誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    鯨統一郎

鯨統一郎

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「鯨統一郎」のブログを一覧表示!「鯨統一郎」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「鯨統一郎」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「鯨統一郎」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

今週はこんな本を読んだbR63(27.4.19)「笑う忠臣蔵」鯨統一郎光文社文庫14年11月初版626円本屋さんを歩いていて、ふとこの一冊を目にした。「笑う忠臣蔵」の書名に?マークが点滅した。忠臣蔵は笑えないだろ、と思ったが ... » more
テーマ 笑う忠臣蔵 鯨統一郎 焼酎

なみだ特捜班におまかせ!  /  鯨統一郎 「犯人は……ハムスターを飼っています!」奇想天外な発想で人の心をずばりと見抜く、伝説のサイコセラピスト・波田煌子(なみだきらこ)。彼女が迷宮入りとなった猟奇殺人事件を捜査する特捜班に、犯罪心理分析官として民間から登用された。その惚けた言 ... » more

勢いで、シリーズ第4弾に手を伸ばしました。タイムスリップ水戸黄門 (講談社ノベルス)講談社 鯨 統一郎 ユーザレビュー:面白いから、全てはO ...人生は楽あり苦あり今 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ ... » more
テーマ 鯨統一郎 読書

『タイムスリップ明治維新』 鯨統一郎 『タイムスリップ』シリーズ第二弾です。『〜森鴎外』も面白かったど、今作の方がかなりパワーアップしてると感じました!面白かった〜!タイムスリップ明治維新 (講談社文庫)講談社 鯨 統一郎 ユーザレビュー:歴史の面白さを満載前 ... » more
テーマ 鯨統一郎 読書

『タイムスリップ森鴎外』 鯨統一郎 『蒲生邸事件(宮部みゆき)』読了後、タイムスリップつながりで(笑)、この本を手に取りました。タイムスリップ森鴎外 (講談社文庫)講談社 鯨 統一郎 ユーザレビュー:文句なしに面白いです ...(^^;)←コレがモ ...面白いけ ... » more
テーマ 鯨統一郎 読書

鯨統一郎/マグレと紅白歌合戦―間暮警部の事件簿 鯨統一郎さんのマグレ警部シリーズの第3弾『マグレと紅白歌合戦―間暮警部の事件簿』です。マグレと紅白歌合戦―間暮警部の事件簿 (小学館文庫)小学館 鯨 統一郎 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ ... » more
テーマ 鯨統一郎 小説

『ABCDEFG殺人事件』 鯨統一郎 今年最後の『読書記録』です。思へば、今年最初の読書記録も鯨作品から始まったワケで、鯨作品に始まり鯨作品に終わる一年でした。それでいいのか??!!と問われれば、『コレでいいのだ!』と応えるしかない。 ... » more

波田煌子(なみだきらこ)シリーズ第4弾にして、完結編!。一気に読了しました!。蒼い月 なみだ事件簿にさようなら! (ノン・ノベル)祥伝社 鯨 統一郎 ユーザレビュー:なかなかの出来ストー ...Amazonアソシエイト by ... » more
テーマ 鯨統一郎 読書

引き続き鯨作品を読了!!波田煌子(なみだきらこ)シリーズ第3弾!は、前作とはちょっと違う趣向ながら、前作以上に面白かったです。なみだ学習塾をよろしく!―サイコセラピスト探偵 波田煌子 (ノン ... » more

ちょっと一息つくつもりで、久しぶりに鯨作品を読んで見ました。(笑)『浦島太郎の真相 恐ろしい八つの昔話 (カッパノベルス)光文社 鯨 統一郎 ユーザレビュー:東子さんの続編です。 ...こんな解釈もあり!日 ...浦島太郎物語の ... » more
テーマ 鯨統一郎 読書

『鬼のすべて』 by 鯨統一郎 『邪馬台国はどこですか?』で有名になった鯨氏・・・彼は歴史的ミステリー作家として類まれなる成功を収めていることは周知のとおり。頭の固い学者が何人そろっても思いも付かないような、奇天烈な発想、珍妙なな着眼点、斬新な切り口。鯨氏の手にか ... » more
テーマ 日記 鯨統一郎

「年末の慌しい中、本を読むならお気楽な作品の方が良いだろう」…そう思って読み出したのが鯨作品。年越しで読了しました。(笑)KAIKETSU!赤頭巾侍凄腕の剣士・久留里一太郎は、父の敵を探す浪人者。この御仁、正義感が強いの ... » more
テーマ 鯨統一郎 読書

