誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    コミュニケーション

コミュニケーション

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「コミュニケーション」のブログを一覧表示!「コミュニケーション」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「コミュニケーション」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「コミュニケーション」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

ぶちょーの憂鬱今年の新人 その2
次に、学卒Bさん。彼女は地方の国立大学卒の理系女である。面接のときは、すごく真面目な感じがあった娘である。むしろ、シャイすぎて「大丈夫かな」と思わせたほどであった。それでも彼女を採用したのは、もちろん彼女の背景(国立大学 ... » more

ぶちょーの憂鬱今年の新人
今年入社し、私の部門に配属されたスタッフのお話。今年は院卒1名、大卒1名、高卒1名で、新人と言っても年齢差が6歳近くある人たちである。ひとくくりに「新人」ではいけないのだと思う。まずは院卒A君。彼は、優等生である。真 ... » more

私のスタッフの一人なのだが35歳くらいの男性の話し。彼は、いわゆる社長一族(社長の従兄弟)にあたる。ただし、社長一族としてはそれほど重視はされていない。でも、彼はそれを理解していない。「自分は社長一族だから、優遇されるべき」 ... » more

Giraffe's雑記宇宙人と言われました
久しぶりのブログ更新ですね〜。無事に案件対応を終えて、一息ついて、お盆休みを満喫しております♪最近、ツイッターで一気にツイートしていますが、ちょっとそこから離れて、あえて今回はブログに残しておこうと思います。そん ... » more

ぶちょーの憂鬱出張 その2
食事以外には、連れ出すスタッフによってパターンを変えることがある。CASE1:一生懸命な男性スタッフの場合。彼は、毎晩遅くまで働き、あまり遊んでいないような気配がある。このような場合、都会なら「オカマショー」に連れて行っ ... » more

ぶちょーの憂鬱出張
私の出張のポリシーに関しては、以前にも話したことがあったと思うが、改めて言うと・・・@.業務達成A.部下育成(経験値アップ)B.部下育成(新テーマのための関連情報収集)C.部下とのコミュニケーションである。だ ... » more

Giraffe's雑記SNSと体調管理
忙しい中ブログ更新。気分転換と言いつつ、最近のTLを見て感じたことや、周囲の環境から、色々感じるものがあったので、エゴ満載に(笑)、通りすがりでもどなたかの参考になれば、と思います。先ほど、ツイートしたものをちょっと ... » more

ぶちょーの憂鬱ボウリング
ボウリングって老若男女に関わらず親しめるスポーツとしてコミュニケーションツールに良いと思いませんか?50歳を過ぎて、若者と同じ勢いでスポーツをするととんでもないことになる経験を何度かした私でも、ボーリングは若い人と対等に遊べると思う ... » more

ずいぶん前の話だが酒の席で兄貴に説教された。いつ、どんな区切りがあるのか説明を求められ、事実のみを伝えた。現実を話したら理想論を強く語られ、はぁそうですか。みたいな返答をしたらブチギレられた。最終的に俺は応援して ... » more

第四章『「スクールカースト」の戦略』では、“上位グループの生徒の特徴”と“下位グループの生徒の特徴”を質問紙法の統計データを用いて類型的にまとめている。上位グループの特徴とされているのは、『にぎやかで騒ぐ・気が強くて自己主張する・若 ... » more

鈴木翔『教室内カースト(スクールカースト)』の書評2:発達年齢によって変わる力関係の基準 本書では、イジリやからかい、悪ふざけといった『いじめと非いじめの境界線にある行為』を識別して認定することは無意味(本人の受け取り方次第になってしまうので)だという前提に立ち、そういったいじめチックな行為を生み出す母体である『スクールカースト ... » more

スクールカーストと呼ばれる学校内の『擬似的な身分制度・ランク付け』をテーマにした新書で、スクールカーストの現象や構造を『当事者である生徒・教師の声』も参照しながら多面的に考察している。インドの四種姓(ヴァルナ)や内婚集団(ジャーティ ... » more

黒猫と魔女展 妖怪妖精アートサロン【イルミタイ】 日本橋の妖怪妖精アートサロン【イルミタイ】を覗いてきました。「黒猫と魔女展」メルマガやfacebookでご案内頂いているので、一度行こう、行こうと思いつつお邪魔できませんでした。千日前から道具屋筋を抜けて日本橋、堺筋を渡って ... » more
テーマ コミュニケーション 街の光景 アート

ぶちょーの憂鬱プロジェクトX
以前NHKで放映されていた「プロジェクトX」という番組は多くの方がご存知と思う。知らない人のために簡単に解説すると・・・ある成功の影に、挫折しそうなくらいの苦労を重ねた日々があり、その葛藤をドキュメント形式で説明してくれる番組である ... » more

プリンストン大のステファンらは、いい感じに会話しているときの話し手と聞き手の脳活動を同時に計測し、互いの脳がよく同調していることを報告しており、会話が行き詰るとこの同調現象が消失するそうです。それだけではなく、いい感じに会話しているときは ... » more

