誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    新書

新書

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「新書」のブログを一覧表示!「新書」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「新書」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「新書」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

ローマ法王に米を食べさせた男 高野誠鮮著講談社+α新書2015過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?というサブタイトルが気に入って購入しました。TBSの日曜劇場ドラマになったようですが知りませんでした。目次よりはじめに ... » more
テーマ 新書 濫読本

ドイツ帝国、ドイツ対アメリカ、ドイツ対ロシア、ドイツと中国などを学ぶ本。「ドイツの連邦情報局(BND)はごく普通のこととして、アメリカの政治をスパイしているのだからね」「ロシアは自国が事実上ドイツとの戦争状態にあることを知っ ... » more
テーマ 新書

四☆月読み大放言
大放言 百田尚樹著新潮新書6332015本屋で何度も手に取って購入しました。読んでみたいけど、難しそう・・・・・という感じで夏の終わりに書店に並んでからしばらく、表紙だけ見ていました。「永遠の0」の作者として知ってい ... » more
テーマ 新書 濫読本

『壁にぶつかったら僕は漱石を読む』 齋藤孝 夏目漱石を読む一助に。「人が大人になるきっかけとして、誰かの面倒をみるというのは大きく作用するからです」「ゲーテが、人間にとって一番重要な技術は、自分を限定する技術だと言っています」「暗唱は、その人の人生を安定させた ... » more
テーマ 新書

宇田智子著ちくまプリマー新書2352015本屋さんで購入しました。以前、著者の本を読んでいて、新しい本が出た!それも購入しやすい!読みやすい!新書という感じで購入しました。つくづく本を買う動機は小さい。でも、作者 ... » more
テーマ 新書

『私塾のすすめ』 齋藤孝 梅田望夫 自分の道を徹底的に究めていくための本。「外界の何かを好きだ思う自分の直感から始まるわけですから、自分を否定して自分を探しにいくということの対極の考え方です」「けものみちだと、固有の道が歩けるわけだから」「その強さとは ... » more
テーマ 新書

恐ろしきアメリカの実態を知る本。■堤未果http://mikatsutsumi.org/(株)貧困大国アメリカ (岩波新書)岩波書店 堤 未果 Amazonアソシエイト by ... » more
テーマ 新書

太宰治を読みたくなる本。「人間を捉える眼力と、それを手に取るように表現する言葉の力を感じてほしい」「論語でも、知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ、と言われているように、心が豊かなで優しい人は山を好むそうです」「負けた ... » more
テーマ 新書

中国経済を通じて、世界経済を理解する本。「足の長い通貨と懐の深い金融。この両者が整ってこそ、カネは天下を上手く回るのである」■浜矩子http://bs.doshisha.ac.jp/prof/hama.html ... » more
テーマ 新書

冷えの影響を幅広く知るための本。「冷えが生み出す代表的な症状は、肩こり、頭痛、腰痛、生理痛などです。めまい、耳鳴り、吐き気、手足のしびれを感じたり、下痢や便秘、消化不良など消化器系のトラブルも発生します。さらに不眠、不安、イライラな ... » more
テーマ 新書

『おとなの教養』 池上彰 大きな視点で、つながりを意識しながら世界史を理解する本。「アフリカ東部から来たのです」■池上彰http://www.akiraikegami.com/おとなの教養―私たちはどこから来て、どこへ行くのか? (N ... » more
テーマ 新書

『公務員の異常な世界』 若林亜紀 消費税の増税が必要ないことを知る本。「皇宮警察はインターネットのホームページで中途採用の募集をしています」■若林亜紀http://wakabayashi.way-nifty.com/公務員の異常な世界―給料・ ... » more
テーマ 新書

『大世界史』 池上彰 佐藤優 大転換の世界を知る本。「世界史はいまを理解するためにある」「為替ダンピングを行う能力のある国は、アメリカ、EU、イギリス、日本だけです」■池上彰http://www.akiraikegami.com/■佐 ... » more
テーマ 新書

マーケティングの嘘 〜団塊シニアと子育てママの真実 辻中俊樹櫻井光行著新潮新書6042015本屋さんで、ずいぶん前に購入した本。帯にひかれて購入しました。「ヤンママの料理はひどいの?」「シニアは健康のために歩く?」「偽物の消費者像に騙されるな!」という衝撃 ... » more
テーマ 新書

ネーミング方法を学ぶ本。「商品ネーミングは、大人向きでも子ども向きでも、対象にピタリと合わせて表現することが基本です」「インターネットでの販売は、使う人に素早くイメージが伝わらないと敗北です。それには、わかりやすくインパクト ... » more
テーマ 新書

