誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    二次創作

二次創作

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「二次創作」のブログを一覧表示!「二次創作」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「二次創作」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「二次創作」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 144
「お、俺もガイドブックを一応持ってきたんですよ!姫様のとは、違う出版社から出ている物ですけど」「あら、貴方たち、ラナン地区に行くのなら、イルム通りにあるチーズ屋さんが、絶品よ!」共に話をしていた老婦人まで、その話の輪の中に加わってき ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

衝動的に描いてみた〜〜〜(R-18) しょうしょうけしからんので、R-18扱いとなります(^^;Twitterにも上げようかな、と思いましたが、さすがに遠慮させていただきました(^^;少々趣味が強すぎでんがな。自分wwwで、描き上がった絵がこちらとな ... » more

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 143
「そう?大丈夫だと思いますけど」それに対して姫は、あっけらかんと答えた。「最近、命を狙われる回数が、すごく減ってきているじゃないですか」「……………!」姫の言葉に、ハヤブサはグッと、言葉を詰まらせる。 ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 142
「ものを食べながら、しゃべるな……!」半ば呆れたようにハヤブサが言うと、「ふぉへんははい(ごめんなさい)」と、言いながら、もごもごとパンを食べ続けていた。「お待たせしました。ハヤブサ様。何か御用でしょうか?」パンを食べ終 ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

フェイスダンスチャレンジ! 顔面崩壊必至!?変顔アプリ「FaceDance Challenge!」が流行の予感Spotlightより。http://spotlight-media.jp/article/449739928286360839TVで紹介され ... » more

「随分と、あちこちを回っていらっしゃったみたいですな。銀行家が、それほど忙しいとは知りませんでしたよ。」カリーが会食場所に指定した、高級すし店にソフィはエリを伴って訪れていた。「有望な企業は、あちこちにある物です。規模の大小に関係な ... » more

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 141
シュバルツは、いつか自分もそのような存在に堕ちてしまうことを、とても恐れていた。だから、ハヤブサの、シュバルツに対する『想い』を知った時、彼は最初、必死に逃げようとした。「駄目だ!!お前に、DG細胞が感染してしまったら、どうするんだ ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

フェイスダンスチャレンジ! 顔面崩壊必至!?変顔アプリ「FaceDance Challenge!」が流行の予感Spotlightより。http://spotlight-media.jp/article/449739928286360839TVで紹介され ... » more

キング&クイーン(コラボVer) https://www.youtube.com/watch?v=nlwNsAS8N4Yポルノグラフィティ 『キング&クイーン/Montage』(YouTube ver.)ポルノグラフィティオフィシャルyoubuteChann ... » more
テーマ 二次創作 イメージイラスト

たまには自分にご褒美漫画〜 ……が、出来たので、そっと投下させていただきます〜いえね。Twitterの診断メーカーで、○○しないと出られない部屋に、推しを閉じ込める診断がありまして。そこにハヤブサさんを閉じ込めてみたら、『一緒に閉じ込められた相 ... » more
テーマ BL 二次創作 漫画

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 140
彼の、優しさが好きだ。彼の、幸せそうな微笑みが、好きだ。彼の姿を見ただけで、その日は自分も、一日中幸せだった。父王に、姫がそのことを告げると、ガエリアル王は、娘の頭をやさしくなでながら、言葉を紡いだ。「そうか ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 139
「しかし、姫様───」カライ内大臣は、咳ばらいをしながら、ナディール姫に問いかけていた。「よろしいのでしょうか?イガール隊長は、いささか雑用に追われすぎているような気がしますが…………」「そうね………」ナディール ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 138
「抹消された者たちに、政治の利権に口出す権利など、あろうはずもない。こうして王室は、醜い権力争いに政治が巻き込まれることを避け─────長きにわたり、この国の内政の安泰と、王室を、守り続けていたのです」「………………」ハ ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 137
「本当ですか?」不安そうにこちらを見つめてくる義弟を、姫は優しく頷き返していた。「本当よ?今まで私が、嘘をついたことがあった?」「ない………」「ね?」姉の笑顔に、ノゾムは頷き返すしかない。それを見て、 ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 136
「いいのか?」ノゾムに頼まれたとき、ドモンは思わずまじまじと、彼を見つめてしまった。色白の、か細い身体をしたノゾムは、どう見ても戦うことに向いているとは、言えなかったからだ。「構いません!」ドモンの少し躊躇う ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 135
「話が違うじゃないの!!小娘1人片付けるなど、造作もないことだと貴方が───!」王太后は、誰かに向かって怒鳴りつけているようである。しかしこの部屋は、暗がりに包まれているため、太后と話しているのが誰なのか、うかがい知ることは出来 ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 134
(しまった………!)後悔したが、後の祭りである。目の前には、ものすごく幸せそうな顔をした、龍の忍者の姿がある。「……………!」そんな彼の姿を見ていると、シュバルツの方も、なんだか毒気が抜かれてしまった。好きな人の、幸せそ ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 133
「俺からも、一つお前に伝えておくことがある」「何だ?」ハヤブサからの言葉に、シュバルツは顔を上げた。「刺客の件だがな……。イワンコフの持ち物から、外国からこの国に、刺客を派遣している『ルート』が分かった」「…………! ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 132
「そこにいたのか、ハヤブサ」ナディール姫の食事に付き添っているハヤブサのもとに、シュバルツがやってきた。「話したいことがあるんだ。少し、いいか?」ハヤブサは、ちらりとナディール姫の方に、視線を走らせる。食事をしていた ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 131
「許可か………」ドモンが考え込む横で、ノゾム王子も何かを思案するような顔をしている。それを見たシュバルツが、少し苦笑しながらも口を開いた。「とにかく、私はハヤブサのところに行って、事のあらましを話してくる。ドモン、ノゾム王子 ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

