誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    神室連峰

神室連峰

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「神室連峰」のブログを一覧表示!「神室連峰」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「神室連峰」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「神室連峰」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

神室山 役内口(パノラマコース〜西ノ又コース) 2016.07.16 前神室山1342.0m(三等三角点前神室)初登頂神室山 1365.0m(二等三角点神室山)6回目神室山山頂パノラマコース登山口駐車場7:25→いっぷく平8:03〜07→第1ピーク9:04〜12→前神室山10:31〜36→神室山1 ... » more
テーマ 神室連峰 山形の山 東北百名山

登山部火打岳(平成28年6月12日) 今回の登山部登山は最上の火打岳。僕を入れて3名。一人は初対面とあって、安全で最も所要時間の短い、火打新道をピストンした。山形市内に7時間30分に集合し、僕の車で新庄市の土内に移動。9時20分に赤い吊り橋を渡って出発。井戸のある小屋を左に見て ... » more
テーマ 神室連峰 登山部 登山

禿岳にて初雪を踏む(平成27年10月31日) 登山部登山は鳥海山以来で3ヶ月ぶり。当初は槍ヶ先を計画していたが、生憎の曇り空。尾花沢に入っても回復の兆しなし。ここで雨が降れば鳴子温泉かハリマ小屋で山ごはんか。でもまだお腹も空いていないし。ずるずると新庄に向かう。それなら杢蔵小屋か、宮城 ... » more
テーマ 神室連峰 登山部 登山  コメント(4)

怪峰火打岳に立ち竦む(平静27年10月4日) 夜明けが遅くなり、ようやく空は赤く染まりだした。親倉見の刈り入れ半ばの田を過ぎ、横川、志茂、法田と過ぎると左手に道路を見る。そこを曲がって上横川に出て横川に戻る。もう一度、親倉見の登山口に戻り、メーターを0にして、林道を経由にて白川渓流公園 ... » more

杢蔵山〜一杯森   2015.9.26 杢蔵山登山口8:10→遊歩道上級者コース分岐8:49〜54→戸前川右股9:34〜41→杢蔵山荘10:15〜37→杢蔵山11:09〜18→870m付近12:09〜25→一杯森12;56〜13:11→780m付近13:45〜52→一杯森登山口1 ... » more
テーマ 神室連峰 山形の山 登山講座OB

神室山から天狗森・小又山・火打岳を経て火打新道下山 2015.7.12 縦走路から火打岳12日小屋4:40→神室山4:45→天狗森6:30〜38→小又山7:37〜45→火打岳10:54→水場11:49〜12:09→火打新道登山口14:274時前に動き出した方がいて目が覚めた。トイレを済まし朝食を取る ... » more

土内口から神室山 (山頂小屋泊) 2015.7.11 神室山から、天狗森(中央)、小又山(左)、火打岳(右奥)への縦走路11日土内火打新道入口7:40→車道終点8:07→はきかえ峠9:08〜12→権八小屋跡11:43〜56神室山頂小屋14:32(泊)神室連峰はこのところ毎年行っているが ... » more

萩野口から一杯森・八森山 2015.5.30 八森山山頂にて登山口7:15→720m付近ブナ林7:56〜59→一杯森9:09〜20→曲沢9:36→八森山(西峰)10:22〜31→市町境分岐11:07〜14→鞍部11:39〜44→一杯森12:06〜13→ブナ林13:01〜05→登山口 ... » more

新緑の杢蔵山(平成27年5月3日) 去年から黄金週間は娘と山行を楽しむ。今年は新庄市の杢蔵山に登った。新庄は思い出の街だ。娘と6歳まで暮らした所。その新庄から金山まで続く神室連峰の南の頂までは今の季節は滝と清流と雪渓と新緑を楽しめる。それと忘れてならないのが東北でも名高い杢蔵 ... » more

神室山・天狗森・小又山(根ノ崎口から周回) 2014.09.15 神室山から南方のパノラマ小又山登山口5:38→根ノ崎沢登山口5:45〜48→二合目6:24〜31→四合目7:20〜25→六合目7:56〜59→1160峰県境8:20〜25→主稜線分岐9:05〜07→神室山9:21〜27→主稜線分岐9:4 ... » more
テーマ 神室連峰 山形の山 東北百名山

