誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    民族

民族

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「民族」のブログを一覧表示!「民族」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「民族」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「民族」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

国民国家相変わらずの土人発言の問題。
、、、公務員 ”その人” の言動について、沖縄相に撤回を求めるのはおかしいと思う。むしろ、どういう意図があったのか ”本人” に対して「正式な調査を国会は」行なうべきではないのか?国民の代表者が、公務員をかばう行為はアベコベ ... » more
テーマ 民族 人種 住民

北京で24日から開催されていた中国共産党の第18期中央委員会第6回総会(6中総会)は27日、4日間の日程を終え閉幕し、総会を総括するコミュニケに「習近平同志を核心とする党中央」と明記された。「核心」は毛沢東ら強力な指導者に使 ... » more
テーマ ゾンビ経済 民族 歴史

シン・ゴジラについて シン・ゴジラ映画を見た結論から言ってしまえば、評論家の佐藤健志さんの「自閉性」に一言で表されている。と私は思う。佐藤さんはシンゴジラ以前からゴジラを自ら演じていたり、ゴジラ評論を発表している。元々の深い考察によるもの ... » more

ネットを散策していて見つけた曲です。はじめに出てくる声が不思議な音だと思っていると、さらに低いだみ声で低音部が出てきて、浪曲とも似ているようです。よくぞこんなにも低い声が出るものです。どこかお経に似たような響きもあり、たいへんおもし ... » more
テーマ 民族 音楽 トゥヴァン

『民族の世界地図』 21世紀研究会編 (文春新書) 『民族と国家――イスラム史の視角から――』を読んだ流れで、本書に手を出してみました。「戦争と革命の世紀」といわれた二〇世紀は終わり、通信技術の発達による国際化、ボーダーレスの時代がやってきた。しかし、はたして日本人は、地球規模の視野 ... » more
テーマ 民族

いつの頃からか、新書コーナーのけっこうなスペースを占めるようになった、地政学の本。目立つのは、池上彰と佐藤優で、2人の共著もあります。佐藤優は共著の数が多く、その中で見覚えがあったのが、山内昌之の名前。20年以上前の『民族と国家 ... » more
テーマ 民族 世界史

夜勤初日が終わり、目が覚めたのは11時過ぎ。途中から見たNHK杯の出場女流棋士決定戦は、本当に目が覚めるような将棋でした。短い感想戦でしたが、阿久津八段の指摘はさすがにするどいです。・・・という話題とはまったく関係なく――。 ... » more
テーマ 民族

(2015/2/8データ更新)<人文学分野の各分科の続き>7)文化人類学 地理学と同じように人類学もまた、文系の「文化人類学」と理系(生物系)の「人類学」に割かれています。Wikiによりますと、「自然人類学は、人類を進化の過 ... » more
テーマ 科研費 民族 大学

メリル・ストリープがアカデミー主演女優賞を受賞した同名の映画は見ていないまま、何となく気になっていた。その映画の原作の日本語訳の半分、つまり文庫本で二分冊の上巻を読み終えた。 第二次世界大戦終結から2年後の1947年。アメリカ南部出 ... » more
テーマ 民族 文学 映画

強者が生き残って進化するという進化論解釈の間違いは今も社会に蔓延している。 「なぜ現代社会は弱肉強食ではないのか?」という質問自体がおかしいという理由。 「弱者を抹殺する」ことがなぜダメなのか。 弱肉強食社会をめざす現政権は自然 ... » more
テーマ 民族 政治 戦争

10日前にアップした『統合ヨーロッパの民族問題』――。スコットランドの独立問題がニュースになった一週間でしたが、読んだきっかけはこれではありません。それなら、『統合と分裂のヨーロッパ』のほうが、もっと適当。英帝国・イギリス・ ... » more

スコットランドの独立問題がニュースになった一週間でしたが、読んだきっかけはこれではありません。それなら、『統合と分裂のヨーロッパ』のほうが、もっと適当。英帝国・イギリス・スコットランドの一節があるくらいなので・・・。似たよう ... » more

戦争が、憎悪が、狂信がいかに「人」を狂わすか。これはいったい21世紀、現代の話なのか? 彼らは我々とは異なる「イスラム国の」人間であり、このような残忍、野蛮さは人類共通のものではない、と思いたい。しかし残念ながらそうではないのだ。 ... » more
テーマ 民族 戦争

Muneto Miyazaki東アジアが共に繁栄する道
なぜ、韓国は慰安婦問題のあそこまでこだわるのか?なぜ中国は南京事変の犠牲者数にこだわるのか?お互いの主張ばかりぶつけあってもなにも進まない。。一度自分の国を客観視してみること、そして相手の立場で考えてみることだ。国益とは国民が幸せに ... » more
テーマ 民族 政治 戦争

日本は近未来的に、米国を追い越し世界一の大国になるであろうう「中国」を戦略的に取り込むべきなのだ。 今、近視眼的、刹那的な不快感で対立してはいけないことはいうまでもない。 まずは信頼関係を築くべきであるのに、安倍政権は真逆なことをす ... » more
テーマ 民族 政治 戦争

