誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    映画監督

映画監督

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 映画
テーマ「映画監督」のブログを一覧表示!「映画監督」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「映画監督」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「映画監督」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

私のダグラス・サーク体験! ヘンな人たちが騒いでいるので、気持ち悪いなあと思い、今回は1本も観なくてもいいかとも思ったのですが、結局ついフラフラッと3本ばかり観てしまいたしたダグラス・サーク。観なくてもいいかと思ったのは、以前「黄金のシネマテーク」と題された特 ... » more
テーマ 映画監督 アメリカ映画 映画祭(日本)  コメント(9)

パク・チャヌク__監督 ■パク・チャヌク(韓国)作品2006「サイボーグでも大丈夫」2005「親切なクムジャさん」2004「美しい夜、残酷な朝」2003「オールド・ボーイ」2003「もし、あなたなら〜6つの視線」20 ... » more
テーマ 映画監督 パク・チャヌク  コメント(2)

ローラン・カンテ監督について調べてみました! 今年のカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞したフランスの映画監督ローラン・カンテについて調べてみました。◆プロフィール1961年、フランス西部のドゥー=セーヴル県メル生まれ。両親は学校の先生。マルセイユの学校で、オー ... » more

アンソニー・ミンゲラ死す! アンソニー・ミンゲラ監督が亡くなったそうです。そんな死ぬような年齢ではないはずだと思って調べてみると、まだ54歳でした。第一報では、病気なのか、事故なのか、死因は発表されませんでしたが、その後、首に痛みを感じて、ロンドンの病院に入院 ... » more

監督デビューする俳優たち 2008! サラ・ポーリーの『アウェイ・フロム・ハー』、ジュリー・デルピーの『パリ、恋人たちの2日間』など、このところアカデミー賞でもセザール賞でも俳優による監督作品が相次いで高い評価を受けています。そこで、今回は、ここ1〜2年に発表された俳優の監 ... » more

アメリカで映画監督として活躍する日本人 山本兵衛 アメリカで活躍している日本人映画監督・山本兵衛さんについて調べてみました。◆山本兵衛1973年生まれ。高校を中退後、米マサチューセッツ州のノースフィールドマウントハーモン校に入学。ここを卒業後、ニューヨーク大学Tisch ... » more
テーマ アカデミー賞 映画監督 海外で活躍する日本人  コメント(4)

「普通伝説」41章 ♪「アイヌの神黒百合の唄」伏見直樹ver,安達由美のお母さん安達有理・レポーター梨本勝・第三弾に撮った映像伏見直樹ジゴロコレクター私の後は歌手の三東ルシアこれでホットエンターテイメントの芸能編撮影は終わりらしい ... » more

「悪女伝説」 39章 DVDイメージ画伏見A〜N人〜Z第四回SEIBUミュージックグランプリ特別賞を受賞した悪魔のデート/恐山をBGMとして起用したジゴロコレクターSEXは神(2007ザ・ベストビデオ新人監督賞受賞。スタジオボ ... » more

「怪物童夢」 38章 最強の怪物伏見直樹悪魔のデート♪悪魔のデート歌・伏見直樹「神は私を選んだ。私は伏見直樹は勝負をする時は必ず天に両手を開いて。神の力を借りる。30秒ぐらい。そうすると偶然か大雨の日でもそこだけが晴れるような感じがする。 ... » more

『初恋爆破』 11章 『海賊列伝』 〜黄金伝説〜 12章 07.9/12 口述記載エピソード「私の人生を変えた女性 峰富士子のような女性。彼女は私にこう言ってくれた。「世の中あんたみたいに真面目なホストは見た事ない。悪い奴はいっぱいいる。ホストアンド893だった ... » more

伏見直樹の近況:「現状打破」  7章 伏見直樹の近況「私は少年野球の監督のOBとして応援に行ったり。好きな映画と音楽と仲間と焼酎を飲みながら雑談の毎日。麻雀が好きなので毎日のように店長としてやっている。今は贅沢はしなくても食っていければいいと ... » more

芸能夜王 ジゴロヒストリー 6章 ギャッピーもお勧め!メッセージ:中野ブロードウェイ・タコシェのマスターよりDVD「ジゴロコレクターSEXは神」監督・伏見直樹。発売中! ... » more

「紅車髑髏」 ジゴロヒストリー 5章 下田葉山天皇陛下の別荘前クルージング「日本の芸能人の中で私が出会った人たちの感想。男性で一番オーラがあったのは松田優作。映画『コミック雑誌なんかいらない』プロデューサーはロックの神様・内田裕也。監督・滝田洋二郎の ... » more

『先祖霊神』 ジゴロヒストリー 3章 この世は政治家も企業の社長も悪人か善人。悪がまかり通る世の中。全てが金。金。金。金。金。金。金。金。金。金。金。金。金。金。誰が悪を裁くのか警察にも悪人がいる。裁きがあるとしたら、神のみだろう。神と一番身近に交信できるのはご先 ... » more

伏見直樹の親父・御袋・妹 ジゴロヒストリー 4章 新聞・内外タイムスより「親父は七人兄弟の二男。親父の口癖「人に迷惑はかけるな。借金はするな。保証人には絶対なるな。友達は絶対貸し借りは絶対するな。友達を失うから。親に絶対迷惑はかけるな。後は自分の好きなことは ... » more

神話交信 ジゴロヒストリー 2章 メッセージタコシェより「タコシェのマスターありがとう!」伏見直樹より ※詳細前頁参照。[前回ヒストリーの続き] ... » more