Giraffe's雑記魔法の潤滑油
最近、お仕事が忙しくなってきています。ブログの更新もいつも以上に鈍化しそうなので(苦笑)、このタイミングで「絶対に忘れちゃいけないこと」として、記事を残しておきたいな、と、相変わらずの【長文更新】です。忙しい。本 ... » more

ぶちょーの憂鬱セクハラ議員
東京都議のやじに関して。20人以上の女性スタッフを預かる私にとって、一番注意しなくてはいけないと感じているのが、セクハラ(パワハラ)である。女性たちを傷つけ苦しめるのはもちろん、社員のモチベーションを下げ、業務にも支障を出すこと ... » more

ぶちょーの憂鬱宇宙兄弟 その4
設定がNASAということで、最高の頭脳集団が働いている場所だから・・・と言ってしまうと返す言葉は無くなってしまうのだが、やはり危機に対する取り組みは素晴しいと思う。主人公が遭難しそうな時も、先輩飛行士や教官が最悪の状況を想定しいくつもの ... » more

二日遅れの便り〜愛染さんにお参り〜 30日の夜、「講釈師と愛染まつりを楽しもうの会」といいのが、下寺町の「泰聖寺」で開かれました。旭堂南左衛門さんの御一門がそろい踏みで、境内でご贔屓衆と一杯やろうか、という会で、初めての試みだそうです。事前のチラシには、人生案内やら、 ... » more

あなたは、自分のことを大切にできていますか? 私が幼い頃からは随分と時代が変わって、あなたのことが好き、あなたのやりたいようにしなさい、親からのそんなメッセージをもらって育った方も、少なくないかもしれません。しかし、学校に入ってからはどうでしょう?社会人となり、 ... » more

ぶちょーの憂鬱宇宙兄弟 その3
宇宙兄弟から感じたことの2つ目。印象的な言葉の数々。気を使っているつもりですが、ネタばれになると感じるなら見ないでください。@.「It's a piece of cake.」「こんなこと、なんてことないさ!」という意味で ... » more

ぶちょーの憂鬱宇宙兄弟 その2
設定を簡単に説明すると、『子供の頃から宇宙飛行士になることに憧れていた兄弟。兄は挫折したが弟は宇宙飛行士になった。その後、弟を追う形で兄も宇宙飛行士を目指す』というもの。このストーリーでまず羨ましくなるのは、この兄弟が相互の ... » more

今日のツイッターで、いろんなことを一気にツイートしました。愛情の表現の「歪み」=前編=愛情の表現の「歪み」=後編=上記の記事に書いた、DVをする傾向にある男性に、よく見られる傾向。それが私がSNS依存症と並ん ... » more

ちょっと体調が優れず、今日はお休みをさせてもらいました。ツイッターをちょっと見ていて、感じたものをRTしたり、TLにあった記事のサイトからいろんな記事を見たり…。私のツイートも多いけど、今日のTLは自分の備忘録にしておきたい ... » more

転送・転載大歓迎! とのことで、転載します。関東中心の情報なので、ちょっと恐縮ですが。バックナンバーでもあり、ご参考にどうぞ。 〈目次〉 1) 映画館上映はじまる! 2) 7月5日(土)ツキイチ劇場第6弾! 「テル ... » more
テーマ コミュニケーション 街の光景 映画

ぶちょーの憂鬱すぐにカッとなる癖
昔からその気はあったのかもしれないが、最近(歳を重ねるごとに)異様に怒りやすくなったような気がする。つまらないことでも、「イラッ」とすると、そのことを考え続け、ネガティブな考えで頭がいっぱいになる。そして、強い口調で相手に接してしま ... » more

さて、当社の状況を説明する。(あくまでも、客観的な考察のつもりである。)まず、@のボス。当社の研究所では、この役目が「次長」クラスと思われる。彼は、若い時から上級役員に育てられた、いわゆる「生抜き」である。業務はそれ ... » more

一概に言えないが、いじめがあるクラスに関して、以下のような状況があるのではないだろうか?@.ボスがいる。このボスはしたたかで、実行犯にはならず、表面上は優等生である場合もある。A.ボスには子分がいる。ボスの言うことを何も ... » more

ケン・ウィルバーの円環的なライフサイクル論と虚無主義・刹那主義を否定する“永遠の生命” トランスパーソナル心理学の往還論を前提とする『円環的なライフサイクル論(仏教的な輪廻転生のアレンジ版)』では、『誕生→子供の成長→大人(自我の確立)→大人の老化→死=上昇(往道)のプロセス』と『死→魂の中間生(バルド)→肉体の獲得→転生=下 ... » more

トランスパーソナル心理学では、自他を区別しない非自我的(非意図的)な心理状態として『プレパーソナル(前・自我)』と『トランスパーソナル(超・自我)』を想定していますが、原初的なプレパーソナルのほうは『自他の能力的な未分離=未熟・混沌』、自己 ... » more

 

最終更新日: 2017/05/16 10:04

「コミュニケーション」のブログ関連商品

» 「コミュニケーション」のブログレビュー をもっと探す

「コミュニケーション」ブログのユーザランキング

1日1記事 1 位.
1日1記事

テーマのトップに戻る