誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    新書

新書

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「新書」のブログを一覧表示!「新書」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「新書」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「新書」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

『妊活バイブル』 齊藤英和 白川桃子 妊活を知る本。「現代は、養ってほしいと思っている女性の数に対して、養える、もしくは養う気があるという男性の数が圧倒的に少ないのです」「フランスのカップルたちは、長くつき合って、結局自分と同じような人と同類婚していること」 ... » more
テーマ 新書

日本100名城に行こう [ 中城正堯 ] 公式スタンプ帳つき各城の見どころとアクセスなどのデータ満載! ... » more
テーマ 新書

日本をソーシャルデザインする グリーンズ編  世の中には、かっこいいことしている人がたくさんいるんだな、ということがわかる本。一般的には、「社会起業家」と呼ばれるような人たちの、事例集。紹介されている事例とそのリンク。第一章サプラ ... » more
テーマ 仕事 新書

格闘技の科学 [ 吉福康郎 ] 自らが強くなるだけじゃない!読むとボクシングや空手の試合を見る目が変わる!サイエンス・アイ新書のヒット作!! ... » more
テーマ 新書

論理的に話す技術 [ 山本昭生 ] わかりやすくて伝わる話し方には、必ず共通の法則とそれにのっとった技術があるんです! ... » more
テーマ 新書

三番目の子どもが生まれてから、仕事以外の時間はほとんど家にいる。そうすると、赤ん坊を抱っこしながらとか、赤ん坊が寝ているすきにとか、読書をする時間がわりとあったりして、(読書をする時間しかないとも言えるが) ... » more
テーマ 新書 独り言

不要な人間関係を切り捨てることの効用を説く本。「あなたのような、こうして書店に足を運び、本を定期的に買って、知識の吸収を怠らない人材が、変化を好まないブタ野郎どもに支配されている社会って」「弱いから群れる。ボスキャラはいつだ ... » more
テーマ 新書

野心を基に強運をつかみとる本。「人は自覚的に上を目指していないと、たまたまとかのんびりでは、より充足感のある人生を生きていくことはできないのです」「私が最近の若い人を見ていてとても心配なのは、自分の将来を具体的に思い描く想像 ... » more
テーマ 新書

考えないヒント 〜アイデアはこうして生まれる 小山薫堂著幻冬舎新書0072006以前読んだ「くまモンの秘密」によく出てきたのでくまモンには欠かせない人なので購入して読んでみました。目次より第1章考えるけど、考えない第2章アイデアは化学反応第3 ... » more
テーマ 新書

四☆月読みくまモンの秘密
くまモンの秘密 〜地方公務員集団が起こしたサプライズ熊本県庁チームくまモン幻冬舎新書2013くまモンの公式HPはコチラゆるキャラ人気1のくまモンそのプロジェクトがこの本に書かれています。そもそもは九州新幹線開業にと ... » more
テーマ 新書

四☆月読みたくらむ技術
たくらむ技術 加地倫三著新潮新書2012本屋さんでの購入本です。帯に書いてある「ロンドンハーツ・アメトーク!のプロデューサーが初めて明かすヒットの秘密と仕事のルール」という文字と著者の若い風貌が何ともミスマッチで購入を ... » more
テーマ 新書

いっきに!同時に!世界史もわかる日本史 [ 河合敦 ] 歴史を並列読み!歴史を並列的に見ると、不思議と頭に入る!思わず「へぇー」の連続です!手塚漫画とともに、日本史を世界史と織り交ぜて学べる!楽しめる!聖徳太 ... » more

2022年これから10年活躍できる人の条件 神田昌典 神田氏による近未来予測と、予測された未来への対処法が書かれている。重要なことは―歴史とは、ランダムな出来事の連続により創られるのではなく、同じパターンの物語の繰り返しにより創られているという認識だ。p29世代循環 ... » more
テーマ 新書 自己啓発

『「持たない」ビジネス 儲けのカラクリ』 金子哲雄 現在のビジネスの本質の一面を知る本。「一番初めに相談されると、そこから役目や仕事が生まれます。でもそれを自分で解決する必要はありません。一番初めに相談された者の特権として、仕事や作業はそれを得意とする人に割り振ってしまえばい ... » more
テーマ 新書

サントリーのトップブレンダーである輿水精一氏が「日本のウィスキー」について書いた本。ウィスキーの作り方についても書いてあるが、単に作り方だけではなく、ブレンダーとしての苦労や「ストーリー」が入ってきているので、読み物としても面白い。 ... » more

転職する前に読む本。「転職を考える際に、仕組みの優れた会社を選ぶのは正解です」「会社を辞める理由は、新しいチャレンジをしたい、活動のフィールドを広げていきたい、もっとビジネスパーソンとして成長したい」「こちら ... » more
テーマ 新書

