誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    新書

新書

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「新書」のブログを一覧表示!「新書」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「新書」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「新書」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

ご参考までにどうぞ。「出会ったあとに電話してすぐに出る女、もしくはあとでかけなおしてくる女は、こちらに興味があると思って間違いない」「一人で飲みに来る女は、一人暮らしで彼氏がおらず、極度の寂しがり屋で、どっかネジの外れた人が ... » more
テーマ 新書

ドイツにおけるユダヤ人の歴史を学ぶ本。「今日でもこのゲルマン語系に属するイーディッシュ語を用いるユダヤ人は一千万人にのぼるといわれる。このようにドイツとユダヤ人の深い関わり合いはイーディッシュ語にも見出されるのである」「この ... » more
テーマ 新書

『先送りできない日本』 池上彰 日本を理解するための本。「コメ七七八%、こんにゃく芋一七〇六%」「実はこんにゃく芋の生産地は群馬県。ここは福田赳夫、中曽根康弘、小渕恵三、福田康夫という四人の総理大臣を輩出している、日本一総理大臣になった人の多い県なのです」 ... » more
テーマ 新書

自分を表現するための本。「思うに心がすりへりやすい人は、他人を優先させるあまり、自分を犠牲にしてしまいがちです」「つまり、心がすりへりやすい人は、心の優しい人、がんばり屋さんなのだと思います」「すりへらない心を手に入れる ... » more
テーマ 新書

行動して運と天職に出会う本。「でも、辞めないということが、天職の条件です」「仕事でも自分からアプローチしない。アイデアの種があっても、ことさらプレゼンしない」「おさむに下品さがないからだよ。これは重要だよね」 ... » more
テーマ 新書

『知っておきたい自然エネルギーの基礎知識』 細川博昭 自然エネルギーについて幅広く知るための本。知っておきたい自然エネルギーの基礎知識 太陽光・風力・水力・地熱からバイオマスまで、地球にやさしいエネルギーを徹底解説! (サイエンス・アイ新書)ソフトバンククリエイティブ 細川 博昭 ... » more
テーマ 新書

日本の今、日本の政治家、国際情勢を知る本。■佐藤優■手嶋龍一http://www.ryuichiteshima.com/動乱のインテリジェンス (新潮新書)新潮社 佐藤 優 Amazonアソシエイト by ... » more
テーマ 新書

『寝ない関係』 モト冬樹 自分を知り、相手との関係を構築するための本。「要は必要以上に近づかなければいいんです」「一人でいることに何も抵抗がない。一人ぼっちだとも思わない」「相手がどういう人間で、自分に何を求めているのか。それを見極めることが ... » more
テーマ 新書

『ペーターのドイツ鉄道旅行案内』 ペーター・エンダーライン ドイツの鉄道旅行にどうぞ。■ペーター・エンダーラインhttp://ameblo.jp/south-germany/entry-11211186276.htmlペーターのドイツ鉄道旅行案内 (平凡社新書)平凡社 ペータ ... » more
テーマ 新書

『知の武装』 手嶋龍一 佐藤優 世界情勢を読み解くための本。「インテリジェンスとは、膨大な一般情報を意味するインフォメーションから、きらりと光る宝石のような情報を選り抜いて、精緻な分析を加えた情報のエッセンスをいいます」「二重帝国の二つの首都、ウィーンから ... » more
テーマ 新書

努力の人を知る本。「仕事とは創り出すものだ。基本的に他人が用意してくれるものを待っていては、他人の条件に自分を合わせるということになる。自分の望むものを手に入れたいのなら、自分で仕事を創り出すほかない」「横並びの価値観に甘ん ... » more
テーマ 新書

世界がいかに進んでいるかを知る本。化石燃料ゼロの時代を待望する。「気候変動はアメリカの安全保障にとって重大な脅威となる可能性が高い」「環境格付けが高くなければ優良な投資対象物件とはいえない」「2050年には化 ... » more
テーマ 新書

『もてる!『星の王子さま』効果』 晴香葉子 『星の王子さま』を読み返したくなる本。「私たちは、よほど悪い印象を持っていない相手のことは、会えば会うほど好きになります」「魅力とは明瞭な質問をしなくてもイエスと言ってもらう方法である」「心で見なくちゃ、ものごとはよ ... » more
テーマ 新書

『日本は世界一の環境エネルギー大国』 平沼光 平沼さんの本を再び。再生可能エネルギーのみで自給自足できる国に可及的速やかになってほしい。■秋田県鹿角市大沼地熱発電所■秋田県湯沢市上の岱地熱発電所■平沼光http://www.tkfd.or.jp/re ... » more
テーマ 新書

