誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宮本輝

宮本輝

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宮本輝」のブログを一覧表示!「宮本輝」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宮本輝」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宮本輝」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

おっちゃんの備忘録骸骨ビルの庭(上)
骸骨ビルの庭(上) 最近マンネリ気味に感じるテルさんですが、今回は設定が変わっていて期待できるかなと思ったけど、やはり(上)の後半あたりからは、人間かくあるべき。。。みたいな説教臭さがでてきたなあ。。骸骨ビルの庭(上)講談社 宮本 輝 ユーザレビュ ... » more

おっちゃんの備忘録青が散る
青が散る 日食見れなかった。。熊本では結構見えたらしい。マイサンは無事観測できたのだろうか?日食グラスが調達できないといってたけど。読む本がなかったので横浜のブックオフで調達した青が散るですが、中学の頃?石黒賢と二谷友里恵のドラマを見 ... » more

おっちゃんの備忘録海辺の扉〈下〉
海辺の扉〈下〉 海辺の扉〈下〉 (角川文庫)角川書店 宮本 輝 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ ... » more

おっちゃんの備忘録海辺の扉〈上〉
海辺の扉〈上〉 海辺シリーズ(うそ)で読んでみました。いや〜昔読んだ本って覚えてないもんだな〜この内容まったく覚えてない。海辺の扉〈上〉 (角川文庫)角川書店 宮本 輝 ユーザレビュー:海辺の扉最愛の人を失 ...Amazonアソシエイ ... » more

私たちが好きだったこと ブックオフ(100円)シリーズ私たちが好きだったこと新潮社 宮本 輝 ユーザレビュー:爽快感!悩んで苦しん ...恐ろしいほどの一致こ ...お話としては悪くない ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ ... » more

おっちゃんの備忘録愉楽の園
愉楽の園 ブックオフ(100円)シリーズです。愉楽の園文藝春秋 宮本 輝 ユーザレビュー:タイに旅立つ時に携え ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ ... » more

じいさんの日記によると「正義の悪意も、邪義の善意も、いつかは自らを涜すものだ」だそうです。オレンジの壷〈下〉光文社 宮本 輝 ユーザレビュー:読者をも育ててくれる ...ごめんなさい。下巻は ...Amazonアソシエイ ... » more

ブックオフの宮本輝第二弾です。懐かしいですオレンジの壺〈上〉 (講談社文庫)講談社 宮本 輝 ユーザレビュー:祖父が日記に残した、 ... ミステリータッチの ...日記文学風主人公の ...Amazonアソシエイト by ... » more

おっちゃんの備忘録月光の東
月光の東 かなり前に読んだ本ですが、ブックオフで美品にも関わらず100円で売っていたので、オレンジの壷とセットで購入。なっつかしーなーと思いながら読みました。特に前回と印象が違う事も無く、米花の正体はやっぱり分からず、全体的にしっとりして ... » more

明日へのレシピ懐かしい
僕が技術顧問&ヴォイストレーナー&その他モロモロの仕事をうけている大学合唱団の演奏会が今週末にある。水曜日にその練習があり、大学へ。実はわが母校でもあり、大学合唱団のOBというかたちでもある。週末演奏会の中身などは別の機 ... » more
テーマ 宮本輝

花の回廊―流転の海第五部 今年の第一冊目は流転の海の五部。流転の海からもう20年くらい経っているのだろうか。。おっちゃんが読んでからも15年くらい経ってるかも。あとがきによると、第六部を書く準備は始まっているそうで楽しみですがいつになるんだろう。。 ... » more

日々思うこと本は読みますか?
みなさんのお勧めの本、ございますか?私は、小説の類を高校の頃は読み漁っていたのですが、ここ数年はとんとご無沙汰で、恥ずかしい限りです。ちなみに図書館が好きなのですが、それは、学習室に入り浸って、新聞や雑誌なんかを読んでいるのです。 ... » more

おっちゃんの備忘録天の夜曲 流転の海
天の夜曲 流転の海〈第4部〉内容(「BOOK」データベースより)昭和三一年春、妻子を富山に置いた松坂熊吾は、中古車事業発足のため大阪へ戻った。踊り子西条あけみに再会した一夜、彼に生気が蘇る。そして事業も盛運を迎えるかにみえたが… ... » more

第3部です。血脈の火―流転の海〈第3部〉内容(「BOOK」データベースより)繊細で感性豊かな少年に育った一人息子が二十歳になるまで、自分はまだまだ汚濁のこの世界で戦い続けなければならぬ…昭和二十年代後半、再び大阪に居を構 ... » more

図書館で借りたら、10P-50Pくらいが抜けてた。。伊佐雄と牛の関係が。。地の星 (新潮文庫―流転の海)内容(「BOOK」データベースより)五十歳で初めて子を授かった松坂熊吾は、病弱な妻子の健康を思って、事業の志半ば ... » more

