誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ヘミングウェイ

ヘミングウェイ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ヘミングウェイ」のブログを一覧表示!「ヘミングウェイ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ヘミングウェイ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ヘミングウェイ」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

翻訳調がどうも好きではないので,私はあまり外国文学を読まない.それでも何人かの外国人作家の作品についてはよく読んだ.ヘミングウェイはその一人である.ただ,今となってはその内容もあまり覚えてはおらず,長編以外で記憶に残っているのは,「インディ ... » more

ヘミングウェイ釣文学全集〔上巻・鱒〕/アーネスト・ヘミングウェイ 「日はまた昇る」「武器よさらば」「誰がために鐘は鳴る」「老人と海」など数々の名作を生み出したヘミングウェイ。作家として確立する以前はジャーナリストとして新聞に寄稿していた。この作品集は、こうした寄稿記事の中から、「釣り」にまつわる文章を収集 ... » more
テーマ 英米文学 ヘミングウェイ 読書

キューバ4大世界遺産めぐり7日間−3 ヘミングウェイ博物館 2013年11月22日キューバ4大世界遺産めぐり7日間−3ヘミングウェイ博物館「誰がために鐘は鳴る」「老人と海」などの作者として知られるヘミングウェイが「誰がために鐘は鳴る」の収入により入手した邸宅がこの家だそうです。以前盗難があり今で ... » more

「世慣れた男」 ヘミングウェイ/高見浩訳 壮絶なケンカで両目をうしなった男が、酒場にあるスロットマシーンに“喰いついて”、しぶとく生きてゆくという話です。ケンカのシーンは陰惨そのものです。かみついたり、目玉をえぐりだしたり・・・。アメリカ映画によく見られ ... » more

「敗れざる者」 ヘミングウェイ/高見浩訳 スペインの闘牛の話です。ヘミングウェイの代表作のひとつですね。ワールドカップ優勝記念ということでいいんじゃないでしょうか。原題は‘TheUndefeated’ですが、defeatには‘負かす’という意味のほかに‘遠ざけ ... » more
テーマ ヘミングウェイ 「一日一編短編小説を読むぞ」 闘牛

「老人と海」ヘミングウェイ著/福田恆存訳 苛酷な設定とシンプルなストーリーを使って、ハードボイルドの文脈で虚無と実存を骨太に追求した長編。みたいな感じで、なんの因果か本書で読書感想文を書かなければならない状況に追い込まれた方は、うまくでっちあげてください。長編といっ ... » more

「殺し屋」 E・ヘミングウェイ /高見浩訳 有名な作品ですね。短編の中ではヘミングウェイの代表作といってもいいのじゃないでしょうか。極力無駄を省いた描写や、短いセリフのやり取りが緊迫感を高めていることはいうまでもありませんが、ことこの作品に関しては単に文体や効果の問題 ... » more
テーマ ヘミングウェイ 「一日一編短編小説を読むぞ」 短編小説  コメント(2)

ヘミングウェイ は、ぼくが若い頃夢中になった作家の1人であり、又最も身近に感じた作家でもあるのです。というのは難解なアメリカ文学の中で、ヘミングウェイ のどの作品も、そのものずばりの短い文体でストーリーを展開していく。これが1つの技巧となり ... » more
テーマ ヘミングウェイ 文学 キリマンジェロの雪  コメント(2)

´´(;´ρ`A)アチィ・・・冷たいものをw 暑い日はフローズン系でいきましょうwしかも、すっぱいものがおいしい(^_^)ニコニコってことで、今日のカクテルは「フローズンダイキリ」甘いもの抜きでヘミングウエイのバージョンです。やっぱヘミングウエイって。。。w ... » more

今宵の一酔 ヘミングウェイの名前のついたカクテルって多いですよね。まあ、写真を見ると、いかにも酒好きそうな面構えですがwそして、今宵の一酔のカクテルはこれそう、ヘミングウェイスペシャルです。--------------- ... » more

「ライオンを夢見る」という題名は、どこかにあったはずと、私の頭の隅に残っていて、それがやっとわかった。The old man was dreaming about the lions.これは、「老人と海」の最後の一行だ。 ... » more

那須高原からヘミングウェイについて
ヘミングウェイに関して、フィッツジェラルドが、「アーネストは、新しい小説を書くために、いつも新しい女を必要とするんだ」といったそうです。で、このことについて調べてみました。アーネストには、4人のワイフがいました。 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/28 14:39

「ヘミングウェイ」のブログ関連商品

» 「ヘミングウェイ」のブログレビュー をもっと探す

「ヘミングウェイ」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る