誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    コミュニケーション

コミュニケーション

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「コミュニケーション」のブログを一覧表示!「コミュニケーション」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「コミュニケーション」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「コミュニケーション」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

生徒の教師に対する暴力と生徒の性格・問題(障害)に応じた指導法1:各種障害と衝動性・ストレス耐性 部活の体罰を理由にして自殺する生徒が出た去年くらいから、教師の生徒に対する『体罰』が暴力問題として取り上げられる機会が増えた。行き過ぎた体罰・怒声(威嚇・人格否定の罵声)によって、生徒が怪我をする傷害事件が発生したり、部活動における ... » more

ぶちょーの憂鬱社長の考え方の変化
先日、お客さんの接待で社長と会食する機会があった。社長に関しては、以前にも記載したことがあるが、ほぼ私と同年のいわゆる2代目である。それでも、採用してもらう際に、「私は200名余りの社員と家族の生計に責任がある」と言っていたことに共 ... » more

ありのままを、受け止めて。。。 木曜日の休みの日に、友人であるフリージャーナリストの「野村旗守」氏と再会する。天候が悪いので、車で氏の在受する四谷まで向かう。(それ以上に、私の電車が苦手なのも大きな理由。)彼と2年前の9月に20年近くぶりに新宿で再会した時も、彼が ... » more

今日のイチオシDreamNewsしゃべり下手も大歓迎。スーパープレゼンなんていらない!(書籍プレゼント付)9/26(金)夜、増沢隆太 東工大特任教授による「戦略思考で鍛える「コミュ力(りょく)」」出版記念セミナー開催。 株式会社RM ... » more

秋の3連休最終日。また飛び石連休はあるけど、今日はちょっと気持ちに余裕もあるので、いろいろな人のいろんな発言から感じることをヒントに、私なりに感じていることを更新しますね。======何か大きな目的を成し遂げよう、達成し ... » more

一度悪化した人間関係を改善するのはなぜ難しいのか?2:相手の責任追及と自分からの変化 上手くいっていない対立的で不快な人間関係において、『どちらの責任で関係が悪くなっていると思いますか?二人の間で言い争いや喧嘩になる時にはどちらに原因があると思いますか?』という質問をすると、9割以上の人が『相手に責任(原因)がある・相手が悪 ... » more

一度悪化した人間関係を改善するのはなぜ難しいのか?1:関係性の現状維持・終了と改善 人間関係が上手くいかなくて対立や悪意が強まっている時には、『相手の価値・言葉・態度』を受け容れない型のコミュニケーションが増えてきます。それは、相手の生き方や行動、発言を頭から否定したり非難したりする『攻撃・否定のコミュニケーション ... » more

ぶちょーの憂鬱私が怒る相手
どうも、私は誰にでも怒っているように思われているようである。怒るとき「感情的」になっていないとは言えないが、怒る対象は決まっている。それは、同等の職位または同年齢の人。自分より地位の高い人(怒るというより諫言)プラス、自部門 ... » more

ぶちょーの憂鬱叱れない役員
私の会社の場合、管理職だけでなく役員も叱れない。へたに、叱ると「逆切れして会社を辞めていくのではないか」といったことに怯えているかのように。また、社長に関しては、言いたいことがたくさんあるはずである。(私に対しても・・・)で ... » more

さて・・・。10/9、U-30研究会「僕らの一歩が日本を変える。」のご案内です。すごい!20代シリーズです。高校生・大学生にて構成される「僕らの一歩が日本を変える。」ですが、http://boku1.org/僕ら ... » more
テーマ コミュニケーション 20代 U30コミュニケーション研究会

ぶちょーの憂鬱叱れない管理職
私は多分怒り過ぎなのだと思う。だから、私の真似をせよと言っているのではない。でも、皆怒らないのである。私の部門は大きく5つに分かれており、それぞれにグループ責任者を配置している。この5人は、私と同じ年の人もいるし、40歳 ... » more

ぶちょーの憂鬱今年の新人 その3
最後に、高卒Cさん。彼女は、一番若いのだが一番迫力がある。武道をやっていることもある。(女性に対して失礼?)実際、同期の2人と対等またはそれ以上で接している。彼女も、仕事に対しては極めて一生懸命である。その点では何ら申し ... » more

Giraffe's雑記作戦会議の時間をもとう
9月ですね。4月が期首の会社の方々は、半期決算の月かと思います。結果を求めて、躍起になる方が多い時期なのかな、と思えて、このブログが何かの参考になれば、という、超絶なお節介のもと(笑)、ブログを更新します。さてさて。 ... » more

ぶちょーの憂鬱今年の新人 その2
次に、学卒Bさん。彼女は地方の国立大学卒の理系女である。面接のときは、すごく真面目な感じがあった娘である。むしろ、シャイすぎて「大丈夫かな」と思わせたほどであった。それでも彼女を採用したのは、もちろん彼女の背景(国立大学 ... » more

ぶちょーの憂鬱今年の新人
今年入社し、私の部門に配属されたスタッフのお話。今年は院卒1名、大卒1名、高卒1名で、新人と言っても年齢差が6歳近くある人たちである。ひとくくりに「新人」ではいけないのだと思う。まずは院卒A君。彼は、優等生である。真 ... » more

私のスタッフの一人なのだが35歳くらいの男性の話し。彼は、いわゆる社長一族(社長の従兄弟)にあたる。ただし、社長一族としてはそれほど重視はされていない。でも、彼はそれを理解していない。「自分は社長一族だから、優遇されるべき」 ... » more

