誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    管弦楽曲

管弦楽曲

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「管弦楽曲」のブログを一覧表示!「管弦楽曲」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「管弦楽曲」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「管弦楽曲」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

創立450年名門オケの響きを堪能!〜シュターツカペレ・ドレスデン来日公演(4月25日ミューザ川崎) 仕事づくめで久しぶりに取れた休日の朝、何かいい公演はないかな…とネット検索をしていたら、午後よりドイツの名門、シュターツカペレ・ドレスデン(ドレスデン国立塚劇場管弦楽団)の来日公演がミューザ川崎シンフォニーホールで開催されるという情報を ... » more
テーマ 交響曲 管弦楽曲 コンサート/映画

サントリーホールではじけるN響サウンド!〜オランダの名匠エド・デ・ワールトのN響定期(4月15日) 仕事帰り、久々にコンサートを聴く機会に恵まれた。サントリーホールでのN響定期。開演5分前だったが、タイミングよく残り少ない当日券をゲット。聴き所は、客演にオランダ出身の名指揮者、エド・デ・ワールト(b.1941)が招かれている事や、 ... » more
テーマ 交響曲 管弦楽曲 コンサート/映画

最新DVDより〜バーンスタイン&ニューヨーク・フィルの貴重なガーシュウィン・ライヴ! レナード・バーンスタイン(1918-1990)が亡くなって20年近くが経ようとする今も、最近、様々なライヴ映像がリリースされている。以前もこのブログでシューベルトのライヴ映像を取り上げたばかりだが、最近、バーンスタインが1976年にロン ... » more
テーマ 管弦楽曲

ラフマニノフ:「美女と野獣」の主題による狂詩曲??〜あのディズニー名曲がクラシックに早変わり! 最近、実に面白いアルバムを見つけた。アメリカの大手クラシック・レーベル「DELOS」(デロス)が制作した『ハイ・ホー!モーツァルト〜Favorite DISNEY Tunes in the style of Great Classica ... » more
テーマ 管弦楽曲 コンサート/映画  コメント(6)

イタリア・バロックの隠れた名曲〜モリコーネ「ガブリエルのオーボエ」との意外な接点 ある朝、出張先への移動でipodを聴いている最中、実に美しい旋律が頭の中をかけめぐった。曲名は「チェロとオーボエのためのエレヴァツィオン」(ジャケット画像:左)。8分ばかりの曲だが、そよ風のようなストリングスの伴奏にのって、オーボエとチ ... » more
テーマ 管弦楽曲

飯守泰次郎&東京シティ・フィルが熱い!〜ショスタコーヴィチ「革命」他(1月31日 東京芸術劇場) 飯守泰次郎(b.1940)&東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団が今、熱い!そう実感した一夜だった。東京シティ・フィルのライヴは今回が初めて。特にワーグナー演奏では評価の高い飯守氏(名古屋フィルとの名盤が記憶に新しい)だけに、期待して ... » more
テーマ 交響曲 管弦楽曲 コンサート/映画

デューク・エリントン「A列車で行こう」ディスク7選(前半)〜サイモン・ラトル他によるオケ版 「A列車で行こう」といえば、デューク・エリントン(1899-1974)の代名詞として知られる有名曲で、もともと楽団員のビリー・ストレイホーンが作曲し、エリントン楽団によって1941年に演奏され全世界にヒットした。自分自身も中学時代に ... » more
テーマ 管弦楽曲 JAZZ/J-POP

モーツァルト「ディヴェルティメント」、ワーグナー「ジークフリート牧歌」〜ヨーロッパ室内管弦楽団名演集 2009年がスタートした。世相の厳しさが引き続き予想されるが、苦境も好機と捉えて何事もポジティブに暮らしていきたいものだ。音楽は人々にパワーを与えてくれる心のビタミン剤。心の拠り所となる音楽から、今年も多くの活力を得ていきたい。 ... » more
テーマ 管弦楽曲 室内楽曲

マーラー:交響曲第5番他〜新たなる始動!サイモン・ラトルのベルリン・フィル芸術監督就任記念公演DVD 先日観た映画「ベルリン・フィル〜最高のハーモニーを求めて」に影響を受け、サー・サイモン・ラトル(b.1955)が2002年9月のベルリン・フィル芸術監督就任のデビュー記念公演でマーラーの交響曲第5番を振ったDVDを購入した。映画でも登場 ... » more
テーマ 交響曲 管弦楽曲 オーディオ/DVD/他

ドボルザーク:序曲「謝肉祭」〜初演100周年、「芸術家の家」ホールでのチェコ・フィル白熱ライヴ! 秋晴れの日には、ドボルザークの序曲「謝肉祭」を聴きたくなる。豊かな収穫の恵みを想起させてくれるこの曲は秋にぴったり。「謝肉祭=カーニバル」という言葉通り、日本では秋に多く開催される学校行事の文化祭があることもその一因かもしれない。昨年も ... » more
テーマ 管弦楽曲

