誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    筒井康隆

筒井康隆

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「筒井康隆」のブログを一覧表示!「筒井康隆」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「筒井康隆」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「筒井康隆」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

優柔不断の不眠日記母子像
母子像 10月26日のブログで紹介した浪速区恵美須町の駐車場で暮らす親子http://yujufudan.at.webry.info/201610/article_5.htmlこれは11月3日の母子母登場。と ... » more

西成の過保護catとの再会 去年の10月に日傘をさしてもらっていた優雅な過保護catこの家にはいつもにゃんこがたくさんいて、小さな爺さんが甲斐甲斐しく世話を焼いている。http://yujufudan.at.webry.info/201510/article_ ... » more

【書籍紹介】 筒井康隆が「最高傑作」と宣言 最後の長編『モナドの領域』 筒井康隆が「最高傑作」と宣言最後の長編『モナドの領域』NEWSポストセブン2016.01.07 16:00http://www.news-postseven.com/archives/20160107_374032.html ... » more
テーマ 筒井康隆 モナドの領域 書籍紹介

「モナドの領域」 筒井康隆著(新潮社 1,512円税込) 「モナドの領域」 筒井康隆著(新潮社1,512円税込)モナドの領域新潮社 筒井 康隆 Amazonアソシエイト by モナドの領域 [ 筒井康隆 ]楽天ブックス 筒井康隆 新潮社発行年月:2015年12月 ... » more
テーマ 筒井康隆 小説 モナドの領域

【ベストセラー早読み】  「モナドの領域」筒井康隆著(新潮社 1400円+税) ベストセラー早読み「モナドの領域」筒井康隆著(新潮社1400円+税)日刊ゲンダイ2016年1月5日http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/172690「 ... » more
テーマ 筒井康隆 ベストセラー早読み モナドの領域

繁栄の昭和 筒井康隆 エッセイ?小説? 何とはなしに手にして読み始めたので、作者の立ち位置がわかってなかった。タイトルと表紙の絵からしてエッセイなのかな、と思ったのが大間違い。なんだかわけのわからぬ世界に入り込んだ。筒井康隆をあまり読んだことがないので、こ ... » more
テーマ 筒井康隆 読書 繁栄の昭和

菊地成孔 ネ申・筒井康隆との一言もしゃべれなかった対談〔14/2/2 miyearnZZ Labo〕 miyearnZZ Labo2014年2月24日菊地成孔 ネ申・筒井康隆との一言もしゃべれなかった対談http://miyearnzzlabo.com/archives/17683菊地成孔さんがTBSラジ ... » more
テーマ 筒井康隆

【今週の必読】 性欲なき男の現代版源氏物語絵巻…『聖痕』筒井康隆著 (新潮社 1,470円 ) 今週の必読性欲なき男の現代版源氏物語絵巻『聖痕』 (筒井康隆 著)週刊文春2013.07.22 07:00つついやすたか/1934年大阪市生れ。60年、SF同人誌〈NULL〉を創刊。81年『虚人たち』で泉鏡花 ... » more

文学界の巨匠、筒井康隆。77歳のオジサマが「ハルヒ」の絵師と組んでライトノベルを出すとは……。この表紙は77歳の本ではない!ぶっ飛び方が流石すぎる筒井康隆。 この柔軟性は神。読む前から驚愕の本書。 ... » more
テーマ 筒井康隆

此処にそして彼方に壊れる
時々、そんな言葉の使い方は変だと思う時がある。一番嫌いな言葉は『やばい』で、縁故採用の新人は某大企業幹部のお嬢様であるがこの言葉を連発するのには大変驚き、きっと成金家族のお生まれと思う事にした。極貧の我が家で ... » more
テーマ 筒井康隆 読書

一日中、だらだらしていたのだ。木南晴夏主演の「家族八景」を何回分かまとめて見たのです。言うまでもないが、原作は、筒井康隆。かもちゃんが大学生のころも、筒井康隆は大人気作家。政治学の必読文献に「心狸学・社怪学」「俗物図鑑」 ... » more

木南晴夏主演「家族八景」第8話「亡母渇仰」を見た感想  鬼才筒井康隆の「家族八景」がドラマ化されているのだけれど、なかなか見る時間がなかった。初めて「通し」で見たのでした。番組公式サイトから引用お話は、「家政婦は見た!」の市原悦子が、人の心を読めるエスパーだった、といった ... » more

『大いなる助走』をご紹介いただいて以降、筒井氏の作品を幾つか読んだのですが、その感想を会社で話していたときに出た話題が原田知世さん。オッサン世代が時をかける少女の話をしたら、当然原田知世さんの話になります(笑)。原田さんが主 ... » more

先日、第144回直木賞受賞作が発表されましたが、本作は、その直木賞が欲しくて欲しくてたまらなくて思い詰めてしまった青年・市谷京二を描いた物語です。東野圭吾氏の『黒笑小説』を読んだ際に、テーマが似ているということでご紹介いただ ... » more

「七瀬ふたたび」_シーシュポスの神話 11/20日、イオンシネマ佐賀にて「七瀬ふたたび」を観る。筒井康隆の同名小説の映画化で”家族八景”、”エディプスの恋人”とともに七瀬三部作といわれる連作ものの一つ。原作未読なのだけれども、筒井作品は学生の頃、社会人になってから結構読 ... » more
テーマ 筒井康隆 タイトル「な」行 映画

