーンソングとして、最初は非売品だったはず・・・。曲調はもろにジョン・マクフィー+パット・シモンズ節。アルバム未収 ... » more

アナログ・アドベンチャー[6]ドゥービー・ブラザーズ ドゥービーズのアルバムの中で唯一紹介していなかったのが、コレ。理由は・・・ドゥービーズの持ち味の1つであるハイウェイをビュンビュン飛ばしていくようなダイナミズムがまだ未完成であること。いくつかの曲を除いて、まだ一定のレベルまで達していな ... » more

【メロウ・アーケイド】パット・シモンズ 前記事の『ハブ・ユー・シーン・ハー』を初めて聴いたのは、このアルバムで・・・。初期のドゥービー・ブラザーズをトム・ジョンストンと共に支え、トム脱退後は、リーダーとしてバンドを支え続けた男。で、これはドゥービーズが1度目の解散をきめた ... » more

ドゥービーズの要トム・ジョンストン【スティル・フィール・グッド】 ほんの一時期を除いて常にドゥービー・ブラザーズの主要メンバーであり続けているトム・ジョンストン。これは彼が体調その他の理由で本隊ドゥービーを抜けていた時期のソロ・アルバム。81年リリース。トム・ジョンストンについては79年のファース ... » more

ウエストコースト紳士録I【エブリスィング・ユーヴ・ハード・イズ・トゥルー】トム・ジョンストン 初期ドゥービー・ブラザーズのリーダーにしてメイン・ソングライター、そして優れたリードボーカリストでギターもいかす。そんなトム・ジョンストンが一度ドゥービーを脱退していた頃(79年)にリリースしたファースト・ソロアルバム。オープニングの『 ... » more

Doobie Brothers - What a fool believes 1978年のアルバム『ミニット・バイ・ミニット』発売時には、「ある愚か者の場合」との邦題でしたが。。。流石に、このタイトルではシングル化できませんよね。(一部には「哲学的かつ概念的な、素晴らしい邦題」との評価もあり。)一 ... » more
テーマ 洋楽 ドゥービー・ブラザーズ 1978年

ご機嫌な映像集[ストーリー・オブ・ザ・ドゥービー・ブラザーズ] [ロック黄金期1973編]を終えて、次の[1974編]に移る前に三日間空いたので(というか自分で空けたんだけど・・・)、今日は最近手に入れた映像集(ブルーレイ、DVD)を紹介したいと思う。まずはドゥービー・ブラザーズの【ストーリー・ ... » more

再結成後(89年〜)のドゥービー・ブラザーズB【ワールド・ゴーン・クレイジー】 世界は狂った方向に向かっている・・・ドゥービーから現代に向けてのメッセージか? そういえばドゥービーはかつて【リヴィング・オン・ザ・フォウルト・ライン】ていうタイトルのアルバムを出したこともある。このアルバムが出されたのは今から2年 ... » more

再結成後(89年〜)のドゥービー・ブラザーズA【シブリング・ライヴァルリー】 さて黄金期のラインナップで再出発をはかったものの、復帰第二弾にあたる【ブラザーフッド】は中途半端に打ち込みサウンドを入れるなど、あまり良い成果をもたらさなかった。その上ジョン・ハートマン、タイラン・ポーターが抜けて暗雲が立ちこめる。※ボビー ... » more

再結成後(89年〜)のドゥービー・ブラザーズ@【サイクルズ】 いやぁ、このアルバムが出た頃は本当に嬉しかったな。なんたってトム・ジョンストンが帰ってきたんだから・・・。77年にバンドを離れ、その後二枚のソロアルバムを発表するものの、必ずしもトム自身が望むような結果は出せず・・・。一方本隊ドゥー ... » more

くすぶり続ける「心」の炎。。。 またも、「ぶろぐ村」から「アメブロ」のみ追放されたキングです。(今回は、「利用規定」に記事のどの箇所が抵触しているのか回答を求めました。)最近「睡眠障害」の症状が醜く、気付くと「今、 ... » more

1974年「ドゥービー・ブラザーズ」が、初の全米NO.1を記録した曲です。映像は、1978年のシカゴのTVスタジオでのLIVEです。(「音量」が低いのが難点です ... » more

ワタシが、うつになりまして。。。 今日は、普通の会社員であれば「3連休」の初日です。家の近くの県道は、飯能方面への観光や近くに「サイボクハム」そして「霞ヶ関カンツリー倶楽部(一応名門ゴルフ場です。)」等があるため、GWや連休の午前中は下り方面の車やバイクで混みあいます。 ... » more

ドゥービー・ブラザーズ後期の三枚B【ワン・ステップ・クローサー】 このアルバムと前後してまたまた大きなメンバー・チェンジがあった。スタンピードから参加していたジェフ・バクスター、オリジナル・メンバーでリズム隊の要であったジョン・ハートマン(ドラムス)が離脱。代わりに参加したのがジョン・マクフィー(ギタ ... » more

