誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    新書

新書

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「新書」のブログを一覧表示!「新書」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「新書」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「新書」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

『本物の教養』 出口治明 自分で考えて動くための本。「腑に落ちることが本気を呼び起こす」「仕事とはあえて言えばどうでもいいもの」「会社に過剰適応してほしくない。一人ひとりが自分の人生や家族・友人を大切にし、イキイキ、ワクワク働いてほしい」 ... » more
テーマ 新書

住居と街に関心がある方に読んでほしい本。●野澤千絵http://ris.toyo.ac.jp/profile/ja.eebd838be7aba2d5d096880b765418f4.html老いる家 崩れる街 住宅過 ... » more
テーマ 新書

ドイツ人の気質・考え方を理解する一助になる本。●三好範英ドイツリスク 「夢見る政治」が引き起こす混乱 (光文社新書)光文社 2015-09-16 三好 範英 Amazonアソシエイト by ... » more
テーマ 新書

リーダーについて考える本。「橋下徹も、トランプも、先ほど述べたサルコジ現象の典型的症例です。思考の一貫性の欠如、知的凡庸さ、攻撃性、金銭の魅惑への屈服、愛情関係の不安定というサルコジの特徴のすべてが見事に当てはまります」●池 ... » more
テーマ 新書

膨大な読書量に圧倒される本。世界と闘う「読書術」思想を鍛える一〇〇〇冊 (集英社新書)集英社 2014-07-25 佐高信 Amazonアソシエイト by ... » more
テーマ 新書

『イギリス人アナリストだからわかった日本の「強み」「弱み」』 デービッド・アトキンソン 強み・弱みとは簡単に論じることが出来ないことを知る本。イギリス人アナリストだからわかった日本の「強み」「弱み」 (講談社+α新書)講談社 2015-06-26 デービッド・アトキンソン Amazonアソシエイト by ... » more
テーマ 新書

『世界最強の女帝 メルケルの謎』 佐藤伸行 ドイツとメルケルを知る本。世界最強の女帝 メルケルの謎 (文春新書)文藝春秋 佐藤 伸行 Amazonアソシエイト by ... » more
テーマ 新書

世界情勢を理解する一助になる本。「日本の株価は、@米企業業績を映す米国株とA日本企業の輸出採算を左右するドル・円相場によって、ほとんど決まっているのである」「円換算のニューヨーク・ダウ工業株30種平均(NYダウ)である。つま ... » more
テーマ 新書

四☆月読みおひとりさまの田舎暮らし
「田舎暮らしの本」編集部編寳島社新書2014田舎暮らしにあこがれる今日この頃。雑誌の立ち読みだけでは足らないので田舎暮らしの本を購入してみました。毎月発行される「田舎暮らしの本」に連載された田舎でひとりで暮ら ... » more
テーマ 新書 老 濫読本

遊びが仕事の時代の行動力を学ぶ本。「僕は、自分の時間で忙しい。自分のことで忙しいので、忙しい状態が苦しいものではなく、むしろ楽しい時間であると感じてしまう」「自分の時間を生きる。僕が起業を勧める理由もそこにある」「こ ... » more
テーマ 新書

疲れない脳をつくる生活習慣 石川善樹著プレジデント社2016今まで自己啓発の本をいろいろよんできたけれどこれはとても面白いと思って読みました。目次第1章1日5分の瞑想が人生を変える第2章時間管理の肝は睡眠にあり第3章仕事のパフォーマ ... » more
テーマ 健康 新書

金融とマーケットを理解するための本。「ドル預金をしても円預金をしても円貨で同じ収入になるように1年先の先物が決まるということなのですよね」「国際収支は経常収支と資本収支に分かれます。〜、そして経常収支の中に、モノ+サービスと ... » more
テーマ 新書

読みたい本が見つかる本。■成毛眞面白い本 (岩波新書)岩波書店 成毛 眞 Amazonアソシエイト by ... » more
テーマ 新書

隠れ貧困〜中流以上でも破たんする危ない家計 萩原博子著朝日新書2016「年収800万でも老後破産」この帯を見たときに、800万で破産とはこの世のほとんどの人が破たんするということ?年収800万とは1か月800÷15=手取りで50万ちょっとでボーナスのある人でも ... » more
テーマ 新書

風俗について知り・考えるための本。「デリヘルに関しては自宅を事務所にして自分の携帯を受付用電話として警察に届け出れば、わずか数千円の手数料で、いつでも・どこでも・誰にでも簡単に開業することができる」「男性客には、自衛隊員や警 ... » more
テーマ 新書

