誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    地学

地学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 学問
テーマ「地学」のブログを一覧表示!「地学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「地学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「地学」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

『はじめての地学・天文学史』 矢島道子/和田純夫・編 (ベレ出版) 高校の授業で地学を履修したのは、理科Tの中でだけ。物理より好きでしたが、理系コースは物理・化学・生物から2科目選択だったので・・・。そんなわけで、地学から縁遠かったわけですが、20年後、本書を書店で見つけて衝動買い。でも、例 ... » more
テーマ 天文 地学

ぬるでんぼう三宅島へ行こう
2000年 (H12年)の大噴火前に発行された三宅島の地図では、島の最高地点の標高は 815m だが 噴火後の現在は 776m である。 何故って?、 原因は噴火時の水蒸気爆発で山頂付近が大きく陥没した為で、旧火口跡には 径 800m、深さ ... » more

ぬるでんぼう多摩丘陵を往く
以前 川崎市の多摩丘陵に沿って流れる多摩川への海進に付いて書いたが、今回はそれを確認する意味で多摩丘陵を歩いてみた。 ...小田急電鉄線の南面に広がる多摩丘陵のU面を、それも多摩丘陵のT面との境界線に近い向ヶ丘遊園周辺の丘陵地を巡検するコト ... » more
テーマ 神奈川 地学 自然

ぬるでんぼう古代の多摩川下流域
「多摩川に曝す手作さらさらに何そこの児のここだ愛しき」万葉集 14-3373奈良時代、武蔵国を流れる多摩川の風物に親しみ詠んだ歌で、同じ川沿いの狛江、調布、府中の三つの市に計 4基の歌碑が建つ。 この時代、川の流れに曝した麻布を税と ... » more
テーマ 神奈川 地学

俺が魔法少女なのは周知の事実だと思うけどさ、いままでロッド(棒)がぜんぜんいいのないなーって思ってたんだけどNHKで土砂崩れがどーたらって番組みてたらすごいいいこと思いついた。測量のポール(赤と白のやつ)にすればいい ... » more

自由大気=1km-11km。地表面の影響をほとんど受けない。大気境界層=混合層、摩擦層。地表面の影響を受ける層。接地境界層=0m-100m。風向が地形などで大きく変化。地面や建物の摩擦力の影響が大きい。エクマン層=100m- ... » more
テーマ 地学 気象 資格

法則5プラネタリー波=超長波、惑星波、ロスビー波。中緯度で地球をとりまく偏西風帯の主に対流圏上層に起きる超長波長〜長波長の波動。偏西風の南北の波の最大のもので、波数は1〜5くらい。大規模山脈(ヒマラヤなど)、大陸と海洋の温度差などから発 ... » more
テーマ 地学 気象 資格

法則4・5成層圏高温=夏半球の極、低温=冬半球の極と低緯度ブルーワー・ドブソン循環=オゾンが低緯度で生成、中高緯度の下部成層圏へ。輸送が冬に活発になるため、中高緯度のオゾン量は春に最大、秋に最小。オゾン濃度の緯度方向 ... » more
テーマ 地学 気象 資格

ぬるでんぼう伊豆大島を探る
伊豆の大島は全国各県に 56 島有る 同名の大島の中で最も大きな島である。 1928年 (S3年)に野口雨情作詞の 「波浮の港」 が発表されるまでは この島を知る人は少なかった。 江戸中期まで流刑地だったコトが島のイメージを損なっていたのだ ... » more

稀に知人に「気象予報士の試験を受けたことがある」という話をすると、「お前はイケメンでもないし、テレビには向かない」といった声が返ってくる。嘲笑もあり、時には私が転職を考えているものと思い込んで真剣に心配してくれる人もいる。どうも、気象予報 ... » more
テーマ 地学 気象 資格

オーム社「合格の法則 気象予報士試験 学科編」で勉強しつつ、分かりにくい点、記憶にとどめたい部分を自分なりに理解するため、様々な本やネットの説明を援用してまとめてみた。「法則◯」は同書の単元。後々に加筆修正することがあり得る。法則1 ... » more
テーマ 地学 気象 資格

前回2007年10月10日にブログを書いてから、何と5年近くが経過!その間はというと、殆ど勉強していない。2007年11月に職場でかなり忙しく自分が縁遠い部署に異動してしまい、そこへ家庭環境の激変も重なり、自宅にいる時なども勉強がほぼ不可能 ... » more
テーマ 地学 気象 資格

数日前、2ちゃんねるの嫌儲板にこんなスレがたった。【速報】日本の地下で何かが起きているhttp://unkar.org/r/poverty/1342905633http://logsoku.com/thread/engawa ... » more
テーマ 地学 日常 科学

