誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    北杜夫

北杜夫

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「北杜夫」のブログを一覧表示!「北杜夫」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「北杜夫」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「北杜夫」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

コイカナの落語 「なまけもの礼讃」 北杜夫/著 河出書房新社 2014.4.30北杜夫は歌人斎藤茂吉の息子でどくとるマンボウとして広く知られている。本書は1967年から2005年にかけて実業之日本社と新潮社では発表されたエッセイ集で、著者が40歳か ... » more
テーマ 北杜夫 コイカナ

【新書あらかると】  「世を捨てれば楽になる」北杜夫著(河出書房新社 780円+税) 新書あらかると 「世を捨てれば楽になる」北杜夫著(河出書房新社780円+税)日刊ゲンダイ2015年8月13日http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/162655「世 ... » more
テーマ 北杜夫 世を捨てれば楽になる 新書あらかると

「世を捨てれば楽になる」 北杜夫著(河出書房新社 842円税込) 「世を捨てれば楽になる」 北杜夫著(河出書房新社842円税込)世を捨てれば楽になる河出書房新社 北 杜夫 Amazonアソシエイト by 世を捨てれば楽になる [ 北杜夫 ]楽天ブックス 北杜夫 河出書房 ... » more
テーマ 北杜夫 世を捨てれば楽になる 小説

「コミック版 どくとるマンボウ昆虫記」北杜夫著(小学館 1260円) 「どくとるマンボウ昆虫記」北杜夫著(小学館1260円)【書籍・書評】日刊ゲンダイ2013年7月19日 掲載http://gendai.net/articles/view/book/143519<手塚プロによる「コミック版 ... » more
テーマ 北杜夫 書籍・書評 日刊ゲンダイ

辞世百句その4どくとるマンボウこと北杜夫 (風の悪戯?南西方向と反対に吹きだまる緋寒桜)きょう13日、27mを超す南西の風が吹いて、目を開けていられなかった。3月に入り、既に2回も20m近い北西からの風が吹き荒れた。こう見ると、春は美人に似て気性が激しい・・・{%表 ... » more
テーマ 庭園 北杜夫 辞世

第1200夜 【みつばち ぴい】 【みつばちぴい】フレーベル館2011年9月発行文・北杜夫絵・和田誠みつばちの巣箱の中は、大変な忙しさです。誰も怠けているものはありません。おやおや、ひとりいましたよ、なんにもしないで寝ているみつばちが。そ ... » more
テーマ 絵本 北杜夫 和田誠

切手と文学北杜夫と軽井沢
北杜夫と軽井沢 先週末、久しぶりに軽井沢まで足をのばしました。あちらこちらで紅葉が色づき始め、確実に秋の気配がせまる高原の風を感じつつ、軽井沢を愛した作家の足跡をいくつか訪ねあるきました。軽井沢高原文庫では、「秋季特別展本の虫・虫の本〜ヘルマン・ヘ ... » more

飛びたいサンマ食べた後の鏡の前で”
食べた後の鏡の前で” 越路吹雪の良さがいまになって分かる!愛の賛歌”サン・トワ・マミー”ろくでなし!(Mauvais Garoon フランス語。不良少年)いまいちど静かに聴いてみたい!こんな日には どくとるマンボウ航海 ... » more

私、ふらぬいは現在かなり落ち込んでいます。なんと言いましても、大好きな作家の「どくとるマンボウ」こと北杜夫さんが10月24日早朝に亡くなられたことを、本日の新聞夕刊で知ったからです。作家が亡くなっても私はあまり落ち込むことはないのですが、こ ... » more
テーマ 北杜夫 ひとりごと どくとるマンボウ  トラックバック(1)

「楡家の人びと」などの純文学のほか、ユーモアあふれる「どくとるマンボウ」シリーズでも人気を集めた作家で日本芸術院会員の北杜夫(きた・もりお、本名斎藤宗吉=さいとう・そうきち)さんが24日午前6時2分、腸閉塞のため東京都内の病院で死去した。8 ... » more

ミーハー天国そういえば?
そういえば?今日の朝刊のトップに「北杜夫さん死去」のニュースがありました。随分昔に狐狸庵こと遠藤周作さんの小説と一緒に読んだ記憶があります。マンボウシリーズは基より印象に残っているのは「怪盗ジバコ」ですかね。 ... » more
テーマ 北杜夫 志茂田景樹 日常