『〈香り〉はなぜ脳に効くのか アロマセラピーと先端医療』 塩田清二 香りの効用を学ぶ本。「においは脳、しかも脳の深いところにある部分(視床下部や大脳辺縁系)に直接作用するために、自律神経や内分泌系、あるいは感情や情動行動に影響を与えることが明らかになってきました」「視床下部はホルモン分泌と自 ... » more
テーマ 新書

鴻上尚史著講談社現代新書23092015本屋さんで衝動買い。最近読んでいる本は、本屋さんをぶらぶら歩いて衝動的に買っているものばかり。でも、実はそんな本が最近どんどん積まれている気がする。この本は新書なのに ... » more
テーマ 新書

四☆月読み稼ぐまちが地方を変える
稼ぐまちが地方を変える 誰も言わなかった10の鉄則木下斉著TwitterNHK出版新書2015本屋さんで即買いました。地方は消滅しない!という帯もそうですが「稼ぐまち」という言葉が印象に残りました。目次か ... » more
テーマ 新書

「悪の力」(集英社新書) 姜尚中著(集英社 756円税込) 「悪の力」(集英社新書) 姜尚中著(集英社756円税込)【内容情報】(出版社より)現代人を苦しめる「悪」はどこから生まれるのか。そして、心の奥底から湧き上がる「憎しみの感情」とどう向き合えばいいのか。100万部のベス ... » more
テーマ 新書 姜尚中 悪の力

現在の風俗嬢について学ぶ本。「日本で最も若くて可愛い女の子が集まる飛田新地」「国税が一番仲良くしているのは検察ですよ」「ウェブサイトというのは不思議なもので、それはプロが見ても素人が見ても、活気があるかないかというの ... » more
テーマ 新書

『運を支配する』 桜井章一 藤田晋 感じることで平常心を保つための本。「結局はシンプルに考え、シンプルに行動するのが一番強いのです」「キレたらそこでゲームオーバー」「直感の9割は正しい」「心が囚われる前でスイッチを切る。連想を止める」「 ... » more
テーマ 新書

『ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く』 生田哲 ビタミンCの効用を知るための本。「活性酸素はその名のとおり、酸素よりも化学反応性が高く、その分、酸素より人体に有害な物質です。代表的なものに、ヒドロキシラジカル、過酸化水素、スーパーオキシドの三つがあります」「ヒドロキシラジ ... » more
テーマ 新書

自分の感覚を磨いていくための本。「情報より情緒を身につけよ」「依頼心を捨てよ、怒りを出そう」「そしてなるべく人のいるところへ行く」■伊集院静http://ijuin-shizuka.com/無 ... » more
テーマ 新書

ビジネス以外での人間関係を持っておくことの大事さを知る本。「人は見たいものしかみない」「人間関係だけでなく、仕事ができる人は総じて理屈や論理でガチガチの人ではありません」「男性の場合、絶対にほしいのが一緒に飲める女友 ... » more
テーマ 新書

藤野英人著星海社新書302013大人気投資マンガインベスターZも大推薦糸井重里氏「これはいい参考書です。うちのスタッフもみんな買いましたよ」堀江貴文氏「もっと話題になって売れていい本だ。投資・お金に対する正論 ... » more
テーマ 新書

ポール・オースターの翻訳で有名な柴田元幸先生が1992年に発表したエッセイ「生半可な学者」。講談社エッセイ賞を受賞した本作は、柴田先生が英語に関連する様々な事柄を雑誌に連載したものをまとめたもので、非常に楽しく読むことができます。英 ... » more
テーマ 新書 柴田元幸 エッセイ

『賢者の戦略』 手嶋龍一 佐藤優 世界情勢と歴史を知るための本。「だから経済大国ドイツは、EUという外部領域を必要としている」「プーチンのロシアを中国とイランの側に追いやってしまえば、その影響は真っ先に日本に及びます」「ロシアと中国がさらに連携を強め ... » more
テーマ 新書

通訳として活躍してこられて、現在、大東文化大学経済学部教授の近藤正臣先生が通訳者としての半生を振り返って、まとめられたのがこの「通訳者のしごと」です。この「通訳者のしごと」では、実際の国際会議での状況、そこでの通訳者の役割、また、通 ... » more
テーマ 新書 近藤 正臣

痔と漢方について学ぶ本。「人は50歳を過ぎると、程度の差こそありますが、誰でも痔を持っています」「では、肛門への負担って何でしょう?それは、便秘と下痢、肛門部の血行不良と不衛生」「痔は治らないが、治まる。痔を治めるに ... » more
テーマ 新書

人間の心理をうまく活用して、自由に生きていくための本。「人間なんて、あの人はいい人だなと思っていても、一晩で豹変して、あの人はとんでもない奴だとなる場合も、往々にしてあります。油断していてはいけないのです」「人は、未来に漠然 ... » more
テーマ 新書

 

最終更新日: 2017/11/24 15:43

「新書」のブログ関連商品

» 「新書」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る