刀場川→八森山→槍ヶ先→刀場川  2014.06.22 山形⇒刀場川(かたなば)八森山登山口6:50→五合目7:50〜58→八森山西峰9:11〜25→一杯森分岐8:58→休憩10:22〜30→烏帽子山10:47→槍ヶ先11:12〜18→(カメラ忘れて戻る)→薬師原・親倉見分岐12:19〜24→刀 ... » more

梅雨入りを火打岳にて(平成26年6月7日) 大尺山で休憩。ここからは少し下る。すると剥き出しの岩壁が東側に見えて小さな薄桃色の花が岩の間から咲いていた(本文より)。Tさんは以前に山岳救助の経験もある大先輩で定年後は北アルプスに毎年登っていらっしゃるという。天童の道の駅に6 ... » more
テーマ 神室連峰 山仲間 登山  コメント(2)

速報梅雨入りを火打岳にて(平成26年6月7日) 山の大先輩のTさんと火打岳に登った。東北も梅雨入り、いよいよ高山植物の季節を迎えた。最上町の親倉見は小雨模様だったが朝靄のブナ林から槍ヶ先に登ると雨が上がり、風こそ強かったが初めて目にする白い花や岩盤に咲くツガザクラに会えた。 ... » more

小又山で秋風を楽しむ(平成25年9月26日)− たおやかな尾根− 槍立を右手に望む1111mのピークまでは丸森尾根を偲ばせるような急登で自然と歩幅は小又になった。ダジャレのようだと自分でうけた。それでも足が痛く靴ひもを緩めようと少し平らになったところで立ち止まった。振り返るとブロンズ色の火打岳が突然見えた ... » more

小又山で秋風を楽しむ(平成25年9月26日)−青く輝く山並み− 槍立を右手に望む1111mのピークまでは丸森尾根を偲ばせるような急登で自然と歩幅は小又になった。ダジャレのようだと自分でうけた。それでも足が痛く靴ひもを緩めようと少し平らになったところで立ち止まった。振り返るとブロンズ色の火打岳が突然見えた ... » more

小又山で秋風を楽しむ(平成25年9月26日)−ブロンズ色の火打岳− <ブロンズ色の火打岳>槍立を右手に望む1111mのピークまでは丸森尾根を偲ばせるような急登で自然と歩幅は小又になった。ダジャレのようだと自分でうけた。それでも足が痛く靴ひもを緩めようと少し平らになったところで立ち止まった。振り返るとブロ ... » more

速報小又山で秋風を楽しむ(平成25年9月26日) 神室連峰の最高峰小又山には2年前に根ノ崎沢からの周回でその頂きに立ったが、秋風が舞う最高の日よりに再登頂した。週日で全く人に会うこともなかったが、抜けるような青空の下、神室連峰を一望できた。 ... » more

総集編白から緑に移り行く禿岳(平成25年5月19日) 花立峠までは最上町から曲がりくねった道をゆっくり進む。10年以上前に走った頃よりは道は整備されていたが、狭い道で対向車に出くわさないかびくびくした。高度を上げると谷の向こう側の山には芽吹き始めた木々が朝日を浴びて、見とれてしまう。見通しの悪 ... » more

新緑のオニコウベ(平成25年5月19日) 尾根を下ると、東側はまだ雪を被っているのに、西側は新緑にもえている。そんな東の谷も、さらに目を麓に向ければ春の息吹が感じられた。オニコウベの緑が懐かしい。家族で歩いた夏の日を思い出した。ピッケルを使って登った雪の坂は緩い稜線から幅広く切 ... » more
テーマ 神室連峰 登山

雪渓から禿岳(平成25年5月19日) 私の合図に気づいたのか、長い丸太のような棒を持って山頂まで登って来た。風があるのに半袖だった。私は雨具を着込んで寒さ対策を済ませてから挨拶した。鬼首のゴルフ場から雪渓を登って来たという。帰りはグリセードで一気に下るよ、と楽しそうに言う。その ... » more
テーマ 神室連峰 山仲間 登山

カタクリの道(平成25年5月19日) 少し進むと雪が残っているが、これくらいの雪のことを話していたのだろうか。初めての道にも1合目ごとに標識があって心強かった。4合目を過ぎると傾斜は次第に急になってきた。トラロープが雪に埋まっている夏道には踏みぬきの跡があった。そこを避けるが雪 ... » more
テーマ 神室連峰 登山

