誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ディケンズ

ディケンズ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ディケンズ」のブログを一覧表示!「ディケンズ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ディケンズ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ディケンズ」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

Kiyohisaブログ「二都物語」新潮文庫
飲んだ暮れで身を持ち崩して、友人の情けで仕事の手伝いをしている青年弁護士カートン。彼は、全てを、自分自身をも諦めかけていた矢先、ふと友人と婚約中のヒロインに出会います。その美しさに、一生かけて女性に助けが必要になった時には、 ... » more

「旅商人の話」 C・ディケンズ /小池滋・石塚裕子訳 話はちょっと面白味に欠けます。トム・スマートという旅商人が宿屋のオーナーである未亡人を手に入れる話です。トムにはライバルがいて、ジンキンスという背の高い男がやはり未亡人を狙っているようなのです。未亡人のほうもまんざらでは ... » more
テーマ ディケンズ 文学 「一日一編短編小説を読むぞ」

「墓掘り男をさらった鬼の話」 C・ディケンズ /小池滋・石塚裕子訳  『クリスマス・キャロル』と同様訓話じみた話で気に入りませんが、それでもいくらかは楽しめました。鬼(ガブリン)が出てくるのですが、この化物やたらと体格がいいのです。挿絵にも描かれていますが、ノースリーブの服を着て、鍛え上げ ... » more

「デイビッド・コパフィールド(一)(二)」ディケンズ著 ぼくが、自分の人生のヒーローってことに果たしてなれるのか、それともヒーローの座は別の人間に明け渡してしまうのか、それはこの本を読めば、おのずとお分かりだろう。人生の振り出しを、まず出生から始めるなら、ぼくはある金曜日の夜、十二時に生まれた( ... » more
テーマ ディケンズ 岩波文庫

クリスマス・キャロル 今日はクリスマスイブなのでこんな本を。一人暮らしをしていた時、毎年クリスマスイブにはこの本を読むことにしていた。自分を振り返って一年に一度気持ちをリセットする。『クリスマス・キャロル』ディケンズ北川悌二 訳(講談社文庫) ... » more
テーマ ディケンズ

クリスマス・キャロル ディケンズ ツヴェルガー絵 太平社 毎年この季節になると、やはりこの小説が読みたくなります。有名な作品ですが、原作を読んだことのある人はあまり多くないかもしれない。ここにあげたのは太平社の、ツヴェルガーの挿し絵がとても魅力的な本。訳としては、新潮文庫の村岡花子 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/28 16:49

「ディケンズ」のブログ関連商品

» 「ディケンズ」のブログレビュー をもっと探す

「ディケンズ」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る