四季折々の星座の探し方から星座の由来や伝承、さらには星座早見盤の使い方の解説まで至れり尽くせりの本が‘星座の探し方ガイド’です。星座の起源は約五千年前のメソポタミア文明の時代に遡ります。その後、長い年月を経て ... » more

台風キターあへあへちなみに4号はグチョルですうんこじゃなくてうこんだそーです。ミクロネシア語で ... » more

千葉県東方沖(房総半島沖)でM6.3 06日04時31分頃地震がありました。震源地は千葉県東方沖 ( 北緯34.9度、東経141.5度)で震源の深さは約20km、地震の規模(マグニチュード)は6.3と推定されます。過去にこの付近で起きた地震をまとめてみた。 ... » more
テーマ 地学 科学 地震

【改悪だなんて言っちゃ駄目だぞ】気象庁がいろいろ配色を変えるらしい 気象庁ホームページにおける気象情報の色合いの統一についてhttp://www.jma.go.jp/jma/press/1205/24a/120524hpcolor.html2.配色の方針 気象庁ホームページの気象情報の図表 ... » more

青森県東方沖でM6.0 1968年十勝沖(場所は青森県東方沖)地震の北側のアスペリティがどーたらこーたら。たぶんこんな風に解説されると思う。↓2012年5月24日0時02分に青森県東方沖でM6.0の地震(最大震度5強)が発生した。 ... » more
テーマ 地学 科学 地震

三陸沖で群発地震 前震くさいとは思ってたんだよね。過去の例を気象庁の震源リスト?で穿り返してたんだけど一応39°N〜40°N、143°N〜144°Nで過去に起きた比較的大きいのを探してリストアップしてみた。1968年のは、これは三 ... » more
テーマ 地学 科学 地震

ぬるでんぼう日本にも氷河があった
北ア、立山連峰の剣岳 (2999m)と雄山 (3003m) にある 3ヵ所の雪渓が、日本雪氷学会で氷河と認定された。 ...1880年 (M 13年) J・ミルンが日本にも氷河有りと発表して以来 その是非を巡って 100年以上も議論の末、や ... » more
テーマ 地学 科学 自然

3月の地震活動を振り返って http://www.jma.go.jp/jma/press/1204/09a/1203jishin.htmlというわけで、月ごとの地震発生回数(M4以上)のグラフを作ってみた。2010年3月から2年分。うーむ、 ... » more
テーマ 地学 科学 地震

前回、平成24年03月14日18時21分 気象庁発表14日18時09分頃地震がありました。震源地は三陸沖 ( 北緯40.7度、東経145.2度、襟裳岬の南東210km付近)で震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュ ... » more

三陸沖でM6.8 北海道〜東北で数十センチの津波を観測 平成24年03月14日18時21分 気象庁発表14日18時09分頃地震がありました。震源地は三陸沖 ( 北緯40.7度、東経145.2度、襟裳岬の南東210km付近)で震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は6.8と推 ... » more

新聞の切抜きを整理していたら こんなのが出てきた。無力。もっと早く気づいていれば・・・・・・ ... » more
テーマ 地学 科学 地震

最近の地震の動向とか 震度分布をかっこよく?作ってみた。なんとなく1953年の房総沖地震とか。311。 ... » more
テーマ 地学 科学 地震

茨城県沖でM5.5、M6.2の地震が相次いで発生 じゃーん断面図作ってみた。★がM6.2のほうでうゆれたゆれたあ ... » more

ぬるでんぼう八丈島の魅力
蒼い海に浮かぶ八丈島、...船は一路 流れの速い黒瀬川を横切り八丈を目指した。 黒瀬川とは島言葉で黒潮のコト、...台湾沖から九州・伊豆七島海域を北上する 流速 4ノット≒ 7.4 km/h、幅100km もの日本海流を指す。 ...八丈島 ... » more

佐渡でM5.7の地震 震度5強を観測 (´・ω・`)日本海東縁変動帯はプレート境界なのです(´・ω・`)最近の地震を図にしてみた ... » more

最近読んだ本とか作ったものとか 最近読んだ本だよ村上龍『希望の国のエクソダス』この本より今の日本悪い状況になってんじゃないかー。。って読んでて思った。やばいやばい。朝吹真理子『流跡』むずかしくてよくわかんなかった。綿矢りさ『勝手にふるえ ... » more

東日本大震災を受け、大規模地震の長期評価見直しを進めている政府の地震調査委員会は、三陸から房総にかけての太平洋沖で、今回と同じタイプの海溝型地震が「平均600年程度」の間隔で発生しているとする報告書をまとめた。今回と同様の地震は ... » more

 

最終更新日: 2018/05/24 14:41

「地学」のブログ関連商品

» 「地学」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る