ラフマニノフの「ヴォカリーズ」〜後半:室内楽、チェロ、サックス、ピアノ・トリオ編(ディスク4選) 前回に引き続き、今回もラフマニノフのヴォカリーズを。作曲当時から100年近くが経とうとしているものの、この曲の持つ親しみやすく、美しい旋律によって、様々な編曲版が登場している。それだけ、現代の人々にも心を打つ大衆的な普遍性を持ち合わせて ... » more
テーマ 管弦楽曲 室内楽曲

癒しのサウンド、ラフマニノフの「ヴォカリーズ」〜前半:オーケストラ編(ディスク4選) 仕事で疲れた日には、そっとささやきかけてくれる静かなサウンドで耳を癒したい時がある。そんな時、ラフマニノフの「ヴォカリーズ」はうってつけな一曲となるだろう。初めてこの曲を聴いたのは中学生の頃だっただろうか、ロリン・マゼール指揮によるベル ... » more
テーマ 管弦楽曲

ブラームス:大学祝典序曲〜現役の巨匠、サー・コリン・デイヴィスとスクロヴァチェフスキの好対照な名盤 休日は愛器QUADを鳴らしてシンフォニックな曲を聴きたくなる。そんなQUADとのオーディオ・ライフも気がつけば、はや一年が過ぎていた。この一周年を祝して、祝典的な曲を聴いてみたい。祝典といえば、ショスタコーヴィッチの祝典序曲は思い浮かぶ ... » more
テーマ 管弦楽曲

リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェヘラザード」〜デヴィッド・ノーラン(Vn)のソロ名盤 夏が終わる前に、エントリーしておこうと思っていた曲があった。リムスキー=コルサコフの交響組曲「シェヘラザード」。曲の題材からも、夏にぴったりな曲。前回のエントリーしたムソルグスキーと同様、ロシア5人組の一人だが、生前演奏されることのなか ... » more
テーマ 管弦楽曲

納涼特集:ホルスト「惑星」&エルガー「エニグマ変奏曲」〜サージェント&BBC響の歴史的熱演ライヴ 今宵はホルスト(1874-1934)とエルガー(1857-1934)という英国を代表する二大作曲家の、二大名曲が収録されたアルバムを。いずれも'60年代のライヴ録音で、すでに40年以上が経過しているものの、当時のロンドンっ子の熱狂ぶりを ... » more
テーマ 管弦楽曲

納涼特集:ショスタコーヴィチ:祝典序曲〜息子マキシム・ショスタコーヴィチ&ロンドン響の快演 納涼にはスカッと爽快感溢れる曲もぴったり。朝の通勤、照り付ける強い日差しに負けじと、気分を盛り上げるのによく聴いている演奏を。作曲者ドミトリー・ショスタコーヴィチ(1906-1975)の長男、マキシム・ショスタコーヴィチ(b.1938) ... » more
テーマ 管弦楽曲

納涼特集:シンフォニー・オケ版「バック・トゥ・ザ・フューチャー」ディスク3選〜映画音楽でスリル満喫! 納涼といえばスリルという要素も夏にはぴったり。'85年に第一作目が公開されたロバート・ゼメキス(b.1952)監督の「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(全3部作)にアラン・シルヴェストリ(b.1950)が音楽をつけたサントラのメインタイ ... » more
テーマ 管弦楽曲 コンサート/映画

R.シュトラウス:「ばらの騎士」〜プレヴィン&キュッヒル(ウィーン・フィルコンマス)による貴重な共演 R.シュトラウス(1864-1949)の傑作オペラとして知られる「ばらの騎士」(1911年作)。ここに2つの「バラの騎士」のディスクがある。一つは名指揮者、アンドレ・プレヴィン(b.1929)がピアニストとして、ウィーン・フィルのコンサ ... » more
テーマ 管弦楽曲 室内楽曲

シャブリエ:狂詩曲「スペイン」、デュカス:「魔法使いの弟子」他〜絶品!トルトゥリエのフレンチアルバム フランス物が得意なオケといえば、レコードの世界では“世界で最もフランス的なオーケストラ”として、ファンの間でひとつのブランドのようになっていた団体がある。ステレオ期には、「エルネスト・アンセルメ&スイス・ロマンド管弦楽団」、デジタル ... » more
テーマ 管弦楽曲

『G線上のアリア』ベスト・セレクション30〜B名盤揃いのシンフォニー・オケ編(ディスク6選) 自己流G線上のアリアの旅もいよいよ大詰め(^^)室内オケに引き続き、シンフォニー・オケによるディスクを。シンフォニー・オケではアンコール・ピースとして演奏される事が多く、今回取り上げたディスクの中でも、アンコールでの貴重なライヴ録音が含 ... » more
テーマ 管弦楽曲