才覚を学ぶ本。「これはいける!と思ったら、すぐに行動する。これこそが、才覚を活かす上で最も大切な要素です」「ビジョンと分析。この両方があれば、たいたいどんなものでも作ることができます」「貧者ひんにて、分限は分限に成り ... » more
テーマ 新書

『裏読み世界遺産』 平山和充 世界遺産にとらわれずに旅するための本。■パイネ国立公園■パガン■知覧の武家屋敷■ハジャラ■カッパドキア■熊野古道■メオテラ■平山和充http://ameblo.jp/k-h ... » more
テーマ 新書

原発とともに日本の問題点を理解するための本。「私がスウェーデンで感じたことですが、あの国は社会が変わることを国民全体が前提としています。その上で、どう変わるかについて国民全員がコミットし、ルールややり方を絶えず積み上げながら、社会を ... » more
テーマ 新書

『儲かる農業』 嶋崎秀樹 ビジネスとしての農業を学ぶための本。「農業は儲かる」「間違いだらけの現代農業」「若者よ、農業をめざせ!」「けれど、農業はそんなに甘くない」■嶋崎秀樹http://www.topriver.jp/a ... » more
テーマ 新書

退職をする上でも参考になる本。「世界は自分に何を求めているのか」「天職が、思いも寄らない時期と場所で他者から与えられるものであると考える場合、そのような偶然をより良い形で起こさせるための思考様式や行動パターンこそが、天職への ... » more
テーマ 新書

『里山資本主義』 藻谷浩介 NHK広島取材班 必ず日本は地方から変わっていくことを知る本。「働いてみるといろいろなものが面白い。汗をかいて自然の中で生きるのも、僕にはあっているのだと気づきました」「物々交換の武器です。金では計れない喜びがあるんじゃないかと思っています」 ... » more
テーマ 新書

『新聞で学力を伸ばす』 齋藤孝 実用日本語力を鍛えるための本。「読解力の低さが結果として試験に対する無気力さにつながり、その無気力さがさらに学力の低下を招くといった悪循環を起こしているのではないかと私は危惧しています」「情報の収集力があって、さらに取捨選択 ... » more
テーマ 新書

『日本の男を喰い尽くすタガメ女の正体』 深尾葉子 現代の夫婦関係のある側面を描いている本。タガメ女を選んだ男性も悲惨であるものの、タガメ女自体も悲惨である。このような夫婦による弊害が日本経済に存在することは実際に感じられる。「女子行員のカニばさみには気をつけろ」 ... » more
テーマ 新書

『ゆるす力』 植西聰 自分のためにゆるす本。「怒りや憎しみといった思いを手放して、相手をゆるすことは、自分自身が幸せになるための大きな一歩になる」「上手にその感情を手放していかないと、人生は、次第に暗いものになってしまいます」「幸せな人の ... » more
テーマ 新書

魅力的な田舎とそこで活躍する人たちを知る素敵な本。「@地域のことをよく知る、A何をどう売るかという戦略、B情報を発信し、顧客の意見を集約する、C人づきあいの流儀を知る、Dリスク分散は田舎の伝統」「だから新規の事業でも、一つの ... » more
テーマ 新書

『コーチングが人を活かす』 鈴木義幸 「新しいコーチングという言語を学び、その切れ味を体感した管理職は、さらに一層部下の成功と成長に向けて学習を加速させ、行動を進化させていきます」「コーチングではなぜのかわりに極力なにを使うようにします。それはなにを使った質問のほう ... » more
テーマ 新書

『格付けしあう女たち』 白河桃子 女子の格付けの実態を学ぶ本。「それは女性のほうが、男性よりもはるかに複雑怪奇な格付けが行われているから、おもしろいのです」「三十代以上が男を減点方式で見るのに対し、二十代女性は加点方式なのです」「男子への気づかいとか ... » more
テーマ 新書

『アニメ文化外交』 櫻井孝昌 櫻井孝昌さんの著書を読むたびに、海外の日本関連のイベントに参加したくなります。ミャンマー、ラオスを旅したくなりました。現地を訪れてみることの大切さを痛感します。■櫻井孝昌http://asianbeat.com/ ... » more
テーマ 新書

里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く 自分の住んでいる地域でも、本書に書かれてるようなことが行われるようになったらいいなと思った。本書より、参考になったと思うところ。まずは、里山資本主義とは何か、ということに対する答えとなる部分。 ... » more

四☆月読み地方にこもる若者たち
都会と田舎の間に出現した新しい社会阿部真大著朝日新書4062013ずいぶんとこの本を購入してから読み切るまでに時間がかかりました。そもそも、東京にあこがれないでほどほどの地方都市にあこがれる若者興味をそそられまし ... » more
テーマ 新書

 

最終更新日: 2017/07/19 14:32

「新書」のブログ関連商品

» 「新書」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る