誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    政策

政策

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 政治
テーマ「政策」のブログを一覧表示!「政策」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「政策」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「政策」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

Monju Nishimura Tribunal (national security)" judgmentDate and time: 2017.3.13 (Monday) 13: 15 ~Place: Court of Toky ... » more
テーマ 政策 組織的殺人事件 原子力ムラ

/////////////////////////////////////////////////////////////「もんじゅ西村裁判(国賠)」 判決日時:2017年3月13日(月)13:15〜場所:東京地裁705号法 ... » more
テーマ 政策 組織的殺人事件 原子力ムラ

この三つは、労働供給、特に女性の労働供給に大きな影響を与えるとされている。そして、それらは労働市場をゆがませ、正社員と非正社員の格差につながるとして、あるいは実質的に男女の格差を生み出すとして、廃止が主張される。しかし、配偶者控除( ... » more

「【譲位・生前退位】法治主義に頼らず、日本民族の伝統に帰ろう、」について譲位制度の政治利用の危険性には明治の皇室典範をつくった元老たちは気づいていた。気づいていたからこそ、それを許さない典範になっていた。平和憲法の付属文書のような戦後 ... » more

「あけまして、おめでとうございます。」についていずれにしても、左翼と右翼の対立構造の時代は終わった。戦後左翼は消滅寸前で、戦後右翼との境界線が見えにくくなっている。つまり、冷戦時代の保革対立が終わろうとしているのだが、それはどちらか一 ... » more

このブログには、毎年、新年のご挨拶を書いてまいりましたが、今年はきな臭い、硝煙のにおいを書き写した文章になると思います。もちろん、地球上に戦火の途絶えたことは少ないのですが、それでも日本からみれば、それは地球の裏側の出来事であったり、遠い他 ... » more

2016.12.08  もんじゅ廃炉 日比谷野音 日時2016.12.0818:30〜場所日比谷野外音楽堂集会の後,デモ文科省経産省新橋銀座 ... » more
テーマ もんじゅ 政策 組織的殺人事件

2016.12.07 新もんじゅ裁判 新もんじゅ裁判2016.12.07場所東京地裁103号法廷2016.12.07参議院会館内写真:裁判後の報告会の様子. ... » more

11月10日のプライムニュースは 『脱“アメリカ属国”論西部邁×共産・小池晃』 だった。二人の出演者は冷戦期のコミュニスト出身で西部はその後、自称保守に寝返った、いわば転びバテレンのような存在で、いまだに共産党の看板を塗り変えもしない小池と ... » more

日時もんじゅ西村裁判(水)13:30〜場所東京地裁705号メトロ霞が関A1出口1分訴訟名遺品(遺体発見時の全着衣、靴、ホテルで受信したFAX紙)請求訴訟内容証人尋問元中央署実況見分担当高野清吉写真撮影担当落合聡 ... » more
テーマ もんじゅ 政策 組織的殺人事件

ネット上のメディア批判は右翼の専売だった。メディアは常に左翼の守護神だったから、その報道を左翼はコピペして論拠に利用した。それが、左翼がメディア批判をするようになったのは、それほど古いことではない。民主党の3バカ時代ではなかったかと記憶する ... » more

「【民進党党首選】じつは、なんにもなしの空っぽ?」についていったい"リベラル"って、なんだろうかね?アメリカの退潮が日米安保の空洞化を呼び、共産支那の膨張が東シナ海や南シナ海の安全を脅かしているとき、民進党、共産党の左翼野党は売国勢力 ... » more

「【民進党党首選】在日問題を内包する党の体質」について蓮舫が党首になってt党が空中分解しそうになって、わかったことは、小沢一郎、野田佳彦、菅直人、鳩山由紀夫が寄せ集まってつくった民主党って、なんでもありの感じがしたが、じつは、なんにも ... » more

三人が立候補した民進党の党首選だが、三人を同席させた討論番組は、わたしが見た範囲ではフジテレビのプライムニュースだけだった。日ごろ左巻きのテレビ朝日やNHKの沈黙の理由は蓮舫候補の二重国籍問題だったと思う。目立たないところで平穏に党首選を終 ... » more

「【譲位・生前退位】法治主義に頼らず、日本民族の伝統に帰ろう、」について蓮舫議員の二重国籍問題は、法律問題としては"法の不備"…これにつきる。外国人の政治参加は禁止しても、二重国籍は想定していなかった。問題は法律問題ではない。二重 ... » more

「【譲位・生前退位】陛下のほうが民意を感じとっておられる。」について法治主義は日本の近代化がはじまった明治からだが、法文化されてない案件には歯が立たない。敗戦によって法体系は人工国家アメリカの民主主義に塗り替えられて、わずか7年間で日 ... » more

