誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    新書

新書

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「新書」のブログを一覧表示!「新書」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「新書」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「新書」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

『池上彰の宗教がわかれば世界が見える』 池上彰 宗教を知るための本。「つまり共産主義の中国も、宗教国家なのだと言っていいでしょう」「アメリカではいまでも、カトリックの大統領候補が出てくると、おまえはどっちに忠誠を誓うのかと、ローマ法王との関係が問われます。重大問題なのです ... » more
テーマ 新書

森を歩くための本。「長野県木曽郡上松町にある赤沢自然休養林で、第一回森林浴全国大会が開かれた」「バート・ウェーリスホーフェンは、バイエルン州南部の高原地帯にある。州都ミュンヘンから鉄道で約1時間の距離だ。人口15,000人ほ ... » more
テーマ 新書

「日本人の英語」シリーズ、待望の新刊。今回は「実践編」と銘打たれています。内容は、所有格、冠詞、時制、動詞、仮定法、副詞、接続詞などです。これまでの内容と被る部分も多いのですが、心なしか今までで一番易しいように感じました。こ ... » more
テーマ 英語 新書 Petersen

『超シャンパン入門』 宇田川悟 シャンパンに留まらない素敵な写真に溢れた本。■宇田川悟http://satoruudagawa.blog.fc2.com/超シャンパン入門―カラー版 (角川oneテーマ21)角川書店 宇田川 悟 Amazonアソシエ ... » more
テーマ 新書

コミュニティデザインの時代 〜自分たちで「まち」をつくる〜山崎亮著中公新書21842012ずいぶん前に買っておいた本をなんとなく読み始めて、読了。コミュニティデザインという言葉が世に浸透したかなと思う今日ですが新鮮でした。同じ著者の ... » more
テーマ 新書

個人的には、共有と私有をどう組み換えていくかという論考が一番参考になった本。「今、私たちの世界は、このグローバリズム、リージョナリズム、ナショナリズム、ローカリズムの4つの水準が、ねじれたり、あるいは共鳴し合ったりしながら、複雑に絡 ... » more
テーマ 新書

遊びややみつきの効能を知る本。「人間の耳には聞こえない高周波をたくさん含んだ楽器の音は恍惚感や陶酔感を引き起こすという」「自己効力感が高いといろいろな自信が生まれる。体を動かすと自信という快が得られる」「自分なりの時 ... » more
テーマ 新書

『ロシア苦悩する大国、多極化する世界』 廣瀬陽子 ロシアおよび周辺国の情勢を知るための本。「未承認国家とは、〜で述べたように、独立を宣言し、国家の体裁を整え、本国の主権がまったく及ばない状態を維持している国々。国際的な国家承認を求めるものの、国家承認が得られないため、自称の国家にと ... » more
テーマ 新書

世界情勢を知る上での参考書。「支離滅裂ですね。北朝鮮がミサイルを撃っている最中に制裁解除するなど、考えられない話です」「集団的自衛権と個別的自衛権の神学論争はやめて、単に自衛権という形で国家安全保障基本法を組み立てればよい」 ... » more
テーマ 新書

『失敗してよかった!』 和田裕美 良かったを探することで、人生は今この瞬間から変わることを知る本。「陽転思考というのは、今、目の前にある事実をしっかりと受け止め、そこから、よかったを探すことです」「幸せになるために自分が選ぶべき道はどっち?」「自分が ... » more
テーマ 新書

『国家の暴走』 古賀茂明 国家の暴走を食い止めるとともに、日本の成長方策を考えるための本。「菅氏は、世論の動向を非常に詳しく分析しているという。その分析には誰もが一目置いている」「政府が右と言うことを左と言うわけにはいかない、と公言したNHK会長の籾 ... » more
テーマ 新書

虚心坦懐に創価学会を理解するための本。「公明党の平和主義は本物である。それは創価学会の平和主義が本物だからだ」「集団的自衛権行使による自衛隊の海外派兵は遠のいた」「公明党がブレーキ役として与党にいなければ、憲法に制約 ... » more
テーマ 新書

『日本の風俗嬢』 中村敦彦 日本の風俗の実態がよく理解できる本。「ブルセラ世代と呼ばれた1980年生まれが20歳になった2000年あたりから性の売買に抵抗のない女性は急増した。その後、数年間を費やして10代〜40代の多くにその意識が浸透している」「売春 ... » more
テーマ 新書

日本人と日本の会社の有り様を知る本。「稼いだり・貯めたり・増やしたりしたお金を、どう使うか、ということに関しては、あまり語られません」「私たちの使うお金は、単なる交換以上の大きな意味を持っているのです」「日本人は世界 ... » more
テーマ 新書

理性と集中力と楽しみについて学ぶ本。「飼うならカラスがいちばんかわいいと思っています。反応が人間らしいし、どこか気持ちが通じます」「親を素直に信頼しない人間は社会でむちゃくちゃマインドコントロールされます。とくに反社会活動に ... » more
テーマ 新書

