誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    興福寺

興福寺

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「興福寺」のブログを一覧表示!「興福寺」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「興福寺」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「興福寺」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

創建の姿がまもなく蘇る南都の大寺 世界文化遺産 興福寺へ 元興寺東門を出て、そのまま北上します。そしたら猿沢池が見えて来ます。それを左に見ながら、少し階段を登ると世界文化遺産興福寺に着きました。今日の奈良旅行の〆を興福寺にしました。先輩の朱印帳に興福寺を入れてほしかったこともあって、元興寺 ... » more
テーマ 興福寺 世界文化遺産 奈良の古刹

西国三十三ヶ所 第九番札所 興福寺 南円堂へ 采女神社から次ぎに、階段を登って西国三十三ヶ所第九番札所興福寺南円堂に向かいました。八角形の特徴あるお堂です。前に三十三ヶ所を回って以来、久し振りに来ました。一昨年の11月に、『〜湖都大津もみじ紀行〜特別拝観三井寺光浄院と石 ... » more
テーマ 興福寺 西国三十三ヶ所 奈良の古刹  トラックバック(1)

古寺とお城の旅日記U奈良 猿沢池へ
奈良 猿沢池へ 近鉄奈良駅の行基広場を見たあと、東向商店街を通って、10分弱で猿沢池に着きました。私は何度も来てるので先輩に是非、猿沢池に映る興福寺の五重塔を見て欲しかったからです。ほどなく興福寺の南円堂を撮ろうとしたら、鳩がこちらに飛んで ... » more
テーマ 興福寺 猿沢池 奈良の古刹  トラックバック(1)

過去2回お願いして2回奇跡を起こしてくれた興福寺南円堂の一言観音さんに行ってきました。理由は中学・高校のツレの息子が事故で生きるか死ぬかやから。病院へ運ばれた時点で意識不明・心拍停止・瞳孔も開いてたらしい。でも、奇跡 ... » more
テーマ 南円堂 興福寺 独り言  コメント(1)

興福寺 追儺会(ついなえ) 自らの罪を懺悔し新しい年の幸を祈ります。心新たに1年をはじめる行事です。 ... » more
テーマ 興福寺 奈良 節分

興福寺 国宝館と奈良商店街を散策 近鉄奈良駅から歩いて向かったのは、興福寺国宝館です。当初は他の寺院を予定してたんですが、天気が予報どおり下り坂になってきたので、次に考えてたコースに変更しました。近鉄奈良駅から歩いて10分もかかりません。興福寺は世界文化遺産に登録さ ... » more
テーマ 興福寺 奈良の古刹 グルメ  トラックバック(2)

南都に栄えた藤原氏の氏寺 興福寺へ 南山城と奈良の古刹を巡る旅の最後は、かつて南都の大寺を誇った世界文化遺産興福寺です。興福寺は、藤原鎌足の病気平癒を願って夫人の鏡女王によって建てられた山階寺(やましなでら)を起源に、710年(和銅3)平城京遷都を機に藤原不比等によっ ... » more
テーマ 興福寺 奈良の古刹 グルメ

花と自然と富士山と興福寺
興福寺 興福寺の阿修羅様に会ってきました。丁度、南円堂、北円堂が同時に特別公開だったのでラッキーでした。猿沢池からの五重塔東金堂と五重塔南円堂鐘楼三重塔北円堂拝観券阿修羅像(はがき ... » more

しろやま日記興福寺  -1255
興福寺  -1255 興福寺も久しぶりでした。奈良公園は、本当に「いいところ」ですね。駅から歩いて行ける場所で、興福寺・東大寺・春日大社や国立博物館などが、かたまって点在していて若草山もひかえている・・、こんなロケーションの場所は、京都もそうですが、 ... » more

興福寺 南円堂と北円堂  HORIHORI 6月2日で終わった奈良興福寺南円堂と北円堂の特別公開に行ってきました6/1に奈良PHP心の講演会が昼から薬師寺でありましたので午前中折角奈良まで行きますのでめったに見られない国宝の南円堂・木造不空羂索観音坐像北円堂・弥勒仏座像を ... » more
テーマ 興福寺  コメント(4)

奈良・興福寺、国宝の特別公開 奈良・興福寺の特別公開に行ってきました・創建1200年を迎える興福寺・南円堂は、年に1日しか公開されませんが、今、特別に公開されています。堂内には、高さ3メートル超の国宝・不空羂索観音菩薩坐像が安置されていました。「 ... » more
テーマ 南円堂 興福寺 北円堂  コメント(18)

横浜の翁旅と花
旅と花 薬師寺・興福寺(2012−05−18)薬師寺昔からある国宝の五重の塔は修理中でテントをかぶり、見られなかった。50年前は、この五重の塔と後一つの建物しかなかった。新しい五重の塔の礎石に溜まった水に、修理中の五十の塔が逆さまに写ってい ... » more
テーマ 興福寺 旅と花 薬師寺

