誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ルネッサンス

ルネッサンス

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ルネッサンス」のブログを一覧表示!「ルネッサンス」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ルネッサンス」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ルネッサンス」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

「われらの力の神に向いて喜び歌い Sing joyfully unto God」 (詩篇第81編) は、W.バード(英1543-1623)の礼拝用アンセムのひとつ。アンセムとは、イングランド国教会の礼拝(サービス)のなかの短い合唱曲のこ ... » more

W.バード(英1543-1623)は、ミサの名曲があるが、コンソート・ソングの作曲者としても素晴らしい。コンソート・ソングというのは、ヴィオールの合奏(コンソート)の伴奏を持つ独唱、または2重唱の歌曲であるが、「清らかな英国半島Fair ... » more

コヴェントリ・キャロルとは、16世紀の英国のコヴェントリで歌われてきたクリスマスキャロルで、「ラリルラ、小さき子よ(July,july thou little tiny child)」は作者不明、「ララバイ(子守唄)」は、ウィリアム・バード ... » more

プリマヴェラ(Giovan Leonardo Primavera伊1540-1585)は、イタリアのマドリガーレの作曲家で、ジェズアルドとも親交があった人であるが、その作品は、「Nasce la gioia mia(私の喜びが生まれる」以 ... » more

ロバートホワイト(英1538-1574)は、トーマス・タリス(英1505-1585)より少し後の作曲家で、ヘンリ8世からエリザベス1世に変わる、丁度、宗教改革によってカトリックからプロテスタントのスタイルへの変更を余儀なくされた時代の人であ ... » more

ラッスス(フランドル1532-1594)については、モテトゥス、ミサを取り上げてきたが、レクイエムも素晴らしい。ラッススのポリフォニーには、ナチュラルな美しさがある。湧き出る泉の音をいつまでも聞いているような魅力がある ... » more

「シオンよ汝の救い主を讃えよ」Lauda Sionは、グレゴリオ聖歌のセクエンツィア(続唱)の一つ。この曲をベースにラッスス(フランドル1532-1594)が作曲した6声部のモテトゥス。もとの聖歌にとらわれず、自由に作曲している。 ... » more

ラッスス(フランドル1532-1594)は、パレストリーナとともにルネッサンス・ポリフォニーの完成者といわれる人である。「音楽は神の贈り物」は6声部のモテトゥスであるが、ポリフォニーに深みがあり、調和のとれた美しい曲で、題名にふさわし ... » more

オルランドゥス・ラッスス(フランドル1532-1594)は、すでに宗教曲を紹介しているが、ここで取り上げるミサ曲「オスクレトゥル・メ(その口で私に口づけを)」は、ラッスス自身が作曲した旧約聖書「雅歌」の第1章「ソロモンの雅歌」に基づくモテト ... » more

ラッスス(フランドル1532-1594)は、詩篇曲を紹介したが、宗教的連作マドリガーレ「ペテロの涙」は、ラッススの「白鳥の歌」である。「ペテロの涙」は、すばらしい曲であるが、詩の比重が大変大きい。タンスイッロという人の ... » more

ラッスス(フランドル1532-1594)は、パレストリーナとともにルネッサンス・ポリフォニーの完成者といわれる人である。この詩篇曲は、詩篇6を作曲したもの。詩篇6は詩篇5と対になっていて、5は「他者弾劾の詩」、6は「自己弾劾の詩」と ... » more

先にペルコレージの「スタ-バト・マーテル」を紹介したが、パレストリーナ(伊1525-1594)のこの曲も美しい。カトリックのミサの言葉が不明朗といわれた多声音楽を、言葉がよく聞き取れるようにという要請もあり、パレストリー ... » more

パレストリーナ(伊1525-1594)の代表的なモテット。詩篇42、詩篇137に基づくものであるが、バビロンの捕囚など、イスラエルが破壊され、旧約の神に見放されてしまう絶望の時期の詩である。敵を倒す神はもはやいない、ひたすら苦しみを ... » more

パレストリーナ(伊1525-1594)のこのミサ曲は、下記のように、単旋律聖歌の聖歌をはさんだ構成になっている。カウンタテナーの美しいソロのあと、4声のポリフォニーが豊かな調和した響きを聞かせる。広く高く天に響く空間を作り出す。大変 ... » more

という曲をいろいろな作曲者が書いている。ロム・アルメ L'homme armeは、「戦士」という意味だが、この題名で歌われてきたフランス語の世俗曲があり、その歌の旋律を素材に書かれている。デュファイ(フランドル1400-1474)が ... » more