闇経済で成功している人々を知る本。「女の子が経営者の自分に何を求めているのか、お父さんを求めているのか、恋人を求めているのか、敏感に察知する。女の子に自分を好きにさせる努力をしないといけない。だけど自分は女の子を好きにはならない。ス ... » more
テーマ 新書

『言ってはいけない』 橘玲 事実を知る本。「論理的推論能力の遺伝率は68%、一般知能(IQ)の遺伝率は77%だ。これは、知能のちがい(頭の良し悪し)の7〜8割は遺伝で説明できることを示している」「アシュケナージは、ドイツのという意味で、ライン川沿いのユ ... » more
テーマ 新書

『本音で生きる』 堀江貴文 圧倒的な情報量を得て、とにかくすぐ行動するための本。「言い訳しないこと」「バランスをとろうとしないこと」「自意識とプライドを捨てること」「他人の期待を満たすような生き方をやめること」「自分の課題と他人 ... » more
テーマ 新書

弱さの現れであること、つける薬はないことを知る本。「羨望というのは、他人の幸福が我慢できない怒りなのだ」「あなたが恐れているのが実は何かの影にすぎないことに気づく必要がある」「愛情欲求が強く、相手を喜ばせたい、気に入 ... » more
テーマ 新書

土建工学者、どや建築 なんだかこの頃すばらしい新日本語に出会うことが増えてきたような気がするなぁ。この前読んだ本の「どや建築」という用語はホントに共感できましたし、今回の土建工学者という言葉もすばらしいですな。それにしてもこの類の本はどうしようもない内容 ... » more
テーマ 新書 地域

まとまった時間を確保することの効能を知る本。「まとまり時間を重視せよ」「成果を上げる者は仕事からスタートしない。時間からスタートする」「自分をマーケティングしなければ、通用しない時代がやってきた」「これからは ... » more
テーマ 新書

『官能教育』 植島啓司 人間同士の親密な関係をもっと当たり前に考えられる本。「一般に単婚制は女性にとって利益であると考えがちであるが、実際には男性、特に中位もしくは下位の男性にとって快適な制度なのである」「相手が拒まない限り、ありとあらゆる女性と愛 ... » more
テーマ 新書

『スパークスする思考』 内田和成 日常生活での発想方法がそのまま仕事にも有益なことを知る本。「アナログにこだわる」「集めた情報は、整理するな、そして覚えるな「自分だけの情報にこそ、価値がある」「情報収集というものを私は、あくまでもアイデア創出 ... » more
テーマ 新書

ローマ法王に米を食べさせた男 高野誠鮮著講談社+α新書2015過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?というサブタイトルが気に入って購入しました。TBSの日曜劇場ドラマになったようですが知りませんでした。目次よりはじめに ... » more
テーマ 新書 濫読本

ドイツ帝国、ドイツ対アメリカ、ドイツ対ロシア、ドイツと中国などを学ぶ本。「ドイツの連邦情報局(BND)はごく普通のこととして、アメリカの政治をスパイしているのだからね」「ロシアは自国が事実上ドイツとの戦争状態にあることを知っ ... » more
テーマ 新書

四☆月読み大放言
大放言 百田尚樹著新潮新書6332015本屋で何度も手に取って購入しました。読んでみたいけど、難しそう・・・・・という感じで夏の終わりに書店に並んでからしばらく、表紙だけ見ていました。「永遠の0」の作者として知ってい ... » more
テーマ 新書 濫読本

『壁にぶつかったら僕は漱石を読む』 齋藤孝 夏目漱石を読む一助に。「人が大人になるきっかけとして、誰かの面倒をみるというのは大きく作用するからです」「ゲーテが、人間にとって一番重要な技術は、自分を限定する技術だと言っています」「暗唱は、その人の人生を安定させた ... » more
テーマ 新書

宇田智子著ちくまプリマー新書2352015本屋さんで購入しました。以前、著者の本を読んでいて、新しい本が出た!それも購入しやすい!読みやすい!新書という感じで購入しました。つくづく本を買う動機は小さい。でも、作者 ... » more
テーマ 新書

『私塾のすすめ』 齋藤孝 梅田望夫 自分の道を徹底的に究めていくための本。「外界の何かを好きだ思う自分の直感から始まるわけですから、自分を否定して自分を探しにいくということの対極の考え方です」「けものみちだと、固有の道が歩けるわけだから」「その強さとは ... » more
テーマ 新書

恐ろしきアメリカの実態を知る本。■堤未果http://mikatsutsumi.org/(株)貧困大国アメリカ (岩波新書)岩波書店 堤 未果 Amazonアソシエイト by ... » more
テーマ 新書

 

最終更新日: 2017/01/20 03:46

「新書」のブログ関連商品

» 「新書」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る