「本当に雑記」の話 警備員研修2日目でお疲れ気味。夜2時間ほどキャンバスに向かったがあまり進展しなかったので不機嫌気味の私…あたりちらす相手がいないので玄関の上がり框(かまち)を蹴飛ばしました。わざわざ上がり框を選んだのは出来るだけ ... » more
テーマ あたりちらす 北杜夫 原子力  コメント(4)

A Day in the Life北杜夫氏死去
作家の北杜夫氏が亡くなったそうです.学生時代,その作品を愛読した作家の一人で,ブログに書こうと思っていたところでした.残念です.年のせいか,こうしたニュースが目につくようになってきました.そしてまた,自分の人生のことを考えるのです. ... » more

気ままに ひるねこ秋深し?
秋深し? のち*日々の出来事昨日から、どこからか金木犀の香りが漂ってくるようになりました。いよいよ秋も深まったと言う事でしょうか?いやいや、息子に「今日は雨だって言ってるから、傘持って行き ... » more

本日紹介するのは、北杜夫『白きたおやかな峰』(新潮文庫)です。ヒマラヤの処女峰ディランに挑む山男たちの姿を描いた長編。この遠征隊にドクターとして同行した北氏の実体験にもとづいた小説だそうです。マンボウは太平洋で昼寝旅だけして ... » more
テーマ 北杜夫 本(絶版U)

去年のブラジル移民100周年から、また新しい1世紀が始まりました。久しぶりに北杜夫の「輝ける碧き空の下で」を取り出して読みなおしました。笠戸丸から始まったブラジル移民。その苦しい生活がだんだんと変化し、それにあわせて人の心も変化して ... » more

本日紹介するのは、北杜夫『輝ける碧き空の下で 第二部』(新潮文庫)です。明治四十一年に始まるブラジル移民を描いた『輝ける碧き空の下で 第一部』の続編となる本書は、第一回ブラジル移民のその後を追いつつ、昭和初期、新たに始まったアマゾン ... » more
テーマ 本(絶版) 北杜夫

絶版かよっ・その69 本日紹介するのは、北杜夫『酔いどれ船』です。小説を読むとき、作家に重きをおくか、その題材に重きをおくかで、その傾向が分かれます。前者ならば、「この作家のものなら何でもいいや」と、特定の作家の小説を読みあさり、後者ならば、「江戸時 ... » more
テーマ 本(絶版) 北杜夫

絶版かよっ・その58 本日紹介するのは、北杜夫『輝ける碧き空の下で 第一部』です。ブラジル移民を描いた小説で、まさに大作でございます。1908(明治41)年、第一回ブラジル移民がサントス港に入植しました。これがブラジル移民の始まりです。「金の ... » more
テーマ 本(絶版) 北杜夫

森を歩こう人体編解剖学と文学 3
解剖学と文学 3 ドクトルマンボウこと北杜夫も芥川賞を受賞した作家です。われわれの若いころ、遠藤周作と並んで硬派、軟派を取り混ぜていろいろな随筆や小説を書いて楽しませてくれた作家です。東北大学医学部出身ですが、父である歌人で精神科医の斉藤茂吉の影響を ... » more
テーマ 北杜夫 解剖学と文学 胸鎖乳突筋  トラックバック(1)

「どくとるマンボウ昆虫記」北杜夫著 「この本はポイと投げだすべき書物ではない。力をこめて投げ捨てるべき本である」私の本は、力をこめて投げ捨てられてもそこらのものが壊れたりしないよう、あまり頑丈には作られてないはずだ。本書の中の一節である。投げやりというかやる気が ... » more

「どくとるマンボウ航海記」北杜夫著 前記事の『船乗りクプクプの冒険』から繋いでいるのは、当Weblog運営者の本棚がそういう並びになっていたという偶然な要素とともに、童話ぽい純粋な創作であるクプクプの底本ってゆうか現実の経験に即した旅行記がこちらの航海記だと思うからだ。 ... » more

「船乗りクプクプの冒険」北杜夫著 童話の体裁を取っていても教訓めいたものは無く、むしろ教訓としてまとめるなら、ま、なんでもいいんじゃないの、と言うべきテーゼが全篇を覆っていて、そんなたりらりらんな読後感がン十年前の初読のとき、たしか中学に上がったかそこらで何冊目かに読んだ ... » more

 

最終更新日: 2016/11/28 03:39

「北杜夫」のブログ関連商品

» 「北杜夫」のブログレビュー をもっと探す

「北杜夫」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る