『跡無き工夫』 細川護煕 晴耕雨読がしたくなる本。「世の中にまじらぬとにはあらねどもひとり遊びぞ我はまされる」「多読をしない」「評価の定まったいいものだけを読む」「繰り返し読む」跡無き工夫 削ぎ落とした生き方 (角川oneテーマ21)角川 ... » more
テーマ 新書

働くということを考えることで、起業のアイディアが得られるかもしれない本。『「いのち/生の私有化」が、現代では個々人による「いのちを元手とするプロジェクト経営」の競争という形をとっていることの深刻さ』「きずな」 ... » more
テーマ 新書

外資系での働き方を学べる本。「アメリカ人のエグゼクティブは、例外なく早朝から仕事をはじめる。朝5時に起きて、6時からランニングか、トレーニング。そして7時には出社というのが、典型的なエグゼクティブの生活パターン」 ... » more
テーマ 新書

思い通りに人をあやつる101の心理テクニック 自分を守る為にこそ、この技術を使ってください。タイトル通り悪用できなくこともないけれど・・・読めばこれだけは言い切れる!暗記に値する実用性!対人心理学を ... » more

The return match. 取り返すものにもがなや。(4) 気象庁が発表してくれている平年値というものがありまして、これこそが生活を考える上での決定的なアイテムだと思うのですが、それが常識なのか、それとも世間の知らない秘密なのか、はたまた単なる私の思い込みなのか、そのあたりがよく分からないのでありま ... » more
テーマ 新書 植物 古典

『続ける力』 伊藤真 続けることこそが成功への秘訣であることを学べる本。「やらなければできない。だから毎日しっかりやれよ」「必死に考えて下した決断は、必ず正しい」「自分自身の意欲が高まっている時期を逃さないこと」■伊藤真htt ... » more
テーマ 新書

昨年は京都大学の山中伸弥教授がノーベル医学賞・生理学賞を受賞し、大きな話題となりましたが、1968年に日本人初のノーベル文学賞を受賞した川端康成氏のノーベル賞受賞時のスピーチが、この「美しい日本の私」。西洋人に「日本文化の美しさ ... » more

10分あれば書店に行きなさい 齋藤孝著メディアファクトリー新書0582012最初見たときに、同じ著者の「15分あれば喫茶店に行きなさい」の類似品かと思ってしまいました。目次より序章書店の潜在能力を、あなたは知らない第1章書店で知性と精神力 ... » more
テーマ 新書 自己啓発

POP置き場(書店用)聞く力フェア
聞く力フェア 下降線を本格的にたどり始めた新書市場において、阿川佐和子さんの「聞く力」が依然独壇場なので、いっそのことそこからフェアくんでみよーかと。齋藤孝の聞く力 [ 斎藤孝 ] ... » more

中高生の孫に読んで欲しい本。Que sais-je? 昨日は、小学生の孫がいたら読ませたい本を紹介しました。今日は、中高生の孫がいたら、読んで欲しい本です。こちらは、「読ませたい」と言っても読まないかもしれないので、「読んで欲しい」という希望です。こんな話から始めます。白水社に「文庫クセ ... » more
テーマ 新書 Que sais-je? 講談社ブルーバックス

「心の時代」にモノを売る方法 〜変わりゆく消費者の欲求とビジネスの未来小阪裕司著角川ONEテーマ21B1612012本屋さんで購入しました。この本を読んでいたころは、次々と新書を購入しては読んでいたのですがたまたま、読んでみたいテーマの本が続いて ... » more
テーマ 新書

四☆月読み「欲望」のマーケティング
「欲望」のマーケティング 〜絞り込む、巻き込む、揺り動かす山本由樹著ディスカバー新書0862012雑誌STORYの創刊からかかわり、編集長をした人。この本では「美魔女」が出来上がるまでの、その足跡。どのようにして発掘しどのようにして広めて ... » more
テーマ 新書 自己啓発

四☆月読み退いてのちの見事な人生
退いてのちの見事な人生 童門冬二著祥伝社新書2982012隠居後の人生をどう過ごしたのかを書いた本。新井白石自らの現役時代の検証に励む黒田如水二代目のために悪者に徹する徳川斉昭隠居連合で気勢を上げる古田織部余生は師の恨みを晴らすため ... » more
テーマ 新書

下野隆祥著PHP新書8352012著者は私が食べたこともない高級レストランの支配人をされた方。ソムリエでもある。一流レストランのサービスが何かを、この本は教えてくれる。目次より第1章一流のサービスは「哲学 ... » more
テーマ 新書 濫読本

 

最終更新日: 2018/04/15 08:24

「新書」のブログ関連商品

» 「新書」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る