『G線上のアリア』ベスト・セレクション30〜A室内オケで巡る世界の旅:モダン楽器編(ディスク10選) 古楽器編の次は、モダン楽器へ。モダン楽器といえば、最も普段聴き慣れている室内オケ編成だろう。ディスクを数えてみると、10枚に及んだ。オケの所在地の国で数えると7カ国。いかにこの曲が世界から愛されているポピュラーな名曲である事が窺える。今 ... » more
テーマ 管弦楽曲

『G線上のアリア』ベスト・セレクション30〜@室内オケ、魅惑の古楽器編(ディスク5選) バッハの「管弦楽組曲第3番」の第2曲。「G線上のアリア」という愛称で世界中で愛されるこの曲は、永遠と名曲と呼ぶにふさわしい。作曲されて約300年経つ現代においても、あらゆる場面で演奏され、人々の心を癒し続けている。混沌とした時代だからこ ... » more
テーマ 管弦楽曲

ブリテン:「青少年のための管弦楽入門」マイベスト盤〜ロンドンっ子が熱狂したBBCプロムス・ライヴ 終結部の壮大なコーダが終わった後、「オーッ!!」という歓声が一斉に会場から沸きあがった。演奏されたのは青少年のための管弦楽入門」(副題:パーセルの主題による変奏曲とフーガ 作品34)。タイトル通り、管弦楽の入門曲として知られる名曲であり ... » more
テーマ 管弦楽曲

クラシカル・マーチ名曲集〜オーマンディ&フィラデルフィア管の輝ける名盤A オーマンディ晩年の'80年代の名盤に加え、'60年代の全盛期の名盤の一つとして、クラシカル・マーチ集を是非エントリーしておきたい。小学5年の時、同級生の友人が貸してくれた初めてのクラシックアルバム(当時はまだカセットテープだった)が ... » more
テーマ 管弦楽曲

ドビュッシー公認『子供の領分』の管弦楽版〜名編曲「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」ディスク2選 2年前だっただろうか、住宅関連メーカーのYKK-APのCMでとても印象に残るBGMが流れていた。ピアノソロによるその曲は、ドビュッシー (1862-1918)の『子供の領分』より第一曲目の「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」だった。 ... » more

巨匠達が愛したヘンデルの名旋律〜マッケラス、ボニング、セル他 ディスク4選 ヘンデル作品の中で「オンブラ・マイ・フ」と並ぶ名旋律の秘曲がある。歌劇「ベレニーチェ」の中の「序曲」(もしくは「メヌエット)という曲で、ゆったりとしたテンポの中、気品を讃えるノーブル(高貴)な旋律は、「オンブラ・マイ・フ」のそれを感じさ ... » more
テーマ 管弦楽曲

ボストン・ポップス&シンシナティ・ポップス対決!〜ロス五輪「オリンピック・ファンファーレとテーマ」 ぽかぽか陽気の心地よい春日和になった。こんな日は爽快なフル・オーケストラのサウンドで頭をリフレッシュしたくなる。いつも深夜に聴く事が多いQUADスピーカーもこんな日はたっぷりと鳴らしてあげたい。自分にとってオーケストラサウンドの醍醐 ... » more
テーマ 管弦楽曲

チャイコフスキー「ロメオとジュリエット」:ディスク3選(欧州オケ編) 前回の米国オケ編に引き続き、今度は欧州オケ編を(^^)今回の「ロメオとジュリエット」(通称」ロメジュリ)のエントリーにあたり、一度実演に接したことがあったのを思い出した。オケの名前が思い出せないが、博多に赴任の折に天神のアクロス福岡 ... » more
テーマ 管弦楽曲

祝!世界フィギュア2008〜チャイコフスキー「ロメオとジュリエット」:ディスク7選(米国オケ編) 浅田真央選手が女子の世界フィギュア2008で優勝した。冒頭、いきなりの転倒というハプニングがありながらも、その後は順調に演技をこなし、いつもの力を発揮できたのが良かったのだろう。一方、男子の部は昨晩の深夜にタイミングよく生中継を見る事が ... » more
テーマ 管弦楽曲

満月の夜に・・・ドビュッシー:「月の光」〜ジョン・ウィリアムズ他による魅惑のオケ版&室内楽版 夜空を見上げたら大きな満月が出ていた。きれいな月夜に何を聴こうか、と考えながら歩いていると、即座にドビュッシーの「月の光」が聴きたくなった。以前からじっくり聴こうと思っていた編曲版がある。「月の光」のオーケストラ版。昨年11月に横浜 ... » more
テーマ 管弦楽曲

 

最終更新日: 2016/12/05 02:36

「管弦楽曲」のブログ関連商品

» 「管弦楽曲」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る