☆Straight no chaser興福寺の阿修羅像
興福寺の阿修羅像 4月9日〜10日、急に思い立って、奈良と京都にサクラを観に行きました。それと、今回のハイライトは、奈良の興福寺にある「阿修羅像」を観ることです。SNCも奥さんも、写真では観たことがありますが、実物は観たことがありません。特に奥さんがぜひ観た ... » more

のぶさんウォーク まいど、のぶさんです。おしりを、こうして、こうして、よしっと。…よしっって。。なにやってんねん。(ま)(ロケ地;興福寺) ... » more
テーマ 興福寺

続・追跡者 まいど、のぶさんです。あかん、まちゃ兄ぃ見失ってしもた。とはいえ4歳児の足、そう遠くへは行けんはずや。ぼくの鯛焼き持って行きやがって〜っ絶対みつけたるぞぉ〜っ!!ロケ地:興福寺 ... » more
テーマ 興福寺

身近な写真興福寺
平成23年6月5日。8時前に目が覚めた。飛行機の音で起こされたのだ。うす雲が張り出していて陽射しを閉ざしている。おかげで爽やかな風がそよそよと流れてくる。朝刊トップでは管総理の退陣が8月と出ている。辞めると言ったのだから早く辞め ... » more
テーマ 南円堂 興福寺 デジカメ

奈良・興福寺 中金堂再建 この連休に奈良の興福寺にお参りして、特別公開の国宝をみて、隣の文殊さんに娘のお願いをしたり、中金堂の再建に協力してきました。五重塔の芯柱は桧でできていて、土台の花崗岩の上に置いてあるだけだそうで、テッペンのなんとかをささえて ... » more
テーマ 興福寺 中金堂再建 アパ  コメント(2)

奈良の旅 3日目 8月23日(月)は奈良定期観光バスに乗って、午前中は奈良公園の観光をしました。近鉄奈良駅から乗り込んですぐに東大寺に向かいました。バスを降りるとすぐに鹿がたくさん寄ってきました。東大寺の大仏殿をバックに全員で記念写真を撮りました。近くで ... » more
テーマ 奈良の旅 興福寺 東大寺

奈良に行ってきました  その2 2日目もバドミントンの試合はあるのですが、私は、後輩のSちゃんと奈良観光です。これは、平城宮跡の朱雀門です。平城京跡と言えば、だだっ広い平原でしたが、遷都1300年祭のメイン会場となるため、色んな建造物が、建設中 ... » more
テーマ 興福寺 国宝 奈良

知多猿沢池より興福寺五重塔を望む
猿沢池より興福寺五重塔を望む Canon KDX EF-S 17-85mmIS ... » more
テーマ 興福寺 国宝 奈良

知多興福寺 2010.01.20
興福寺 2010.01.20 時間が無いので、じっくりとはいきませんでした。工事が終わったらまた行くことにします。 ... » more
テーマ 興福寺 国宝 奈良

炎のクリエイター日記阿修羅像
阿修羅像 近頃はニュースを見ていてもムカつくことが多すぎる。普段の生活の中でも、ひとつの事に激怒すると一日中不機嫌な人もいるが、大人としてどうだろう?「仏の顔も三度まで」じゃ無いが、阿修羅のように三面の顔と表情を持つ特技が欲しい気がする。 現 ... » more
テーマ 興福寺 歴史巡り 阿修羅像  コメント(6)

KAZO-GAMA HATCH阿修羅像のフィギア
阿修羅像のフィギア 「阿修羅展」の阿修羅像のフィギアです。海洋堂の制作で小さくても実に精巧にできてます。東博の展示は、興福寺で見るのとは別のものを観ているようです。三十三間堂の阿修羅像も先日観ましたが、こちらのは、勇壮な ... » more

EternalTuyoshi'sRoom(剛君語り「鹿よせ」
ワァ〜〜、行きたかったのに、残念。奈良での予定を考えるための資料を調べていて、「そうだ、鹿よせダ〜」と思い、念のため検索したら、こんな情報が。3月19日までで終了!ですって。知らないで行くところでした。危ない危ない。調べて良かっ ... » more
テーマ 鹿よせ 興福寺 薬師寺

心に響く場所興福寺北円堂
興福寺北円堂 興福寺北円堂の特別開扉日に弥勒如来坐像と無著・世親菩薩像を見てきました。境内には中門基壇も完成し、復興へ向けてさらなる努力がなされています。よければアルバム「興福寺」へどうぞ。境内の様子を掲載しています。 ... » more

 

最終更新日: 2016/12/07 17:24

「興福寺」のブログ関連商品

» 「興福寺」のブログレビュー をもっと探す

「興福寺」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る