『月に吠えろ!―萩原朔太郎の事件簿』 by 鯨統一郎 萩原朔太郎と室生犀星がホームズとワトソン君として探偵ごっこを繰り広げるもしもシリーズのような短編集。いつもながら鯨氏の自由奔放な発想とその展開には驚かされる。著者の手にかかれば歴史的事実もへったくれもない。捻じ曲げることなく合理 ... » more

『なみだ研究所へようこそ!』の続編。サイコセラピスト探偵・波田煌子(なみだきらこ)シリーズ第二弾です。なみだ特捜班におまかせ!―サイコセラピスト探偵 波田煌子 (ノン・ノベル)前作でのサイコセラピストとしての実績をか ... » more
テーマ 鯨統一郎 読書

『隕石誘拐―宮沢賢治の迷宮』 by 鯨統一郎 鯨さんって、初期はこんなにミステリーが下手だったんだ・・・って思うような展開と謎賭けっぷりだったけれど、それでも面白いと思うのは鯨氏のユーモアのセンスと着眼点、そして研究熱心な姿勢の賜物だろう。宮沢賢治そのものが多くの読者に ... » more
テーマ 日記 鯨統一郎

『白骨の語り部』 by 鯨統一郎 なかなか評価が分かれているこの作品、Amazonでも5つ星の人もいればなかったことにして欲しいとまで言って星1つの人もいる・・・まあ、好みがあるからしょうがないけれど。なぜこんなに評価が分かれてしまったかといえば、期待のしすぎと、ミ ... » more

『九つの殺人メルヘン』 by 鯨統一郎 今さらながら、私が最初に読んだ鯨作品はこの『九つの殺人メルヘン』の続編?である。コッチから読むべきだった・・・と後悔先にたたず。しかしまあ、いい。どっちらから読んだって、どの章から読んだって不都合内容に出来ているんだから。そ ... » more
テーマ 鯨統一郎 小説

くだらないけど肩の力を抜いて腹から笑える本・・・というと鯨さんの作品を思い浮かべる。ご都合主義だし細部の設定は思い切り無視してるし、何かためになることがあるかというと無駄な知識を(知らない人が読んだら)間違って吸収する可能性大のとん ... » more

『浦島太郎の真相 恐ろしい八つの昔話』 by 鯨統一郎 いや〜笑った哂った!800円でこんなに楽しませてくれる本は初めてだ。なにしろトリビアと、エンタメと、ミステリーの3拍子が揃っていてしかも800円(シツコイ;;)ノリはボケ突っ込みの漫才、一話完結短編集だからどこから読んでもOKだ ... » more

忙しいは言い訳、逃げ口上。忙中閑あり、心の持ちよう。ま、そんな訳で久々の書き込みです。今年の目標は会社を辞めること。最近は自分を喪っていたような気がします。ま、気張らずに日記と思って、できる限り更新していこうかなと。 ... » more
テーマ 日記 鯨統一郎

03/04/09 粋なラストとは思えなかった鯨統一郎 『ミステリアス学園』 ニックネームさひろさんからのつぎのようなお薦めいただき早速に読んでみました。 今年の各種ランキングにはまだまだ早いこの時期ですが、私の一押しを見つけてしまいました。それが「ミステリアス学園」です。架空の大学「ミステリアス学園のミ ... » more

鯨作品を読むと、たまに「なんじゃこりゃ?!」と思わされる時がある。でも、そこが良い!!「邪馬台国はどこですか」の歴史ミステリーも、面白かったし、「九つの殺人メルヘン」も、童謡をモチーフにした事件のアリバイ崩し?!という、一風変わった ... » more
テーマ 鯨統一郎 読書

引っ越しをして一月経つんですが、日々の仕事が忙しくて部屋の片付けもなかなか進みません。並行して、ご近所探索をしてるんですが、これがまた近所には何もないんですよ。仕方なく自転車で回れる範囲をいろいろとチェックしていますが、とりあえず五 ... » more

1999年7月31日 誘拐もの二つ 誘拐をテーマにした作品でインパクトがあったものとしては高木淋光の「誘拐」。映画では黒沢明の「天国と地獄」。最近の作品では高村薫「レディ・ジョーカー」。誘拐ものの定石である身代金受け渡しにおける緊迫感、知恵と知恵との攻防それと事 ... » more

 

最終更新日: 2016/12/05 16:47

「鯨統一郎」のブログ関連商品

» 「鯨統一郎」のブログレビュー をもっと探す

「鯨統一郎」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る