Giraffe's雑記宇宙人と言われました
久しぶりのブログ更新ですね〜。無事に案件対応を終えて、一息ついて、お盆休みを満喫しております♪最近、ツイッターで一気にツイートしていますが、ちょっとそこから離れて、あえて今回はブログに残しておこうと思います。そん ... » more

ぶちょーの憂鬱出張 その2
食事以外には、連れ出すスタッフによってパターンを変えることがある。CASE1:一生懸命な男性スタッフの場合。彼は、毎晩遅くまで働き、あまり遊んでいないような気配がある。このような場合、都会なら「オカマショー」に連れて行っ ... » more

ぶちょーの憂鬱出張
私の出張のポリシーに関しては、以前にも話したことがあったと思うが、改めて言うと・・・@.業務達成A.部下育成(経験値アップ)B.部下育成(新テーマのための関連情報収集)C.部下とのコミュニケーションである。だ ... » more

Giraffe's雑記SNSと体調管理
忙しい中ブログ更新。気分転換と言いつつ、最近のTLを見て感じたことや、周囲の環境から、色々感じるものがあったので、エゴ満載に(笑)、通りすがりでもどなたかの参考になれば、と思います。先ほど、ツイートしたものをちょっと ... » more

ぶちょーの憂鬱ボウリング
ボウリングって老若男女に関わらず親しめるスポーツとしてコミュニケーションツールに良いと思いませんか?50歳を過ぎて、若者と同じ勢いでスポーツをするととんでもないことになる経験を何度かした私でも、ボーリングは若い人と対等に遊べると思う ... » more

ずいぶん前の話だが酒の席で兄貴に説教された。いつ、どんな区切りがあるのか説明を求められ、事実のみを伝えた。現実を話したら理想論を強く語られ、はぁそうですか。みたいな返答をしたらブチギレられた。最終的に俺は応援して ... » more

第四章『「スクールカースト」の戦略』では、“上位グループの生徒の特徴”と“下位グループの生徒の特徴”を質問紙法の統計データを用いて類型的にまとめている。上位グループの特徴とされているのは、『にぎやかで騒ぐ・気が強くて自己主張する・若 ... » more

鈴木翔『教室内カースト(スクールカースト)』の書評2:発達年齢によって変わる力関係の基準 本書では、イジリやからかい、悪ふざけといった『いじめと非いじめの境界線にある行為』を識別して認定することは無意味(本人の受け取り方次第になってしまうので)だという前提に立ち、そういったいじめチックな行為を生み出す母体である『スクールカースト ... » more

スクールカーストと呼ばれる学校内の『擬似的な身分制度・ランク付け』をテーマにした新書で、スクールカーストの現象や構造を『当事者である生徒・教師の声』も参照しながら多面的に考察している。インドの四種姓(ヴァルナ)や内婚集団(ジャーティ ... » more

黒猫と魔女展 妖怪妖精アートサロン【イルミタイ】 日本橋の妖怪妖精アートサロン【イルミタイ】を覗いてきました。「黒猫と魔女展」メルマガやfacebookでご案内頂いているので、一度行こう、行こうと思いつつお邪魔できませんでした。千日前から道具屋筋を抜けて日本橋、堺筋を渡って ... » more
テーマ コミュニケーション 街の光景 アート

ぶちょーの憂鬱プロジェクトX
以前NHKで放映されていた「プロジェクトX」という番組は多くの方がご存知と思う。知らない人のために簡単に解説すると・・・ある成功の影に、挫折しそうなくらいの苦労を重ねた日々があり、その葛藤をドキュメント形式で説明してくれる番組である ... » more

プリンストン大のステファンらは、いい感じに会話しているときの話し手と聞き手の脳活動を同時に計測し、互いの脳がよく同調していることを報告しており、会話が行き詰るとこの同調現象が消失するそうです。それだけではなく、いい感じに会話しているときは ... » more

Giraffe's雑記魔法の潤滑油
最近、お仕事が忙しくなってきています。ブログの更新もいつも以上に鈍化しそうなので(苦笑)、このタイミングで「絶対に忘れちゃいけないこと」として、記事を残しておきたいな、と、相変わらずの【長文更新】です。忙しい。本 ... » more

ぶちょーの憂鬱セクハラ議員
東京都議のやじに関して。20人以上の女性スタッフを預かる私にとって、一番注意しなくてはいけないと感じているのが、セクハラ(パワハラ)である。女性たちを傷つけ苦しめるのはもちろん、社員のモチベーションを下げ、業務にも支障を出すこと ... » more

 

最終更新日: 2016/12/04 14:56

「コミュニケーション」のブログ関連商品

» 「コミュニケーション」のブログレビュー をもっと探す

「コミュニケーション」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

カール・ロジャーズ入門―自分が“自分”になるということ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル カール・ロジャーズ入門―自分が“自分”になるということ
コスモスライブラリー 諸富 祥彦

発達144:他者のこころの理解と発達 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 発達144:他者のこころの理解と発達
ミネルヴァ書房

コミュニケーションと対人関係 (展望現代の社会心理学 2) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル コミュニケーションと対人関係 (展望現代の社会心理学 2)
誠信書房 相川 充

男性漂流 男たちは何におびえているか (講談社+α新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 男性漂流 男たちは何におびえているか (講談社+α新書)
講談社 奥田 祥子

プロが教える「ほめ言葉」 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル プロが教える「ほめ言葉」
CCCメディアハウス 大嶋 利佳

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

「コミュニケーション」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る