誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    筒井康隆

筒井康隆

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「筒井康隆」のブログを一覧表示!「筒井康隆」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「筒井康隆」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「筒井康隆」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

筒井康隆、アニメ「時をかける少女」を語る 「「時をかける少女」Blu-ray Disc版、7月に発売 」について筒井康隆、アニメ「時をかける少女」を語る本当の意味での2代目「時をかける少女」――筒井康隆筒井この「時をかける少女」というのは、自分にとっては ... » more

七瀬ふたたび/エンディング・テーマ 七瀬ふたたび/エンディング・テーマ1979年8月6日〜1979年8月18日ED曲「風信子どこへ」深野義和 原作:筒井康隆主演:多岐川由美 ... » more

松任谷由実 時をかける少女〜星空の誘惑('85 tour) 「劇場版『時をかける少女』主題歌」について松任谷由実時をかける少女〜星空の誘惑('85 tour)画質は悪いですが、一見の価値あり'84-85Yuming Blood tourから【ニコ ... » more

もう何十年も前のことですが、こんな座談会の記事がありました。誰の発言かは定かではありませんが、今でも覚えています。「晦渋や言うても、難解の晦渋や」「ナンカイのカイジュウ?」「南海の怪獣?」「モスラやな」 ... » more

ネガティヴ・フリクション 闇の溶解 保前信英著前回のブログに書いた筒井康隆さんの「笑犬楼の逆襲」の解説を書いた方、とうことで気になり、検索したら、こんな著作のある作家さんでした。彼の文体は、いわば、音の無い恐怖と不安の波動。 ... » more

2004年に発行された 筒井康隆氏の「笑犬楼の逆襲」に 、保前信英氏が、筒井氏に直接依頼されて書いたという解説がついて 文庫化されていました。 「笑犬楼の逆襲」文庫版新潮社2007年8月1日発売 私は筒井康隆氏の本は大好 ... » more
テーマ 筒井康隆

ガーネットの曲に合わせて歌詞がながれます 曲名:ガーネット劇場版『時をかける少女』主題歌歌:奥華子 人気ブログランキングへ劇場版『時をかける少女』主題歌 ... » more

劇場版『時をかける少女』主題歌 曲名:ガーネット劇場版『時をかける少女』主題歌歌:奥華子 奥 華子(おく はなこ、1978年3月20日 - ):日本のシンガーソングライター・作曲家である。本名同じ。千葉県船橋市出身。東邦音楽大学トランペット専攻卒業 ... » more

広瀬正は不遇の作家である。 作家デビューして10年間を“売れない作家”として過ごし、処女長編となるこの『マイナス・ゼロ』(1970)でやっと認められたものの、1972年、48才の若さで路上にて心臓発作に倒れてしまう。 『マイナス・ゼロ』『ツ ... » more

優柔不断の不眠日記つなやでおもちゃを
つなやでおもちゃを ・・・通天閣前から霞町へ出る広い通りの右側に、ツナヤという大きな玩具店があり、ここの看板には大きな顔が三つ描かれていた。怒った顔、泣いた顔、笑った顔である。「ツナヤでオモチャを顔、顔、顔」と読ませたらしい。ぼくが子供だったせいもあろうが、た ... » more

「家族場面」筒井康隆著 90年代前半に書かれた短篇7編を収録した作品集である。当Weblog運営者は著者の筒井康隆さんの作品、とくに昭和の頃の作品がたいそう好きで、だからこーゆー比較的さいきんの作品を読んでもほとんど無批判に受け容れてしまうので、客観的に面 ... » more

映画『パプリカ』を先月のうちに観に行って来ました!その感想をようっやく書きます♪前々から私は今敏監督作品が好きで。存在を知ったのは前作『東京ゴッドファーザーズ』を観てだったのですが、それから興味を持って他の作品も制覇していっ ... » more

「時をかける少女」 筒井康隆 小説ミニレビュー。「時をかける少女」筒井康隆角川文庫短編集点数:魚(感想)うわさの映画、アニメ版「時をかける少女」を見たので、当然、原作も読んでみました(※アニメ版のほうは噂どおりの良作)。が・・・、これ ... » more
テーマ 筒井康隆 読書 1点

この俺、わたくしめが見事に成功をおさめた禁煙法をここに特別に公開する。まず、10代から喫煙をはじめ、1日も欠かすことなく熱心に吸い続け、最終的には1日2箱を開けるくらい真面目に喫煙に取り組む。そうこうするうちに49歳になり、ある ... » more

書道楽ブログ「富豪刑事」筒井康隆
深田恭子主演でTVドラマにもなったので、TVを観てこの作品を知ったと言う人は多いと思います。実は私もその一人です。(笑)実際、TVは2回くらいしか観ていませんが、深田の力のヌケ具合がケッコウ好きで(笑)、機会があれば原作を読んでみた ... » more

「アルファルファ作戦」筒井康隆著 短篇9本を集めた文庫本である。その元となった単行本は昭和43年刊、初出誌は“SFマガジン”“プレイボーイ”“小説現代”、ということは、昭和9年生まれの著者が三十歳台の前半に流行作家として書きまくっていた時期の短編群であるということだ。 ... » more

銀齢の果て読了。著者言うところの「わたしのグランパ」、「敵」に続く老人三部作最終作であり、バトル・ロワイアルの老人版として発想を得たようだ。スラプスティック作品の系列に位置するが、往年の作品に比べると表現は控えめかつある意味上品な感じ。老人 ... » more
テーマ 筒井康隆

「バブリング創世記」筒井康隆著 筒井康隆さんの短編集の中では、初期の若さと筆力に任せたひたすらドタバタな作品群から、ラテンアメリカの奇想天外な文学に影響を受けて、ドタバタであることに根拠を持った意図的な作品群に移行していた時期に属する短編集である。正直なところ ... » more
テーマ 筒井康隆 徳間文庫

以前,松本清張の「或る『小倉日記』伝」について書いた(http://dayinthelife.at.webry.info/200510/article_3.html).今回,松本清張のつながり(知る人ぞ知る)で,筒井康隆の「大いなる助走 ... » more
テーマ 筒井康隆 小説

「ベトナム観光公社」筒井康隆著 人体はパイである。戦争は消費である。ウンコは食糧である。言語は玩具である。↑BIGLOBEのWeblogはテーマ別新着ページで冒頭のパラグラフが引用されるので、それっぽいアオリ文句を書いてみました。中学生だった自分を『 ... » more
テーマ 筒井康隆 中公文庫

どうも原作を微妙にたどっているはずなのに、イメージが違って見えてしまうのですが。というのは、それぞれのキャストの原作の性格が違いすぎ!主人公(神戸大助)は、確かに金持ちではありますが、一般人の価値もある程度は分かっているし、 ... » more

Cassiopeia Sweet Days富豪刑事
今日から木曜ドラマで「富豪刑事」がスタートしました。もともと原作は大好きなので、ドラマ化されるとということで興味はあったのでした。まあ、設定が大富豪の息子ではなく孫娘、というところで一抹の不安はあったわけですが…。とりあえず第1 ... » more

「串刺し教授」筒井康隆著 著者の作品のうち少なくとも文庫化されたものは全て読んでいるはずだ。なにせ中学生のとき人生はじめて傾倒したのが筒井さん(と表記するのが公式である)だったから。しかし正直、「虚航船団」以降の作品にはやや距離を置いている。その理由は ... » more

 

最終更新日: 2016/12/07 03:24

「筒井康隆」のブログ関連商品

» 「筒井康隆」のブログレビュー をもっと探す

「筒井康隆」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る