誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ルネッサンス

ルネッサンス

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ルネッサンス」のブログを一覧表示!「ルネッサンス」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ルネッサンス」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ルネッサンス」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

デ・プレ(フランドル、1440−1521)の作品のなかで、とくに美しいといわれる作品。オケゲムの死を悼む曲が、オケゲムを引き継ぐデ・プレによって作られ、このように美しい5声によって歌われ、次世代へと音楽の調和の輪が広がってゆくこと ... » more

ジョスカン・デ・プレ(フランドル、1440−1521)は、ルネッサンス音楽の最盛期の大作曲家の一人。アヴェ・マリアは、グノーやアルカデルトなど旋律の美しいものが有名だしたくさんあるが、デ・プレのは多声音楽だから、ひとつの旋律ではなく、波 ... » more

オケゲムモテトゥス「けがれなき神の母Intemerata Dei Mater」 オケゲム(Johannes Ockeghemフランドル1410頃-1497)の聖母に関するモテットのひとつであるが、曲が大変美しい。5声で歌われる。楽園 ... » more

オケゲム(Johannes Ockeghemフランドル1410頃-1497)のレクイエムは、史上最古のポリフォニー・レクイエムといわれるものである。中世のあいだは死者のためのミサは、グレゴリオ聖歌によって演奏されてきたが、デュファイやオ ... » more

デュファイ(フランドル1400-1474)の「パドヴァの聖アントニウスのためのミサ曲」は、長い間、デュファイの作品かどうか真偽が問題になっていたようである。ともあれ、この素朴とも言うべきこのミサ曲は、心がほぐれてくる。マーラーの声楽 ... » more

デュファイ☆イムヌス(賛歌)「Conditor alme siderum(造り主なる主)」 この曲は、グレゴリオ聖歌「Conditor alme siderum(造り主なる主)」を、デュファイ(フランドル1400-1474)が、3 ... » more

デュファイ(フランドル1400-1474)のシャンソンのなかでは、「もしも私の顔が青いなら」が、同名の彼の代表作のミサにその旋律が使われていることで有名であるが、数あるシャンソンのなかで一際印象的な旋律が、「ああ,わが悲しみ(Helas m ... » more

グレゴリオ聖歌「サルヴェ・レジーナSalve,Regina」の歌詞に新しく言葉を加え、ダンスタブルがモテトゥスとして作曲したもの。グレゴリオ聖歌の旋律にこだわらず自由に作った3声の曲。優しく淡々と歌われてゆく。美しい曲だ。デ・プレに ... » more

ダンスタブル モテトゥス「聖霊よ、来たりたまえVeni Sancte Spiritus/創り主なる聖霊よ、来たりたまえVeni creator Spritus」ジョン・ダンスタブル(英1390-1453)は、中世末期イギリスの最大の ... » more

ギヨーム・ド・マショー(仏1300-1377)は、ポリフォニーの本格的なミサ曲を最初に作曲した人である。一人の作曲家がミサの通常文をすべて作曲する「通作ミサ」の最古のものがマショーの「ノートルダム・ミサ」である。古楽の黎明期であるゴ ... » more

見る ルネサンス期を代表するラファエロの聖バプティストとブロンジーノ ルネサンス期を代表するラファエロの聖バプティストとブロンジーノサンタ・マリア・ノヴェッラ駅徒歩20分2015年5月6日(木)見るPiazzale degli Uffizi, 50129 フィレンツェ、イタリアウフィツィ美術館 ... » more

ドゥアルテ・ロボ(ポルトガル(1565-1646)は、ヴィクトリア(西1548-1611)の影響下にあった隣国ポルトガルにおけるポリフォニーの第一人者である。彼の「レクイエム」はヴィクトリアの「死者のためのミサ曲」に劣らず、まことに美し ... » more

ジョン・ダウランド(1563-1626)は、バードともに英国におけるルネッサンス音楽の代表的作曲家である。主にリュート曲が中心。とりわけ有名なのが、「涙のパヴァーヌ(Lacrimae)」で、世俗歌「Flow my tears(流れよ我が ... » more

「わが青春はすでに過ぎ去り」は、スヴェーリンク(蘭1562-1621の)多くの変奏曲の中でもっとも有名な作品。ドイツの弟子を通じてもたらされた世俗曲の旋律をもとにした六つの変奏曲。「わたしの若い命は終わってゆく...... ... » more

ヤン・ピーテルスゾン・スヴェーリンク(蘭1562-1621)のオルガン曲は、コラール変奏曲などを取り上げたが、トッカータやファンタジアも彼の重要なジャンルである。トッカータハ長など鍵盤を駆け巡る目の覚めるような見事な多彩な楽想が現れる。 ... » more