8月のセレナーデ(ヒロアカVer) BGM→スガシカオ「8月のセレナーデ」(「ハチミツとクローバー」挿入歌)http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=66229うたまっぷより。https://www.youtube.c ... » more
テーマ 二次創作 イメージイラスト

IS<インフィニット・ストラトス>二次小説 第167話 モアザンワーズ<後篇> 「もらい!」追加兵装パッケージを量子化したアサルトキャットを展開したシャーリーが、大型のプラズマサボットバズーカでゴーレムを捉える。発射されたのはフレシェット弾だが、勿論只のフレシェット弾ではない。小型ロケットブースターを搭載し ... » more
テーマ 二次創作 IS<インフィニット・ストラトス>

アヴァロンでは、一夏とラウラがISを展開して、いつでも発進できるようにしていた。シュヴァルツェアレーゲンは、新しく本国から送られてきた追加パッケージを、展開している。サブアームで保持された、高初速中口径レールガンと中口径大出力荷電粒 ... » more
テーマ 二次創作 IS<インフィニット・ストラトス>

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 130
「俺は昔、とある「事件」に巻き込まれた時………俺は、周りから『兄が犯人だ』と、聞かされ、そう思い込まされていた………」「ドモン様………」ドモンの話を聞きながら、ノゾムは、思い当たることがあった。ドモン・カッシュが高名な格闘家 ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 129
「どうした?ドモン」問い返してくる兄を、ドモンはまっすぐ見つめ返す。「兄さん。俺も、ここに残ってノゾム王子の護衛についてもいいか?」「……………!」シュバルツは、かなり驚いたように瞳を見開き、メリルもかなり驚 ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 128
「ノゾム様………!」「僕は、本当に大丈夫………」「………………」そう言って、一つも大丈夫じゃないような表情で、『大丈夫だ』と、言い張り続ける少年に、メリルは何が言えただろう。「承知いたしました」メリルは、静かに頷 ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 127
「は、はい……!」メリルたちは、ノゾム王子をベッドに寝かしつけることにした。「ところで、先程君は、何を話そうとしたんだ?」ベッドの上で、昏々と眠り続けるノゾム王子を見つめ続けるメリルに、シュバルツは声をかけた。 ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 126
「ドモン!!来るぞ!!」シュバルツの、鋭い叫び声が上がる。それと同時に、影たちが一斉にドモンたちに襲い掛かってきた。「吻!!」ドモンはためらうことなく、まっすぐにその拳をふるう。ドゴォッ!!派手な ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 125
だが、だからと言って、ノゾム王子を取り囲むこの事態に、自分は、何ができるというのだろう。何も────何もできないではないか。ノゾム王子のために、何かをしようとしても、無力な自分は、先輩と同じ末路を歩んでしまうことが、目に見えている。 ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 124
まさか、ドモンの方が、ノゾム王子の抱える『闇』に、こんなにも一直線に切り込んでくるとは、思ってもいなかったからだ。兄として、「弟を、止めなければ」と、シュバルツは思った。ドモンが踏み込もうとしている問題は、そう簡単に第三者が係っ ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

 

最終更新日: 2017/11/15 08:32

「二次創作」のブログ関連商品

» 「二次創作」のブログレビュー をもっと探す

「二次創作」ブログの人気商品

「二次創作」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る