労働、社会問題複民族国家
単一民族国家や多数民族国家という表現は、二項対立的な概念として市民権を得ています。多数民族国家というと、単一民族国家ではない国家すべてを指すものとして使われている様です。私は、長い間、これらの概念ではうまく説明しきれない現象を見て、複民族国 ... » more
テーマ 民族 歴史 紛争

 「物語」に囲まれて 浸りきってもいいのかな 人を動かすのは「物語」。スケートリンクでの浅田の涙は多くの人のこころを打った。人は物語に感動、共感し、幸福に浸り、勇気づけられる。物語のために生きているといっても過言ではないだろう。しかし、残念ながら世の中、幸福な物語ばかりではない ... » more
テーマ 民族 政治 戦争

「海女の島新版 舳倉島(転換期を読む)」フォスコ・マライニ著、 牧野文子訳(未来社 1,890円) 「海女の島新版舳倉島(転換期を読む)」フォスコ・マライニ著、 牧野文子訳(未来社1,890円)これ、みんな、私の島です!日本の文化に深い関心を寄せたイタリアの人類学者フォスコ・マライーニ。1950年代に記録映画撮影の ... » more

悲惨な目にあった「当事者の心」を想像することができない、という点で、この韓国発、中央日報の愚行は、橋下市長の慰安婦発言、安倍首相の歴史認識と共通するものがある。「自分がもし、あの時、広島にいたら?」「自分の娘がもし、働き口があると言 ... » more
テーマ 民族 政治 戦争

Muneto Miyazaki乳香。
乳香。 乳香。昔は宝石のような高値で取引されていたこの乳香、以前からどんな香りがするのか興味があった。旧約聖書にもでてくる。キリスト降誕の際、東方からきた三賢人が送った3つの宝物の中のひとつ。教会(東方正教会)の振り香炉で使われ、神聖な香り ... » more
テーマ 民族 文化

「日本民族」という幻想〜憲法改正について 大沢たかお主演のBS NHK時代劇「アテルイ伝」が今日最終回。 8世紀後半、大和朝廷の侵略に抗戦した東北地方蝦夷(エミシ)の英雄物語。この蝦夷は敗戦して以降、歴史から抹殺される。 このときから始まった、蝦夷を征伐するという意味の、征 ... » more

小さな黒人 マレー系インドネシア人。。。 長らくまともなインドネシアネタを書き損ねていたと気がつく。。僕はかなり右傾倒な人間と思われがちであるも、実はそうでもなく、右も左もない人間で、なんとなく、不愉快で可笑しな特アとの領土問題や日本の政局と不甲斐な ... » more
テーマ ジャブライ インドネシア 民族  コメント(2)

まもるえい’ズ ブログ優性民族
優性民族 「人間」である以上、「差別」はいけないのだと教わった。けれど「人間」であるからこそ「差別」してしまうのだと、つくづく感じるときがあったりもする。エロ動画などでついつい見ていた外国人の姿。おしなべて見ていて、思うの ... » more

ジャワオークションで見つけた1930年代の素敵な写真。。 先日のジャワオークションで、とびきり目を引いた出品物で、、上半身裸体女性の古いスナップ写真。。ジャワオークションのカタログより掲載。。。ジャワオークションで、先行入札するには、カタログを買わなければいけないのですが、 ... » more

エリック・クラプトン。僕は好きである。北朝鮮のトップも好きらしい北朝鮮は『国家』ではないと思う。『金(キム)王朝』ではないだろうか夜 ... » more
テーマ 民族 音楽 国家

名無し専家のつぶやき読んだ論文01
読んだ論文01(2011年1月@)西澤治彦「都市の再開発と回族コミュニティーの変貌−江蘇省南京市の事例から−」(『アジア遊学』129、2009年12月)南京市における回族コミュニティーについての概要。論文ではなく、これま ... » more
テーマ 民族 論文

寺岡伸章のブログ国際化と民族の心の傷
情報とひととおカネの交流により、「地球村」はますます小さくなっている。お互いの国や文化が接触する機会が多くなると、ルールも必要になってくる。今、使用言語は英語である。英語を母国語としない国にとっては大きなハンディキャップとなるが、世界で生き ... » more

遠野市・柳田国男隠居所 一度は行ってみたいと思っていた遠野。現在は町ではなく市になっていましたが、昔の風情は保たれていて精神的に落ち着く町でした。で、今日ご紹介するのは日本を代表する民族学者「柳田国男」の隠居所です。晩年を過ごした世田谷の旧居を世田谷区に寄贈し ... » more
テーマ 民族 歴史

NHK世界遺産への招待状「コソボ戦禍を越えた教会へ」を観ました。コソボの静かな佇まいを漂わせる中世建築群の其の内奥に癒すことの出来ない憎しみが在りました。世界の火薬庫と謂われるバルカン半島に混在する二つの民族。セルビ ... » more
テーマ 宗教 民族

 

最終更新日: 2016/11/28 04:15

「民族」のブログ関連商品

» 「民族」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る