誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    芭蕉

芭蕉

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「芭蕉」のブログを一覧表示!「芭蕉」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「芭蕉」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「芭蕉」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

《京にても》 芭蕉元禄三年の句に、>京にても京なつかしやほとゝぎす(643、岩波文庫)がある。六月二十日づけの小春宛書簡に出る句だという。あるパンフレットの中でふとこの句を目にして、つづく文章をみていると、 ... » more
テーマ 俳句 芭蕉 京都

訪問 山中温泉に泊まった松尾芭蕉の宿の隣を改築 芭蕉の館 山中温泉に泊まった松尾芭蕉の宿の隣を改築芭蕉の館JR北陸本線加賀温泉駅バス30分徒歩5分2016年8月13日(日)訪問石川県加賀市山中温泉本町2丁目86番地の1入館料100円木造2階建て明治38年建築、平成16年改築 ... » more
テーマ 芭蕉 石川県 旅館

森林木讃歌芭蕉の句碑
芭蕉の句碑 芭蕉の句碑(東松山市上野本)名月の花かと見えて棉畑 ... » more
テーマ 芭蕉 棉畑

◆10月12日きょうは『芭蕉忌』です。今日は松尾芭蕉の亡くなった日です。ちょうど322年まえ元禄七年【1694年】に大阪で亡くなりました。 10月12日は『芭蕉忌』といわれています。『時雨忌』『桃青忌』『翁忌』ともいうよ ... » more
テーマ 紀藤元之介 周易ごよみ 芭蕉

しぐるゝや田のあらかぶの黒む程 時雨が冬田に降っている情景を芭蕉が見事に仕立てた句である。元禄三年(1690)、47歳の俳聖は義仲寺を出て、故郷の伊賀上野へと向かう。詞書には「旧里(ふるさと)の道すがら」とあるので、その帰郷途中で得た句であることがわかる。 ... » more
テーマ 俳句 芭蕉

芭蕉句碑 伊勢崎・玉村 1.よく見れば薺花さく垣根哉3.薬園のいつれの花を草まくら4.此の松の実生せし代や神の秋5.どむみりと樗や雨の花くもり6.しぐるゝや田のあら株のくろむほど7.涼しさやすぐに野松の枝の形8.這出でよかい屋が下の蟇の声 ... » more
テーマ 群馬県 芭蕉 句碑

今日は松尾芭蕉の亡くなった日です。321年まえの1694年・元禄七年に大阪で亡くなりました。10月12日は『芭蕉忌』といわれています。ほかに『時雨忌』『桃青忌』『翁忌』ともいうようです。・松尾芭蕉は 時雨の句をよく詠み、 ... » more
テーマ 周易ごよみ 芭蕉 加藤大岳

季語は・・・芭蕉忌芭蕉忌や おこがましくも 俳諧す【去年の今日】週話§日曜日乗〜嵐の前の静けさかな〜 ... » more
テーマ 俳句 芭蕉

「俳句四季」2015年8月号(東京四季出版)向け「俳句の新詩学S浮世絵と俳句」を送稿した。北斎の≪神奈川沖浪裏≫と芭蕉の「荒海や」の基本原理を分析し、共通性を指摘した。参照「俳句四季」2015年7月号向け「俳句の新詩 ... » more

文学碑探訪「草加松原文学散歩」 元禄2年(1689)、3月27日、深川の杉風(さんぷう)の別墅から奥の細道の旅に出た芭蕉は、船で隅田川を千住まで遡航する。「行春や鳥啼き魚の目は涙」の句を矢立の始めとして、人々が「後かげのみゆる迄はと見送」るなか、「奥羽長途の行脚」が始 ... » more
テーマ 芭蕉 おくの細道 草加松原

《久々野の風光》 風光明媚という言葉があるが、わたしにとって風光明媚とはまず空気が透明できれいなこと。高山市の久々野というところも、そんな場所のひとつだ。こんなところにわたしなりの《幻住庵》が営めたらよいと思うのだが。後ろの山は舟山ど ... » more
テーマ 芭蕉 草木虫魚 写真

今日は松尾芭蕉の亡くなった日です。ちょうど320年まえ1694年、元禄七年に大阪で亡くなりました。10月12日は『芭蕉忌』といわれています。ほかに『時雨忌』『桃青忌』『翁忌』ともいうようです。・松尾芭蕉は 時雨の句をよく詠み ... » more
テーマ 俳句 周易ごよみ 芭蕉

大輪靖宏著『なぜ芭蕉は至高の俳人なのか』を読んで 大輪先生が表記の著作を上梓された(祥伝社、平成26年8月)。氏は上智大学の名誉教授で日本伝統俳句協会の副会長であられる、が筆者にとっては、鎌倉女子大学の社会人講座『おくのほそ道―鑑賞と研究』の講師の先生として存じ上げている。俳句結社「輪」の ... » more
テーマ 芭蕉 蕪村 大輪靖宏

《芹生: あおば若葉》 昨日も今日も天気は優れない。ずっと家にいるとくさるので、昨日はコイズミ楽器店に行って来た。お水取りで見た、柄のついた金属器を上に向けて回転させて音を出すもの、あれが何か?同じようなものは手に入らないかと探した。結局見つからない。 ... » more
テーマ 芭蕉 芹生 若葉

《枯野》 芭蕉の句、>旅に病(やん)で夢は枯野をかけ廻(めぐ)る(926)は彼の辞世の句と考えてよいのだろう。いったいどこをかけ廻り、走りまわっていたのだろう?いや、勿論枯野をかけ廻っていたのだろうが、それはどんな風景の場所だ ... » more
テーマ 芭蕉 辞世 枯野

