誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    スミレ科

スミレ科

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「スミレ科」のブログを一覧表示!「スミレ科」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「スミレ科」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「スミレ科」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

おおばきすみれ(大葉黄菫) オオバキスミレ(学名:Viola brevistipulata)はスミレ科スミレ属の多年草。草丈は15〜30 cm程度。北海道、本州(近畿地方以北)に分布。山地の日陰で湿ったところに生える。葉は1枚が抜きん出て大きく、あと小さめのが ... » more

夢彩人_樹木・草あおいすみれ(葵菫)
あおいすみれ(葵菫) アオイスミレ(学名:Viola hondoensis)はスミレ科スミレ属の多年草。草丈は3〜8cm。原産地は日本。北海道・本州・四国・九州に分布。丘陵から低山に生える。やや湿った林床に多い。葉は 円心形〜円形、全体に毛が多い。花期は3〜 ... » more

星庵徒然アオイスミレ
アオイスミレ 一昨日の観察会で見つけた『アオイスミレ』です。『アオイスミレ』は他のスミレに先駆けて咲くスミレです、今年は季節の推移が遅く今が盛りでした。OLYMPUS E-3 ZUIKO DIGITAL14-54mm F2.8-3.5 fl.50 ... » more
テーマ スミレ科 植物

たちつぼすみれ(立坪菫、立壷菫) タチツボスミレ(学名:Viola grypoceras)はスミレ科スミレ属の多年草。草丈は5〜20 cm程度。日本全土に分布。日本で、人家付近のやぶや道ばたから山地にごく身近に見られるスミレ類の一つ。葉はハート形で、先が少し尖る。縁には ... » more

夢彩人_樹木・草すみれ(菫)
すみれ(菫) スミレ(学名:Viola mandshurica)は、スミレ科スミレ属の植物の総称であるが、狭義には、Viola mandshuricaという種の和名である。常緑多年草。類似種や近縁種も多く、一般にはそれらを区別せずにスミレと総称してい ... » more

においすみれ(匂い菫) ニオイスミレ(学名:Viola odorata)はスミレ科スミレ属の耐寒性多年草。草丈は10〜15cm。原産地は欧州、北アフリカ、西アジア。茎は匍匐し、葉は根生で、ハート形。花期は2〜4月。花径2〜3cmの左右相称の5弁花で、すみれ色の ... » more

夢彩人_樹木・草ビオラ(Viola)
ビオラ(Viola) ビオラ(学名:Viola x wittrockiana)はスミレ科スミレ属の多年草(耐寒性一年草)。草丈は、10〜20cm。園芸上はパンジーの小輪多花性種をビオラと呼んでいる。パンジーの草丈と花径を小さくして、病気に強くし花付きを良くし ... » more

イソスミレ 禁煙20日目位。中東のデモ、すごいねえ。よくはわからんけど、「ああ、彼らも同じ人間なんだな」と思ったりする。私も、淡々と、逆転の準備をするとしよう。 ... » more

星庵徒然アケボノスミレ
アケボノスミレ 年明けには『アケボノスミレ』、と決めていたのですが・・・(昨日は『ガガイモ』になってしまった)。関東北部の山地では黄金週間のあたりから咲き始めることが多いようです。赤紫の大振りな花が葉の展開よりも先に咲き出します。OLYMPUS ... » more
テーマ スミレ科 植物

コスミレ ... » more
テーマ スミレ科

野の花便りマルバスミレ
マルバスミレ 滝を巡ると、色んな花に出会うことが出来ます。そんな中で初めて?出合ったスミレです。山渓ハンディ図鑑6「日本のスミレ」には次のように書かれていました。「青森県から屋久島まで分布する。太平洋側の内陸部に多く、西日本では一部を除いてあまり多く ... » more

野の花便りナガバノタチツボスミレ?
ナガバノタチツボスミレ? スミレが咲いてる!と特に特徴を示す写真を写さずに、パシャ!とやってきましたので、特定出来ずにいましたが、一番近いのはナガバノタチツボスミレだろうということで紹介しておきます。タチツボスミレの仲間は難しい!!本当は ... » more

キバナノコマノツメ タカネスミレもほすいなあ。 ... » more
テーマ スミレ科

マルバスミレ 「だって、図鑑にそう書いてあるんだも〜ん」図鑑は常に正しいのか?学者に誤謬は無いのか?だとしたら、同一種に対する記述は、全ての図鑑で同じになる筈だし、未来永劫変更は無いってことだが。 ... » more
テーマ スミレ科

 

最終更新日: 2018/05/17 02:41

楽天市場のおすすめ商品

「スミレ科」のブログ関連商品

» 「スミレ科」のブログレビュー をもっと探す

「スミレ科」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る