おっちゃんの備忘録流転の海
むか〜し読んだんだけど、五部(花の回廊)が出たんで久しぶりに読み返す。花の回廊は図書館に予約したけど、手元に届くのはいつの事やら。。2〜4部をゆっくり読み返してみます。流転の海 (新潮文庫)内容(「BOOK」データベ ... » more

久しぶりに古本購入。しかも、初の全集(宮本輝)が古本。宮本輝全集-第1巻-泥の河・蛍川・道頓堀川川三部作です。定価3,800円に対して700円で購入。多分、'94.2.19(土)23:50書店仕入れ' ... » more

遍照金剛錦繍 − 再び
なぜかしら、無性に、読み返したくなる本があります。そして、くそ忙しい時に限って、読みたくなります。今日は、何年かぶりで、宮本輝の「錦繍」を読んでしまいました。奥付を見ると1982年の発行となっていましたので、もう24年も、買って持っ ... » more

PAOの本読み日記約束の冬
約束の冬 宮本輝「約束の冬」を読みました。最近は電車に乗っていても寝てしまったり、気の合わない本を買ってしまって、読み終わらなかったりと、なかなかブログ更新できませんでした。「約束の冬」ですが、面白いエピソードがたくさんあり、興味惹か ... » more

PAOの本読み日記蛍川
蛍川 宮本輝「蛍川」を読みました。このところ通勤電車は寝てしまっていたのでなかなか本が読めず、久しぶりの読書です。泥の川と蛍川の二作ありましたが、どちらも良かったです。宮本輝さんの本は、長編のほうが好きですが、短編を読んでも自然の描写 ... » more
テーマ 宮本輝

PAOの本読み日記優駿
優駿 宮本輝「優駿」を読みました。競馬はまったく知らないのですが、とても面白く読むことが出来ました。こんなに多くの人が、一頭の馬に関わっているのですね。祈りと言う意味のオラシオンと名づけられた馬に、登場人物たちが自分の夢や希望 ... » more
テーマ 宮本輝

徒然への道 2nd足音
最近、古本屋で偶然購入した宮本輝の「森のなかの海」という本を読んでいる。元々、輝さん作品は好きで、ほぼ全部読んでいるけど最近節約して単行が古本屋に並ぶまで待ってしまっている。今読んでいるのは夫の転勤で西宮に住んで1ヶ月し ... » more

A Day in the Life青が散る (宮本輝)
以前のエントリ (「蛍川」) に引き続き,宮本輝の作品について.宮本輝の作品には思い入れがあるものが多く,このブログで次にどれを取り上げようかと考えるとき,いろいろと迷ってしまう.そんな中でも,今回は宮本輝の「青が散る」(文春文庫)について ... » more
テーマ 宮本輝 小説

A Day in the Life蛍川 (宮本輝)
このブログを書き始めてから,今まで読んできた,あるいはこれから読む本について,いろいろ思ったこと考えたことを書き留めておきたいと思うようになってきた.そう思うと,今まで読んできたいろいろな作家のいろいろな作品が思い浮かび,そのときの思いがあ ... » more

先日の迷った挙げ句の1700円。今日、文庫本3冊買って1670円だった。「星宿海への道」宮本輝「血の騒ぎを聴け」宮本輝「限りなく透明に近いブルー」村上龍の3冊。初めて村上龍の本を買ったなぁ。 ... » more

読売新聞での宮本輝の連載が先日終了して、その連載終了の挨拶文が掲載されていた。…人間は眼に見えないものに取り囲まれて生きている。災厄に直面したときにそれが長い時間をかけて変化していく。それを「発酵」という時間をかけなけれ ... » more

我が敬愛する作家・宮本輝。宮本輝の公式ホームページで本人の年表があった。人生そのものが物語のような生活である。そこに自分と良くない共通点。『不安神経症』である。以前エッセイで読んだ気がするが、当時の自分には無縁の言葉で、 ... » more

オッレのっ、オッレのっ、オレのっ話を聞け〜2分だけでもいいぃ〜先日ふと検索したい文字列が思い付き、検索してみたら、まさかの公式HPが引っ掛かりました。それは我が人生に多大な影響を及ぼしたと言っても過言でない人物です。 ... » more
テーマ 宮本輝

「泥の河」宮本輝著 表題作と「蛍川」が収められた、著者の最初の本である。昭和30年の大阪が舞台の「泥の河」が自分はかなり好きで、何度か読み返している一篇だが、それは必ずしも自分の実体験を小説で追体験するというものではなくて、ていうか、昭和30年て、わ ... » more

 

最終更新日: 2016/11/28 13:48

楽天市場のおすすめ商品

「宮本輝」のブログ関連商品

» 「宮本輝」のブログレビュー をもっと探す

「宮本輝」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る