『もう国家はいらない』 田原総一郎 堀江貴文 ビットコインで世界が変わることを知るための入門書。「僕は、人間は幸せになってきている、ならないといけないと思うんです」「僕は70億人に対して、提案をしていきたいんですよ」「結局、解体とか再生とかいっても、同じシステム ... » more
テーマ 新書

読みたい本がたくさん見つかる本。「30歳から49歳までの社会人が読書(自主的な学習や研究)に使っている時間は7分半ほどでしかありません」「ものを知らないこと、あるいは自分で熟慮しない習慣は、失業や生命の危険に直結せざるをえま ... » more
テーマ 新書

『実録・自衛隊パイロットたちが目撃したUFO』 佐藤守 未確認の飛行物体の研究は他国のように真摯に取り組む必要があると思われる本。「UFOの目撃情報は、原子力発電所の近くであることが多いからです」「千貫森が古来UFOの里といわれているのは、この山自体がコンパスの針を狂わせるほどの ... » more
テーマ 新書

『最貧困女子』 鈴木大介 最下層の実態と、風俗トップの女性たちの努力を知る本。「風俗でトップの子らがどのくらい努力しているか知ってますか?ファッション誌全部目ぇ通して、メイク勉強してエステしてジム通いして、そうやって女の子は誰からも奪われない女力を磨くんです ... » more
テーマ 新書

『エゴの力』 石原慎太郎 己の感性を磨き、しぶとく生きるための本。「頼れるのは己のエゴ、個性、その個性を司る己の感性以外にありはしません」「人間の価値を決定的に決めるのは個性」「いずれにせよ、素人だろうと玄人だろうと、新しい思いつきが報いられ ... » more

伝える力を学ぶための本。「何事においても、重要なことを伝える場合は、十分に準備することが大切です」「地図を渡す(示す)」「鎖国時代の出島は、近年の中国でいえば経済特区に当たるのではないかということです」「受け ... » more
テーマ 新書

すぐ役立つことは、すぐ役立たなくなることを学び、真の自由を得るための本。「世界が明日終わりになると知っていても私は今日リンゴの木を植える」「ああ、会社を辞めて肩書きがなくなると、どちらの?と聞かれるという話をよく聞いていたけ ... » more
テーマ 新書

『官僚とメディア』 魚住昭 実態はまるで報道と違うのではないかということを知る本。「この方式はその後の私の基本的な取材パターンになった。いくら情報源と親密になっても、情報源は自分が持っている情報のせいぜい二、三割しか漏らさない。しかし、複数の情報源の間でキャッ ... » more
テーマ 新書

対談のヒントを得られるかもしれない本。「自分の話を面白がっている人がいる。ちゃんと聞いて反応してくれている人がいる」「過ぎ去った不快なできごとは、当人が思い出さないかぎり、黙っているに越したことはないという教訓も、重々、学び ... » more
テーマ 新書

『最強のコーチング』 清宮克幸 いわゆるコーチングとは別のコーチングを学ぶ参考になるかもしれない本。「強いチームほどルールに詳しいし、批評も的確である」「人間の可能性を引き出すための場をつくることは、監督の仕事のうちでもかなり大きなウェイトを占めると思って ... » more
テーマ 新書

『出世するなら会社法』 佐藤孝幸 会社法の理解の一助に。「会社を設立する際に決めておかなければならない事項とは、@会社の目的、A商号、B本店の所在地、C設立の際の出資額、D発起人の名前・住所の5つです」「一般に上場会社の株主総会において議決権が行使される比率 ... » more
テーマ 新書

『住んでみたドイツ 8勝2敗で日本の勝ち』 川口マーン恵美 EUという文脈に生きるドイツという側面を知りながら、日本と比較してみる本。「勝手にドイツ東部のシュレージエンや東プロイセンを削ってポーランドに与えたためである」「生活が根付いてしまった土地から住人を追い出すことは、もう一度戦 ... » more
テーマ 新書

お金や投資のことから、仕事や世の中のことを考えさせてくれる本。20代くらいの人に向けて書かれた本のようだけど、私のお金や投資の知識は中学生の頃と変わらないと思うので、ちょうど良いのかもしれないなと。以下、参考 ... » more
テーマ 新書 独り言

未来予測を嗤え! 神永正博 小飼弾 神永正博氏と小飼弾氏の対談。新年にこういう本もいいかなと思って。本書の全体としては、「欲求」の大切さが言われているのだと思う。以下、本書から、私がいいなと思ったところの断片的な抜粋です。今 ... » more
テーマ 新書 独り言

上機嫌こそ最高の知性であることを学ぶ本。「私には、不機嫌さは、なんらかの能力が欠如しているのを覆い隠すため、だとしか考えられません」「無意味な不機嫌さ、無意味なシャイさが、君たちの成長を妨げているんだ!と言ってきました」 ... » more
テーマ 新書

 

最終更新日: 2017/03/23 15:24

「新書」のブログ関連商品

» 「新書」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る