訪問 生誕地に歴史ある平屋建て記念館 芭蕉翁記念館 生誕地に歴史ある平屋建て記念館芭蕉翁記念館伊賀線上野市駅徒歩6分2013年9月23日(月)訪問 三重県伊賀市上野丸之内117−13 鉄筋コンクリート製、平屋建て昭和34年建築《平屋建てで奥まっていて細い入り口 ... » more
テーマ 芭蕉 日本 三重県

《風雅の師走》 大掃除。例年のように「東北クリーンセンター」に壊れた家電製品や家具など、大型ゴミを持込んだ。来年は1月1日と朔日が重なる。といっても1月1日は新暦のことなのだが。それでも夜の暗さは感じられるか?芭蕉の句: ... » more
テーマ 大型ごみ 芭蕉 風雅

散歩 深川江戸めぐり 芭蕉ゆかりの深川を、森下駅から門前仲町駅まで丸1日かけて散歩してみました。江戸の名残が残っているような街並みです。最初の写真は芭蕉記念館墨田川を眺める芭蕉像日本のセメント発祥の地に立つ浅野総一郎の像 ... » more
テーマ 芭蕉 散歩 深川

「1画1言 上を目指して」 喘ぎながら登ってきた山寺も、ここまで来れば、OKです。奥に見えるのが、一応、奥の院ですから、目の前の階段を登るだけです。前述の「閑さや岩にしみ入る蝉の声」を詠んだのが1689年ですから、その5年後に、芭蕉は「旅に病んで、、」、50 ... » more
テーマ 芭蕉 山寺

アラ古希日記「1画1言 セミ塚」
「1画1言 セミ塚」 「閑さや岩にしみ入る蝉の声」の句で有名になった山寺には、「セミ塚」があります。 芭蕉が弟子・曾良と共に歩いた記録が「奥の細道」ですが、この曾良は、江戸幕府が仙台の伊達藩の内情を探るために送った隠密で、芭蕉は、そのカモフラージュだった ... » more
テーマ 芭蕉 セミ塚 山寺

アラ古希日記「1画1言 山寺」
「1画1言 山寺」 2008年にバスツアーで来て、山寺に登りました。山寺は通称で、本来は、860年頃、慈覚大師が開いた天台宗のお寺:宝珠山立石寺で、山形県にあります。1689年、芭蕉が訪れ、「閑さや岩にしみ入る蝉の声」を詠み、有名になりました。旅の ... » more
テーマ 芭蕉 山形県 山寺

閑けさや巌にしみ入る蝉の声! ここは立石寺。360年前に芭蕉、この碑を遺しているが、正に今日は最後の夏なのか蝉の声がひびく!20年前に家族連れできたが、記憶では、登山中もっと明るく景色に解放感があったが、杉林の成長で上の方以外は鬱蒼としていた ... » more
テーマ 芭蕉 山形県 山寺

『 老鶯の声森森と吾を撃つ 』つけ句あそび575交心vr2202 ★。・。・゜♪゜・。・。★つけ句あそび575交心★。・。・゜♪゜・。・。★★つけ句あそび575交心v13r082202――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪―― ... » more
テーマ 芭蕉 言葉あそび 写真俳句

blog平成奥の細道更科紀行
更科紀行松尾芭蕉さらしなの里、お(を)ばすて山の月見ん事、しきりにすゝむる秋風の心に吹(ふき)さは(わ)ぎて、ともに風雲の情をくるはすもの又ひもとなしと、越人(ゑつじん)と云(いふ)。木曽路は山深く道さがしく、旅寐の事も ... » more

blog平成奥の細道笈の小文
笈の小文松尾芭蕉百骸九竅(ひゃくがいきうけう)の中に物有。かりに名付(なづけ)て風羅坊(ふうらぼう)といふ。誠にうすものゝかぜに破れやすからん事をいふにやあらむ。かれ狂句を好(このむ)こと久し。終(つひ)に生涯のはかりご ... » more

おくのほそ道芭 蕉 宿 泊 地元禄2年(1689年)宿泊地陰暦陽暦深川(出立)3/205/9粕壁3/275/16間々田3/285/17鹿沼3/295/18上鉢石4/15/19玉入4/25/20余瀬4/35/2 ... » more

blog平成奥の細道おくのほそ道
おくのほそ道松尾芭蕉底本:素龍本(西村本)序 月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。舟の上に生涯をうかべ、馬の口とらえて老をむかふる物は、日々旅にして旅を栖とす。古人も多く旅に死せるあり。予もいづれの年よりか、 ... » more

行って見たところ<鹿島・その2> 「根本寺」 芭蕉の鹿島詣は貞享四年(一六八七)八月十四日であるが、江戸への帰着日は不詳のようである。鹿島からの帰路、潮来の自準を尋ね三吟を巻いたのが二十五日頃と言われているので、鹿島・潮来には十日以上は滞在していたようである。それにしても芭蕉の移動は敏 ... » more
テーマ 芭蕉 行ったところ 根本寺

《初夏の野の草の色》 いつもの市原の野。しばらく行ってなかったが。地下では水争いがあるらしく最初に負けるのはいつもよもぎ昔はこんなに地面が乾くこともなかったように思うが巻くものは巻き渇くものは渇き咲くも ... » more

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。世界中のすべての方が幸せにありますように!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆2013年平成25年4・ ... » more
テーマ 芭蕉 幸せ

 

最終更新日: 2016/12/08 14:15

「芭蕉」のブログ関連商品

» 「芭蕉」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る