花立峠のウグイス(平成25年5月19日) 花立峠までは最上町から曲がりくねった道をゆっくり進む。10年以上前に走った頃よりは道は整備されていたが、狭い道で対向車に出くわさないかびくびくした。高度を上げると谷の向こう側の山には芽吹き始めた木々が朝日を浴びて、見とれてしまう。見通しの悪 ... » more
テーマ 神室連峰 山仲間 登山

速報白から緑に移り行く禿岳(平成25年5月19日) 花立峠から禿岳に登ると、新緑を向かえた山肌は白から緑に移り行く。新緑は白の布地にちょうど花飾りのようにみどりの水玉模様を描いてみせた。 ... » more

特集山形の山巡り初級編6月の山「神室山」 梅雨の季節、6月。山は新緑を向かえ生き生きとしている。緑と残雪の白とのコントラストが美しい。この季節は雨を覚悟で、雨に濡れる新緑を楽しむ登山を紹介したい。晴天ならば、なお良し。ヤセ尾根で有名な神室山の山形からの人気コースである金山町の有屋か ... » more
テーマ 山形の山巡り 神室連峰 登山  トラックバック(1)

晩秋の神室山(平成23年11月12日) 晩秋の神室山は紅葉も終わったが岳人で賑わっていた。白壁が美しい金山住宅と杉の美林を抜け神室ダムまでは濃いガスだった。駐車場でパッキングしていた4人のパーティと天気予報を確認したが、晴れとの予想どおりに車道を歩くとガスがかぶさる低山の向こうに ... » more
テーマ 神室連峰 過去の山行 登山

砂利押沢から火打岳(平成23年10月10日) 山行とブログの大先輩さんみいらさんから「10月に砂利押し沢から火打ですか。地図読みが楽しいルートですね。火打北峰が見られるようガスられないことをお祈りします。」とエールをいただき、山の師匠であるSさんと新庄の土内川渓谷まで車を飛ばした。7時 ... » more
テーマ 神室連峰 過去の山行 登山  コメント(2)

東北のアルプス神室連峰火打岳から八森山を行く(平成23年9月23日) 親倉見の登山口は朝の柔らかな日が差し込み、意気揚々と怪峰火打岳山頂を目指した。だが、歩き始めると間もなく雨が強く降り出し雨具を着る。豪雨は続かず小雨の中を槍ヶ先までの登りを行く。ブナはまだらに枯れて、白い虫が見える。ここにもブナ枯れが及んで ... » more
テーマ 神室連峰 過去の山行 登山

杢蔵山荘の昼下がり(平成23年9月3日) 紀伊半島に甚大な危害をもたらした台風は杢蔵山山頂でも強風を呼び起こした。東面が切れ落ちた山頂直下の痩せ尾根は崖から濃いガスを吹き上げ、万が一風向きが変われば身体は奈落の下だ。意外にも山頂広場に風はなく、視界はないものの腰掛けながらサンドイッ ... » more
テーマ 神室連峰 過去の山行 白色の花

過去の山行 神室連峰の美味しい水2(平成23年7月10日) 新しい山頂小屋に着いてもガスは晴れず一服して天狗森を目指す。その頃から天気が持ち直し、次第に展望が開けてくる。天狗森の登りからは日差しは強くなり、神室山から小又山までの稜線が一望できた。前回の祝瓶山同様、喉の渇きと虫に悩んだが、「超人」の励 ... » more
テーマ 神室連峰 過去の山行 山仲間  トラックバック(1)

過去の山行 神室連峰の美味しい水1(平成23年7月10日) 古寺鉱泉から、再会を心待ちにしていた「超人」と根ノ崎沢から神室連峰を周回した。梅雨の増水から砂利押しコースは今後の楽しみとして、十里長峰を登って、神室山、天狗森、小又山を縦走することとなった。午前3時30分に待ち合わせ、約2時間弱の登山口ま ... » more
テーマ 神室連峰 過去の山行 山仲間

 

最終更新日: 2016/11/28 14:47

「神室連峰」のブログ関連商品

» 「神室連峰」のブログレビュー をもっと探す

「神室連峰」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る