ドゥービー・ブラザーズ後期の三枚A【ミニット・バイ・ミニット】 ドゥービー・ブラザーズはこのアルバムで完全に生まれ変わった。前作【運命の掟】での苦い経験から、実験性の強いサウンドは影を潜め、よりわかりやすくラジオ映えのするブルーアイド・ソウルというかA.O.Rサウンドを完成させた。もちろん第一の貢献者は ... » more

ドゥービー・ブラザーズ後期の三枚@【運命の掟】 77年リリースの【運命の掟/ Livin' on the Fault line】。前作【テイク・イト・トゥ・ザ・ストリート】でもすでに影が薄くなっていた元リーダーのトム・ジョンストンはこのアルバムでは一部コーラスには加わっているが、ほとんど ... » more

ドゥービー・ブラザーズ82年のフェアウェル・ライブDVD正式リリース!! 今月は日本のロック・ポップス・フォークと映画(洋画)の記事を中心に書くときめていたので、洋楽ロックの話題はできるだけ避けてきたのだが・・・というか日本物も映画も紹介したいのが多すぎて・・・なかなか手が回らなかったというのが正直なところ。 ... » more

ドゥービー・ブラザーズのターニング・ポイント【テイク・イット・トゥ・ザ・ストリート】 なんといってもまずは1曲目の『ホウィール・オブ・フォーチュン』(運命の轍)。それまでのドゥービーの豪快さはあるが何かが違う。そう、都会的に洗練されたダイナミズムといえばいいか・・・ギターの音色もよりジャズ・フュージョン的なものに変わ ... » more

最新作も楽しみ!!【ドゥービー・ブラザーズ/トゥー・ルーズ・ストリート】 最新作【ワールド・ゴーン・クレイジー】が楽しみな(未入手・・・近々入手予定)ドゥービー。現在のメンバーはトム・ジョンストン、パット・シモンズ、ジョン・マクフィー、マイケル・ホザックの四人。ベースやキーボードはサポート・メンバーが担当して ... » more

ドゥービー・ブラザーズ『ブラック・ウォーター』ひょうたんから駒 ドゥービー・ブラザーズ74年の【ホワット・ワー・ワンス・ボイシズ・アー・ナウ・ハビッツ】(邦題ドゥービー天国)。は、何とも不思議な要因で大ヒットしたアルバム。『チャイナ・グローヴ』や『ロング・トレイン・ランニン』の流れを組む『53番街の ... » more

はたして得したのはどっち??マイケル・マクドナルドかドゥービーか? ドゥービー・ブラザーズ。俺たちの世代では、必ずと言っていいほど一度は耳にしたアメリカン・ロックの最高峰。しかし、マイケル・マクドナルドの評価は真っ二つに別れるだろう。ドゥービーをだめにした男という評価も・・・。元々ドゥービーは ... » more

私的好盤ドゥービー・ブラザーズ【キャプテン・アンド・ミー/トゥールーズ・ストリート】 高校時代一時期ハード・ロックに飽きていた頃、アメリカのウエスト・コーストのロックやサザン・ロックにはまった。以来ずっと愛聴している。(40過ぎてからハード・ロックもまた聞き始めた。一回りした?) バンドをやる上でウエスト・コーストで ... » more

奔馬のごとく・・・。【スタンピード】ドゥービー・ブラザーズ快心の一枚!!! 70年代のウエストコーストを代表するグループといえば、イーグルスとドゥービー・ブラザーズ。高校の頃、ほぼ同時期にこの二つのグループにはまって、毎日の様に聴いていたので、ほとんどの曲は一緒に歌える。ドゥービーは自分のバンドのレパートリーと ... » more

ドゥービー天国(1974年) はい!クイーンのアルバム「オペラ座の夜」から「ボヘミアン・ラプソディ」(1975年)でしたぁ。 クイーンと言えば、この曲と言う人は多いことでしょう。次にドゥービー・ブラザーズのアルバム「ドゥービー天国」から「ブラック・ウ ... » more

Minute By Minute/ドゥービー・ブラザーズ 2006年もいよいよ大晦日。お酒とおつまみの用意は出来ましたか?今年は別の部署へ短期間の異動があったり、病気したりと何かと忙しい一年でした。来年は仕事とは別に業界全体で主催している研究会への参加を要請されたりと、どうなることやら…。それ ... » more

STAMPEDE/ドゥービー・ブラザーズ ドゥービー・ブラザーズが75年に発表した5枚目のアルバムです。ドゥービーズはこのアルバムからスティーリー・ダンのギタリスト、ジェフ・バクスターを正式にメンバーとして迎え入れます。LPレコード発売当時のライナーノーツには「スティーリー・ダ ... » more

 

最終更新日: 2016/11/10 08:00

「ドゥービー・ブラザーズ」のブログ関連商品

» 「ドゥービー・ブラザーズ」のブログレビュー をもっと探す

「ドゥービー・ブラザーズ」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る