誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    新書

新書

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「新書」のブログを一覧表示!「新書」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「新書」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「新書」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

久しぶりに齋藤孝さんの本を読んだ。佐藤一斎の言葉を音読する楽しみと、齋藤孝さんの解説が心地よい。■齋藤孝http://www.kisc.meiji.ac.jp/~saito/最強の人生指南書(祥伝社新 ... » more
テーマ 新書

『水ビジネス』 吉村和就 実に興味深い本である。IBMの動きや、日本の上下水道、米国の農業問題など、とにかく、どこから読んでも勉強になる。吉村さんの本はこれからも読んでみたい。■吉村和就http://gwaterjapan.com/ ... » more
テーマ 新書

さて、今回はちょっと趣向を変えて、翻訳家としても有名な柴田元幸先生のエッセイをご紹介します。前口上から引用させていただくと、『〜省略〜、各章「名前」「食べる」「建てる」等々、何らかの鍵言葉を設定して、そ ... » more
テーマ 新書 柴田元幸 文学

毎日長い距離を走らなくてもマラソンは速くなる!月間たった80qで2時間46分! 超効率的トレーニング法 (ソフトバンク新書)ソフトバンククリエイティブ 吉岡 利貢 Amazonアソシエイト by マラソンの練習をするのには、 ... » more
テーマ ランニング 新書 吉岡利貢  トラックバック(1)

『地名に隠された「東京津波」』 谷川彰英 地名を読むことの面白さも学べる本である。東京の起伏の激しさは自転車に乗っているとよくわかり、新たな視点で東京を走りたい。なお、新宿御苑ブックカフェのあたりは、大津波でも大丈夫のようである。■谷川彰英http:// ... » more
テーマ 新書

『英語が社内公用語になっても怖くない』 船川淳志 この本は、TOEICの点数ではなく、使える英語力を目指すための応援歌である。P33の Practical Tips to Speak Global English for The Native Speakers of English ... » more
テーマ 新書

『ニッポン異国紀行』 石井光太 日本で暮らしている外国人が生きていく上で困ることは、おそらく、日本人の生活をも不自由にしていることに通じるのであろう。日本の中に広がっている異国が日本にとってよい方向に働くことを願う。■石井光太http://ww ... » more
テーマ 新書

『日本は世界5位の農業大国』 浅川芳裕 この本によって日本国の農業が劇的に変化することを願う。農水省の不透明さはおぼろげにも感じていたものの、ここまでひどいとは。浅川さんにはこれからも、どんどんと活躍してほしい。日本の農業を変えてほしい。■浅川芳裕ht ... » more
テーマ 新書

『ストラテジストにさよならを』 広木隆 P30からの「時間分散−長期投資でリスクが減る、という誤解」P98からの「PBRが1倍を下回ることの意味」など、深く理解することの意味とその衝撃を知ることができる良書である。■マネックス証券http://www. ... » more
テーマ 新書

『中国人は本当にそんなに日本人が嫌いなのか』 加藤嘉一 加藤嘉一のバランス感覚は、アスリートゆえのものなのだろうか。中国の良さ問題点、そして、日本の問題点と良さを学ぶことができる。日本は中国から、資本主義を学ぶ必要があると思う。■加藤嘉一http://katoyosh ... » more
テーマ 新書

『日中もし戦わば』 マイケル・グリーン、張宇燕 春原剛、富坂聰 これまたすごい本が出たものだと思う。このような本が出版されること自体、日本が出版大国であることを物語る。佐藤優さんや加藤嘉一さんがこの本をどのように読んだであろうか。◆春原剛http://www.nikkeibo ... » more
テーマ 新書

『北朝鮮スーパーエリート達から日本人への伝言』 加藤嘉一 世界情勢もさることながら、日本も急激に変化しつつ、また更なる変化が求められている今、加藤さんは、新たな時代の新たなリーダーである。中国にこれほど太いパイプを持つ日本人の活躍をこれからも期待を込めて追っていきたい。◆加 ... » more
テーマ 新書

世界経済と今後の日本を考える上で、この本を知っているか否かは大きいと思う。第二章:資本主義の歴史とヘゲモニーのゆくえ第五章:日本はいかに生き抜くべきか超マクロ展望世界経済の真実 (集英社新書)集英社 2010-1 ... » more
テーマ 新書

この本を読んで自然エネルギーへの見方が劇的に変化した。衝撃である。「自分のこれまでの経験は、この国難に立ち向かうためだった」と思えるほど、この件が好きである。「第4の革命」は本当に日本を変えると思う。新たな時代には新たなリー ... » more
テーマ 新書

労働がいかにダンピングされていき、そこにはどのような問題が含まれているのか、そして、それが比較的有利な立場にいる正社員だけでなく、社会にどれほどの害悪をもたらすのか、これらに真正面から向き合い取り組んでいる方の、強靭な知力が ... » more
テーマ 新書

