誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    新書

新書

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「新書」のブログを一覧表示!「新書」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「新書」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「新書」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

働くということを考えることで、起業のアイディアが得られるかもしれない本。『「いのち/生の私有化」が、現代では個々人による「いのちを元手とするプロジェクト経営」の競争という形をとっていることの深刻さ』「きずな」 ... » more
テーマ 新書

外資系での働き方を学べる本。「アメリカ人のエグゼクティブは、例外なく早朝から仕事をはじめる。朝5時に起きて、6時からランニングか、トレーニング。そして7時には出社というのが、典型的なエグゼクティブの生活パターン」 ... » more
テーマ 新書

思い通りに人をあやつる101の心理テクニック 自分を守る為にこそ、この技術を使ってください。タイトル通り悪用できなくこともないけれど・・・読めばこれだけは言い切れる!暗記に値する実用性!対人心理学を ... » more

The return match. 取り返すものにもがなや。(4) 気象庁が発表してくれている平年値というものがありまして、これこそが生活を考える上での決定的なアイテムだと思うのですが、それが常識なのか、それとも世間の知らない秘密なのか、はたまた単なる私の思い込みなのか、そのあたりがよく分からないのでありま ... » more
テーマ 新書 植物 古典

『続ける力』 伊藤真 続けることこそが成功への秘訣であることを学べる本。「やらなければできない。だから毎日しっかりやれよ」「必死に考えて下した決断は、必ず正しい」「自分自身の意欲が高まっている時期を逃さないこと」■伊藤真htt ... » more
テーマ 新書

昨年は京都大学の山中伸弥教授がノーベル医学賞・生理学賞を受賞し、大きな話題となりましたが、1968年に日本人初のノーベル文学賞を受賞した川端康成氏のノーベル賞受賞時のスピーチが、この「美しい日本の私」。西洋人に「日本文化の美しさ ... » more

10分あれば書店に行きなさい 齋藤孝著メディアファクトリー新書0582012最初見たときに、同じ著者の「15分あれば喫茶店に行きなさい」の類似品かと思ってしまいました。目次より序章書店の潜在能力を、あなたは知らない第1章書店で知性と精神力 ... » more
テーマ 新書 自己啓発

POP置き場(書店用)聞く力フェア
聞く力フェア 下降線を本格的にたどり始めた新書市場において、阿川佐和子さんの「聞く力」が依然独壇場なので、いっそのことそこからフェアくんでみよーかと。齋藤孝の聞く力 [ 斎藤孝 ] ... » more

中高生の孫に読んで欲しい本。Que sais-je? 昨日は、小学生の孫がいたら読ませたい本を紹介しました。今日は、中高生の孫がいたら、読んで欲しい本です。こちらは、「読ませたい」と言っても読まないかもしれないので、「読んで欲しい」という希望です。こんな話から始めます。白水社に「文庫クセ ... » more
テーマ 新書 Que sais-je? 講談社ブルーバックス

「心の時代」にモノを売る方法 〜変わりゆく消費者の欲求とビジネスの未来小阪裕司著角川ONEテーマ21B1612012本屋さんで購入しました。この本を読んでいたころは、次々と新書を購入しては読んでいたのですがたまたま、読んでみたいテーマの本が続いて ... » more
テーマ 新書

四☆月読み「欲望」のマーケティング
「欲望」のマーケティング 〜絞り込む、巻き込む、揺り動かす山本由樹著ディスカバー新書0862012雑誌STORYの創刊からかかわり、編集長をした人。この本では「美魔女」が出来上がるまでの、その足跡。どのようにして発掘しどのようにして広めて ... » more
テーマ 新書 自己啓発

四☆月読み退いてのちの見事な人生
退いてのちの見事な人生 童門冬二著祥伝社新書2982012隠居後の人生をどう過ごしたのかを書いた本。新井白石自らの現役時代の検証に励む黒田如水二代目のために悪者に徹する徳川斉昭隠居連合で気勢を上げる古田織部余生は師の恨みを晴らすため ... » more
テーマ 新書

下野隆祥著PHP新書8352012著者は私が食べたこともない高級レストランの支配人をされた方。ソムリエでもある。一流レストランのサービスが何かを、この本は教えてくれる。目次より第1章一流のサービスは「哲学 ... » more
テーマ 新書 濫読本

『地雷処理という仕事』 高山良二 この方を突き動かすものは何なのであろうか。ゼロからカンボジアで地雷処理の仕事をはじめ、その後の紆余曲折を経て、今はどんなことを考えておられるのかがわかる本。情熱と人間力がなせる業だと思う。■高山良二htt ... » more
テーマ 新書

デジカメに1000万画素はいらない たくき よしみつ 数年前の本で、読んだのも数年前だけど、今でもこの本の知識を基準にカメラを選び、写真を撮影している。誰かを感動させるほどの写真は取れないけど、自分の中で、ちょっと上手に撮れたな、と思えるくらいには、上達する ... » more
テーマ 新書 デジカメ