「【譲位・生前退位】「象徴天皇」とは、誤った天皇制ではなかったのか?」について陛下の真意が安倍首相に伝わっていない事実というのは、たしかにあると思う。それはなにも安倍首相だけにかぎらない。民主党の3バカ政権は言うまでもなく、その前の自 ... » more

「【譲位・生前退位】皇室のことを考えるときは民主主義も憲法も無視して…」についてhttp://sun.ap.teacup.com/souun/20704.html『正しい「象徴天皇」とは何なのか』を問うまえに『「象徴天皇」とは正し ... » more

「【譲位・生前退位】「朝まで生テレビ」ではやっぱり…」について朝生の出演者も、圧倒的多数の日本人も、そして畏れ多いことに陛下もまた、この話題を平和憲法のなかで解決しようと葛藤している。わたしはその思考の構造がまちがってると思うので ... » more

「【譲位・生前退位】陛下がもっとも恐れられていた事態なんだろうが…」についてでもねぇ、8月26日の"朝生"の前半では、陛下の真意はご自身がご高齢になられて国事に差し支えられるご懸念だから、さしあたって今上陛下の特例として譲位せられて、 ... » more

「【譲位・生前退位】外国の支配を脱して日本人らしい国づくりを…」について8月27日のテレビ朝日の番組、激論クロスファイアは『生前退位、中国・・・山積課題どうする?』と題して司会の田原総一朗と自民党・二階幹事長、インサイドライン編集長・ ... » more

市はコンパクトなまちづくりをすすめた人口推計をそのまま鵜呑みにした、人口減少社会を迎えるにあたって、持続可能なコンパクトなまちづくりを進めています。と平成25年7月の「広報いわみざわ」は述べています。広報岩見沢平成25年7月 ... » more
テーマ 政策

「【譲位・生前退位】歴史の浅い多民族国家の軍隊が…」についてかつて"天下賦武"をかくれ蓑に武士が権力を奪ったり、"君側の奸の排除"を理由に軍閥が暴れたのとおなじように、いま"民主主義"が皇室を脅かしている。メイドインUSAの民主主義を ... » more

せいしゅうかわいの政策見て下さい!
かわいの政策見て下さい! かわい清秀の政策です!これでいいのか岩見沢!今なら間に合う市政の改革!将来を見据えた政策をどうして作れなかったのか。大きな疑問です!将来の岩見沢を、市民の皆さんとともに作り上げます。 ... » more
テーマ 政策

9月6日(火)14:40頃〜私の一般質問があります。  9月6日(火)14:40頃〜私の一般質問があります。 「1.羽村市の水道水と「水はむら」について」「2.コミュニティバス「はむらん」について」「3.羽村市の公式キャラクター「はむりん」について」の3項目について質問します。羽村市の ... » more
テーマ 日記 政策 活動

「【譲位・生前退位】以外にも占領意識の払しょくにつながるのかも?」についてながい歴史のなかには女帝もおられたし、譲位も摂政もあった。それぞれに、成功例もあったし、失敗の事例もあった。女系だけはともかく、いちがいに、譲位はいいとか摂政は ... » more

「【譲位・生前退位】伝統回帰への第一歩になることを願いながら…」について陛下のビデオは、誠実に天皇のお務めを果たそうとすると高齢者にはつらい。譲位の道を考えてくれよというだけの話だよ。歴史のなかには、こんな時には譲位の経験は豊富なんだ ... » more

自由主義と社会主義の対立構造…冷戦は終わった。遅ればせながら、この国でも…都知事選で明瞭になったように、保守が分裂して争い、野党四党が結束した統一候補はあわれにも、泡沫候補の一人でしかなくなった。時代はあきらかに保革対立から保守二党への転換 ... » more

「中谷元と石破茂…交代した二人の閣僚の評価、歴史的役割」についてこんなニュースを流すマスコミ批判の意味も半分込めながら、石破茂って、口だけ番長のサンプル見本みたいな男だな。軍事オタクで防衛族で、次期総裁候補なら総裁選に敗れて閣内に入っ ... » more

使用できない最終兵器としての核は、その抑止力のみが保有する側の主張する論理だ。敵国に核攻撃されて、自国の本土全体がヒロシマ・ナガサキのような焼け野原になっても、あらかじめ深海に潜ませていた潜水艦が生き残って核の報復攻撃をすれば、その作戦が抑 ... » more

 

最終更新日: 2017/06/21 07:38

「政策」のブログ関連商品

» 「政策」のブログレビュー をもっと探す

「政策」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

国家とメディア―事件の真相に迫る (ちくま文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 国家とメディア―事件の真相に迫る (ちくま文庫)
筑摩書房 魚住 昭

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

「政策」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る