『会社が嫌いになったら読む本』 楠木新 酒井穣さんや神田昌典さんの本を読んでいると、今のような仕事というものはこれからなくなっていくだろうと感じていた。楠木新さんのこの本では、自己ではなく人間を取り戻すことの重要性とそのためのヒントを得たように思う。◆楠木 ... » more
テーマ 新書

書くことが思いつかない人のための文章教室 (幻冬舎新書)幻冬舎 近藤 勝重 Amazonアソシエイト by コラムにストの人が書いた、文章術の本。タイトルからは、書くネタを見つけるための方法についてかかれてい ... » more
テーマ 文章術 新書

東日本大震災を経験した日本人であれば、この本の価値をおそらく理解することができるであろう。第1章における未来予測は、一読しておいて損はないであろう。◆神田昌典http://www.kandamasanori.co ... » more
テーマ 新書

中南米を知る上で、とても役に立つ本だと思う。知ることの意義を感じた。三菱商事マンの見識も素晴らしい。◆三菱商事http://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/中南米が日本を追い ... » more
テーマ 新書

『音楽遍歴』 小泉純一郎 「日本人なのにどうして、シベリウスをフィンランド人一般よりも知っているんだ」と言われたとのこと。こうしたエピソードは、嬉しくなる。クラシックも聞きたくなるし、エルヴィスも聞きたくなった。音楽遍歴 (日経プレミアシ ... » more
テーマ 新書

『原発はいらない』 小出裕章 このような方が、日本に存在してくれたことの有難さを痛感します。原発がいかに危険であり、原発の稼働に伴う廃棄物の処理だけでも、恐ろしい難問が山積みであることを痛感する。◆小出裕章http://hiroakiko ... » more
テーマ 新書

著書の『MBAバリュエーション』と同時並行で読み、著書の講義もその間に直に受けた。ともに考える力をつけてくれる本であると思う。会社の値段 (ちくま新書)筑摩書房 森生 明 Amazonアソシエイト by ... » more
テーマ 新書

『仕事道楽』 鈴木敏夫 宮崎駿、高畑勲、鈴木敏夫、この方々がどのように仕事をしているのかを学ぶことができた。『仕事道楽』は「紅の豚」と同じくらい、優れたタイトルだと思う。◆スタジオジブリhttp://www.ghibli.jp/ ... » more
テーマ 新書

『下山の思想』 五木寛之 人口は世界の60分の1であることを考えると、なんでも60分の1くらいでいいのではないか。ということが、養老孟司さんとの対談の中で出てきたとのこと。これは、真実であろう。ここまで覚悟しておけば良いのではないか。 ... » more
テーマ 新書

『断る力』 勝間和代 この本では、とりわけ不用意に敵をつくることの無意味さを学んだ。また、「人に嫌われるリスクをとること」を恐れなくなることの重要性も学べる。なお、『ピーターの法則』のエッセンスも面白い。◆勝間和代http://kaz ... » more
テーマ 新書

森永卓郎「震災後を生き抜くマネーの鉄則」(小学館101新書) この本は、「女性セブン」に連載された原稿を元に書かれたもので読みやすい、、、、、、すぐに忘れるかもしれないが、、、、、「ほどほどに稼いで、そこそこに生きる」「エコよりセコ」「欧州人の余暇の過ごし方 ... » more

拙著PHP新書「知らないと怖い糖尿病の話」注文殺到で驚愕!都内有名書店総合ランキング1位続出です 御蔭様で拙著PHP新書「知らないと怖い糖尿病の話」は.YAHOO!ニュースでも紹介され,都内有名書店ラ総合・新書週刊ンキング1位続出です.週間総合ランキング1位は以下の大手有名書店です.三省堂書店本店, ... » more

『続 加藤清正「妻子」の研究』 『続加藤清正「妻子」の研究』 水野氏史研究会会員の水野勝之氏・福田正秀氏による共同研究『加藤清正「妻子」の研究』が、2007年10月に上梓され、この書により根拠もなく語られていた清正の妻子の全貌を、史料考証により明らかにされた。刊行 ... » more

『保守の遺言』 中曽根康弘 中曽根康弘さんの著書は、とても勉強になる。1918年生まれにもかかわらず、今も矍鑠としていることからも、中曽根氏の偉大さが感じられる。保守の遺言 (角川oneテーマ21)角川書店(角川グループパブリッシング) 中 ... » more
テーマ 新書

三省堂書店有楽町店最新ランキング新書1位,丸善丸の内本店週刊ベストセラーランキング2位でした. 2012年1月17日(火曜日)ラジオ大阪:ラジオよしもと「すこぶる元気」という毎週金曜日午後5:15からの番組で和泉修さんという漫才師さんが,拙著を御紹介して頂けました.やはりマスコミに出ると違いますね.ありがと ... » more

 

最終更新日: 2016/11/27 14:45

「新書」のブログ関連商品

» 「新書」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る