誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    二次創作

二次創作

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「二次創作」のブログを一覧表示!「二次創作」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「二次創作」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「二次創作」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 78
「我らも行こう!」イガールは、周りの兵士たちに声をかけた。「隊長!」「姫様も、シェフのご家族も出てくる!人手は、多い方がいいだろう」「はっ!」「了解しました!」シュバルツたちの後について、イガールと兵士たちも、そ ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 77
「ハヤブサが、連絡する手段として、このロープを使ってくる可能性が高い。だから、その合図を聞き取りやすくするために、な」「了解しました!」「我らも手伝います!」「頼む」モガールとヤッセの申し出を、シュバルツも受ける。3人は急い ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 76
ガラガラと、周囲の岩が崩れる音。粉塵が舞い、息苦しさに襲われる。だがすぐに、新鮮な空気の流れを感じて、ナディール姫は顔を上げた。「怪我はないか?」見ると、龍の忍者がこちらを振り返り、手を差し伸べている。「………… ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

本日の夕景二次創作
二次創作というものを少しやっている者です。二次創作という言葉を初めて聞いたとき、「今はパロディーって言葉使わないの?」とちょっとあせりました(笑)。時の流れって…。私が当たり前に使ってた言葉が、もう使われてないなんて。まさか身をもっ ... » more
テーマ 二次創作

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 75
「もう!!何を言っているのよ!?母さん!!」ミレイは怒鳴りつけるように叫んでいた。「私たちを助けに、ここまで来ている姫様が、私たちを助けずに、ここから逃げるってあり得ると思う!?あの姫様の性格なら、死ぬまでこっちを探し続けて ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 74
助けられる?本当に────?「ナディール、もう、あまり時間も残されていない。お前も人質たちに呼びかけを行ってくれ」「ハヤブサ様………!」「何があろうと、俺は、全力でお前を守る!だから、頼む!」「分かりました」 ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 73
敵を屠った龍の忍者は、姫の手を引いて再び走る。「誰かいないか!?」ハヤブサの声は、狭い通路の奥に、反響しながら吸い込まれていった。「……………!」母親に抱きしめられていたミレイが、顔を上げた。「どうし ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説  コメント(2)