暇ならオレを読め!筒井康隆『敵』
筒井康隆『敵』 筒井康隆による老人妄想雑感小説。妻に先立たれて一人暮らしをしている75歳の元大学教授・渡辺儀助が、日常を読者に語りかける風に物語は進む。一日をどのように過ごすとか、人間関係、食べ物、趣味などをこと細かに説明する。前半はこれでもかとい ... » more
テーマ 筒井康隆

『時かけ映画祭』のチラシ 『時かけ映画祭 (2010年2月27日予定)』“Tokikake Film festival”ココで一発!ランキング応援クリックをヨロシクw検索・画像お持ち帰りの方は特にwにほんブログ村いつもクリックありがとう♪ ... » more

「言語姦覚」筒井康隆著 “ことば”に関するものを中心に、1980年前後の数年間に書かれたエッセイをまとめたもので、タイトルからして冒頭の一篇「現代の言語感覚」を、さかしらにモジっていて、なんだかこそばゆい。当時の著者筒井さんは、小説ではターニングポイントと ... » more
テーマ 筒井康隆 中公文庫

「玄笑地帯」筒井康隆著 完全にファン限定のエッセイ集。読者にサービスしようという意図が薄いうえ、構成に改行が一切無いため、とっつき悪く読みにくい。それもそのはず、本書は、1980年代に“筒井康隆全集(全20巻)”が刊行された際に、付属した月報に筒井さん ... » more

「You Tubeが…(涙)、という状況なので、今日は筒井康隆の傑作の紹介です」 筒井康隆/富豪刑事 ここ何日か、You Tubeの動画が再生できなかったり、ブログに貼り付けるページに進まなかったりと、こまった状態が続いています。記事の続きは書けないし、新しい音楽の記事も書けません(涙)。毎日、毎日、自分PCの設定がおかしく ... » more

風のない場所残像に口紅を/筒井康隆
残像に口紅を/筒井康隆 「あ」が使えなくなると、「愛」も「あなた」も消えてしまった。世界からひとつ、またひとつと、ことばが消えてゆく。愛するものを失うことは、とても哀しい…。言語が消滅するなかで、執筆し、飲食し、講演し、交情する小説家を描き ... » more
テーマ 筒井康隆 読書

「驚愕の曠野」筒井康隆著 物語が地平を遊離するとともに読者が現実を遊離する作品。たぶん伝えきれないと思うが書いてみよう。本書のベースは、いつ誰が書いたとも知れない何百巻、何千巻の架空の流離譚(あてのない旅の記録)である。その流離譚を読み聞かせ ... » more
テーマ 筒井康隆 河出文庫

「俺が作者だ!文句あるか!?…という作者の声が聞こえてきそうです(笑)」 筒井康隆/エディプスの恋人 七瀬シリーズ3部作の最終章『エディプスの恋人』を読みました。七瀬は、家政婦からエスパー集団のリーダー的存在になって反エスパー集団に暗殺された後、なんと生き返り、最終的には神とコンタクトをとる存在にまでなっていました!家政婦〜暗殺 ... » more

「NHKに騙されるな!」 筒井康隆/七瀬ふたたび 筒井康隆の『七瀬ふたたび』を読み終わった。そして、とっても嫌な気持ちになっている。怒りが湧いてきていると言った方がよいか?いや、そこまで言ったら言い過ぎか(苦笑)?とにかく、疲れてしまった。「うーん」と考えさせられ、徐々に「そり ... » more

富良野ラベンダー生活2 − 547日目 − ◆◆ 2008年10月9日(木)◆◆天気→晴れ時々くもり/最高体感外気温→23度/最低体感外気温→5度 ★★★第547話『いよいよ今日ですね”七瀬ふたたび”!』→このドラマは作家の筒井康隆さん原作です。いやー、筒井さんの作品好きなん ... » more

17歳の蓮佛美沙子で…伝説の「七瀬ふたたび」再び 17歳の蓮佛美沙子で…伝説の「七瀬ふたたび」再びNHK少年ドラマシリーズとして1979年に放送され、SFファンの間でカルト人気を呼んだ筒井康隆原作の伝説のドラマが帰ってくる。10月9日スタートのドラマ8「七瀬ふたたび」(木曜午後 ... » more

ロートレック荘事件 [筒井康隆] ロートレック荘事件筒井康隆「浜口重雄」。文中に挿入されたロートレック荘の間取り図には、このように記載されている。この真相が明らかになったとき、まさに自分の注意力の無さに唖然としてしまった。「おれ」と「君」の使い分けで ... » more

筒井康隆ブログ開始 73歳筒井康隆ブログ開始偽文士演じてみたくて…… SF作家の巨匠・筒井康隆さん(73)がブログを開始した。70歳を超えたベテランの小説家がブログを書くことは珍しいが、筒井さんには早い段階からインターネットに注目し、先駆的な取り組 ... » more
テーマ 筒井康隆 SF作家 ブログ

「家族八景」筒井康隆/清原なつの著 小説のほうの「家族八景」は初版が昭和50年となっているから、もう30年以上も前の作品である。この画像は現行のものとは異なり、改版前の真鍋博氏によるもの。しかし内容はいまだに古びない、と安易に続けてしまうのは流れとしては危険で ... » more

 

最終更新日: 2016/12/07 03:24

「筒井康隆」のブログ関連商品

» 「筒井康隆」のブログレビュー をもっと探す

「筒井康隆」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る