誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「萩」のブログを一覧表示!「萩」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「萩」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「萩」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

邪馬台国 下関萩市が邪馬台国 説
須佐高山の山頂に登り、大感動の歌(万葉集1)籠もよみ籠持ちふくしもよみぶくし持ちこの岡に菜摘ます児家告らな名告らさねそらみつ大和の国はおしなべて我こそ居れ!!考古学の資料から、古代の阿武郡の中心は萩市大井であった ... » more
テーマ

邪馬台国 下関難波宮
萩市大井の小字「両家」は阿武御領として皇室領だったことより、難波の場所は大井になるか。和名抄の阿武郡住吉郷は大井だろう。中国の図書編に大井は倭委と載る。小字「高津こふ」⇒高津宮「奈柄」⇒長柄宮 ... » more
テーマ

邪馬台国 下関鯨  伊勢
山口県の小字・小名の「鯨」地名防府市富海鯨ヶ江田万川町江崎鯨網代瀬戸内海には鯨はいないと思うが、防府市富海に「鯨ヶ江」という場所がある。田万川町の江崎は記紀万葉の出雲=淡海=伊勢の場所で、出雲、淡海(近江)、 ... » more
テーマ

邪馬台国 下関弥富の和泉式部伝説
須佐町弥富の地名由来山口県風土誌より此里に富貴なる老人あり、子なきを歎き後世を願ふより外の事なしとて、都に登り神社仏閣を巡拝し、東山の黒谷にて女児の捨てありけるを拾ひて帰国す。後7年を経て和泉式部本村に来り、後に云ふ見坂にて女子 ... » more
テーマ

邪馬台国 下関田万川町 江崎の寺社
参照『復刻山口県寺院沿革史』(昭和52年)『山口県神社誌』(平成10年)『山口県風土誌』(第十二巻)阿武郡田万川町江崎西堂寺応永年間に創建。須佐村大薀寺末。元は済度寺。済度寺が転訛して西堂寺になっ ... » more
テーマ

邪馬台国 下関田万川町
※田万川町は萩市に合併されました。『山口県風土誌』(第十二巻)より上田万川村大古は玉村といい、珍しい玉を掘り出していた。上田万の丸山に字「日ノ本」。「古銀山」茅原山。下田万村「金山」大古は銀を ... » more
テーマ

邪馬台国 下関皇室領であった阿武郡
『山口県の地名』(平凡社の地名辞典山口県巻)P608下阿武御領阿武郡内にあった皇室領で、その領域は不詳。・・・・・・阿武御領の領域はつまびらかでないが、・・・・阿東町徳佐上の領家むつみ村高佐上の領家萩市大 ... » more
テーマ

AOI NOTE京都を歩く165
京都を歩く165 今日も引き続き、この季節を彩る花たちの風景をお届けします。萩が咲き始めた梨木神社・・・境内の一番奥にある本殿その前にある萩の木がよく咲いていました。白萩もほんの少し咲いてました。境内に ... » more

AOI NOTE京都を歩く164
京都を歩く164 ようやく秋めいてきましたね。京都は昨日あたりからぐんと涼しくなりました。暑さに負けていた私も、ようやく復活(笑)、今日は撮りたてほやほやの初秋の京都の風景をお届けします。やって来たのは梨木神社(なしのきじんじゃ)祭神 ... » more

邪馬台国 下関竺紫 伊勢 を再考
防府市の桑山は峰が二つあるけど、霊じふる峰ではない。霊じふる峰は須佐町の高山しかない。竺紫日向の霊じふる峰は高山と行者様。高千穂宮は須佐町の高山。出雲=淡海は田万川町の「須佐地」「戎」(えびす)竺紫=越中は須佐町(字 ... » more
テーマ

邪馬台国 下関淡海は田万川町か
今まで淡海は須佐町と思っていたが、万葉集29の「青丹吉 平山」は田万川町の平山台とすれば天智天皇の淡海(近江国)は田万川町の江崎・下田万になる。小川のあたりには蹈鞴跡があり、銀山もあったらしい。田万川町にも下田万に「須佐地」 ... » more
テーマ

邪馬台国 下関卑弥呼の墓
卑弥呼(天照大神)の冢がある伊勢は須佐町の高山か、阿武町奈古である。奈古に「仮嶋」がある。田万川町の海岸も伊勢の候補地だ。記紀の尾張は田万川町江崎の尾浦だろう。土居ヶ浜遺跡の近くに字「広田」「戎沖」があり、土居ヶ浜遺 ... » more
テーマ

神功皇后は北九州市若松区の洞海湾から江川を通って遠賀川の河口に出た。このことから倭国の都は山口県方面にあったといえる。山口県の阿武郡には皇室領があり、一説には阿武郡全体が皇室領だったともいわれている。邪馬台国の位置は山口 ... » more
テーマ

邪馬台国 下関須佐の宇佐
須佐の地名由来の一説として、大化元年(645) 豊前国宇佐八幡宮を松ヶアに勧請して祀ったので宇佐といったが、転じて須佐というようになったがある。別の資料では「松崎八幡宮は白雉元年(650) 宇佐八幡宮から勧請」とある。松崎八幡宮 ... » more
テーマ

邪馬台国 下関瀛州
『 宗像市史通史編第二巻 』平成11年P8より「瀛」と道教書紀による宗像神出生神話(A)『記』・『書紀』本文(B)『書紀』第一・第三の一書(C)『書紀』第二の一書・・・・・遠瀛(おきつみや)と中瀛 ... » more
テーマ 宗像