パレストリーナ(伊1525-1594)のミサは、既に代表作「教皇マルチェルスのミサ」を紹介したが、「ミサ・アスンプタ・エスト・マリアMissa Assumpta est Maria」は晩年に書かれた最も優れた作品といわれる。同題のグレゴ ... » more
テーマ ルネッサンス

パレストリーナ(伊1525-1594)のミサで、「教皇マルチェルスのミサ」「ミサ・アスンプタ・エスト・マリア」のほかに、「ミサ・ブレビス」も魅力的である。よく合唱団でも歌われるようだ。「ミサ・ブレビス」は、[Shor ... » more

この曲は、ルネッサンス後期の大作曲家パレストリーナの代表作。ルターの宗教改革でドイツ語による「コラール」が生まれ独自の教会音楽が育ってゆくなか、カトリックのミサの言葉が不明朗といわれた多声音楽を、言葉がよく聞き取れるという典礼の要請と芸 ... » more

ジョン・シェッパード(英1515-1558)は、タリスやタイと同時代に活躍したが若くして世を去っている。タヴァナー「西風のミサ」のところで紹介したように、タヴァナー、タイとともに同題名のミサ曲を作っているが、他にも教会音楽家として多くの ... » more

チプリアーノ・デ・ローレ(フランドル1515-1565)は、ジョスカンの後継者であるとともに、ヴェネティアのヴィラールトの後継者でもある。さらに彼は後続のモンテヴェルディに影響を与えている。多くのミサ曲やモテトゥスのほか、世俗曲も作 ... » more

チプリアーノ・デ・ローレ(フランドル1515-1565)は、ジョスカンの後継者であるとともに、ヴェネティアのヴィラールトの後継者でもある。さらに彼は後続のモンテヴェルディに影響を与えている。多くのモテトゥスを作曲し魅力的な作品が多い ... » more

アントニオ・デ・カベソン(西1510-1566 )については、前回「ディファレンシアス」を紹介したが、ネーデルランドのトマス・クレキヨンが作曲したシャンソン「ドゥー・ヴィアン・スラD'ou vient cela(それはどこから来た? ... » more

アントニオ・デ・カベソン(西1510-1566 Antonio de Cabezon)は、モラレスなどとともにイベリア半島の大作曲家の一人。フェリペ(カール)2世に仕えた盲目の宮廷音楽家でオルガンの作曲家ある。スペインには古くからオ ... » more

ヤコブ・クレメンス・ノン・パパ(フランドル1510-1555)は、フランドルの16世紀初頭のジョスカンから16世紀後半の大家ラッススをつなぐ一人。前回、モテトゥス「父よ、我は天に対し」をとりあげたが、「我はシャロンの花なり」(7声)「羊 ... » more

ヤコブ・クレメンス・ノン・パパ(フランドル1510-1555)は、フランドルの16世紀初頭のジョスカンから16世紀後半の大家ラッススをつなぐ一人。本名は、ヤコブ・クレマンというが、教皇クレメンス7世と区別するために付け加えた通称という説 ... » more

ヤコブ・アルカデルト(フランドル1505-1568)は、アヴェ・マリアで有名だが、ヴェルドロとともにイタリアの多声世俗歌曲マドリガーレの成立に大きな貢献をした作曲家である。イタリア気質をうまくとらえてフランドル楽派の作曲様式とうまく融和 ... » more

クリストファー・タイ(英1505-1572)は、タリスやシェッパードと同時代に活躍したオルガニスト・作曲家。すでに「西風のミサ」、ミサ曲「シネノミネ」を取り上げたが、モテトゥス「全ての民よ、手を打ち鳴らせ」も大変充実感を覚える曲である。 ... » more

クリストファー・タイ(英1505-1572)は、タリスやシェッパードと同時代に活躍したオルガニスト・作曲家で、既にタヴァナー「西風のミサ」のところで紹介した。ミサ曲「シネノミネ(「名前のない」という意味)」は、5声で、英国独自のソールス ... » more

この1曲★タリス 「4声のミサ」
タリス(英1505-1585)といえば、「エレミア哀歌」や数々の「モテット」が聞き応えあるが、「4声のミサ」も、4声の比較的シンプルなまとまりの中で快いハーモニーが展開する。ゆったりした流れに美しいささやきが交叉する。特にグローリア、 ... » more

トーマス・タリス(英1505-1585)の「エレミア哀歌」は、ルネッサンス時代の英国における宗教曲の中でバードのミサ曲(3声、4声、5声)とともに特に美しいものとしてと知られる。「エレミア哀歌」は旧約聖書に出てくる預言者エレミアが、紀元 ... » more

 

最終更新日: 2017/12/14 14:26

「ルネッサンス」のブログ関連商品

» 「ルネッサンス」のブログレビュー をもっと探す

「ルネッサンス」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る