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 72
「ほら……!体調が万全じゃないのに……!」「地下は、通路が複雑に入り組んでいます!不用意に入るのは危険すぎます!!」「うう…………!」「姫様のそばには、ハヤブサ殿が付いています!だから、大丈夫です!」「ハヤブサ殿…… ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 71
「ミレイ!!」ロアンヌが駆け寄って介抱する。ミレイは2、3回頭を振ると、がばっと起き上がっていた。「あとちょっとだったのに………!」ミレイはそう言いながら、悔しそうに天井近くにある窓を見つめる。窓からは不吉な波の音が、ザブ、ザブ ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 70
「よし」ハヤブサは頷くと、静かに歩き出す。ナディール姫も、その後ろを、静かについていった。しばらく歩くと、ハヤブサが手を出して、ナディール姫に、それ以上前に進むな、と、合図を送る。ナディール姫も、はっと身を固くして、息をひそめた ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 69
「ま、窓……閉められないの……?」娘の質問に、母は頭を振る。「無理よ……。あんな高いところにある窓を、閉められると思う………?」「………………!」母の言葉に、娘は茫然と、天井近くにある、小さな窓を見つめる。鉄格子 ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 68
「……………」牢の中でロアンヌは、寝苦しさを感じていた。(なぜ、こんなに眠れないのかしら………)ロアンヌはそう感じて、寝台から身体を起こす。窓から差し込む月の光が、とてもきれいだと思った。この牢に監禁されてから、 ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 67
「いえ、平気です。大丈夫………」そう言いながら、彼女は周りを見渡す。もう何度も、シェフの奥さんと娘の名前を呼んだ。しかし、何の反応もない。(この辺りには、いないのかもしれない………)そう考えた姫は、断を下した。水没する地下通 ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 66
「………なぜ、こうも姫様を狙う刺客が、何人も入り込んでくるんだ……。警備は強化しているはずなのに………」そう言いながら、頭を抱え込んでしまうイガール。兵士たちもそんな隊長に、声をかけようがなくて、おろおろするしかなくなってしまう。 ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 65
それなのに、自分は何をやっていたのだろう。家族に迷惑をかけ姫様に、迷惑をかけ挙句─────シェフは、思う。もう自分には、『城のシェフ』として、料理を作る資格など、ありはしないのではないだろうかと────( ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 64
「…………………」暗い通路に、ハヤブサの声の残響音が響く。しばし、耳を澄ませてみるが、帰ってくる反応は、皆無であった。「ロアンヌさん!!ミレイさん!!」ナディール姫も、ハヤブサに倣って呼びかける。しかしやはり── ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 63
「姫様…………無事に、シェフのご家族を見つけられるといいな……」同僚の言葉に、モガールも頷いた。「そうだな…………」そのまま、しばし地下通路の入り口を見つめていたモガールであるが、やがて、ポツリとこう言った。「なあ、 ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 62
「いえ、何でもありません。行きましょう、ハヤブサ様」そう言って、ナディール姫は厨房から出ていく。ハヤブサも、あとについて、出て行った。「…………姫様………!」その後ろ姿を見送ったシェフが、頽れるようにうずくまっている。そ ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 61
(助けられる………?)目の前に現れた、小さな希望の光。あとはそれを、つかむか否かだ。リスクはある。今は夜。昼でさえ暗い地下など、ふつうは、誰も入っていかない。複雑に入り組んだその水路は、不用意に入り込んだ者を、容 ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 60
(でも…………)姫は、うずくまって小さく震えている、シェフの姿を見る。この人が、ここまで追い込まれてしまったのは、間違いなく『自分』のせいだ。どうすれば、いい?どうすれば、いいのだろうやはり、私は───── ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 59
(今日ハ………この辺りデ、私も引き上げルコトにしヨウ……。だが、引き上げル前に………姫、お前に一つ、教えてオイテヤル……)「何ですか?」怖じることなく、問い返すナディール姫。『声』は低く笑うと、愉快そうに言葉を続けた。 ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 58
(ククククク………)仄暗い笑い声が、あたりに響き渡る。それと同時にハヤブサが、刀を一閃させた。「─────!」キキン、と、小さな金属音が響き、何かが床に突き刺さった。(ほう……。コノ小さな獲物ニ気づくカ………。ナ ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 57
「……………」ハヤブサは、何かをあきらめたように、一つため息を吐く。シュバルツのそばに、つかつかと歩み寄っていって────バキャッ!!いきなり、シュバルツに殴り倒されていた。「痛い!!」ガバッと跳ね起 ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 56
「ありがとうございます!!姫様!!」身体が自由になったイワンコフは、床に額をこすりつけるように土下座をして、礼を言う。「食われなくてよかったな」苦笑しながらシュバルツにそう声をかけられ、イワンコフは「ひええええええっ!! ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 55
「…………!」姫が、ぎゅっ、と、唇をかみしめている。ハヤブサは、さらに質問を続けた。「お前の役目は、毒を盛るだけか?人質がどこにいるか知っているのか?」「ああそうだ!俺は、姫の料理に毒を盛る係をしていたんだ!ただ、「人質がどこに ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 54
「止めるなよ、シュバルツ………!お前が止めても、俺は────!」殺気だった眼差しを向けてくるハヤブサに、シュバルツはにっこりと微笑みかけた。「馬鹿だなぁ。真っ先に頭をつぶすだなんて……。そんな、簡単に殺してやってどうするんだ」 ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 53
「何を抱えているのかは知らないが、死ぬのはよくない」「…………………」シュバルツの言葉に、シェフははっと息をのむ。「ここでのあなたの軽率な『死』は、敵にメリットを与えるだけで、状況は何も変化しない。それどころか、あな ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 52
「あ………りがとう、ございます……。立てます」ナディール姫は、シュバルツの腕から、そっと離れた。(独りで、ちゃんと立たなければ)歯を食いしばって、前を向く。ここで泣き崩れるわけにはいかない、と、思った。ここで倒れ ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 51
「厨房に、行きます」姫の言葉に、忍者二人は頷いていた。「…………………」シェフは、厨房で煮込まれる食材を見ながら、陰鬱な気持ちをぬぐえずにいた。こんなこと続けるのは、絶対によくない。それは、分かっている。 ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 50
「『全てのことに、偏見を持って接してはならない』……これは、シャハディ家に伝わる『家訓』です。その………ハヤブサ様と、シュバルツ様が『恋人同士』という事実には、びっくりしましたが………」ナディール姫は、うん、と、頷いて顔を上げる。「 ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

 

最終更新日: 2017/09/22 14:53

「二次創作」のブログ関連商品

» 「二次創作」のブログレビュー をもっと探す

「二次創作」ブログの人気商品

テーマのトップに戻る