養老孟司氏と、日本の農業、漁業、林業などを支える生産者との対談集。これからの時代は一次産業なんじゃないか?と、感じられる本だった。家庭の食卓を通して、現代社会について考察する、岩村暢子氏との対談よ ... » more

四☆月読み「処方せん」的読書術
「処方せん」的読書術 心を強くする読み方、選び方、使い方奥野宣之著角川ONEテーマ212012図書館で予約をして借りてきました。作者は「情報は1冊のノートにまとめなさい」を書いた人です。目次から序章生きづらい時代だから本を読む ... » more
テーマ 新書 読書術

脳と気持ちの整理術 意欲・行動・解決力を高める 築山節 以前読んだ本。アマゾンの古本なら1円。(送料が250円かかるので、実際には251円)こういう本は時々読み返したりして、自分のやる気や行動をチェックするのが良いと思う。脳は「省力化」を志向しているp17 ... » more
テーマ 新書 独り言

No home in the three worlds. 女には三従の道がある。(3) めっきり涼しくていい塩梅であります。どうしてなのかと考えて見ますと、22・5度という温度に秘密がありそうであります。どうやら水というのは、温度によって性質が変わるそうでありまして、もちろん0度に近付いたら固形になりまして100度を過ぎると気 ... » more
テーマ 新書 植物 古典

I beg your pardon. 唐衣また唐衣唐衣。(4) 台風18号イーウィニャが東の海上を北上しまして、蒸し蒸ししているのはこいつのせいでありましょう。今沖縄を通過しているほうが、先に発生したのろまの台風17号ジェラワットというものだそうであります。台風17号はこのまま北上すると日本列島に添う形 ... » more
テーマ 新書 植物 古典

『コーカサス国際関係の十字路』が面白かったため、この本を読んでみた。第2章「未承認国家」という名の火薬庫第4章知られざる親日国家群また、自身の体験を記したコラムも面白かった。■廣瀬陽子http://web ... » more
テーマ 新書

『ぼくらの頭脳の鍛え方』 立花隆 佐藤優 様々なテーマについて、手ごろに入手できる本を見つけることができる本。立花さんと佐藤さんの対話も面白いものの、すぐ役に立ち、すぐ買える文庫と新書の紹介はとても有益です。■立花隆http://chez.tachiba ... » more
テーマ 新書

『カラー版 東京の花と緑を楽しむ小さな旅』寺本敏子著(平凡社新書・966円) 【新書】『カラー版東京の花と緑を楽しむ小さな旅』寺本敏子著(平凡社新書・966円)産経新聞2012.9.16 09:15「東京の花と緑を楽しむ小さな旅カラー版」(平凡社新書)寺本敏子著(平凡社966円) ... » more

河合敦著ソフトバンク新書2012この本も図書館の新書コーナーで借りてきました。気の迷いもあったと思うのですが伝記物は基本好きです。私の蔵書の始まりは小学生の頃かってもらったヘレンケラー・一休・エジソンには ... » more
テーマ 新書 濫読本

金本知憲 今季限りで引退 自分が小学生の頃からプレイしている人・・・。広島時代からムキムキのあんちゃんといった感じで印象深い選手でした。まだDHならいける雰囲気ビンビンなんですけどね・・・。覚悟の ... » more

POP置き場(書店用)生活保護の謎
生活保護の謎 性善説から成り立つ制度ですから、悪用しようという人間が大量にいる時点で矛盾が露呈するんですね。祥伝社新書286生活保護の謎/武田知弘【RCP1209mara】 ... » more

These are all lies. 嘘八百の作り話。(5) 本日は9月10日でありまして、いわゆる「五十日(ご・とお・び)」に当たる日であります。学校なんかで教えてくれない言葉の代表でありまして、社会生活を営まないと分からない言葉ではないでしょうか。勉強は学校でするものだと思っている若者は多いのです ... » more
テーマ 新書 植物 古典

早く寝れば、早く起きられるの一言に尽きる本。「12時前にベッドに入る」「目覚めた時にゆっくり息を吐く」「朝、窓を開けて深呼吸する」「これからは1分でも早くねる」■美波紀子http://xn--i8 ... » more
テーマ 新書

These are all lies. 嘘八百の作り話。 イロハモミジと言いますか、イロハカエデの幹から、今年は樹液が流れ出しているようでありまして、ここにミスジマイマイというようなカタツムリが密着しております。たまたま樹液が流れ出ているのか、それともカタツムリが何らかの方法でキズを付けて、積極的 ... » more
テーマ 新書 植物 古典

「通貨」はこれからどうなるのか ラジオテレビと出まくっている紫頭の女性。さばさばきびきびしてて分かりやすいんですよね、この人の解説。てか日本てこんなにすごい国だったんだー「通貨」は ... » more
テーマ 新書

 

最終更新日: 2016/11/27 14:45

「新書」のブログ関連商品

» 「新書」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る