伏見直樹の御意見番 メッセージ 『愛鬼神』  第一章 ジゴロヒストリー 「あなたの運命と人生、幸せの数々の言葉から想像できる映像「言葉のスポーツ・言葉の祈る心」をテーマにした人生の心のキャッチボール。苦しい時こそ言葉が人生を変えることができる、最高・最大なるメッセージ。伏見直樹があなたを救う伏見直樹の ... » more

上田秋成の「雨月物語」が大好きで夏は妖怪・幽霊話を・・と思い溝口健二監督作品「雨月物語」を見直しました。原作が好きなので、それとくらべがちですが原作をそこなわない、幽玄、背景の造り、光の使い方大人が鑑賞する逸品で ... » more

アントニオーニ死す! 生涯監督作品35本!(長短含めて) ミケランジェロ・アントニオーニ監督がお亡くなりになりました。ベルイマンと同日になくなったんですね。1912年生まれの94歳。【フィルモグラフィー】◇1941年『ギリシャからの帰還』(脚本)(監督=ロベルト・ロッセリーニ) T ... » more

ベルイマン死す! 生涯監督作品 63本! イングマール・ベルイマンが7月30日に亡くなりました。89歳だったそうです。昨年『サラバンド』が劇場公開されましたが、あれはTV作品だったわけで、『ファニーとアレクサンデル』を最後にもう映画は撮らないという宣言は言葉通りだったことに ... » more

映画はともだち映画監督で見る U 
ミステリー、サスペンスが好きな私としては、まずこの三人はチェックアルフレッド・ヒッチコック監督ブライアン・デ・パルマ監督ロマン・ポランスキー監督あとは、ミステリー・サスペンス映画紹介 ... » more

私の映画の見方は、まず新作で評判がいい映画をチェックもしくは、ミステリー中心、好きな俳優さん、その中に最近は監督で見る!が入ってきた。ハリウッドのキラ星のようにいる監督さんは今日はおいといて、私のおすすめの、カテゴリーに黒澤明監 ... » more
テーマ 映画監督 映画

Channel0292モノがありすぎる「限界」
6月29日の日経新聞夕刊「追想録」に、5月23日に亡くなった映画監督・熊井啓さんの記事が出ていました。熊井監督は帝銀事件や松本サリン事件を題材とした社会派作品で知られていたそうですが、失礼ながら名前だけでは、私にはピンと来ませんでし ... » more
テーマ 日記 映画監督 熊井啓

アニエスカ・ホランド ポーランドから西欧、そしてアメリカへ ◆アニエスカ・ホランドのフィルモグラフィーについて*アニエスカ・ホランドのフィルモグラフィーアニエスカ・ホランドのフィルモグラフィーを見てみると、テーマや内容によって、3つの時期に分けられることがわかります。それは活動の ... » more
テーマ 映画監督 ポーランド映画

アニエスカ・ホランドのフィルモグラフィー 完全版! 『敬愛なるベートーヴェン』で久々に劇場公開となるアニエスカ・ホランド。寡作な映画作家かと思って調べてみると案外そんなこともありませんでした。そういえば『心臓を貫かれて』が日本でも翻訳出版された時、アニエスカ・ホランドによって映像化される ... » more
テーマ 映画監督 ポーランド映画

ヤン・シュヴァンクマイエル 日本公開史 ヤン・シュヴァンクマイエルの作品は、短編が多いということもあって、初期の作品から順番に日本公開されたというわけではないのですが、ここで、一度、シュヴァンクマイエル作品を頭の中で整理する意味も込めて、日本での公開史をまとめておきたいと思います ... » more
テーマ 映画監督 ヤン・シュヴァンクマイエル チェコ映画&チェコ・アニメ  コメント(2) トラックバック(5)

ヤン・シュヴァンクマイエル 本と作品 映画『ルナシー』公開を記念して、ヤン・シュヴァンクマイエルについてまとめておくことにしました。◆ヤン・シュヴァンクマイエルフィルモグラフィー ・シュヴァルツェヴァルト氏とエドガル氏の最後のトリック(1964)11min43s ... » more
テーマ 映画監督 ヤン・シュヴァンクマイエル チェコ映画&チェコ・アニメ  トラックバック(1)

映画監督のウディ・アレンは、ディキシーランド・ジャズのクラリネット奏者でもあって、映画を撮っている期間などを除いて、毎週月曜の夜にミッドタウンのマイケルズ・パブ(Michael's Pub)に出演していた(今はどうなのかは承知していないので ... » more

こういうことなのかなあ〜 映画『インサイド・マン』 スパイク・リーの新作『インサイド・マン』が好動員を見せているようです。まだ封切りから2週間だとはいえ、平日の昼の回でもかなりの入りで、最終回は早い時間に満席になってしまう。『マルコムX』(92)ほどではないにせよ、10年以上ぶりのヒット ... » more

好きで悪いかよ! 映画『太陽に恋して』 いやあ、よかったですよ。映画『太陽に恋して』。レイトショー公開だったし、昼間に上映されている同監督の最近の作品(『愛より強く』)は国際的評価が高いわりにはそれほどの作品とも思えなかったので、旧作まで観ようかどうしようか迷ったのですが、観 ... » more
テーマ 映画監督 ドイツ映画 新作映画レビュー  コメント(6) トラックバック(8)

 

最終更新日: 2016/12/05 17:34

「映画監督」のブログ関連商品

» 「映画監督」のブログレビュー をもっと探す

「映画監督」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る