邪馬台国 下関須佐町の地誌
「須佐町の文化財」須佐町教育委員会 発行昭和50年より須佐町の東側は火山噴出物の堆積による流紋岩が多く分布し、変質として耐火材の原料となる ろう石 や、焼物の原料になるカオルン(陶土)が産出する。→埴土の場所。須佐町 ... » more
テーマ

「奈古や須佐の古代史は本当はすごいのじゃないか」と感じていた地元の郷土史家と「嘉年の古代史は本当はすごいのじゃないか」と感じていた地元の郷土史家は、奈古・須佐の古代史論と嘉年(かね)の古代史論を結びつける眼を持っていなかった。地元の郷土史家 ... » more
テーマ

邪馬台国 下関黄帝社があった沖原
『須佐町の碑石と碑文』須佐町教育委員会 発行昭和55年P28より黄帝社・・・・・また一説では、北浦沿岸はその地理的関係、季節風、潮流等の関係から、古来大陸からの渡航者、漂着民が多く、こうした人々が故国をしのんで祀ったもの ... » more
テーマ

脱解の多婆那国は和名抄阿武郡多万郷だから、萩市に合併された須佐町・田万川町は新羅発祥の地である。萩市須佐は日韓揺籃の地である。一説によれば、脱解は他人の家に砥石と炭を埋め、自分の家はもと鍛冶屋だったと言い、その場所を掘らせ、ウソ ... » more
テーマ

邪馬台国 下関難波は萩市か
阿武川が重要のようである。阿武川の中流は長門峡(ちょうもんきょう)があり、急流になって、「宇治」「日下」「竜田」の場所のようだ。「阿武」の読みはアブ、アムの外に地元ではアンノ、アンがあり、「安」(あん)や「奴」(ナ音)に通じるも ... » more
テーマ

邪馬台国 下関万葉集の萩市須佐
万葉集2751味乃住渚沙乃入江之荒磯松我乎待兒等波但一耳あぢのすむすさのいりえのありそまつあをまつこらはただひとりのみ万葉集3547阿遅乃須牟須沙能伊利江乃許母理沼乃安奈伊伎豆加思美受比佐尓指天あぢのすむすさのいりえ ... » more
テーマ

邪馬台国 下関思我の韓埼
高橋文雄著『山口県地名考』須佐P255で、スサとはマレー語で、「荒れくれないのこと」また「神」のことというが、現在のマレー語では「むつかしい」の意。例えば「困る、困った」ことをスサ(むつかしい)ハテ(こころ)という。とある。 ... » more
テーマ 下関

柿本人麻呂の石見は須佐町のホルンフェルスである。「社」や「神楽」は高山と黄帝社を示しいる。助詞の「社」や「「余社群」など、高山を示す。神楽浪は高山の海。字「水海」の近くに字「金」があり、これが壬申の乱の時の近江軍の合 ... » more
テーマ

講談社学術文庫『出雲国風土記』は萩市須佐町の地誌である。四楯縫郡P181(5)浜・埼・島但、紫菜(むらさきのり)は、楯縫の郡尤も優れり。この場所は須佐町高山のホルンフェルス断層・海苔石である。万葉集で ... » more
テーマ

邪馬台国 下関須佐町の高山
『須佐町誌』P29〜31より高山(こうやま)高山は、須佐町の北部半島に突出した部分に位置し、標高532・8mある孤峰である。頂上には、熊毛半島の皇座山、県中央部の石ヶ岳など県内で五ヶ所しかない一等三角点が設置されている。また ... » more
テーマ

邪馬台国 下関須佐町 高山の黄帝社
『須佐町誌』(平成5年)P84より高山の黄帝社高山の八合目に宝泉寺と共にある黄帝社は、その創建年代や関係者等明らかでない。然し中国古代の名君の一人として知られている黄帝は、航海・造船の神としてあがめられており、日本の神社にま ... » more
テーマ

阿武町の奈古に小字「天津」がある。仲哀紀の神託「天津水影の如く、押し伏せて我が見る国を、何ぞ国無しと謂ひて、我が言を誹謗りたまふ」の天津。奈古の小字に「天津」「仮島」「片」「東海」(→東海姫氏)奈古の筒尾高嶺神社 ... » more
テーマ

邪馬台国 下関萩市の志都岐山神社
萩市に志都岐山神社がある。場所は萩城跡の指月山である。私は大汝命と少彦名命が住んだ志都石室はどこか探している。志都岐山神社は明治14年3月に建立された毛利の殿様を祀った神社であるが、「指月」(しつき)の音が重要だ。シの音で志 ... » more
テーマ

邪馬台国 下関萩市の大井
萩市大井『山口県風土誌』阿武郡大井村P325名義不知。延喜兵部省式長門国駅に阿武。また和名鈔本郡郷名に阿武とある本村の事なり。海外にもはやく聞えたる地名にて図書編に倭委と見えたり。図書編と後漢書東夷伝とは ... » more
テーマ

邪馬台国 下関脱解の多婆那国
脱解の多婆那国は倭国(長門市)の東北千里にあるから、田万川町である。多婆那→田万川に転じている。和名抄の阿武郡 多万郷 である。須佐町と阿武町奈古に素戔嗚尊伝説がある。※須佐町、田万川町は2005年に萩市と合併した。 ... » more
テーマ

 

最終更新日: 2016/12/05 10:43

「萩」のブログ関連商品

» 「萩」のブログレビュー をもっと探す

「萩」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る