ヤン・ピーテルスゾン・スヴェーリンク(蘭1562-1621)は、コラールによるオルガン曲を紹介したが、このオルガン曲「大公の舞踏会」は、イタリアの舞曲旋律に基づく四つの変奏曲で実に楽しい。主題は、エミリオ・デ・ガヴァリエリのアリア ... » more

ヤン・ピーテルスゾン・スヴェーリンク(蘭1562-1621)は、17世紀初頭のオランダのアムステルダムの旧教会のオルガニストで、即興の名手とし、北ヨーロッパにその名を知られていた作曲家。バロック鍵盤音楽の書法を開発し、その後展開するドイ ... » more

カルロ・ジェズアルド(伊1560-1613)は、モンテヴェルディと並ぶイタルア・マドリガーレの代表的作曲家。妻と愛人を殺害した痛苦の人生を送った人のようである。「聖週間のレスポンソリウム」は、木、金、土の3曲ある。「聖金曜日のための ... » more

トマス・モーリ(Thomas Morley英1557-16029) は、ジョン ウイルビー(Jhon Wilbye 英1575-1638)、トーマス・ウィールクス(Thomas Weelkes英1576-1623)とともに ルネッサンス音楽 ... » more

ルーカ・マレンツィオ(伊1553-1599)は、ルネッサンス末期のイタリアの作曲家でマドリガーレの大家として知られる。マドリガーレは、16世紀初頭からイタリアで現われた形式で、自由詩にあわせたメロディがポリフォニーで作られる。ヴィラ ... » more

アッレーグリ(伊1552-1652)「ミゼレーレ」は、パレストリーナの「教皇マルチェルス」とともにヴァチカンのシスティーナ礼拝堂に鳴り響いていたといわれ、その典礼でしか聞くことのできない秘曲だったそうである。その秘曲を、ローマを訪れたモ ... » more

フィリップ・ニコライ(独1556-1608)は、コラール「目覚めよと呼ぶ声がする」とともに、コラール「暁の星はいと麗しきかな」の作曲者でもある。フィリップ・ニコライは、ルター派の牧師であったが、彼のこれらの曲は、ミヒャエル プレトリ ... » more

ジョバンニ・ガブリエル(伊1553-1612)は、ルネッサンスからバロックへの過渡期に、分割合唱、通奏低音などによる作曲をした人。聖マルコ寺院における宗教曲集「サクラ・シンフォニア集1,2」が、当時のドイツのハスラー、シュッツ、M.プレ ... » more

ジョバンニ・ガブリエル(伊1553-1612)の ミサ曲「シンフォニエ・サクレ第2集」は、バロック時代の新しいコンチェルト様式で、ルネッサンスの多声音楽聖歌と異なり、旋律と通奏低音という2本柱で構成され、さらに器楽も使用されている。また ... » more

エミリオ・デ・カヴァリエーリ(伊1550〜16029)はルネッサンス後期、バロック初期の作曲家、オルガニスト、音楽監督。最初のオラトリオ(ひとつの劇の全体を音楽化)を書いた人といわれる。代表作は「魂と肉体の劇」。カヴァリエー ... » more

レヒナー(独1550-1606)ハスラー(独1562-1612)はルネッサンスからバロック移行期のドイツの重要な作曲家である。ルネッサンス期は、音楽の後進国だったドイツが、ルターの宗教改革とともに新たな歩みを始めた。ルターは<万人 ... » more

ヤコブ・ハンドル(ユーゴ1550-1591)はウイーン、プラハなどで活躍。ボヘミアの対抗宗教改革の作曲家。かれのモテトゥス「アヴェ・マリア」は、格別に美しい。繰り返し聞きたくなる心休まる曲。「トランペットを吹き鳴らせ」も、ト ... » more

「アヴェ・マリア」は、前にデ・プレの曲を取り上げたが、グレゴリオ聖歌の交唱「アヴェ・マリア」をベースにヴィクトリア(西1548-1611)が4声と二重合唱のための「アヴェ・マリア」を2曲作っている。一曲は、グレゴリオの原曲がそ ... » more

聖週間は、イエスの受難と苦痛に思いをはせ、悔恨のうちに祈りを捧げる期間である。ヴィクトリア(西1548-1611)の「レスポンソリウム集」は、聖週間のうち、聖木、金、土曜日の3日間の「テネブレ(暗闇)のレスポンソリウム」といわれる18 ... » more

ヴィクトリア(西1548-1611)のレクツイオ「我が心は生活に疲れたり」は、ヨブ記10章1−7節から歌詞が採られている。義人で道徳的な完全主義者であるヨブが、神から「いわれなき受難」を受け、神に抗議する内容である。「なぜ、私の不当 ... » more

 

最終更新日: 2016/12/06 10:13

「ルネッサンス」のブログ関連商品

» 「ルネッサンス」のブログレビュー をもっと探す

「ルネッサンス」ブログのユーザランキング

この1曲 1 位.
この1曲

テーマのトップに戻る